2016年02月

追憶の汽車 ~3年ぶりの煙~ ⑤

IMGP0058_R
佐原~香取  9421レ (T) 2016.1.26








追憶の汽車
~3年ぶりの煙~ ④

総集編



2013年2月、成田線にC61が運行された際、幸運なことに乗車する機会に恵まれました。
なにしろ旧型客車ですから気分は最高です。
とても楽しい汽車旅ではあったのですが、非常制動がかけられて緊急停止する場面が二度ありました。
線路に接近しすぎた人がいたようです。
鉄チャン活動が長いと、危険と安全の境界が分かるのですが、不慣れで知識に乏しい方が線路際に来ると、どうしてもこういうことが起こってしまうのでしょう。
あってはいけないことなのですが、何となく想像はつきます。
幸い事故には至りませんでしたが、その後二年間は千葉での蒸機運行はありませんでした。
やはり安全面に於いて、何かしらの問題が提言されたのかも知れません。

三年ぶりとなる今般の蒸機運行、案の定規制が強化されていました。
警備の方々が沿線に配置され、目を光らせるのは以前と同じ。
しかし、線路への接近については、明らかに厳しくなっていました。
ある警備員さんに聞いたところ、

敷地内は立ち入り厳禁!三脚の足一本でも入れてはならない!

とのことでした。
線路際に柵がある場合、三脚の足が線路側に入ることってよくありますよね。
それもダメ、本社レベルからの通達だそうです。
また、線路際では境界杭より接近してはならない、たとえ安全な距離を保っていてもダメとのことでした。
建て前としては当然のことなのですが、実際の現場ではある程度のお目こぼしはあったはず。
それがシビアに『絶対ダメ』という具合になっておりました。
恐らく三年前の非常制動が影響を及ぼしているのでしょうね。
ボクらとしては、それらの規制には真摯に対応し、遵守しなければいけません。
安全は皆でつくるもの、何かが起きればイベント運転なんて二度と行われなくなってしまいますから。

今回気になったのは以上の安全規制ともうひとつ、D51498のコンディションです。
三年前のC61に比べ、明らかに軽快な走りを見せていました。
素人目ですからアテにはなりませんが、ボクはそう感じました。
煙の出具合なんて、全然違いましたから。
ひょっとすると、C61運行の際には若干の演出があったのかも知れません。
そう思うくらい、今回のD51では物足りなかったというのが正直なところです。

客車が旧型ってのはポイント高いですね。
12系とは雲泥の差です。
もしも12系だったら、撮りに行きたいという気持ちが沸かない可能性もあります(笑)
撮っても、乗っても、旧型客車が一番ですからね~(^^)v

最後にダメ出しをひとつ。
DL佐原号ってのはやめていただきたい。
あと、SL銚子号で、後ろにDLを付けたままってのも勘弁してください。
要するに、DLは外してくださいというお願いです。
両端駅に転車台が無い、機回し作業の問題、それは分かります。
でもね~
編成にDLが加わっているだけで、魅力半減なんですよね~
せめて蒸機先頭の時くらい外せよ~
と言いたい!
内房線では外してたじゃない、不可能じゃないでしょ?
だいたい最初からDL使うなよ~
片道はバック運転でいいじゃん!

運転の都合上、どうしても前後に機関車を付けたい、折り返し駅で機回し作業はしたくない、編成Fixで、と仰るなら、蒸気機関車を2両使ってください。
高崎からC61とD51を持ってきちゃうと上越線での運行に支障が出るでしょうから、真岡からC11かC12を借りるってのは如何でしょうか?

銚子発佐原行=C12佐原号
佐原発銚子行=C61銚子号

これなら文句ありません。

無理かな~?(笑)


それでは2016年1月の成田線、ダイジェストでご紹介いたします。







◆1月23日(土)





IMGP0010_R
下総豊里~椎柴 9421レ (T)














IMGP2772_R
下総豊里~椎柴 9421レ (M)














S0312090_R
下総豊里~椎柴 9421レ (T)














◆1月26日(火)





IMGP0042_R
下総橘~笹川 9420レ (T)














IMGP0063_R
佐原~香取  9421レ (T) 














IMGP0074_R
笹川~下総橘  9421レ (T) 













◆1月27日(水)





IMGP0088_R
椎柴~下総豊里 9420レ (T)













IMGP0099_R
香取駅 9420レ (T)














IMGP0127_R
水郷~小見川  9421レ (T) 













IMGP2788_R
水郷~小見川  9421レ (T) 















IMGP2794_R
下総豊里~椎柴  9421レ (T)















IMGP0168_R
下総豊里~椎柴  9421レ (T) 













◆1月31日(日)




IMGP0190_R
椎柴~下総豊里 9420レ (T)














IMGP2874_R
椎柴~下総豊里 9420レ (M)














IMGP0212_R
香取~佐原 9420レ (T)














IMGP2910_R
佐原駅 9421レ (M)














IMGP0245_R
佐原駅 9421レ (T)















IMGP2933_R
笹川~下総橘 9421レ (M)














IMGP0287_R
笹川~下総橘 9421レ (T)









