2012年11月

♪ 再会 ♪


DSC00943



今回は鉄チャン系とは全く関係ない話題をひとつ…


僕が20代後半から30台前半の頃、大好きになったロックバンドがありました。
その名は PRINCESS PRINCESS\(^o^)/

女性5人組で、日本の音楽界に於いては『最も成功したガールズバンド』と評されています。
そんなプリンセスプリンセス(以下、P2と記します)が少しずつ知名度を上げていた1988年、貸レコード屋で見つけた『TELEPORTATION』と『HERE WE ARE』というアルバムがキッカケでハマり、翌年からは数年間にわたってライヴ参戦をしていました。

もともと自分は「広く浅く」とは真逆の趣向で、好きになると一点集中で拘り続けるという特徴があります。
これは鉄チャン系に於いても同じですが…(笑)
なので生活にまで影響を受け、髪を伸ばしてブリーチかけて、ロック系の店で買った服やアクセサリーをまとい、挙句の果てには弾けもしないギターやシンセサイザーに手を出したりで、とにかく相当イカれていました。

そんなにまで夢中になったP2でしたが、後発の曲がどうも気に入らず、ライヴ参戦しても心から弾けられなくなり、1993年のツアーを持って参戦引退をしていました。
P2は1996年に解散。
解散ライヴは武道館で、当時の僕は行く気にはなれなかったものの、やはり心の何処かに引っかかるものがあったのか生中継をしていたWOWOWの番組を知人に録画してもらい、後年ずっと見続けることとなったのです。
解散ライヴに行かなかったことに対して後悔はありませんでした。
ただ、やはり自分はP2が好きなんだなぁ…ということを実感するのみ。
3年くらい前からは現在小学五年の娘にも観せ聴かせ、それに反応して『富田さん(ドラマー)がカッコいい! 私、ドラムやりたい!』とまで言うようになっていました。

昨年、悪夢の大震災が発生。
その復興支援のためP2が復活するというニュースを聞いたのは今年の正月でした。
『絶対に行く!』と強く思ったのは言うまでもありません。

ヴォーカルの奥居香(現・岸谷香)は、16年前の解散ライヴで…
『自分たちはP2として活動は辞めるけれど、ずっとP2の曲を大切にして欲しい。そして皆さんに子供が出来たら伝えて欲しい…』
という内容のメッセージを述べていました。
僕は自分を夢中にさせたP2の音楽を子供らに伝え、子供たちもそれに応えていました。

それが…
まさか一緒にP2のライヴ参戦ができる日が来るとは…
そんなことは夢にも思っていませんでした。

P2の復活ライヴツアーは11月3日に仙台2Daysで始まり、下旬に武道館4Days、12月には東京ドーム2Daysというスケジュールです。
チケットは2月に先行予約が開始され、僕は色々な意味から11月23日の武道館だけを申し込み、見事当選したのでした。

正直、その後が長かった…
でも、「まだまだ先のこと」と思っていた1123が迫ってくると妙にテンションが上がり、『二度とありえないP2参戦一発勝負』みたいな気分で高揚しまくりでした。

そして…
遂に『その日』がやって来たのです。



11月23日金曜日
武道館目指してハイウェイスター号で出発。
天気は雨。
休日のせいか渋滞もなく、一時間足らずで武道館前に到着しました。



DSC00947
11時過ぎ、未だ人は疎らです…





DSC00944
武道館前の駐車場は13時開場。ウチのHS号は三台目(^^)v





DSC00252
1989年の西武球場で振った旗を持ってきました(笑)



駐車場の開門を待つ列に並んでいると、リハーサルの音が漏れ聴こえてきます。
もうドキドキ、ワクワク…\(^o^)/

聴き耳を立てていると、入手したセットリスト通りに曲が進んでゆきます。
曲間の練習か、前曲のコーダから次のイントロをやり直したりしていて、思わずニンマリとしてしまいます。
そんなサウンドを楽しみつつ、昼食は持参したおにぎり(笑)
振っていた雨も小康状態となって、気分は益々盛り上がります。




