2013年03月

♪まり散歩♪

DSC05180
京成電車、久しぶりに乗りました。




東武博物館で運転し気分を味わった後、徒歩で京成曳舟駅へ向っていました。

明治通りの左側歩道を歩いている時、道の向こうに怪しげな建物が…


ボクは

『旧い中華屋さんだなぁ』

と、思っただけでスルーしたのですが…



カミさんが

『なんか、あの中華屋さんって何かしら?? 湯気がいっぱい出てるけど…」

と騒ぎ始めました。



よくよく観察すると、店舗の窓口から湯気が立ちあがり、その向こうにはセイロが見えます。
そして貼り紙には…

『福々まんじゅう』

と、赤い字で書かれてあります。


旧くて渋い建物と相まって怪しさ大爆発!
こういう類が大好きなボクたち、こいつは放っておくワケにはゆきません(笑)




その正体とは…






↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 







じゃ~ん!







↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






DSC05172
どっひゃぁ~! 昭和のストラクチャーサンプルのようじゃ~\(^o^)/





二階の格子って…
???
(・_・)






DSC05177
ストラクチャー製作参考写真(笑)






店には看板がありません。
年季の入った暖簾にも…

???


う~む…
ますます怪しい雰囲気…



とりあえず件の『福々まんじゅう』なるモノを買ってみることにしました。




DSC05171
『特製肉まん』と『あんまん』があるようです。







DSC05169
注文するとセイロから出してくれます。



セイロが並んでいる奥には猫の額ほどの作業場があり、どうやらここでまんじゅうを生産しているということが窺い知れます。
店内を覗いてみると、まさに昭和レトロの世界!
思わず入って中華そばを食べたくなる風情です。




DSC05174
じゃ~ん! \(^o^)/ 5個で550円也!







DSC00637
道端で食べましょう(^O^)







DSC05175
うまいうまい!








DSC00639
具がたっぷりの肉まん(^O^)/




あんまんは漉餡、肉まんは野菜多めの具でした。
肉まんには目印のグリーンピースが乗っかっています。
生地はふんわりホクホクで美味しかったです。

いいなぁ~
こーゆーのって
(^^♪





思わぬ収穫を得てゴキゲンなボクら。
京成曳舟駅にやって来ました。



DSC05178
高架線化の工事中…





明治通りの踏切が廃止されれば、周辺の渋滞解消につながるので良いことなのでしょうが、警官としての情緒は失われますね。
旅人の勝手な感傷ですけれど…





DSC05179
切符を買ってホームへ行くと、ちょうど電車が来ました。




京成高砂で降りて金町線に乗り換えますが…

????????

ホームの電光板に『金町行き』の表示がありません。

????????


案内図を発見。

『ナニ?! 一旦改札を出る???』

以前は本線と同じホームを使っていたはずですが…





DSC05181
なんと!高架線になっていた金町線ホーム(・_・)



後で調べてみると、2010年に本線とは別の高架線ホームが竣工したとのこと。
これによって本線~金町線の直通運転も廃止されたそうです。
知らなかった… (+o+)






DSC05182
柴又に到着~♪




柴又は何年ぶりかしら?
鉄娘が生まれる前、身重のカミさんとふたりで来たような…

なので12年ぶり???






DSC00640
寅さん像!(^^)!







DSC05188
さくら…(・_・)  桜が見頃でした(笑)






DSC05186
ねこ日和(^◇^)






DSC05197
飴屋さん






DSC05196
飴屋さんちのクロねこ






DSC05199
帝釈天参道






DSC05206
帝釈天の桜は満開(@^^)/~~~






DSC05204
11年遅れでお礼参りさせていただきましたm(__)m





帝釈天参道が気に入った鉄娘

『もっとお店を廻りたい~❤』

と言っていましたが、そろそろお昼にしようということになり…






↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓








DSC05207
蕎麦処やぶ忠 \(^o^)/





ここは12年前に来て印象に残っていたお店です。

ずっと
『また行きたいねぇ~』
と言っていました。



まりっぺ=天せいろ 1100円

カミさん=鴨ぜいろ 1100円

サル&ヘタレ=もり 各600円

ボク=大もり 800円


以上を注文。
天麩羅、鴨汁は皆で回そうという作戦です(笑)