運行に関わった皆様方、またD51498に、心より御礼申し上げます。








IMGP0234_RIMGP0236_R











◆使用機材
M/まりっぺ= PENTAX Km FUJIFILM XF1 (R)
T/つねぴょん= PENTAX K5 FUJIFILM X20 (S) SONY HDR-CX900






↓ 拙ホームページも宜しくお願いいたします!

http://tsunechan.web.fc2.com/




br_decobanner_20100912152839にほんブログ村 鉄道ブログへ
ブログ村 ← 宜しければクリックお願いいたします m(__)m →

追憶の汽車 ~3年ぶりの煙~ ④

IMGP2888_R
佐原観光の皆さんも楽しんだかな~?  (M)





追憶の汽車
~3年ぶりの煙~ ④

2016.1.31(日) 本運転 第三日




五日間の試運転が終わり、1月28日には客車が幕張へ回送されて整備を受けたそうです。
そして29日からは本番運転!
が、ボクは見に行けませんでした。
当日はお天気悪かったようです。
蒸機の場合、雨だとかえってケムリがいい具合になることもあるので、一概には言えませんが、でもやっぱりお天気いい方が気分もノリますかね~?

ボク的には土、日曜に出かけようという予定でした。

しか~し!
業務上に問題が発生し、土曜日は急遽行けなくなってしまいましたぁ~(T_T)
もしかすると雪?との天気予報で、もしも白銀の世界にでもなっちまったら悔しーとも思っていました。
結果的には雪は降らず、雨も大したことはなかったようです。
お天気悪くても貴重な一日でしたから、とにかく残念でした。



本運転の撮影は、1月31日の日曜日に一発勝負となりました。
この金、土、日曜は三日間とも雨マークだったのが、少しずつ予報が変わり、前日には曇のち晴に好転。
撮影計画は複数案あったのですが、土曜がダメだったので選択が余計に難しかったです。
色々と悩み、また同行の鉄娘の意見も聞きつつ決定しました。

当日朝は8:00頃に出発。
ブルーサファイア・ハイウェイスター号を走らせ、通いなれた道を順調に進んで到着しました。
先ずは午後の9421レ撮影のため、場所の確保です。
とは言え、大勢の人が来る場所ではないので、そんな必要もないのですが…

ただ、足場が少ないうえに脚立を使う都合もあるため、確実に場所をキープするのが安全だろうという判断でした。







DSCF2132_R
ここです!  (T)






26日に撮影した俯瞰ポイントです。
ここで一発勝負とは、さすがに悩みました。
本運転でヘッドマークも付けているし、無難な走りを狙うのが王道かと…

が、大勢のギャラリーが集まる本運転だからこそ、あえて人の少ない(居ない?)場所で撮影するのも良いかも、という結論でした。
鉄娘も来たがっていたし…(^^♪

畑のご主人に挨拶をし、仮置きの脚立と三脚を残して移動です。


そして撮影、午前の部にとりかかります。
DL先頭の9420レを狙うのは椎柴~下総豊里間。
以前、C61を撮りに来た場所です。
その時は線路に架かる県道の陸橋から狙ったのですが、今回は線路際にしました。
自分なりに欲しいアングルがあったもので…(^^)v

ボクは緩いカーブの外側から、鉄娘は内側から撮影しました。








IMGP0186_R
もうすぐ来るよ~!  (T)













↓ ↓ ↓ ↓ ↓















↓ ↓ ↓ ↓ ↓

















IMGP0188_R
ケムリがっ…(-_-;)  (T)














IMGP0193_R
右端で撮影中なのが鉄娘!  (T)















S0721292_R
皆さん、DLも一応撮るんですね(^^)/  (M)















IMGP2873_R
近所の皆さんが汽車を見送っています(^^♪  (M)















IMGP2880_R
(^_-)-☆  (M)






即刻撤収し、可能ならば9420レを何処かでもう一度撮りたいところ。
クルマに戻る途中、とある看板を立てている方を発見…







DSCF2135_R
(・_・;)  (T)






なんだか興味をそそられる…
イベントって何だろ?

少しお話をさせていただいたのは「銚子元気塾」の主宰、涌谷さん。
聞けば、この界隈で汽車を歓迎する様々なイベントが催されるとか。

それって、条件次第では素晴らしい題材になるなぁ~
もっと早く知っていれば、対応のしようもあったのですが、今からだともう手遅れ。
もし次にチャンスあるなら、その時に期待しようと考え、とりあえずこの場を去りました。


ここで数分のタイムロス。
そして356号は交通量が多く、追っかけは難しい状況になってきました。
撮れるならば、佐原駅手前の小野川鉄橋で…
と思っていたのですが…

笹川、小見川あたりを通過した時点で、ナビの到着予想時刻は12:17となっていました。
9420レの佐原到着時刻は12:10です。
イコール、無理ということですね。

この数日間と三年前の経験を生かし、自分なりに最良のルートを考えてナビをリセット。
結果的には大成功で、小野川沿いに車を停めたのは12:05ちょい前でした。
\(^o^)/



この界隈は27日に下見していたので、おおまかなポイントを把握していました。
しかし、いざとなると少々予想が外れた感もあり、場所がなかなか決められません。
鉄娘は早々に撮影地点を確保したようですが、ボクは何か所をウロウロ(・_・;)
で、踏切が鳴り、結局のところ鉄娘とほぼ同じ場所だったというオチ…(*_*;











