DSCF1640_R
小郡駅 新山口駅  2015.8.7




Sunrise Tour 2015/16

6日ぶりの再会





鹿児島を後にし、N700系『さくら』はグイグイ北上していました。
もう何度も乗っているのに、どうも九州新幹線のスピードに感覚がついてゆけないと言うか、昔のまま止まっている距離感と現在の所要時間に大きなギャップを感じています。

だいたい鹿児島~熊本が50分かからないなんて、未だ信じられない…
だって、初めて九州を旅した中一~中二の春休み、西鹿児島から夜行の急行かいもんに乗り、熊本で3時頃に降りたいう記憶が強烈で…
春なのに寒くて、豊肥本線の一番列車まで待合室で震えながら過ごしたという思い出があります。

たぶん4時間くらいかかっていたのでしょう、それが今では48分(・_・;)
鹿児島~博多だって1時間半に満たないという速さ。
それこそ夜行で移動していた距離なのに…(゜_゜)

なんてことを呟いているうち、『さくら550号』は九州を脱出してアッという間に新山口に到着しました。
鹿児島中央からの所要時間は2時間と05分!
やっぱり、この速さ/距離の感覚にはついてゆけません(笑)


新山口駅からは特急『スーパーおき4号』に乗ります。
振子気動車のキハ187系ですが、なんと2両編成(+o+)
夏休み期間中なのにねぇ…

ボクらは指定席の1号車、隣の2号車自由席は、案の定大混雑です。
やけに丁寧な案内放送をする車掌さんは、『本日は車内込み合いまして申し訳ございません』と、繰り返し伝えていました。
何故に2両編成なんだろ???

当然のことながら、指定席に空席はありません。
この列車、こんなに混雑するとは思ってもいませんでした。
早めに指定席ゲットしておいてヨカッタ~
それも進行方向左側!
即ち日本海側、ということです。
実は事前にリクエストしておいたんですけれどね~
さすがゴッドハンド!


さあ!
待ってましたランチタイム!
新幹線で食べるよりも、気動車特急の方が雰囲気あるよね~
なんて意図で、鹿児島で買った駅弁を温存していました。
南九州の駅弁を山口で食べるというのも何か変ですが、まあヨイでしょう。









↓ ↓ ↓ ↓ ↓












DSCF1643_R
枕崎 浜めし弁当  (T)




先ずはゆかピーの駅弁。
『枕崎 浜めし弁当』です。
枕崎という駅名が冠されていますが、販売するのは鹿児島中央駅。
枕崎産の素材にこだわった内容です。








DSCF1644_R
!(^^)!  (T)




ぶり、カツオ、かます、たか海老、鯖、赤ムロなどを使った惣菜、かます御飯がいい感じでアレンジされていました。













DSC06899_R
???  (T)




ヘタレのですが、これは駅弁ではないですね~(-_-;)
コンビニ弁当のような「ちらし寿司」…
なんちゅうチョイスや…(~_~メ)
が、「黒豚ばくだん」ってのは、一応鹿児島名物のようです。
肉めしおにぎりの中に味玉が入っていました。










DSCF1642_R
鹿児島黒豚・黒牛 贅沢肉めし重  (T)




サルの駅弁、「鹿児島黒豚・黒牛 贅沢肉めし重」です。
黒豚は赤ワインに漬込んで焼いたもの、黒牛はすき焼き風。
ファベックス2015惣菜べんとうグランプリ・駅弁部門(なんじゃそりゃ?)にて優秀賞を受賞したそうです。










DSCF1648_R
秋栄軒の味くらべBOX  (T)




またまた肉系駅弁(゜_゜)
まっ、肉娘まりっぺなので仕方ないでしょう。
2010年、第七回九州の駅弁ランキングで第二位の「極・黒豚めし」に加え、「牛めし」も楽しめるというコラボ駅弁です。






DSCF1650_R
(^^♪  (T)













DSCF1649_R
かごしま竹取物語  (T)





出ました!
見る者を圧倒する迫力!
いかにも「特別な駅弁だぞ~!」というオーラを感じます。
西駅売店で発見した瞬間、「これを食べたい!」と思いました。











DSCF1653_R
(^O^)/  (T)




半割の竹を開くと、下段にはおかずと御飯が二重に入れられています。
おかずの部分を開けた蓋の方へ移動するとご覧の状態となります。
絢爛豪華なお弁当ですね~









DSCF1656_R
お品書き!  (T)





上品な味で美味しかったです。
鹿児島のお惣菜は「甘過ぎる」ものが多いのですが、竹取物語に関しては全く問題はありませんでした。
むしろ好印象です。





鹿児島の駅弁を堪能しているうちに、先日C57を撮影した仁保~篠目間を通過。
車内は相変わらず混雑しており、丁寧な車内放送をする車掌氏は、ことあるごとにお詫びの言葉を重ねていました。
時期を考えれば、4両に増車した方がヨイんじゃないかと。



津和野到着のアナウンスが流れると、降り支度をする人たちが目立ちます。
やはり津和野までの客が多いのでしょうか?

津和野駅には「SLやまぐち」の12系客車が停車中…(・_・;)
あれっ?! 今日は金曜日なのに…

調べてみると、夏休み期間中には土日以外に運転される日があるんですね。
全くノーマークでした。


更に調べてみると、鹿児島中央8:03発の「さくら」に乗れば、「SLやまぐち」に間に合う…(*_*;

う~む…
失敗したかも知れん…
リサーチ不足ですな(>_<)




結局、津和野では下車した人と同じくらいの乗客があり、指定席はほぼ満席のまま。
自由席の方は立席客がほぼいなくなりました。








DSCF1671_R
(^_-)-☆  (T)





山口線を走り抜けて益田駅に到着。
8月1日以来6日ぶりの再訪です。










DSCF1673_R
!(^^)!  (T)






ここで水津さんと再会。
僅か4分の停車時間ですが、なんとかお話もできました。
お土産までいただいちゃったし♪









DSCF1677_R
(@^^)/~~~  (Y)





またいつの日か再会できるといいですね~











DSCF1682_R
お別れ…  (Y)






▼発車ベルが鳴る(今はメロディ、もしくは流れない)
~ホームで会話を完結させようとする~

▼車掌、または駅員の笛が鳴る
~互いに最後の言葉をかけあう~

▼ドアが閉まる
~扉が閉まる瞬間まで何かを話す~
(昔の客車だとドアは開けっぱなし)

▼発車の警笛(汽笛)
~手を振ったり 聞こえなくても何か言葉を発する~

▼動き始める
~動き始めるのが遅れると バツが悪くて目のやり場に困る(笑)~



列車での見送り、見送られの光景でした。
こういう時、列車での旅はいいなぁ~と実感しますね。







【8月7日/金曜日】
 →(さくら550号)→ 新山口 12:44 12:53 →(スーパーおき4号)→





Sunrise Tour 2015 つづく







◆使用機材
M/まりっぺ= PENTAX Km FUJIFILM XF1 (R)
S/サル= SONY DSC-W630 (V)
H/ヘタレ = SONY DSC-WX1
Y /ゆかピー = FUJIFILM XF1 (B)
T/つねぴょん= PENTAX K7 FUJIFILM X20 (S) SONY HDR-CX900








↓ 拙ホームページも宜しくお願いいたします!

http://tsunechan.web.fc2.com/




br_decobanner_20100912152839にほんブログ村 鉄道ブログへ
ブログ村 ← 宜しければクリックお願いいたします m(__)m →