2010年11月

撮り鉄THEワールド/5

11-28-2010_002

★韓国/国鉄京釜線、大田郊外を走る特急「ムグンファ」号。



1993年、大田万博が催された際に韓国へ行きました。
親父の友人がソウルに住んでおり、あちこちを案内していただきましたが、これが僕の意志に反して(笑)、修学旅行並みのハードスケジュール観光三昧(唖…)
大田万博見物の後、ソウルへ戻る日に三時間ほどフリータイムで解放してもらいました!(^^)!
タクシーで大田郊外に出て京釜線を撮影。
大型のディーゼル機関車は迫力があり、結構シビれました。






≪撮り鉄THEワールド≫では海外の鉄道写真、及び道中で見かけた風景や出会った人々など、
『一枚の写真&ひとこと』をご紹介してゆきたいと思います。






br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →




撮り鉄THEワールド/4

11-13-2010_017

★ドイツ鉄道・ハルバーシュタット駅の219型ディーゼル機関車★


119型DLは、旧東ドイツ時代に無煙化対策用に量産設計された国産の118型DLを基本ベースとして、ルーマニアで製造された形式です。
東西ドイツ統一後、国鉄の統一民営化に伴って219型に改称されました。
東ドイツらしい風情の残る駅舎は補修中。
この日は列車の運休、遅延が重なり、ゆっくりと街見物も出来ませんでした…((+_+))







≪撮り鉄THEワールド≫では海外の鉄道写真、及び道中で見かけた風景や出会った人々など、
『一枚の写真&ひとこと』をご紹介してゆきたいと思います。






br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →









そうなんだよ、大井川なんだよ… ⑤

DSC00798 - コピー
★現代を走る列車とは思えない渋さ! まさに『この世の宝』といった風情です。
やっぱり蒸機+旧客は最強の存在です。 『日本一の蒸気列車』と讃えたい!★




1001レが走り去り、次は1003レを待ちます。

1003レは通称『多客臨』で、観光シーズンの特定日に運転されているようです。


娘はお立ち台の反対側、緩いアウトカーブで撮りたいとリクエスト。

超ビギナー鉄チャンですが、撮影位置を自ら指定するとは前途有望!?(笑)

僕は悩んだ末にお茶畑斜面の中腹からロングショットで狙うことにしました。

スチールだとダメな場所ですが、シネなら結構良さそうです。

 

1001レと1003レの間は約1時間。

ヒマなので川の魚を眺めたり、怪しげな丸太橋を何度も渡ったりして時間をつぶしました。

通過20分前に各位置に分散しました。

汽車を待つ間、娘はどんな気持ちでいたのか、何をしていたのか、興味のあるところです(笑)


遠くで汽笛が聞こえ、例によってブラスト音が接近しますが、風向きか気のせいか?さっき(C10)より音が大きいような気がします。

1003レはC11 190が牽いて来ました。

客車は3両。当然補機はなく、C11だけで力行して来ます。


やっぱり後補機の電機って結構威力を発揮しているのでしょうね。
C10 8+客車7両+ED501よりも、C11 190+客車3両の方が迫力がありました。

 

しかし、娘に成果を聞くとガッカリした様子…。

『ちょっとね~ 押すのが早くて遠くなっちゃった…』

見てみると、いやいや、なかなかいい感じじゃない!

『そうかなぁ~?』と照れ笑いする娘。

待っている間のことを尋ねると、僕が伝えたフレーミングとシャッターチャンスを何度も確認していたとか…。

ホント、撮り鉄二代目?の前途有望かも!(親バカ・笑)

 




DSC01071 - コピー
☆娘撮☆ 秋らしい雰囲気が出ていますね…(親バカ・笑)  ≪よくできました!≫




次は、いよいよラストの101レです。

これが最も多く運行されている列車で、『SLかわね路』という名が付いています。

通過後、20分未満で帰りの電車の時刻になりますので、撮影場所は駅の近くにしなくては…。


踏切手前のカーブ。
道路と並行した所ですが、割とイイ感じなのでここに決定。

勾配標識があり、登り15‰から16‰に変わる地点なので、力行も期待出来ます (^^)v
今度はふたりほぼ同じ場所で撮ることになり、一緒に待ちました。




DSC00797 - コピー
★ここで『SLかわね路』を待ち受けます。 元南海のズームカー21001系がやって来ました。 ★




踏切が鳴り始めました。

いよいよラスト蒸機の登場です!

娘が撮影に臨む様子をチラ見しましたが、結構マジメに気合入れて構えていました(笑)

 

しんがりはC11 227でした。

今日走った中で、この機関車だけは過去に何度か撮影したことがあります。

そういえばC56 44ってどうなったのでしょうか?

C56も入線当時に何度か撮りましたが…。

 

なんかブラスト音のリズムが変…、どこか調子が悪いのでしょうか?

線路に接近していたせいもあり、なかなかの迫力でゾクゾクしました~♪

この列車も長編成で、後尾ではE102が唸りながら押していました。


煙の残り香の中で走り去る汽車を見送っていると、娘が嬉しそうにガッツポーズをしています。

写真を見ると、

『おー! 素晴らしい!』

本日一番の傑作でした !(^^)!