DSC00956
車列も延びました…





DSC00957
後方はこんな感じ…





DSC00959
寄贈花が少しずつ並べ始められました。





DSC00963
13時近くになると、徐々に人が増えてきました。



13時少し前、駐車場が開きました。
ここの駐車場は、ライヴ開催の日は一律500円と激安(^v^)
ハイウェイスター号を停め、グッズ売り場へ急ぎます。
グッズは13:30販売開始。




DSC00260
買ったよ~♪


購入したのは…

Tシャツ 3500円
マフラータオル 1500円
ストラップ 1800円
クリアファイル 1000円
うちわ 500円×2

…でした。



BlogPaint
20年ぶりに掲げます\(^o^)/



この旗、P2が超メジャーになり初めてのスタジアムライヴが決定した時に、P2仲間が
『球場は、やっぱ旗じゃない?』
と言ったのがキッカケで、近所の旗幕屋さんに自腹で発注したものです。
西武球場ライヴは右中間スタンドで、アンコールの際に振りました。

しかし…
僅か10数秒で係員に制止され、「従わなければ退去」勧告も受け(笑)、泣く泣く止めたのでした。
その後はライヴ会場にクルマで行った時など、サンルーフの上から掲げて走ったりしました。
これを再び掲げる時が来るなんて…



DSC00262
mixiで呼びかけた同士が集まってきました。





DSC00968
解散ライヴで使った手作りのうちわ





DSC00971
一昨日のライヴで飛んだネーム入りテープの束…



DSC00263
何年経っても、みんなP2が大好き\(^o^)/



mixiのコミュニティで知り合った同士が集い、14:46過ぎに震災で犠牲となられた方々に対して、また復興を願って円陣を組み、黙祷を捧げました。
今回のP2復活はあくまでも『復興支援』であり、僕らファンも『その思いに応えたい』という一心で集い、祈りを捧げました。
ファン同士のつながりって素晴らしいものです。


開場は15:00、開演は16:00です。
15時過ぎに仲間と別れ、いよいよ会場へと入ります。
カミさん、サル君、ヘタレ君、そしてコミュニティで知り合ったTさんは東二階スタンド、まりっぺと僕は北西一階ステージサイドです。



DSC00973
いよいよ始まります…




SET LIST  2012.11.23   at 日本武道館

1.Fly Baby Fly
2.OH YEAH!
3.世界でいちばん熱い夏
4.GO AWAY BOY
5.ジュリアン

6.WONDER CASTLE
7.KISS
8.STAY THERE
9.ROMANCIN' BLUE

10.パパ
11.ムーンライト・ストーリー

12.M
13.One
14.SEVEN YEARS AFTER

15.GET CRAZY!
16.ROCK ME
17.BEE-BEEP プリプリサミット

18.へっちゃら
19.パイロットになりたくて
20.GUITAR MAN

21.Diamonds

UN.1
22.I LOVE YOU
23.DING DONG

UN.2
24.HIGHWAY STAR
25.19 GROWING UP-ode to my buddy-


SE:ジムノペディNo.1~No.3


≪コミュ仲間Kさんの日記より拝借しました≫



感想は…
細かいことはたくさんありますが、とにかく楽しかった。
そして素晴らしかった。
率直に、メンバーは相当のリハビリ、練習をしたのでしょう。
音楽活動から退いていたり、演奏は全くしていなかったメンバーも居るのですから…

彼女たちのプロ根性がひしひしと伝わってきました。
僕らの期待を全く裏切らない、本当にカッコいいステージでした。




DSC00977
16年越しのアンコールに応えてくれた"PRINCESS PRINCESS"



自分にとっては、なんと19年ぶりの再会でした。
それも『聖地・武道館』で…
この後まだドーム公演もありますが、残念ながら僕は行けません。
でも、たった一度でも実に有意義で充実した一日でした。