IMGP0212_R
舟がいい具合に停まってくれましたね~  (T)




脚立を使っているので、ほぼ同一地点でも印象が変わりますね。

実は、この鉄橋では土曜日に9421レを撮ろうと思っていました。
佐原駅出発後で煙も期待できるし、なにしろD51先頭ならギャラリーの数も多いでしょうし、道路を埋め尽くすほどの人々と汽車の様子を狙いたかったのです…(+o+)
その目的は達成できませんでしたが、なんとか雰囲気の一部だけでも撮れたから、まぁ良しとしましょう。









S0791305_R
小野川鉄橋横の横断幕  (M)














さて、D51は佐原駅に停車中なのですが、お昼です。
お昼と言えば、鰻です。

27日に食べ損ねた鰻、今日こそは!



(・_・;)




17人の行列で撃沈(T_T)

また次の機会にしましょう…
撮影なので仕方ないっす(>_<)




その代わりではないですが、駅に停車中のD51に接近してみました。
佐原駅裏の広場はイベント会場となり、大勢の人たちで賑わっています。











IMGP0221_R
(゜_゜)  (T)




おー!
デゴイチ君、メッチャ人気やん♪















IMGP0226_R
ヘッドマークを見るのは初めて!  (T)















IMGP0243_R
お茶目な機関助士さん  (T)














IMGP0257_R
佐原太鼓のパフォーマンス  (T)





イベント汽車らしい、賑やかなシーンが撮影出来ました。

鰻をあきらめ、道の駅・佐原に入ったのは27日と同様です。
さすがにお天気の日曜だけあって、メイン駐車場には入れませんでした。
仕方なく隅っこの第二駐車場?にクルマを入れてみると…










↓ ↓ ↓ ↓ ↓












DSCF2138_R
(^O^)/  (T)





ひょえ~~~っ!
加藤ぢゃないっすかぁ~


建設省利根川工事事務所で昔使っていた加藤製DLが残っているらしい、そう聞いたのは昭和50年代後半のいつくらいだったかなぁ~
トロ鉄友のやっちゃんと色々と活動していた頃、佐原界隈の建設省施設をさんざん探したことがありました。
その時、加藤は見つからなかったのですよ~

後年、整備して保存されたと聞きましたが、こんな処で巡り会うとは思っても居ませんでした。
だいたい、あの頃探していた加藤と同一なのかとの疑問はありますが…


大混雑していた道の駅では何も買わず、香取のコンビニで食料を調達。
小見川の土手小休止の後、件の俯瞰撮影地へと向かいました。





撮影地に到着したのは、9421レ通過の1時間半前くらいでした。
朝、キープしておいた場所には誰も居ません。
やはりボクたちだけで独占?

1時間を切った頃、準備をして電車で練習。
すると鉄チャンらしき若者が徒歩で近くを通過しました。
撮影地を探しているのでしょうか?

しばらくして、通過時刻の20分くらい前(?)、遂に鉄チャンが登場しました。
『ご一緒してもよろしいでしょうか』
の問いに、
『どーぞどーぞ』
と返答し、鉄氏は狭い撮影エリアに加わったのですが、どうもお気に召さなかったらしく5分くらいで撤収されました。
時間的に、あれからの移動は大変だったのではないかしら?

この場所、ハイアングルからでないと客車が2両くらいしか入りません。
編成バッチリを求める方々には、ハッキリ申し上げて不向きです。
ある意味、眺望を優先して『開き直る』ことが肝要かと思われます。


再びボクらだけの撮影場所となり、いよいよ通過時刻が迫ってきました。
遠くで汽笛が聞こえると、畑のご主人、近所の方も見物に出て来られました。
「これで最後だなぁ」
と仰るご主人。
そうです!正真正銘のラストチャンスだぁ~!




前回はDL先頭の9420でしたから、ハナから煙は期待していませんでした。
しかし、迎え撃つのはD51牽引の列車。
ここは確実に絶気でしょうから、煙モクモクは無理だとしても、せめて白煙、スチームをチョロチョロでもいいからたなびかせて欲しい。
でないと絵的に寂しいし、第一どっちに進んでいるのかが分からない(笑)


頼むよ~
ケムリ~








そして…










ついに…














↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

















↓ ↓ ↓ ↓ ↓  















IMGP2932_R
\(^o^)/  (M)




僅かな湯気しかない…(>_<)















S0452148_R
(^_-)-☆  (T)




鉄娘とほぼ同じフレーミングですが、1mちょっとの高低差で随分変わりますね。














IMGP0288_R
(^^)v  (T)




西陽が傾き、影が線路に迫っています。
もう少しで列車にかかってしまうところでした。

煙の類は皆無に近かったですが、まあ仕方ないでしょう。
最後に自分たちの気に入った場所で無事に見送れたのは何よりです。


今回のD51運行では、三年前のC61と比較すると今ひとつ物足りなさを感じました。
煙も少なかったし…
でも、またまた旧型客車を連れてきてくれたので、その面では文句のつけようがありません。
もしも12系だったら(・_・;)

