2015年08月

新BDMB製作記録/1

DSCF9594_R
新生BDMB最初の開通区間!






レイアウト製作の様子をご紹介しておりました「BDMB製作記録」ですが、前回の更新は何と2012年11月…(・_・;)
もう3年近くにもなります(ー_ー)!!


その間、ナニをしていたかと言うと…








(・・?








全く作業は進んでいませんでした(ーー゛)


まったく、困ったもんです。




このままでは廃墟になっちまう(゜-゜)



危機感はありましたが、半ば放置していたような状態でした。
一時はベースごと完全に撤去し、一部に展示スペースだけを残して居室にしようかとも思いましたが、さすがに『模型専用部屋』として設計したこともあり、踏みとどまりました。



で、作業が滞る理由を分析してみました。

■配線が複雑なため、電気的な問題と不安がある。
■線路を完全固定しているため、故障時の交換が出来ない。
■手の届かないトンネル区間が多く、線路メンテナンスがしにくい。
■更にトンネル内でのトラブルの際、車両を救出出来ない可能性もある。
■今となっては設計、配線自体に不満がある。
■総合的にビジョンがない。

…ということで、不安や不満により、製作意欲を完全に失っているのかと…



色々と考えました。






そして…






2015年 3月12日、かのトワイライトエクスプレスの最終日。
一大決心をしました。












↓ ↓ ↓ ↓ ↓














DSCF0791_R
解体開始!














DSCF0792_R
(T_T)/~~~






トワイライト展示スペースの下、城壁のある旧市街通りです。
ちなみに解体前は ↓ こんな感じでした。







DSC01760_R
(・_・;)





改めて写真を見ると、何だか勿体ない…

でも、仕方ありません。




約10年間に渡って製作してきた初代ブラオヴァルト蒸気鉄道レイアウトですが、遂に完成せぬまま終焉を迎えてしまいました。
恐らく「あのまま」進めたとしても、様々な問題が障害になったはずです。
さすがに解体に着手する瞬間は躊躇しました。
しかし、いざ始めてみると清々しい気持ちになれたのが不思議です。

撤去したレールを流用することも考えましたが、どうもTomixの複線線路の間隔に不満があったため、処分することにしました。
未使用品も加え、ヤフオクにて売却。
予想よりも高値で引き取っていただき、新路線の糧となりました。



二代目レイアウトのレールはKATOのユニトラックを採用。
固定式線路も一瞬よぎりましたが、作業の手間を思うと手が出ません。



目指すのは…

➀ストレス無い走り
②メンテナンス性アップ
③様々なリスク回避

です。


リアルを追求するのは止めました。
あくまでも「走り」優先です。

レールの塗装、バラスト撒き等は一切ナシ。
勾配区間は極力緩和し、基本的にトンネルも設けません。

前回のレイアウトで失敗した点を全て排除するというやり方です。



レイアウトのプランニングは、フリーソフトの『Railroader』にて製作しました。

初代レイアウトで予定していたメイン駅は頭端式ホームでしたが、これも見直しました。
運転操作上、どうしても難があるからです。
なので二代目では通過式の駅にしました。
本線上には設置せず、上下線とも途中で分岐してアクセス路線を設定します。
駅名は以前のままBlauwald Südとしました。

機関区と客車区は少し離れているため、ここはBlauwald-Neustadtを名乗ります。
これも初代レイアウトで採用した駅名です。

Blauwald Süd と Blauwald-Neustadt の間は、二方向からアクセスできるようにしました。
ひとつは本線~Blauwald Süd のアクセス線から分岐、もうひとつは Blauwald Süd から回送線を設定。
実際に運転する時のことを充分考慮した上での設計です。




つづいてレイアウトベースのお話です。
我が模型部屋は、家屋の設計段階からレイアウトを製作する前提で造られています。
レイアウトをセットするベースとなる部分も、大工さんに造り付けてもらっています。
初代レイアウトでは、この造り付けベースに直接線路や施設を設置していました。
が、今回は造り付けベースの上に、更にレイアウトベースを新設することにしました。

階段吹き抜け部分の壁を通るアクリルトンネルは、造り付けベースと同じ高さとなっています。
アクリルトンネル内は線路を直接敷設せず、鉄橋を設置します。
なのでベースとの高低差が約60mm程発生し、レイアウトベースのかさ上げが必要となります。
当初、既存ベースの上は全てスタイロフォームを用いて製作しようかと考えておりました。
その方が地形に高低差がつけられるし、良いかなぁ~と。
ただ、その場合は相当多くのスタイロフォームが必要となります。
30mmのを三枚枚使ってかさ上げ分、更にその上にも使うとなると、スタイロフォームが一体何枚必要になるのでしょう?
接着は?造り付けベースとの接合は?