ありがとう PRINCESS PRINCESS\(^o^)/
そしてファンの同士たち、ありがとう\(^o^)/


(おわり)






br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →



I WISH /4

img608j1
山陰本線和田山駅にて、DD54 33牽引の旅客列車です。




数年前、古いネガカラーを改めてプリントしようと友人が務める会社のラボへ何本か依頼したことがありました。
前の回でも触れましたが、その時の仕上がりが…(・_・;)
古いネガと現代の印画紙との相性、更に補正の限度が原因のようでした。
とにかく色がメチャクチャで、このDD54も緑がかった変な色になってしまいました。
この画像、退色復元とDIGITAL ICEをかけてスキャンし、補正はほとんどしていません。
少し青みを落とし、コントラストを強くすればバッチリではないでしょうか。
昭和52年2月の撮影。
この旅では京都市電、播但線、そして明延鉱山などを巡りました。



img469
当時の鉄チャンにとって垂涎の的だった常紋信号場…



初めて北海道へ渡ったのは昭和49年3月、僕が中二から中三になる春休みでした。
上野駅16:00発の特急「はつかり」で旅立ち、夜行の青函連絡船で渡道。
早朝の函館駅に降り立った時の感覚は、今でもハッキリと覚えています。
常紋越えの補機は既にDL化されていましたが、それでも急勾配を登るD51の姿は凄い迫力で、「遠くまで来てヨカッタなぁ~♪」などと思ったものです。
この写真は生田原寄りのトンネル上で撮りました。
直ぐ下には小さなホームが見えますね。
信号場なので客扱いは無いはずなのですが、僕ら鉄チャンは何の問題もなく乗降出来ていました。
それも数10人単位で、ほぼ全員が北海道周遊券!(笑)



img003
七尾線・能登中島~西岸間 冬の能登なのに雨降りで…



さて、このC56 123は昭和47年12月の撮影。
前回ご紹介したカビだらけの写真と同じネガです。
これもカビにやられています…((+_+))


修正してみました。




↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 






↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 






↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 






img003 - コピー
(*^^)v




煙と空にあったカビを消し、更にトリミングして軽く補正をかけました。
ついでに左下にあった踏切の柵も枯れ草で覆って隠しちゃいました\(^o^)/
あと、ケムリもちょっと加工したりして…(*^^)v
写真が生き変わるようで、なかなか楽しいものです。
でも、やり過ぎると「写真」でなくなってしまいますね… 気をつけないと…

この時の撮影は強行軍で、夜行急行「北陸」で出発。
七尾線を一日撮影して米原へ出て、急行「のりくら」で早朝の塩尻に着き、中央西線に夕方まで居ました。
初めての七尾線では、見てみたかった「赤地&形式入りの123」というC56 123が運用に就いており、ラッキーでした。
朝はご覧の通り雨でしたが、午後には晴れたし。
カメラはレオタックスFだったかな…?
底蓋式でフィルム装填にコツが要り、巻き取られていないで失敗したことがあったっけ。
C56 123はこの後間もなく廃車となり、翌年冬に訪れた時には七尾駅前で静態保存されていました。





img598
久大本線・筑後草野~田主丸間 DE10牽引の旅客列車。



最後はGT-X820 でスキャンした初めてのポジです。
平成11年の夏、カミさんの故郷に行った際に寄り道した久大本線。
DE10牽引の客レが廃止されそうな頃ですね。

所蔵写真ではモノクロネガに次いでカラーポジが大勢を占めています。
モノクロはネガごとに保存しているため、だいたいの数が把握できているのですが、ポジはスリーブだけではなくマウントしたものも多いので総数が検討つきません。
その割にポジでスキャンしたのは、今のところ1999年の九州だけ…
これから先が思いやられます…

久大本線とは縁が無く、行ったのはこの時一度きりです。
D60時代にも撮影地として有名だった田主丸の俯瞰、是非撮りたかったので真夏のクソ暑い中にもかかわらずトライしました。
昔とは違い、極力歩かずタクシー使っちゃいましたが(笑)
運転手さんも僕も場所が良くわからず、迷って迷って通過時刻寸前にたどり着きました。
筑後平野を行く列車を何とか撮れましたぁ\(^o^)/
もう13年前か…、早いものですねぇ…