来年も是非お願いしたいところです。
事情は分からないのですが、DE10は何とかならないですかね?
9421レでは外してほしいです。
内房線ではそのような運行でしたから、不可能ではないと思うのですが…

出来ればDLは最初から無い方がヨイです。
銚子→佐原は蒸機のバック運転でいいじゃないですか。
どうしても前後に機関車が必要なら、真岡のC11かC12を借りてくるってのは如何でしょう?
高崎からC61とD51の両方が来ちゃうと上越線が困るでしょうから。
「C12佐原」と「C61銚子」なんてどうでしょう?
(^^)v




【おわり】





◆使用機材
M/まりっぺ= PENTAX Km FUJIFILM XF1 (R)
T/つねぴょん= PENTAX K5 FUJIFILM X20 (S) SONY HDR-CX900






↓ 拙ホームページも宜しくお願いいたします!

http://tsunechan.web.fc2.com/




br_decobanner_20100912152839にほんブログ村 鉄道ブログへ
ブログ村 ← 宜しければクリックお願いいたします m(__)m →

追憶の汽車 ~3年ぶりの煙~ ③

IMGP2794_R
定番の撮影地で…










追憶の汽車 ~3年ぶりの煙~ ③

2016.1.27(水) 試運転 第五日




1月22、23、25、26日と続いた試運転、いよいよ最終日の27日となりました。
昨日に引き続き、とても良いお天気です。

今日の一発目は小見川城山公園から狙おうという計画です。
MR20エンジンも軽やかに、我がブルーサファイア・ハイウェイスター号で出陣。
Mari Hamadaのニューアルバム、Missionをギンギンに奏でながら東関道をひた走ります。

スイスイと順調に進み、1時間ちょっとで現地に到着。
早速撮影ポイントを下見しましたが、な~んとモロ逆光です(・_・;)
9420レの通過までは1時間半以上。
その間の太陽の動きを予測しても、恐らくハレーションが出るくらいの逆光です。
太陽が西に回った頃に来る、9421レの方が適しているのでしょう。
とりあえずここでの撮影は諦め、移動することにしました。

ところが「今日の9420は城山公園!」と決めつけていたこともあり、なかなか撮影場所を定められません。
さんざん悩んだ挙句、昨日探索をして見つけることのできなかった俯瞰ポイント付近?に行くことにしました。
見通しがかなり悪いのですが、とりあえずバックに利根川を望むことができる場所です。

しかし、場所選びに時間を費やしていたため、スムーズに移動出来たとしてもギリギリの到着になりそうな状況でした。
こういう時に限って、後方に数珠つなぎの車列を発生させる低速走行車が現れるんですねぇ~
小見川から下総橘あたりまで、しっかり道を塞がれました(T_T)
そのクルマが視界から消えた2分後、今度は推定38km/hで走行する某病院の送迎マイクロに遭遇。
まったくもってツイていません(*_*;

幾多の苦難を超え、現着したのは9420レ通過の数分前でした。
かなり悪い足場にスタンバって、行きつく間もなくやって来ました…











↓ ↓ ↓ ↓ ↓














↓ ↓ ↓ ↓ ↓














IMGP2783_R
(・_・;)




う~む…
微妙…













IMGP0087_R
(-_-;)






………

まっ、お天気良くて利根川がキレイだからヨシとしましょう!

(^^♪






さて、移動です。
今日は佐原界隈を下見して、美味しい鰻でもいただこうかと言う寸法です。
ハイウェイスター号を走らせてから暫くの間は、9420を再び撮ろうなんてコトは思っていませんでした。
が、笹川を通過したのが11:10ちょい前、9420が到着したばかりの頃です。
楽勝で追い抜いたのなら、せっかくだから何処かで撮りたくなるのが鉄チャン気質。
秒速5万回転で撮影地を検討し、決定したのが香取駅でした。

C61運転の時にも下見をしていましたが、香取駅は見通しが良く、足場も確保しやすいのです。
もしも9421が停車するのなら、出発を狙うのも良いなぁ~
なんて考えたこともありました。
実際に撮影したことがないので、初トライですが…

香取駅の裏手に到着したのは11:35くらいでした。
今年の9420レは香取に11:47着、12:02発です。
停車することを知っているギャラリーがホームに見受けられます。
が、ほとんどは地元のカタギ衆ばかり。
駅周辺を見ても、本格的に撮影しようという鉄チャンは居ないような…

車を停め、撮影場所まで歩く途中、バカでかいボクの三脚を見た見切り警備のガードマンさんから話しかけられました。
注意を受けたのは…


①敷地内の立ち入り禁止
これは当たり前(建て前で・笑)ですな!

②三脚の足も敷地内に入れてはならない
???

よくありますよね~ 人間は敷地外だけど、三脚の足だけが入っちゃうことって。
これもダメだそうです。
上から強く言われているとか、かなりカタいですね…

昨日は敷地内に乱入した者がいたとかで、ガードマンさんも困惑気味でした。
そりゃそうでしょうね。


こういうイベント運転の際には、とにかくトラブルは絶対回避したいものです。
警備の方から「ダメ」と言われれば、100%従うのが鉄則ですね。
でないと、もう走らせてもらえなくなっちゃう…




そうこうしているうちに、やって来ました!