いくつかの問題が解決せず、オールスタイロフォーム案は却下。
ラワン合板と角材を使い、約40mm高のペースを造ることにしました。
その上に20mmのスタイロフォームを貼り付け、約60mmの高さになります。









DSCF9586_R
(^^)v





かさ上げが主な目的ですので、ラワン合板は3mm厚にしました。
キチンとしたペースを造るなら、やはり5mmは欲しいところですが。
一部は人が載っても大丈夫なように、角材を多く入れて強化しました。
例えばエアコンの前。
もしもエアコンが故障したら…
その場合を考慮しました。









DSCF9583_R
(・_・;)





狭いので、物を移動しながらベースを増設してゆきます。
これでも既存のストラクチャーなどは別室に置いているのですが…












DSCF9596_R
!(^^)!






冒頭に紹介した、トワイライト展示コーナー下です。
新設ベースにスタイロフォーム、更にカーペットを貼り付けました。
下地はカーペットを使います。
この上に線路を敷設しますが、地面を造らなくてもそこそこ見栄えが良いので。

リアルな地面が必要だと判断した場合、この上から手を加えるつもりです。
基本的には地面はベージュとグリーンのカーペットを使い、道路や建物などの施設は小刻みなセクションで造り、カーペットの上に置くという手法です。
こうすると、施設の製作はデスク上で出来るというメリットもあります。




さあ!
仕切り直して頑張るぞぉ~!







↓ 拙ホームページも宜しくお願いいたします!


http://tsunechan.web.fc2.com/



br_decobanner_20100912152839にほんブログ村 鉄道ブログへ
ブログ村 ← 宜しければクリックお願いいたします m(__)m →





山陰トワイライト速報!

IMGP5028_R
三見~飯井間 9035レ (T)  2015.8.1





『特別なトワイライトエクスプレス・山陰ルート』の運行が行われました。
台風が接近した7月下旬の運転に引き続き、二度目のことです。
絶好の撮影日和となった8月1日、山陰本線を走る姿を追いました。
詳細は後日改めて、今回は取り急ぎ軽~く紹介します。










IMGP4973_R
折居~三保三隅間 9033レ (T)




折居駅通過は5時58分。
日の出間もない時刻ゆえに、少々キビしい撮影条件でした。
早朝にもかかわらず、大勢のギャラリーに見送られて走り去りました。














IMGP2591_R
石見津田~益田間 9033レ (M)




三保三隅駅では11分の停車時間があり、クルマで追いかける鉄チャンが少なくありませんでした。
ボクらも追っかけ組ですが…
朝陽の射す海岸沿いの路を軽やかに駆けてゆきました。













IMGP2603_R
益田~戸田小浜間 (M) 9033レ




前日、益田水郷祭が行われた高津川に架かる鉄橋。
二年前の7月28日、ボクたちの乗った気動車は、この鉄橋を渡った処で二時間半立ち往生しました。
なんとも縁の深い場所…(?)














IMGP5006_R
須佐~宇田郷間 (T) 9033レ





中学二年生の夏休み、蒸気機関車を求めて訪れて以来の惣郷橋梁です。
大人気の撮影ポイントでしょうから、冗談半分で「100人くらい居るんじゃない?」と言っていたのですが、その倍以上の鉄チャンが集結していました。
駐車車両でコミュニティバスは通れなくなる、パトカーは出るわの大騒ぎ。
それでも罵声は少な目(笑)、トラブルも無く楽しい撮影でした。














IMGP2628_R
三見~飯井間 (M) 9035レ





「特別なトワイライトエクスプレス」は、東萩で3時間25分停車し、列車番号を9033から9035に変えます。
この時間を利用し、ボクたちは二年前にお世話になった皆さんへお礼に行き、萩の遊覧船に乗ったりして過ごしました。
午後になり、海が少しガスってきましたが、夏の山陰らしい雄大な風景の中で撮影できました。
ボクが把握していたダイヤは前週のもので、入手先からは「変更はない」との情報でしたが、9035レは10分近く早い時刻に現れました。






ボクにとって、今年の3月でお別れしたはずのトワイライトエクスプレスでしたが、またもや撮影することができて嬉しかったです。
ホントは乗りたいんだけどなぁ~(苦笑)







◆使用機材
M/まりっぺ= PENTAX Km 
T/つねぴょん= PENTAX K7 
        





↓ 拙ホームページも宜しくお願いいたします!


http://tsunechan.web.fc2.com/



br_decobanner_20100912152839にほんブログ村 鉄道ブログへ
ブログ村 ← 宜しければクリックお願いいたします m(__)m →



記事検索
ギャラリー
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