近代カメラの魔力か…?!

こんな迫力ある写真、自分が小学生の頃には撮れなかったぞ… ((+_+))  …(唖)

 

(笑)

 

 


DSC01093 - コピー
☆娘撮☆ 驀進するC11 227牽引の『SLかわね路』号です。
 広角レンズで引きつけて、迫力ある写真が撮れました。 ≪100点満点!≫ ☆





大満足で福用駅に戻り、駅前商店で切符を購入しました。

店のオバちゃんがハンコで日付を押す硬券で、こども用は端っこをハサミで斜めに切り落とす懐かしいタイプ!

こんな切符、何年ぶりに見ただろうか… 昔は当たり前だったけど… (^v^)

 

12:37発の電車に乗り、金谷13:02到着。

大井川鉄道が名残惜しいけれどキビキビ動いて13:10発の786Mに乗車。

静岡には13:42に到着しました。

 





DSC01107 - コピー
☆娘撮☆ 金谷駅に入って来た786Mです。 ☆





土産物を買い、その後に昼飯を…と思いましたが、またもやタイミングを逸したようで(唖…)仕方なく東海軒のシウマイをひとつ購入。

帰りの『ぷらっとドリンク券』をエビス2本に交換し、14:48発の『こだま649号』に乗り込みました。


帰りは海側の三人がけAB席。

撮影日の天候を気にしたせいで週間天気予報発表後に予約を入れたため、あいにく富士山側DE席が満席で… ((+_+))

…とか文句を言いながらも、大井川が満足でしたから、座席など関係なく撮影した結果などで楽しみながら帰りました。

 

たまは撮り鉄復帰するのも『いいなぁ~!』と思いました。

でも…、国内にはターゲットが超少ないんですけれどね…(笑)


では、また。

 

≪そうなんだよ、大井川なんだよ/おわり≫

 

 

使用機材/父=SONY HDR-UX7  娘=SONY DSC-WX1

 

 



DSC01108 - コピー
☆娘撮☆ 帰りに乗った『こだま649号』です。 すっかり地味になった300系… ((+_+)) ☆




DSC01110 - コピー
★東海軒のシウマイと、ドリンク券でゲットしたエビス(笑) 美味しかった !(^^)! ★







br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →






そうなんだよ、大井川なんだよ… ④

DSC00794 - コピー
★C10 8牽引の『SL南アルプス』号が来ました~!
7両の客車を連ね、最後尾にはED501が後補機として付いています。 ★




福用駅に9:39到着。

島式ホームの小さな交換駅です。

駅舎はあるものの、駅員はいません。

山の上は紅葉がキレイ!澄み渡る青空も美しく、素晴らしい撮影日和!(^v^)

 

駅前から線路に並行する道路を歩き、いざ!撮り鉄出陣!!(笑)


クルマ通りが少ない田舎道、二歳くらいの男の子と若いお母さんが道路で遊んでいます。

『こんにちは~』

『こんにちは~』

何気ない触れ合いが旅の醍醐味ですね~♪





DSC01103 - コピー
☆娘撮☆ 車窓には大井川の景観が…。 神尾駅停車中の眺めです。 ☆






DSC01031 - コピー
☆娘撮☆ 福用駅に到着! 16000系が出発してゆきます。 ☆





DSC01033 - コピー
☆娘撮☆ 駅名板! ☆




 

踏切前で分岐する狭い道へ。

ここをズンズン歩いてゆけば、通称『福用のお立ち台』に行けるはずです。

正面の山は紅葉がまさに見頃、紺碧の空とのコントラストが美しい!!

 

… 

 

 

 

汽車が来るのは背中方向から…

 

正面方向がキレイ…

 

て、コトは…

 

 

『モロに逆光じゃん!!!』

 

(笑)

 

お立ち台からの眺めはベーシックな走行写真にはうってつけ。

編成が長くても、ここならバッチリです。

 

蒸機だし、ベタ順よりは逆光の方が雰囲気出るかな~?

なんて自分を納得させ(笑)、カメラをセッティング。

先行隊の鉄同士が一名、後から親子連れ(父+男子)と、線路の反対側に三名ほどと汽車を待ちます。


先行隊同士からの情報によると、一発目にやって来る1001レはC10 8の牽引だとか。

大井川鐡道のHPによると、この列車には『SL南アルプス号』の名がつけられています。

あ!

大井川鉄道の正式名は『大井川道』なんですね~ (-) 旧い『鐡』です。

 

C10は今まで見たコトのない形式なので、俄然テンションが上がります。

昔、岩手のラサ工業にいたことは知っていましたが、なにせ行く機会がありませんでしたから…((+_+))

 

娘にフレーミングとタイミングをアドバイスし、僕はシネなのでズームとパーンなどをリハーサルしつつ、時間はアッと言う間に過ぎてゆきました…。

 

汽笛が聞こえ、ブラスト音が近付いてきます。

さっき通った踏切のあたりでしょうか、ケムリが見えて、いよいよC10 8のお出ましです。


汽車が姿を見せた瞬間のゾクゾク感というのは、何百回経験しても変わりません。

なんなんだろう… この感覚が好きなのかも知れませんね…。

僕なんかは現役引退していますから、

『おー!! これ! これだよ! この気分♪』

みたいな感じです(笑)

 

長い長い!