S0382110_R
こちら側、ギャラリーゼロ!(笑)












S0392115_R
(^^)/














IMGP0101_R
\(^o^)/














IMGP0103_R
停車~





ここで後続の2446Mに抜かれるため、15分間の停車です。


(・_・;)



というコトは…









急げ~!









香取~佐原の原っぱにクルマを停め…













IMGP0108_R
(^_-)-☆




ちょっと遊んじゃいました~♪














IMGP0112_R
(^^♪





幼い頃に見た汽車のこと、覚えていてね~









午前中の撮影終了~
小野川鉄橋のすぐ近くにある鰻屋さんへ♪

やったぁ~
こないだからウナギ食べたかったんだよなぁ~

駐車場にクルマ停めて~
お店の横に行くと、蒲焼の旨そうな香りが漂っておる!
モーたまらん!


がっ…
なんと人程の行列…

人気店だとは聞いていましたので、まあ仕方がない…
ちょいと様子見にして、後日のために小野川鉄橋と川沿いの撮影ポイントを探索して…


10分くらいして、再びお店の前に行ってみると…

(・_・;)

う~む…
先頭の人は変化なし、オマケに行列が延びておる…

30分並んで、注文して供されるまでに30分以上は要するでしょうから、時間的にはかなり厳しい…(T_T)
あの芳香を感じた上での苦渋の選択ですが、残念ながらパスということに(>_<)

あ゛~~~っ!
食べたかったぁ~~~!



仕方なしに移動開始。
356号に出てすぐのところにある道の駅に立ち寄るも、ここも混雑しており、大したモノもなさそうなのでパス。
結局、空腹のまま午後の撮影態勢に入ることとしました。

非常食あるし~
まあ、仕方ないです。




さて、本番である9421レですが、撮影場所でちょっと悩みました。
第一候補は城山公園。
やはり、あそこで撮りたい!という気持ちが一番強かったのですが、セコイ欲張り根性というか、
「確実に二か所で撮りたいしな~」
なんて考えも出てきたりして…(*_*;

悩みながら水郷~小見川の一番水郷寄りにある踏切を見に行ってみると、意外や意外、鉄チャンの数が非常に少ない!
これにつられてしまいました~(・_・;)

少ない…と申しましたが、さすがに人気撮影地ですから時間を追うごとに増加してきました。
ここは駅から徒歩圏内でもありますから、鉄道利用の方も多いようです。
驚いたのは、9421が来る8分前に到着する2451Mを降り、小走りに撮影地を目指す方々が多かったことです。
カメラを構えたらすぐに来る!った感じでしょうか(笑)





で、いよいよ9421レの登場です。
















↓ ↓ ↓ ↓ ↓














↓ ↓ ↓ ↓ ↓












IMGP2786_R
(^O^)/



来たよ~!














IMGP0131_R
(゜_゜)




なんで汽車が来るときに風が強くなるのかしら…
ケムリ、流されちゃったぢゃないの~
(-_-;)












IMGP2789_R
!(^^)!




お天気良くて、ベタ順で、平凡だけど、まっいっかぁ~













IMGP2790_R
(>_<)



おいおい!
ちょっと待てよ~
あっちの方がケムリ多いじゃないの!

C61の時には、直線の中間以降で失敗したので、なるべく水郷寄りを意識したのに…
なんか、加速のタイミングが違うみたいです。





そんなコトを気にしていても仕方ないので、急いで撤収して移動です。
高い位置から撮れる大型三脚は便利なのですが、準備と片付けが少々難儀です。
それでも速攻で行動したので、出発までは5分とかかっていないのではないかと。

移動もスムーズでした。
幾度かの実験に基づいてあみ出したルートを通り、笹川駅前を通過したのは、なんと9421が到着する頃!
素晴らしい!
追っかけ楽勝~♪


で、二発目はついつい来てしまう自分にとっての定番撮影地、下総豊里~椎柴です。

■クルマを停めやすい
■足場が豊富
■確実に煙を得られる

これらの点がポイント高く、安全牌というか、考えが甘いというか…(・_・;)



余裕でスタンバイし、
「さあ来い!」、「まだか~?」
なんて構えていると、続々と追いかけ組の皆さんが到着しました。

やっぱ、オイラのルートは正解のようです(^^)v







そして、試9421レの見納め~











IMGP0170_R
(+o+)



ケムリ少なっ!
やはりC61の時とは何かが違うようです…














S0432121_R
(^_-)-☆




それでも蒸気機関車が過ぎ去る瞬間、やっぱりアドレナリン噴出~!みたいな感じになります。
保存運転だろうが、ヤラセだろうが、そんなモノを超越した何かを蒸気機関車は持っているのでしょうね。


これで試運転の撮影は終了です。
あとは本番運転が金、土日曜にありますが、ボクは土日曜に撮影予定。

さぁ~
何処で撮りましょうかね~

(^^♪




【つづく】





◆使用機材
PENTAX K5 PENTAX Km
FUJIFILM X20 (S) SONY HDR-CX900






↓ 拙ホームページも宜しくお願いいたします!

http://tsunechan.web.fc2.com/




br_decobanner_20100912152839にほんブログ村 鉄道ブログへ
ブログ村 ← 宜しければクリックお願いいたします m(__)m →


追憶の汽車 ~3年ぶりの煙~ ②

IMGP2779_R
利根川と太平洋を一望!






