1991K_103_R
仁保~篠目間   







大井川鉄道で運行されているトーマスが大人気だそうです。
鉄チャン的には正直ドン引きしてしまいますが、改造されたC11 227を見る限り、大井川鉄道の真剣さが伝わってきますね。
半端じゃない、って感じがします。
あまりにも好評でチケット入手が困難なので、お次はC56 44をジェームスに仕立てるとか…(・_・;)
既に千頭の49616はヒロになっているらしく、このままでゆくと希少なC10 8も…(・・?
契約の問題から、永年続く訳ではないようですが、チョッピリ心配になってしまいました。
聞くところによると、純粋なトーマスファンたちが押し寄せているそうです。
まあ、トーマスを撮りたいって言う鉄チャンは少ないでしょうからね(;一_一)

その大井川鉄道は、日本で初めて動態保存蒸気機関車による旅客運行を始めました。
確か昭和50年か51年でしたから、もう40年もの歴史があるんですね。
一方の国鉄では、現役機が引退した後も、梅小路機関区の動態保存機を用いて臨時列車が運行されていましたが、昭和51年に発生した京阪100年記念号の事故がキッカケとなり、都市圏での運行は取り止められてしまいました。
当時の国鉄総裁が推したこともあり、地方路線での恒久的な蒸機運行が検討され、誕生したのが山口線を運行する『SLやまぐち号』です。
昭和54年から走り始め、今年で36年となりました。









img668_R
試運転中のC57 1+12系  昭和54年








最初に試運転が行われていた頃、撮影の依頼を受けて山口線へ行きました。
かつてD60を撮ったという先輩鉄から大まかなポイントを聞き、あとはロケハンで撮影場所を探したと思います。
確か3日くらい撮影してしたような…(・・?
ハッキリとした記憶はありません。


その次に訪れたのは平成2年でした。
カミさんとの結婚が決まり、結納のため鹿児島へ行った時のこと。
往路は「はやぶさ」だったかな…?
ボクの父と妹は飛行機で鹿児島に呼び、2~3日滞在して結納を交わし、その後カミさんとボクはプチ婚前旅行?をしながら東京へと向かいました。
特急「有明」で博多へ行き、中洲の屋台で楽しんで翌日は小郡へ。
レンタカーを借り、山口線の撮影+秋吉台、萩などを巡りました。


さあ!その際の写真をご紹介しましょう。
問題はですね…
撮影地、具体的な場所などを全く覚えていないという…(ーー゛)










1991K_019_R
仁保~篠目間 





この頃はキハ181系がバリバリ活躍していました。
カッコいいですね~













1991K_031_R
仁保~篠目間   



冒頭の写真と同じ列車、ほぼ同じ場所です。
こちらは三脚にセットしたカメラをカミさんが操作しました。







記憶が曖昧ですが、確か土日曜の二日間撮影したと思います。
ひょっとすると、金土曜日だったかもしれません。
土日ならば8月4~5日、金土なら3~4日です。
この辺が定かではないのです…(T_T)
滞在の二日目が重連運転でした。

この日は津和野行きを仁保~篠目間で撮り、クルマで追って何処かしらの駅で出発を撮りました。
が、煙はスカスカでサマになっていませんので、掲載はパスしておきます。
その後は鉄チャンからカタギに変身し(笑)、秋吉台に行って鍾乳洞見学をして山口のホテルに泊まりました。









さて、次の日です。
重連に期待なのですが、相棒がC56なので少し物足りないというかアンバランスというか…(ー_ー)!!
せめてC58とペアだったらマシだったのに…












1991K_042_R
仁保~篠目間   





重連を待つポイントは、前日に下見をしておきました。
前日同様、キハ181系の特急「おき」が来ました。





そして…











↓ ↓ ↓ ↓ ↓


















↓ ↓ ↓ ↓ ↓















1991K_056_R
仁保~篠目間   




\(^o^)/




本務機?(次位補機)がショボイですが、やはり重連はカッコいいですね!(^^)!








この日は追っかけが失敗したのか、何処かしらの駅での後追いしか写っていませんでした。
終点の津和野まで追い、構内で少し撮影。
鉄チャンは少なく、ほんの数人しか居なかったように覚えています。







1991K_059_R
津和野駅





この頃は別段何も感じなかったキハ58が愛おしい…(゜-゜)













1991K_064_R
津和野駅





デカ過ぎる集煙装置がねぇ…(;一_一)













1991K_071_R
津和野駅





C56は、展望車の方向転換をするため入換作業。














1991K_070_R
津和野駅





周囲にケムリが蔓延しないため、機関車の煙突には集煙濾過装置?が装着されます。
ここまで対策をする必要があるのかしら…?





折り返しの時間を利用し、津和野の町を散策。
が、ちょっとのんびりし過ぎて時間がなくなり、C56が先頭となる小郡行の撮影準備に出遅れてしまいました。
撮影地の下見もしていなかったし、慌てて走り回って苦し紛れのアウトカーブで…










↓ ↓ ↓ ↓ ↓













1991K_079_R
津和野~船平山間








う~む…
微妙ですな…(+o+)






やまぐち号の撮影はこれにて終了。
この日は湯本温泉に泊まり、翌日は萩の町を見物しました。
ハッキリとしたことは覚えていませんが…(苦笑)

小郡でレンタカーを返却し、「あさかぜ」のデュエットで帰京しました。





あれから早いもので25年。
その間もC57 1牽引の「やまぐち号」は走り続けています。





実は2年前の2013年の夏休み、久しぶりに山口線を訪れる予定でした。

7月27日は一畑電鉄の運転体験を楽しみ、浜田のホテルに宿泊。
翌28日朝の「スーパーおき」で津和野へ行き、レンタカーで撮影するつもりだったのですが…



朝の浜田駅は不穏なムード。
そして、こんな貼り紙が…









大雨により山口線は全線で運転を見合わせております。

このため『スーパーおき1号』は益田行きに変更します。











な~んと、C57 1再会寸前でお預け~((+_+))



その旅の様子は ↓ こちらをご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/tsunechan1959-toritetsu/archives/6715282.html









結果的には、記録的な大雨となった「728山口・島根豪雨」をモロに体感してしまいました。

特に降雨量が酷かった時間帯に、これまた記録的な降水量だった須佐付近に居たという…(+o+)
あの728豪雨により、山口線は甚大な被害を受けてしまいました。
復旧に1年間も要したくらいですから。





今夏、リベンジを果たすべく山口線へ行こうかと考えています。

しかし、2013年の728豪雨、昨年は青森県内豪雨で乗るはずだったトワイライトエクスプレスが運休になるなど、2年連続で水難に遭っています。


今年は大丈夫かなぁ~?





 


↓ 拙ホームページも宜しくお願いいたします!


http://tsunechan.web.fc2.com/



br_decobanner_20100912152839にほんブログ村 鉄道ブログへ
ブログ村 ← 宜しければクリックお願いいたします m(__)m →