DSC05212
鴨ぜいろ






DSC05210
天麩羅






DSC05215
右手前が大もり 左上がもり




ここの『もり』は量が多く、一説には通常の二枚分はあるとか。
確かにヴォリュームがあります。

大もりは5枚分という説もあります。
写真で見ると大したことはなさそうですが、実際は結構な量です。
山盛りになっており、更にざるの凹みの分もあるので、食べても食べてもなかなか減らないという感じでした。

ボクは蕎麦が大好物なので最後まで美味しくいただき、更にリタイア組の余剰蕎麦も食べちゃいました(笑)

ちょっと苦しかったけど…





満腹のボクらは、続いて江戸川区南篠崎町に繰り出しました。

目的は『江戸風鈴製作体験』です。



http://www.edofurin.com/

↑ こちらの篠原風鈴本舗さんは江戸風鈴の老舗。
伝統の技術を現代に継承しています。
そして、なんとガラス吹きから絵付けまでを体験させていただけるんです\(^o^)/



tenpo

お店の外観を撮り損ねていましたので、篠原風鈴本舗さんのホームページより画像を拝借いたしました。
すみません…m(__)m




先ずは製作工程の説明と注意点などが説明され、その後いよいよガラス吹きです。
子供らはもちろん、カミさんやボクも一度やってみたかった作業です。

基本的に『吹く』という作業以外は職人さんが手伝ってくれますから、子供たちでもマトモな形を作ることが出来ます。






超テキトーなサル君だって…


DSC05222
ちゃんと出来てる…





◆解説◆

~江戸風鈴の製造工程~


① 炉内で熱され、約1300℃で溶解しているガラスを吹き棒(ともざお)の先端に取り、回転させながら息を吹き込んで小さめの球体(口玉)を作ります。

② 口玉の上に溶解しているガラスを巻きつけ、吹き込んでもう一つの球体を形成します。

③ ともざおの中に細い金属棒を通し、先端に穴を開けます。

④ 炉に球体を入れて熱し、ともざおから息を強く吹き込んで球体を膨らませます。

⑤ ともざおからガラス球体を外します。


DSC05225
この段階ではヒョウタンのような形状です。



⑥ 冷却後、口玉(上の小さな球体)を切り落とします。

⑦ 切り落とした部分をヤスって仕上げます。

⑧ 裏側から絵付けをします。

⑨ 紐を通し、ガラス棒材、短冊を付けて完成です。




根性のないヘタレ君も…


DSC00652
フツーに作れました。






工作が苦手なカミさんでさえ…


DSC05227
無難にこなしました。





ボクは… (・_・)

DSC05235
最後の吹き込みが弱かったのか、一番小さな本体に…((+_+))





製作体験フリークの鉄娘まりっぺは…

DSC05239
大きいのが作れました。





ガラス吹き行程の最後、ガラス材を炉から巻き取る作業を体験させていただきました。
ここは代表してボクが…(^O^)/


DSC05242
炉は高熱のため内部がよく見えませんが…





DSC05243
何とか巻き取り…




この後、写真はありませんが何とか口玉(らしきモノ)を作ることが出来ました。
親父の面目躍如\(^o^)/
(笑)




そして少し時間をおいたのち、絵付け作業に入ります。




DSC00666
裏側から書くので難しいです…






DSC00670
う~む… 目が見えん…((+_+))




絵付け作業を終えて、遂に完成です。

いや~
何かを作る作業は楽しいっすね~




DSC05260
篠原さんちの親子ネコ(^^♪







誕生日に最高の記念品が出来ました。
篠原風鈴本舗さん、ありがとうございましたm(__)m





それでは…





↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 





さあ!





↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 





製作した風鈴をご披露しましょう(@^^)/~~~






↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 







DSC00721 - コピー
形がバラバラ(笑)





全員ビミョーな出来ですなぁ…(笑)




DSC00709
サル君… ゲージツ家か? それとも… (・_・)





DSC00711
ヘタレ君… (+o+) ノーコメントにしておこう…





DSC00706
カミさん作 やっとマトモなのが出てきました(笑)





DSC00708
ボク作





DSC00707
まりっぺ作 おかーさんと同じモチーフか? さすが母子!