追憶の汽車 ~3年ぶりの煙~ ②

2016.1.26(火) 試運転 第四日




むか~し、もう30数年も前に72系電車を撮影するため、小見川の小高い丘に登りました。
並行して流れる利根川を背景にしたかったからです。
当時撮影しに行ったのは72系電車の「さよなら列車」で、ヘッドマークを付けているのにもかかわらず、風景優先で遠目の場所を選択した訳です。
沿線の風情を取り込みたいとの思いがあったのでしょうね。







img425 - コピー
成田線 小見川~笹川  昭和52年 9月28日









成田線にC61が運転されると聞き、真っ先に浮かんだイメージは利根川でした。
しかし、いざ現地へ行ってみると、なかなか思い通りの場所が見つかりません。
昔撮影したと思われる丘は木々が育ち、とても登れる様子ではありませんでした。
当時でも足回りまで隠れてしまう程の草が線路際にあったのですが、それは更に伸びている始末。
他にも何か所か下調べをしてみたものの、どこも難しい状況でした。

唯一、イメージに近いアングルが得られたのは椎柴付近の陸橋。
成田線を跨ぐ県道73号線の大きな陸橋があるのですが、その袂からは利根川バックで撮影できます。
成田線らしい風景ですね。






IMGP9708
(^_-)-☆  平成25年 2月 3日





更なる可能性を求め、いくつかのクサい界隈を探索し、撮影に適した場所を求めて歩いたのですが、結局は見つかりませんでした。

C61の運転で、最も人出が多かったのが水郷~小見川の長い直線で、あちこちに発表された写真の半数以上がこの区間であったとしても過言ではありません。
ボクも何度か狙いましたが、どうも掴みどころがない感じで今ひとつ気持ちが盛り上がらなかったというのが正直なところです。


後日、利根川をバックにした俯瞰気味の写真が僅かですがネット上にアップされていました。
当然のことながら、具体的な場所は記されていませんでしたが…

そのうち一ヶ所は、クサいと思っていたあたりで撮られたようです。
あ゛~~っ!悔ぢぃ~~~っ!!




で、今回はもう一度探索してみました。
試運転四日目、1月26日の朝、早めに出発して「クサい界隈」に到着。
クルマを進めては降り、歩き回って探しました。


そしてネット上で見た撮影場所と思われる地点をついに発見!

しか~し!

なんと木々が伸びてしまっており、見事に視界を遮られており…(-_-;)

撃沈~



「あちゃー!」と、ガックリ肩を落としながらも周辺を探索。
すると、なんとか線路と利根川を見渡せる場所が見つかりました。
ちょいと条件は厳しいですが、何とかなりそうなところです。

ただ、その場所はモロに畑です。
さすがにマズいなぁ~と思い、周囲に聞いて回って、畑の持ち主である方に会って、立ち入りの承諾を得ることができました。
これで大丈夫!








DSCF2101_R
(^_-)-☆




難点なのは、高い位置から狙わないと木が邪魔になります。
通常の立ち位置だと、恐らく車両は3~4両しか入らないのではないかと…
マンフロットの270cmまで伸びる大型三脚と、100cmの脚立が重宝しました。
(@^^)/~~~







そして…









↓ ↓ ↓ ↓ ↓













↓ ↓ ↓ ↓ ↓
















IMGP0039_R
(^^♪





やったぁ~!
いい感じ!













IMGP0041_R
\(^o^)/






利根川の向こうには太平洋まで望めます。
風力発電の風車が並んでいるのも面白い絵です。
お天気も良くて最高!

煙の類が全く無いのが少々気にはなりますが…
まっ、DL先頭の列車ですから仕方ないでしょう。


畑のご主人には、撮影後にお茶を呼ばれてしまいました。
漬物のお土産までいただいちゃったし…(^^♪
ありがとうございましたぁ~(^O^)/





午後のD51先頭9421レまでは時間があるので、もう一ヶ所のクサい界隈を探索してみました。
1時間半くらい探したのですが、非常に中途半端な場所しか見つからず…(+o+)
大した収穫は得られず、時間だけを費やしてしまいました。




9420は大成功でしたが、今日の9421でも以前から決めていたテーマにトライします。
カーブが少なく、平坦な成田線では期待しづらい『迫力』です。
蒸機を狙う時によくあるシーン、タテ構図で猛然と煙を上げて迫り来るイメージです。

条件としては『煙』、『カーブ』でしょうか。
煙を期待するなら、停車駅を発車した直後が良いでしょう。
それらを鑑みると、当てはまるのはボクが知る限りでは三か所だけでした。
考えた結果、その中から選択したのは佐原~香取の陸橋上です。

ここでは2013年にも撮りました。
冬の午後は斜め後ろから陽が当たるため半逆光になります。
煙がいい具合に舞い上がると、輪郭が強調されてカッコいいかも知れません。

そんなことを期待しつつスタンバイするのですが、この陸橋で撮影する人々が意外に少ない…
ざっと見たところ、10数名しかいないのではないかと。
編成を見渡せるカーブ内側だと逆光だし、人気がないのでしょうね。




さあ!













