S0621717_R
出雲市駅  2015.8.7  (T)





Sunrise Tour 2015/終

サンライズでサンライズ






7月31日の『サンライズ瀬戸』で旅立ち、山口線のC57、山陰トワイライトを撮影して鹿児島へ、5日間滞在の後に移動し、出雲市に来ました。
ここから『サンライズ出雲』に乗って帰京します。

鹿児島からの帰路なのに、出雲市に来たのは『サンライズ出雲』に乗るためだけ。
乗り換え時間に出雲そばを堪能し、サンライズ出雲の入線も撮影して、いよいよ乗り込みます。

往路はシングル×4室でした。
今回はサンライズツインとシングルツインを1室ずつです。







S0730312_R
(^^)/  (M)






先ずは4号車階下のサンライズツインに集合。

部屋割りは…

サンライズツイン=ゆかピー+サル+ヘタレ
シングルツイン=まりっぺ+つねぴょん

…です。

シングルツインは二人以上入ると狭いので、就寝時以外はサンライズツインで過ごすことにしました。
二人個室ですが、面積が広いのでボクらの人数でも大丈夫です。
無理すれば、ここで全員寝るのも可能かもしれません。



18:55、出雲市を発車しました。
すぐに斐伊川橋梁を渡ります。
42年前の夏休み、D51やC57を撮影した思い出がよぎります。

夜行列車の旅立ちは、往路帰路を問わず独特の感情が沸くものですが、どうもサンライズは「その気持ち」が薄いような気がします。
客車じゃなくて電車だから?
い~や、583系の時は違ったぞ…

明確な答えが出ぬまま、日が暮れてしまいました。
玉造温泉で運転停車。
何かと交換するのかな?と観察していると、381系「やくも」が来ました。
小学生のグループが乗っていて、こちらの方を珍しそうに見ているので手を振ると、とてもうれしそうな表情で応えてくれました。
鉄道旅の楽しいところですね。








DSCF1729_R
サンライズツイン室内  (T)







米子を発車し、伯耆大山を通過すると伯備線へと入ってゆきます。
伯備線と聞くと、未だに蒸気機関車を連想してしまうのは自分だけ?
もう電化されて30年以上も経過しているのに…(・_・;)

鉄チャン、それも国内蒸機が好きな人にとって、伯備線は特別な存在です。
かの有名な布原の三重連は、もはや伝説ですし。
ボクは布原に行ったことはありません。
伯備線の蒸気機関車も、倉敷でほんの僅かを見ただけ。
なので親しみがある訳ではないのですが、伯備線には特別な何かを感じるのです。

そんなことを思いつつ、5本目(?)のビールを呑んでいると、どこかしらの駅に停車しました。
あたりは真っ暗、どうやら運転停車のようです。
窓に目をやると…










↓ ↓ ↓ ↓ ↓

















↓ ↓ ↓ ↓ ↓















DSCF1731_R
(゜_゜)  (T)







うぉ~~~っ!

ぬ~の~は~ら~~~~!


なんと、布原信号所、いや布原駅に停車中でした。
っちゅーことは、手前で三重連お立ち台の鉄橋を渡ったというコト…(・_・;)
まったくノーマーク、気づきませんでした。

かつての布原は列車交換のための信号所でした。
伯備線の主要駅である新見と、芸備線との分岐駅である備中神代の間に位置しています。
新見~備中神代間は6kmちょっとあり、運行本数の増大により中間に交換施設が必要となり、昭和11年に開設されました。
周辺に少数の民家が存在したことから、仮駅として客扱いもしていたようです。
三重連時代には、多くの鉄チャンが利用したそうです。
北海道の常紋も信号所でしたが、乗降できましたよね。

いつだったか、布原が駅に昇格したとは聞いていました。
しかし、調べてみると意外なことが…
布原は伯備線の駅にもかかわらず、停車するのは芸備線直通の列車だけ。
伯備線の列車はすべて通過となっています。
伯備線の駅でありながら、路線案内図にも出ていないそうです。
ネットの時刻表でも、伯備線の項には布原駅の記載がありませんでした。
なんとも中途半端な駅だこと。