以上でドタバタ珍道中は終わりです。

では、また。







br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →





❤運転士志望❤


DSC05152
東武初の電気機関車ED100型。昭和3年英国製です。  (T)






先日、鉄娘まりっぺの誕生日に家族で出かけてきました。
鉄がらみなので(笑)紹介させていただきます。





朝8:00前に自宅を出発。
ラッシュ時間帯を過ぎた総武緩行線で亀戸にやって来ました。



DSC05124
ここから東武亀戸線に乗ります(*^^)v







DSC05126
普段は見慣れない電車ですね…




亀戸から僅か7分で曳舟に到着。
ここで東武伊勢崎線に乗り換えます。





DSC05132
ホームからはスカイツリーがよく見えました。



ひとつめの東向島で下車。





そして…






やって来たのは…






↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 







DSC05135
マスクはずせ~!




東武博物館で~す♪

三年前の誕生日にも来たことがあり、その時に電車の運転シミュレーターがたいそう気に入ったようで…(^v^)
またまた今回も熱望するので来てしまいました。


開館15分前に到着。
栃木から来たという今年中一になる少年鉄チャンがひとり待っていました。
ボクらもその後に並びます。



いよいよ開館です!(^^)!




中に入ると、先ず出迎えてくれるのが…



DSC05140
ピーテン5号機 \(^o^)/


明治31年、イギリスのベイヤーピーコック社で製造された蒸気機関車です。
同系列の機関車は国鉄などでも多く輸入されて活躍しました。
東武鉄道では開業に合わせて12両が導入されたそうです。
ピーコックのテンダー機関車なので『ピーテン』という愛称があります。




DSC05166
美しい足回り。






DSC05160
動態復元出来ないかしら…








ピーテンの前には…






DSC05139
渋い旧型電車のデハ5 (*^^)v



浅草~西新井間が大正13年に電化された際、東武初の電車として新製導入されました。
昭和31年には運用から外されましたが、事業用車として生き長らえていたところ、歴史的価値が認められて保存されていたとのこと。
現在では新製当初の姿に復元され、往時を懐かしむことが出来ます。




DSC05158
車内はフリースペース。木枠の昇降窓を開閉できます。






DSC05161
木造車体の質感、サボも渋い!





さあ!
次はお楽しみの運転シミュレーターで~す(^^♪

東武博物館の運転シミュレーターは三基ありますが、何といってもカットボディを用いた10030系電車のものが一番です。

ところで10030系って…


(・_・)


(+o+)


………


よくわからない…(汗)


申し訳ありませんが、東武の車両には疎いもので…((+_+))


とにかく『運転体験』ですっ!

(笑)





先ずはヘタレ君。



DSC00624
誕生日の姉ちゃん差し置いて何でお前がトップなんじゃ?







DSC00626
意外とマトモにでけるやんけ…(・_・)





次はサル君!


DSC05144
性格的に向かないような気がする…(笑)





さあ!
本日の主役、鉄娘まりっぺ!



DSC05146
本気モード… (@^^)/~~~





↓ ちなみに三年前の鉄娘は…


DSC02426
う~む… ぎこちないな…(・_・)




この後ボクもトライしました。(*^^)v
楽しかったです。



やはりシミュレーターは人気の的で、常に数人の列が出来ていました。
一人あたりの時間は約5分。
5人並んでいれば30分待ちくらいです。
鉄道博物館に比べれば、かなり楽ですかね…




DSC05162
館内には色々な展示物があります。







DSC05149
10年前まで貨物列車を牽引していたED5010型。






DSC05150
かつての特急車両、モハ5701です。




5700系は辛うじて現役時代に撮影したことがあります。
晩年の5700系はすべて前面が貫通タイプになっていましたが、この5701は新製当初の姿に復元改造されたものだそうです。



開館から約一時間半、子供の団体が加わったりして館内が賑やかになってきました。
そろそろ移動することにします。




DSC05167
こんな所に…



何故か水戸街道沿いのガード下にポツンと置かれた6号蒸機。
東武博物館の展示物らしいのですが、もう少し何とかならない?
模型に多くのスペースを使うよりも『現物』を大切にしましょうよ…
宝物であり、文化遺産なんですから。