↓ ↓ ↓ ↓ ↓













↓ ↓ ↓ ↓ ↓















IMGP0061_R
(@^^)/~~~ 





ほぼ狙い通り!














IMGP0066_R
(^O^)/






欲を言えば、煙がもうちょい高く上がれば…
と言ったところでしょうか。

まあまあ満足のゆく結果となりました。







撮影後、大急ぎで撤収して移動です。
が、356号に入ってすぐのところで突然の渋滞。
それも様子が変です。

車列の先ではUターンするクルマも何台かいました。
対向車は来るけれど、途切れ途切れなので、ひょっとすると対面通行?
こちらも動かない訳ではなく、少しずつは進みます。
しかし動きはかなり悪く、このままでは9421を追い抜くのは難しくなってくるでしょう。

やっとこさ渋滞の先頭に接近すると、どうやら事故のようです。
上下方向共に大型トラックが停車しています。
『トラック同士の事故か?』と思ったら、後方から消防車が来ました。
消防車が現場に到着すると、一瞬両方向とも通行止め状態となりましたが、1分後にはするするっと通過。
軽ワゴン車が大破していました。
ブロック塀の角に衝突した形跡もあります。
どういう内容かは分かりませんが、停まっているトラックも何かしら関わっているのでしょう。

結局15分くらいのタイムロスでした。
水郷~小見川で撮った皆さんの先を進もうと目論んでいたのですが、とんだ見当違いです。

それでも以降は順調に移動できまして、笹川駅前を15:05くらいに通過!
9421の発車時刻は15:12ですから、なんとか間に合いそうです。
撮影場所は予定していた笹川~下総橘の貯水池。
到着すると、既に20数名の皆さんがスタンバっていました。









IMGP0076_R
(*_*;







残念ながら曇ってしまいました。
オマケに煙なし…(T_T)


まっ、仕方ないですね。





全体的には及第点の一日でした。
試運転撮影のため、26、27日と連休をいただきましたので、明日もまた来ます!
撮影がうまくいった帰り道は気分最高で~す♪





【つづく】





◆使用機材
PENTAX K5 PENTAX Km
FUJIFILM X20 (S) SONY HDR-CX900






↓ 拙ホームページも宜しくお願いいたします!

http://tsunechan.web.fc2.com/




br_decobanner_20100912152839にほんブログ村 鉄道ブログへ
ブログ村 ← 宜しければクリックお願いいたします m(__)m →


追憶の汽車 ~3年ぶりの煙~ ①


20160111002703
本運転は金、土、日曜でしたが…(*_*;







追憶の汽車 ~3年ぶりの煙~ ①

2016.1.23(土) 試運転 第二日



2012年は内房線、2013年には成田線でC61が運転されました。
もともと国内での保存運転蒸機には全く興味のなかったボクが、約40年ぶりに再会したC6120によってガラリと変わってしまいまして…(・_・;)
牽引するのが旧型客車だったというのがポイント高かったですね。
あれが12系なら、恐らくのめり込まなかったのではないかと思います。

内房線では運転区間が千葉みなと~木更津で、勤務先から近かったこともあって全日通いました。
成田線は佐原以遠でしたので、さすがに毎日は無理。
それでも運転日数8日に対し、5日参戦しました。
当時の様子は ↓ こちらでご覧ください。

◆2012年・内房線◆
http://blog.livedoor.jp/tsunechan1959-toritetsu/archives/5160326.html

◆2013年・成田線◆
http://blog.livedoor.jp/tsunechan1959-toritetsu/archives/6309170.html




千葉での運転が二年続いたので、てっきり恒例行事になったもんだと勝手に期待していたのですが、その後2014年と2015年には運転ナシ。

忘れた頃に舞い込んできた情報は、『2016年1月にD51が佐原~銚子間を運転』というものでした。
C61に比べるとモチベーションが上がりませんが、そいつは贅沢っていうもの。
せっかく走りに来てくれるんだもの、D51君を歓迎しようぢゃないのっ!

事前に仕入れた情報は次の通りでした。


■運転区間■
佐原~銚子

■編成■
(佐原) DE10+旧型客車6両+D51498 (銚子)

■運転日■
(試運転) 1/22(金) 1/23(土) 1/25(月) 1/26(火) 1/27(水)
(本運転) 1/29(金) 1/30(土) 1/31(日)

■ダイヤ■

9420レ(DE10先頭)
銚子    10:27
松岸    10:32
椎柴    10:40
下総豊里 10:54
下総橘   10:59
笹川    11:07/11:22
小見川   11:30
水郷    11:38
香取    11:47/12:02
佐原    12:10


9421レ(C61先頭)
佐原    14:16
香取    14:22
水郷    14:28
小見川   14:35
笹川    14:46/15:12
下総橘   15:20
下総豊里 15:25
椎柴    15:34
松岸    15:43
銚子    15:50



これを基にダイヤを作成し、作戦を練ったのですが…
以前と大きく違っているのは、笹川での停車時間です。
2013年のダイヤでは、9421は笹川で42分の停車でした。
それに対して今回は26分に短縮されています。
こいつは大きい…(・_・;)
更に2013年の9421は椎柴でも15分停車があり、いかにも「クルマで追い抜いてください」と言わんばかりの親切なダイヤでした(笑)
それが随分と変わっちまったなぁ~
DL先頭の9420も同様、笹川の停車時分が短縮されています。
追っかけ撮影には不利な要素ですね…