では、また。
どんどんスキャンしまーす(*^^)v





(つづく)








br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →







芋煮会とSKW


DSC04281
ふとしたキッカケで出会ってしまったサカイ…\(^o^)/



去る11日の日曜日、いつもお世話になっている自動車修理工場が主催する芋煮会がありました。
ウチには旧型車が二台ありまして、かなり面倒な修理や検査などを長年やっていただいております。
かれこれ10数年のお付き合いになるでしょうか…
ここの芋煮会、以前は土曜の昼くらいから始まり、夜を徹して続けられ(笑)、終了するのが翌日曜日の夕方というハードなものでした。
あまりにも盛り上がり過ぎるため、二日に跨るのを避け、何年か前からは日曜の昼に開催されるようになりました(笑)

芋煮会の開催場所は千葉県習志野市の畑です。
前日の土曜日から友人のTちゃんがウチに遊びに来ていたので、一緒に参加しました。




DSC04202
畑では色々な作物を収穫させていただけるのです…



畑は修理工場の社長さんが本業の傍ら手をかけていて、色々な種類の野菜が栽培されています。
とてもおおらかな方で、手塩にかけて育てた作物を自由に獲らせていただけます。
子供らは大はしゃぎです。



DSC04198
大きなサツマイモ\(^o^)/





DSC04204
畑育ちのカミさんはヤーコンを掘り出しています。





DSC04227
こちらはラディッシュ。白と赤の実がありました。




畑の一角には宴席?が設けられ、昼間っから盛り上がっています。
用意していただいているのは「芋汁」、「炊き込みご飯」がメインで、他には「鶏の丸焼き」や「焼き芋」などもあります。
参加者の皆さんが持ち寄った漬物、自家製のお菓子も加わり、なかなかのご馳走です。




DSC04255
こんな雰囲気です(*^^)v





DSC04215
芋煮会といえばコレですね!





DSC04232
滋養たっぷりの芋汁\(^o^)/ サトイモが激ウマ~!





DSC04210
炭火で焼かれる丸鶏。こいつは旨かった(^o^)/





DSC04220
石焼き芋です。皮まで美味しく食べられました。





DSC04249
焼そばもあります!




DSC04216
薪で直焼した獲りたてのネギ\(^o^)/ 旨かったぁー





DSC04230
ボクは昼からビールなんぞをガンガン飲んじゃいましたぁ(^v^)





DSC04241
特別ゲストのカマキリ君(笑)




さて、14時を過ぎたあたりでTちゃんは帰路につくこととなり、我が家の日用車ハイウェイスター号で津田沼駅へと向かいます。
ボクはデキ上がっているため、ドライバーチェンジでカミさんが操ります。




DSC04259
収穫物を落としちゃダメよー



で、駅へと向かう車内。
畑にはトイレが無いため、子供らは近所に公園があるという情報を聞き入れ、先程行って来たとか。
公園の池にはカモたちが泳ぎ、良い雰囲気だったらしいのですが…

娘「なんか、電車じゃないけど鉄道の車両があったよ…」
僕「ん?!」

ってな訳で詳細に事情聴取をしながらスマホで調べてみると、どうやら木曽森林の車両が保存されているようで…
そう言えば習志野市の森林公園に木曽の酒井がある…って聞いたことがあったっけ。


津田沼駅でTちゃんとバイバイした後、どうしても酒井が気になった酔っ払いのボクは…

「これから森林公園に行くぞー!」
と、宣言してナビに情報を入力。

カミさんに
「ナビ君の言うとおりに運転することー」
と伝え、5秒後に爆睡状態となったのでした(笑)

それから45分くらい???
どうやら道が込んでいたようで、距離は近いのにずいぶん時間がかかって到着。

僕「いやー、込んでたなー」
カ「ずーっと寝てたじゃないー」

(・_・;)





DSC04261
森林公園じゃー! サル君、心霊写真か?