などとブツブツ言いながら博物館を後にしたのでした。


【つづく】





br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →





♪ 春が来た! 3

IMGP9446t
月崎の桜は未だでした…  (T)





【いずれも3月23日・小湊鉄道にて撮影】








千葉には、以前より小さな私鉄が三か所にありました。
それは銚子電鉄、総武流山電鉄、そして小湊鉄道です。
流山電鉄は友人が流山に住んでいたことから何度か乗る機会がありました。
撮影も…(・_・;)
確か2~3度は撮ったと思います。
小湊鉄道も僅かな回数しか撮影していません。
一番馴染みがあるのは銚子電鉄で、昭和50年代前半に20回くらいは撮りました。

銚子電鉄は佇まい、個性的な車両が魅力でした。
しかしデハ700が入ってハフが廃止になった頃から、その魅力は下降線の一途をたどりました。
奇抜な駅施設を作り始めた時は
『正気かよ?』
と思ったくらいで…(笑)

現在の銚子電鉄は無残なものです。
恐らく経営に携わる人が鉄道をわかっていない。
観光客を誘致しようとした時、都会から来る人たちが『何』を求めているのか、どのような風情を楽しみにしているのか、その辺を全然理解していないものと思われます。
宝物のような車両を蔑にし、半端なスタンスで観光客に媚びる姿勢…
それが今の姿となっています。
何の魅力も感じません。
とりあえず走らせているだけ、信念は全く感じませんね。


その反面、小湊鉄道は素晴らしい\(^o^)/
旧い鉄道施設を昔日の姿のまま維持するのは、恐らく新しいものに造り替えるよりも手間や経費がかさむはず。
なのに40年前と大差ない風情を保っています。
小湊鉄道は小湊鉄道のまま、変わらずに観光客誘致を工夫しています。
自然体で、非常に好感が持てますね~
変てこな建物を作ったり、文化遺産を潰してしまう誰かさんとは大違い(笑)


かつての国鉄木原線は、現在いすみ鉄道として存続しています。
いすみ鉄道も頑張っていますね~(^O^)/
経営者が変わり、その変化は顕著です。
国鉄型の気動車を導入して目玉にしている\(^o^)/
オマケに新型車の前面は旧国鉄タイプに酷似\(^o^)/
いわゆる『ツボ』がわかっているんですね。
すごく魅力を感じます。
これまたトンチンカンな何処かしらとは次元が異なりますね~


愚痴っぽくなり、すみませんm(__)m
とにかく今の銚子電鉄には呆れるだけです。
ハイ。



さてさて、撮影の続きです。
9Aレを見送り、次は10数分後に来る16Aレを狙います。

この列車で石神地区の撮影は終了です。
締めくくりですので気合入れて…





↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





IMGP9418t
アングルを変えて撮ってみました(*^^)v  (T)









DSC05715h
(^◇^)   (H)









DSC00620y
(@^^)/~~~   (Y)









DSC05094s
(^O^)   (S)








IMGP9514m
菜の花に埋もれるキハ200 (^^)v  (M)





もういっちょ!



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






IMGP9520m
黄色い波に呑まれてゆくようです…  (M)






石神地区での撮影はこれで切り上げ、この周辺を俯瞰する場所へ行ってみることにしました。
しかし途中で道を誤り、とんでもない山の中へ分け入ってしまいました(汗)
ナビに位置を登録しておいたのですが、その時点で間違っていたようです(*_*)

結局は林道をドライブして(笑)養老渓谷駅に到着~♪
ちょうど俯瞰で撮影しようと目論んでいた11Aレが来る時刻だったので、駅のはずれで待つことにしました。








IMGP9434t
観光客を降ろし、ゆっくりと発車しました。  (T)




ボクらが撮影していると、11Aレは減速して停止…

なんじゃ(?_?)

と思っていると運転士さんが

『危ないので下がってください~』

とのこと。


????????


ちょうど足元に曲線標識があったので、

『ここから内側には入っていませんよ』

と言うと、

『ダメです。危険なのでもっと下がってください』
との返答。
乗客もいることですし、ここは退散しましたが…

????????