成田線に並行する国道356号は比較的狭い片側一車線。
普段の交通量は然程ではないのですが、ちょっとしたことで渋滞が発生しやすいという特徴を持っています。
場合によっては、20数分の停車時間だとキビシイ状況になりそうです。

まっ、そこは前回の経験を活かしてゆきたいところ。
最初のうちは道の選択を誤ったりで苦労しましたが、後半ではツボを心得たので恐らく大丈夫でしょう。

また、今回は日曜日の試運転がありません。
これも大きいなぁ…
結局、参戦するのは試運転が1/23(土)、1/26(火)、1/27(水)の3回、本運転は1/30(土)、1/31(日)の2回、計5回ということに決定しました。
あとは撮影場所をピックアップし、スケジュールを組んでゆきます。
その辺は日々状況によって臨機応変にゆこうと思いますが。



さて、撮影初日です。
1月23日の土曜日。
この日は同行の鉄娘まりっぺが午前中に検定試験があり、それが終わるのを待っての出発となりましたので9420レはパスで9421レのみを狙います。
また、最初からバタバタするのも嫌なので、追っかけはやめて無難に一ヶ所狙いにしました。

チョイスしたのは、前回最も期待に応えてくれた場所である下総豊里~椎柴です。
最も人気のある水郷~小見川の直線は、なんとなく殺伐としたピリピリムードなのに対し、下総豊里は非常にのんびりとした良い雰囲気だったという点も選択の理由となりました。
また、二度撮影して二度ともいい感じで力行してくれたこと。
ケムリもいい具合だったし、一ヶ所狙いには「ここ」とかないだろ!という結論です。


いつものブルーサファイア・ハイウェイスター号で東関道を走り、佐原香取インターを降りたのは11:45頃でした。
356号への取り付け道、成田線を跨ぐ高架橋で鉄チャンの姿を発見。
まりっぺは
「今から待っているの?」
なんて言いますが、カメラ構えているのが銚子側。

おやっ!?
そうか!9420に間に合ったという訳か!

9420は香取を12:02に発車しますから、まだ10分ちょいあります。
どうせなら見てゆこうかと線路際へとアクセスしました。
撮影するつもりはなかったのですが、せっかくなので…








IMGP9996_R
(^^)v  (T)






この後356号を順調に進み、下総豊里の定位置に到着したのは13:00頃でした。
既に3台のクルマ、10名程の同士が待ち構えています。

一発狙いの9421が来るのは15:25ですから、ざっと二時間半ちかくの待ち時間。
昼食が未だだったのでパンや菓子類をつまみ、とりあえず空腹を補います。

鉄チャンの数は次第に増えてゆき、一時間前くらいには20名くらいになっていました。

15時を過ぎ、通過時刻が迫ってくると更に増加。
この辺の方々は、恐らく追っかけ組だと思われます。
笹川の手前で撮り、スムーズに移動できれば15:00くらいにはここに到達できるはず。
敢えてこの日は一ヶ所狙いにしたのですが、追っかけ組と思われる皆さんを見ていると、「やっぱりトライした方が良かったかな?」なんて思ってしまいました。

9421レは下総豊里で454Mと交換します。
454Mは15:23着、15:24発ですが、9421のスジを見ると15:25通過になっていますので、9421運行日は恐らく23着25発に変更するのでしょうね。
454Mの到着が遅れると9421は下総豊里に停車することになり、発進~加速の煙が期待できます。
なので454Mは遅れてもらった方がヨイという訳ですな~

なんてコトを考えているうちに件の454Mがほぼ定刻で通過。
9421も停車せずにゆっくり通過した模様です。

まっ、加速するときに煙が期待できるだろう!なんて思っていたのですが…








IMGP0011_R
(・_・;)  (T)





もしかして完全燃焼?
まさかの白煙のみ…











IMGP2773_R
(゜_゜)  (M)




気温がかなり低いので、なんとか白煙はあがりました。
もしもお天気良かったら…(+o+)












S0312091_R
(>_<)  (T)











参考までに2013年の「ここ」では ↓ こんな感じでした。





IMGP9914
(^O^)/  (T)





う~む…
改めて見比べるとえらい違いですな…


D51498の方が状態が良いのでしょうか?
なんだか軽々と牽いているという印象を受けました。
まさかDE10が目一杯押しているんじゃないでしょうね?





という訳で、初日は期待外れの結果に終わりました。
天気は悪いし、煙はスカスカだし。

次回は気分を変えて仕切り直しだぁ~!



【つづく】





◆使用機材
M/まりっぺ= PENTAX Km FUJIFILM XF1 (R)
T/つねぴょん= PENTAX K5 FUJIFILM X20 (S) SONY HDR-CX900






↓ 拙ホームページも宜しくお願いいたします!

http://tsunechan.web.fc2.com/




br_decobanner_20100912152839にほんブログ村 鉄道ブログへ
ブログ村 ← 宜しければクリックお願いいたします m(__)m →

記事検索
ギャラリー
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
プロフィール

つねぴょん

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