駐車場から歩くこと約2分、いましたー\(^o^)/




DSC04282
非常に良好な環境で保存されていますね。



ここは習志野市の藤崎森林公園です。
保存車両は酒井工作所(SKW)の5トンDL+運材台車2両+B型客車。
酒井は好もしいスタイルで、かつてボクらが勝手に名付けた「聖子型」です。
B型客車には「助六」の記名があり、その風体から恐らく伐採線で使われていたものではないかと思われます。
本線タイプは多く保存されていると思いますが、伐採線のは希少なのでは?
何の縁があったのかは定かではありませんが、王滝(木曽)森林鉄道が廃止となった昭和50年に習志野市がこれらの車両を譲り受けたようです。




DSC04279
伐採線の主力として活躍した酒井の5t機。ナンバーは『92』です。






DSC04271
B型客車です。車体の塗色はオリジナルでしょうか…?






DSC04274
運材台車には丸太を載せたいですね…(*^_^*)






DSC04273
運材台車とサカイ…





DSC04276
聖子型の所以は、エンジンカバーのシルエットが聖子ちゃんカットに似ているから…



ボクは木曽の車両たちの周囲をウロウロしているばかり、その間にカミさんと子供らは階段で上がって行った高台にある『旧大沢家住宅』へ。
この建物は1664年に建築された民家で、昭和48年まで長生町で実用されていました。

ここを守る方と少しお話をさせていただきました。
木曽の車両たちはボランティアの方々が清掃、手入れをしているそうです。
訪れる鉄チャンも多く、屋根の下でキレイに保存されているのを見て、状態の良さに感動してお礼の言葉を述べる方もいるとか。
池にはミドリガメが生息し、産卵のため高台まで上がり、更に林の中に穴を掘って冬眠するらしいです。
なかなか面白いお話を伺いました。




DSC04296
これが『旧大沢家住宅』です。 昭和51年に当地へ移築されました。





DSC04299
建物内には靴を脱いで上がることが出来ます。





DSC04286
木曽の車両たちを守る?トラネコ(^v^)






DSC04285
末永くこの姿を…





DSC04306
楽しかった一日も終わりです。




ボクは木曽森林鉄道の現役は殆ど見ていません。
昭和48年に中央西線へ行った際、木曽森林鉄道の桟停車場に停まる運材台車に腰かけてD51を待って撮ったという、今となってはアホらしくなるような笑い話があります…
林鉄の車両たちはさぞかし大量にひしめいていただろうに、なんと写真を一枚も撮っていないのです…(・_・;)
その後昭和55年、ナローフリークとなったボクはトロ鉄仲間のYちゃんと共に木曽森林鉄道の廃線跡を巡りました。
当時は未だ車両が多く残っており、特に田島停車場跡の一部は建材倉庫となり、機会の搬出入になんと酒井の5t機が使われていたという衝撃的なシーンに遭遇した思い出があります。
ここの酒井を眺めていたら、色々なことを思い出してしまいました。
件の酒井についてはいずれ改めてご紹介します。


≪おわり≫







br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →







BDMB製作記録/14

001
この牛舎を改造することに…



久し振りの模型製作報告です…
が…
ここのところスキャン作業ばかりしており、模型の方はほとんど休業状態なんです(・_・;)
なので、このレポートは未だ暑い頃、8月に行った内容です。

突然の地形改造に始まり、既設の牧場に通じる道、そして酪農家の敷地を製作したまでは良かったのですが、肝心の牛さんたちが住む家、すなわち牛舎が見つかりませんでした。
なにせ敷地が狭く、VollmerやFALLERでいいのがあるのですが、オーバーサイズなので使えません。
そこで比較的安価なTOMYTECの半完成品を改造することにしました。




003
このまま置いて使えるような雰囲気です。でもデカい((+_+))



キットならば改造も楽ですが、これは一体成型ですので難儀です。



004
ここまでしかバラせません…




005
土台は廃棄し、屋根と建物枠だけを使います。






006
カッターで切り刻みました(笑)



そして、ここから小型化改造をします。
オリジナルでは出入り口は6箇所、中の通路は両端と中央にあり、牛さんたちが住むスペースは各通路の間に2列あります。
これを出入り口2箇所、通路は両端で、牛さんスペースを1列にします。
側板、妻板を途中で切断し、縮めてゆきます。
屋根は妻板の幅が小さくなるため、合わせながら切断しました。