鉄チャンを40年以上やってきて初めての体験でした(゜o゜)

列車を停止させてまで注意するほどのコト?
100km/hで通過しても大丈夫な位置ですけれど…(苦笑)




これにて終了!
と思いましたが、帰り道がてら月崎駅に立ち寄りました。
ここは菜の花が少ししかありませんが、桜並木が…


(・_・;)


全然咲いていない…

((+_+))



オマケに雲行きが怪しくなり、ずいぶん暗くなってしまいました。

でも、せっかく寄り道したのですから18Aレを撮ってみました。




IMGP9576m
桜が咲くとキレイでしょうね…  (M)




撮影を終えて帰路につきます。

途中、寄り道した高滝湖畔の桜は少~し咲いていました。



IMGP9461
こんな感じ…  (T)



ここでお昼を食べて帰ることにしました。




でも…




せっかくだから…




ついでに…






IMGP9465
高滝駅~♪ 15Aレです。 (T)



ここも桜が咲くと、さぞかしキレイでしょうね。

次回に期待して今度は本当に撤収しました(笑)




IMGP9474
一週間後が楽しみですね…(*^^)v  (T)





帰り道に見かけた小湊鉄道の駅。
どれも昔日の姿が維持されていて素晴らしいものでした。
気動車の色もいいですね!(^^)!
花の季節に再び訪れたいと思います。






≪撮影関取&使用機材≫

M/ 鞠ノ花 = PENTAX K-m

S/ 猿風 = SONY DSC-WX1

H/ 貴屁垂 = SONY DSC-W110

Y/ 湯火鵬 = SONY DSC-W630 PC

T/ 硬剣 = PENTAX K-7
        SONY HDR-UX7






≪♪ 春が来た! /おわり≫








br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →


♪ 春が来た! 2


IMGP9384t_R
沿線随一の規模を誇る菜の花畑です(^o^)/  (T)



【いずれも3月23日・小湊鉄道にて撮影】






小湊鉄道で走っている車両はキハ200型気動車です。
ボクが中学生の頃、初めて小湊鉄道を訪れた時もこの車両が主力でした。
調べてみると、キハ200は昭和36年から52年にかけて14両が製造されたということです。


最初に見た頃は

『味気のない車両だなぁ~』

なんて思っていました。



当時は国鉄や私鉄に旧い車両がたくさんありましたから…
全然魅力を感じなかったのも仕方ないです。



でも、40年前と変わらない車両が走り続けているって素晴らしいことです!(^^)!
車体の色だってそのままだし。
小湊の車両が変化のない間、他の鉄道の様相は激変しましたからねー(+_+)


そして今見た感じは…

『昔のままで懐かし~❤』

…と、気持ちが変化しました(笑)




さて、ボクにとって20数年ぶりの小湊鉄道撮影。
撮影した7Aレは上総中野まで行き、折り返し14Aレとして戻ってきます。


サル君とボクは7Aレをアウトカーブで撮りました。
ですので次はインカーブの『お立ち台』から畑を見下ろして狙おうと思います。


ゆかピー、まりっぺとヘタレ君はその逆で。
2チームの撮影場所が入れ替わったということです。





DSC00615y
鉄チャン的でないフレーミング…(@_@;)  (Y)









IMGP9397t
定番過ぎるかな…(・_・;)  (T)






次は30分後に来る9Aレを狙います。
この列車は養老渓谷行き。
折り返し16Aレとなって10数分で戻ってきます。


無難なアングルは押さえたので、次は各自バラバラになって自由に撮ってみようかと。
とか言っても子供らは親の近くに居るので、また2チームに分かれただけですが…







IMGP9407t
タンポポ満開(^.^)/~~~  (T)









IMGP9404t_R
キレイな水色の小さい花(名前が判りません)  (T)









IMGP9408t
これは…???(゜o゜)  (T)






さあ!
9Aレの登場です。






DSC00616y
菜の花畑の中で…  (Y)









IMGP9495m
単行がサマになってますね\(^o^)/  (T)








DSC05090s
う~む…(・_・;)  (S)









IMGP9416t
建物がちょっと…(*_*)  (T)




全体的に悪くはないですね。

とりあえず菜の花のある場所で『それなり』に撮影すれば、まあ見られる写真になるってコトですかね~(笑)







