今回、紹介する本は相場の本ではありません。
ですが、私自身はある意味、感銘というか影響を受けた本でもあります。





あらすじを書くと婚約者との別れ、派遣切りなどにあった29歳の女性があと一年で死のうと思ったという話です。

一年間、頑張ってお金を貯めて…そのお金でラスベガスに行くことに…。
そして、そこでブラック・ジャックに挑む…。
儲けが出れば、生きることに…だが、儲けが出なければ…。

この本で思ったことは、やはり死を覚悟した人間は強いということ。
そして、なによりも期限を決めた目標にこそ、人は強く向かっていけるのだなという事でした。

「実話ではない」などの批判もありますが、そうであったとしても死を覚悟して、自身で決めた期限で目標に向かう重要性を十二分に知ることが出来る作品だと思います。

私自身、相場をしていても未だに専業になることが出来ない身です。
今年こそ…そう思い、何年も経ってしまいました。
この作品の女性のような覚悟を持てるようにならなければ…最近はその思いを強くする毎日です。

<ランキングバナー>押してもいいと思って下さった方はこちらへ…。