で、↓ こんな感じになりました…



008
かなりサイズが縮まりました(*^^)v



切断面が荒いため、繋いだ箇所がバレバレですね…
この辺はパテとかは使わず、逆にヤスリ、ペーパーなどで削って「それらしく」見せ、あとは塗装の具合で誤魔化してゆきます。

ここでまた悪ノリしてしまう癖が…
中がガラーンとしているよりは、牛さんたちの居住スペースを作ろう!
なんて軽い気持ちで…


010
1mmプラ材で枠を組んでゆきます(*^^)v



なにせ狭い牛舎ゆえ、一頭あたりのスペースはキツそうなんですが…
まぁ、カタいことは抜きにして…

さてさて、どうなることやら\(^o^)/




(つづく)





br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →





I WISH /3

img424
昭和51年7月撮影の福井鉄道です。



引き続き、エプソンGT-X820 のスキャンレポートです。
(*^^)v

導入以来、時間があればスキャンしまくっております。
おかげで他の作業、特に模型製作が殆ど出来ず、クルマいじりも全然で…(・_・;)
いい季節になったので、夏の間休車だったパブ君を動かしてやりたいのですが、ついついスキャンに没頭してしまい…(・_・;)

しかし、そのおかげで色々と知らないことを勉強出来たりもしています。
現段階では35mmのモノクロ、カラーネガを20数本スキャンしました。
カラーの場合はカビの影響が大きく、クリーニングしながらスキャンしているのですが、乳剤面に浸食したカビは除去できずに苦労しています。

冒頭の福井鉄道、当時のプリントは何処かへ消え去ってしまっています。
数年前に手持ちのカラーネガからピックアップし、プリントを発注したのですが、印画紙や補正の関連でマトモな色調が再現できず、悲惨な写真の山が出来てしまったということがありました(泣)
福井鉄道のネガも同様で、このように正常な画像を見たのは20数年ぶりかな???

この画像は48ビット、4800dpiで取り込みました。
補正は『退色復元』のみで、ゴミやキズを除去する『DIGITAL ICE』をかけてあります。
このネガは幸いにもカビの浸食が軽度でしたのでクリーニングもしていません。
スキャンしてみて、意外にもキレイな画像だったので正直驚きました。
細かい補正を加えれば、もうバッチリではないでしょうか。

ところで、この電車の形式がサッパリ解りません…(・_・;)
これから調べてみたいと思います。


最初の頃、カラーネガは4800dpiで取り込んでいたのですが、あまりにも時間がかかり過ぎるので、通常は2400dpiにしました。
一旦2400で取り込み、更に高解像度で保存したいものは4800で再スキャンしています。


GT-X820 には『Photoshop Elements 10』がオマケで付いており、これを使用して様々な補正や加工が出来ます。
Photoshop は以前、友人が使っているのを見せてもらったことはありますが、自分のPCには持ち合わせていなかったため、初めての体験です。
他の修正ソフトは何度か使ったことはありますが、ちょっと勝手が違うようです。
何が何だか解らないまま、カビに侵された画像を修正してみました。




img00802
昭和47年12月撮影の七尾線です。



以前、このブログにも掲載したことがある写真です。
七尾線の西岸~能登中島間、冬枯れの寒々しい風景をゆくC56 123で、当時中学一年だった僕にとっては大変気に入った写真だったのですが…

ちゃんと保存していなかった自分が悪い…
わかっているんですけれど、あまりにも酷いカビの浸食に悲しくなってしまいます…
ネガカラーは変退色と劣化が他に比べて顕著で、画像への影響がかなり大きいです。
昔はキレイな写真だったのに…
儚いものです…(泣)




で、初めての修正…





↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 






↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 






img00801
\(^o^)/


なんとか復元できました。
ロッドの部分がちょっと…(・_・;)
でも、かなり見られるようになって、正直うれしいです(*^^)v
初心者のテキトーな修正ですから、いずれ腕を上げてマトモな仕上げにしたいと思います。




(つづく)








br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →









記事検索
ギャラリー
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