≪撮影ミュージシャン&使用機材≫

M/ Drums マリー = PENTAX K-m

S/ Bass サルチネス = SONY DSC-WX1

H/ Keyboard  ヘータ = SONY DSC-W110

Y/ vocal ユカ = SONY DSC-W630 PC

T/Guitar ツネルソン = PENTAX K-7
                 SONY HDR-UX7






≪♪ 春が来た! /つづく≫








br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →






♪ 春が来た! 1


IMGP9506m
ほぼ満開になった石神地区の菜の花畑…(^^♪  (M)


【いずれも3月23日・小湊鉄道にて撮影】










ウチの鉄娘は

『お花がいっぱい咲いている所で撮影したい❤』

と、以前から言い続けていました。


いつかは実現させてやらねば…
と思っていました。

ボクの地元千葉県には三か所に非電化路線があります。
鉄チャン的には魅力を感じるはずなのですが、今イチ興味が湧かずに『行こう』という気になれませんでした。
とか言いつつも、むかーしむかーしには撮影したことがあります。

木原線(現・いすみ鉄道)、久留里線は昭和50年~52年頃、小湊鉄道は…
一番記憶が薄いですが、最初に行ったのは五井駅に放置されていた蒸気機関車が目的で、多分中学一年か二年だったから昭和47~48年くらい…
その後何度か行きましたが、それでも最後は昭和か平成か微妙な頃だったような…(笑)

そんな地元路線。
ここ数年でずいぶん人気者になっているそうです。
なかでも小湊鉄道といすみ鉄道は、沿線に菜の花を植栽して観光客誘致?をしているようで、色々な場面で写真や映像を見かけるようになりました。

菜の花、そして桜の季節…
『よーし! 鉄娘の望みを叶えてやるかー!』
てゆーか、自分も行きたくなったので…(^.^)/~~~


今年の冬は寒かったですね。
なので花の開花も遅れ気味…
日々サイトをあさって情報を収集しながらタイミングを見計らっていました。

『未だ満開は遠いかなぁ…』
と思っていたのですが、ここのところ急速に開花が進んだようで、有名な養老渓谷の石神地区は満開に近い状態になったと聞き、急遽23日土曜日に撮影を決行しました。


いつものブルーサファイアハイウェイスター号を操り、自宅から一時間半もかからずに目的の石神地区に到着。
ここは小湊鉄道、上総大久保と養老渓谷の間です。
快晴ではないものの、まあまあのお天気とあって既に10名くらいの鉄チャンたちが列車を待ち受けていました。





IMGP9356t
ここがお立ち台\(^o^)/  (T)








DSC05063s
周辺は菜の花の香りが漂っていました!(^^)!  (S)








DSC05693h
踏切の横にはいい感じの看板もあります。  (H)









IMGP9361t
つくし (^O^)  (T)








DSC05697h
カエル (^v^)  (H)





小湊鉄道の運転本数は少ないのですが、この場所の場合10時から12時半の間には上下6本の列車が来ますので、まさに『狙い時』なのです。

先ずは10:14頃通過の7Aレを狙います。





IMGP9459m
鉄娘!念願のお花&列車撮影成功\(^o^)/  (M)








DSC00610y
いきなり画像チェックしている…(笑)  (Y)








IMGP9377t
春色の列車…♪  (T)







DSC00608y
菜の花ジュータン(*^^)v  (Y)








DSC00612y
7Aレ撮影終了~撤収 (@^^)/~~~  (Y)





時おり雲が太陽を遮り不安定な状況下でしたが、まあまあ成功 (^O^)/
7Aレが上総中野まで行き、折り返して14Aレとなり約20分後に来ます。

次は何処で狙いましょうか…

(^O^)





≪撮影噺家&使用機材≫

M/菜花亭鞠平 = PENTAX K-m

S/春風家猿楽 = SONY DSC-WX1

H/春風家屁垂= SONY DSC-W110

Y/土橋亭床曾= SONY DSC-W630 PC

T/亀乃家常跳= PENTAX K-7
            SONY HDR-UX7






≪♪ 春が来た! /つづく≫








br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →




記事検索
ギャラリー
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
プロフィール

つねぴょん

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