やたら長い! 

その割に軽そうに牽いているC10

煙はスカスカ、力行しているんですけれど、いわゆる完全燃焼?

殆ど湯気なので、夏なら何も見えないかも(笑)


客車は電車改造のものも混ざって7両、最後尾ではED501が唸りを上げて列車を押していました。

蒸気機関車がどうこうよりも、後補機電機の威力なのかな…。
C10は『押されている感じ?』(笑)

 

山々に響き渡る汽笛…

『いや~っ、蒸機ってホントにいいもんですねっ!』

(笑)

 

≪つづく≫


 

使用機材/父=SONY HDR-UX7  娘=SONY DSC-WX1





DSC01048 - コピー
☆娘撮☆ う~ん! バッチリ撮れましたね~♪  ≪たいへんよくできました!≫ ☆








br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →




 

そうなんだよ、大井川なんだよ… ③

DSC01001 - コピー
☆娘撮☆ 朝の静岡駅。 いよいよ大井川鉄道へ向かいま~す! ☆




翌朝5:50に起床し、ホテルの送迎車で7:20頃静岡駅に到着しました。

早くからやっていた店でカミさんに頼まれていた土産物を下調べ。
その後に朝食でも…と思いましたが、適当な店が開いておらず、『駅弁にでもしようかね~』なんて言いながら東海軒の売店を眺めるも、特に食べたいものも見つかりませんでした。

 

結局、ホームの立ち食いソバ屋さんに…(笑)

朝から侘しい???

娘も僕も麺好きですし、立ち食いソバ系は大好きですから全然OK!

 



DSC01003 - コピー
☆娘撮☆ 朝ラー (^^)v  味は… 55点くらい(*_*) ☆



お腹が少し温まったところで8:06発の普通425Mに乗り込みます。

電車は211系。なんとも味気ない近郊型です((+_+))

気が付くと車内には鉄チャンの姿がチラホラと…

お天気もいいし、今日は絶好の『撮り鉄日和』です~♪

 

金谷駅に8:38到着。

この駅に降り立つのは…

よ~く考えてみると、たぶん30年以上は過ぎているような…


最後に大井川鉄道で撮影したのは昭和55年頃でしたが、その時はクルマ移動だったし、金谷駅を利用したのは恐らく昭和5253年だったと思います。


上下線間の待避線に停車していたEF18を撮ったこともあったっけ…。

なんて、昭和のことを思い出しながら平成生まれの娘の手を引いて(笑)大井川鉄道のりばへ。

 


観光客を誘う駅の割には極小の駅舎!(笑)

230人も押しかけるとラッシュ状態になりそうな駅舎内、今日の『SL急行』予約状況を見ると、1003レが満席、1001レと101レには空席があるようです。


出札口では観光客がSL急行の予約をし、改札口では鉄チャンが一日乗車券?を購入中。

仕方なく、これまた味気ない自動販売機で福用までの切符を買いました。

大人590円、こども300円。

12kmくらいなんだけどなぁ~ 高いなぁ~

まっ、撮影料?と思えばヨイんでしょうけどね(笑)

 

大井川鉄道の電車と言えば、薄クリームと赤の旧型電車というイメージがあるのですが、残念ながらもう見られなくなっているとのこと。

現在は近鉄、京阪、南海の急行、特急用電車が導入されて活躍しています。

 

ホームの端っこで進入してくる電車を狙います。

やって来たのは元近鉄の16000系でした。

バックには富士山が望まれましたが、遠すぎて分かりづらい…(唖)

 

16000系は近鉄南大阪線などで活躍していた特急車両。

それだけに転換クロスシートもなかなかのつくりです。

もともとデッキの無い車両で、ドアから入るといきなり座席があるのが関西の私鉄っぽい感じ。

ワンマン改造されていて、料金収受箱が設置してあるのがミスマッチ…((+_+))

 

9:16に金谷を出発しました。

普段乗り慣れない雰囲気の電車と、走り出した途端に感じる鉄チャン特有の『何か』を察したのか、娘は車窓風景を観察しています…(*^_^*

更に新金谷駅構内で待機中の蒸機たちを見つけて大騒ぎ!(笑)

『ねぇ!ねぇ! 降りて写したい!』

と、写欲マンマンの娘に言い聞かせ(笑)、電車は更に進んでゆくのでした。

 

 

≪つづく≫

 

 

 

使用機材/父=SONY HDR-UX7  娘=SONY DSC-WX1




DSC00790
★金谷駅に進入する16000系電車です。 
富士山は… かすんで、と言うかパンタに隠れて良く見えないっすね… ★







br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →




記事検索
ギャラリー
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
プロフィール

つねぴょん

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