東京は万世橋にあった交通博物館、早いもので閉館してから今年で6年だということです。
関東在住の鉄チャンならば、恐らく一度は足を運んだことがあるのではないでしょうか。
山手線と総武線が交わる秋葉原駅、山手線と中央線の神田駅、そして総武・中央線の御茶ノ水駅からそれぞれ徒歩で行けるという便利さでした。
かつては万世橋駅というのがあり、建物を交通博物館と兼用していたらしいです。
博物館の歴史は古く、かの後藤新平総裁の提案により大正10年に開館したそうです。

僕も通算10回くらいは行ったと思います。
C57135が入る前の方が多かったかな…?
昭和47年、交通博物館へ行った時の写真がありました。
ネガカラーで、かなり状態は悪いですが、今となっては思い出の写真の一部です。
とか言っても、その時のことは全然覚えていないんですけれどね(笑)




11-5-2011_001
ご存知! 1号機関車です。
この頃は建物の外、道路沿いに飾ってあったんですねぇ…
これじゃ車体が傷んじゃいますね…





11-5-2011_003
こちらは「弁慶号」。
同じく館外ながら建物の屋根?があって1号機関車よりはマシ…





11-5-2011_002
「善光号」です。「弁慶号」の前に置いてありました。
これも外! 貴重な機関車なのに、保存状況はイマイチでしたね…。




11-5-2011_004
この頃は都電が走っていました。





11-5-2011_005
旧き善き東京…



この界隈で都電を撮ったのは、多分これ一度きりでした。
撮ることの出来得る環境に居たはずなのに、ナゼもっと撮らなかったのか…???

過去振り返り症候群の鉄チャンに共通した思いですね…(笑)

では、また。







br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →