就職活動をする上で疑問に感じる事やちょっとした豆知識をゆるく、
そして真面目に取り上げる【就活の「あいうえお」】
第49回は意外と知らないインターンシップの実態」のお話です。

先日、1年生~4年生までの大学生の方とお話する機会があり、
就活やインターンシップについて色々とディスカッションをしたのですが、
まだまだインターンシップについて知っている知識が少ないと感じました。
そこで今回は、学生がインターンシップに対する思い込み
ありがちなものをまとめていこうかと思います。 
インターンって何?
【インターンシップは無給?】
間違ってはいませんが有給もあります
講座や体験会など、1dayのインターンなどは無給ですが、
実務に関わる内容はきちんと給料が発生します。
※実務に関わるようなインターンは時給が発生しないと実は違法です。

【インターンは短期間のもの?】
長期・短期両方あります
短期は1日~2週間程度、長期は1ヶ月~1年以上など様々です。

【インターンに参加するのは3年生の夏?】
世の中の就活の流れから、夏休み期間中に大学3年生向けの
インターン募集が多いというだけで、実は決まった時期はありません
1年生からも参加できますし、
数は少ないですが既卒者向けのインターンも存在しています。

【インターンでは実際の業務に関われない?(職業体験的なモノだけ?)】
1dayなどの短期インターンでは、確かに講座やグループワークなどを行うだけで、
インターンというよりは企業説明会に近いものが多いですが、
長期のインターンでは、実際の業務に触れながら
スキルアップしていけるものが多いです。
どちらにもメリットがありますので、
参加する際は、自分がインターンに何を求めているのかを
考えてみるといいかもしれません。

【インターンでは内定につながらない?】
<経団連に賛同している企業の場合>
この場合、インターンと採用活動を一緒にしてはいけないという決まりがあります。
ですので内定には直接繋がらないのですが、
やはり選考時にインターンを経験しているかしていないかで
差が出る場合もありますし、何よりその企業の業務を体験することで、
より深みのある志望動機を書くことができるはずです!

<ベンチャーや外資系企業などの場合>
この場合はインターンから内定に直結している場合が多いです。
インターンの内容も前者に比べ実務に関わるチャンスが多めです。


――――――――――――――――――――――
いかがでしたでしょうか?
皆さんも機会&興味があればインターンに参加してみてくださいね。
その際は
是非『ツナグ・ワーク』で探して見てください!

公式サイト
http://tsunagu-work.com/


より多くの方に見て頂けるように、ランキングに参加しました。
ご協力お願いします。