しばらくすると、対向の特急「やくも」が通過してゆきました。
ゆっくりと布原駅を後にするサンライズ出雲。
予想もしなかった鉄チャン伝説の『名所』立ち寄りの巻でした~



さて、小腹がすいてきたので出雲市で購入した「かに寿し」を食します。
かつて、貧乏旅行時代には手も出せなかったカニ系駅弁(笑)






DSCF1736_R
(^^♪  (T)




列車の旅には、やっぱ駅弁ですよね~♪










DSCF1737_R
(^_-)-☆  (T)



美味しかったです。
駅弁食べたのはボクだけ。
他の皆はパンやお菓子などをエンドレスでパクパクと…
その後はUNOやって盛り上がっていました。


そうこうしているうちに、我がサンライズは倉敷を過ぎて岡山に接近していました。
4分停車で、先に到着しているサンライズ瀬戸との併結作業が行われます。
鉄チャン的には必見のシーンですが、ビールを8本程呑んでヘベレケになっていたため、パスしました(笑)

てゆーか、聞いたところによると、サンライズ出雲の岡山着は時刻表上で22:30ですが、実際には22:27頃に到着するんだとか。
サンライズ瀬戸は22:22着で、到着後に後尾の貫通扉を開いて待機。
22:27頃に出雲が到着し、先頭の貫通扉を開いて瀬戸に連結、その後に出雲の乗降扉が開くそうです。
なので上り出雲の客は連結作業を見られない訳で…(・_・;)
そんな理由もあり、スルーしたのですね~


14両編成となったサンライズは、岡山を発車すると姫路、三ノ宮、大阪と停車してゆきます。
三ノ宮や大阪からの利用客も多いと聞きました。
夜行列車の需要は根強いものがあるのでしょう。
抜本的な策を講じれば、今後も存続できると思うのですが…

今年はトワイライトエクスプレスと北斗星という、日本の鉄道史上に残る列車が走り去ってしまいました。
残るはカシオペア、はまなす、そしてサンライズです。
そして来春以降は、このサンライズだけが国内の夜行列車となる訳です。
かつて、全国を網羅していた夜行列車の灯が消えようとしているのです。
サンライズがいつまで走り続けるのかは分かりませんが、チャンスがあれば可能な限り乗っておこうかな、と思いました。


シングルツインでも呑み続け、多量のビールによっていつしか記憶を失っていました。
気がつくと富士。
5:09着、5:10発の定刻です。
続いて沼津、熱海と停車してゆきました。

懐かしい湯河原の撮影地を過ぎ、かつての名所である根府川の鉄橋から朝陽が拝めました。
この鉄橋、物々しいフェンスが付けられてしまい、今では撮影地どころではなくなっています。








DSCF1739_R
(-_-;)  (T)




落下物対策なのでしょうか…?
鉄チャン的には非常に残念です。












DSCF1743_R
(^_-)-☆  (T)





昔、東海道本線にはよく撮影に来ました。
早川、根府川、真鶴、湯河原、函南、ちょっと離れて金谷、菊川、掛川など。
ブルトレ全盛でしたからね~
なんて、東海道最後の夜行となったサンライズの車内にてしみじみ思っていました。












DSCF1745_R
(^^♪  (T)




サンライズ車内から眺めるサンライズ…
(^O^)/





のんびりしていると、もう6時半。
終点東京までは40分足らずとなってしまいました。
大急ぎで降り支度をし、またまたサンライズツインに集合。
ここで少しの間まったりと過ごしました。

ここまで来るとアッという間です。
品川を通過し、都心に潜り込むようにビル街の狭間に分け入ってゆきます。
同じ帰京でも、乗る列車によって雰囲気が異なります。
ブルトレ、今はないけど客車急行、電車特急や急行、新幹線など、到着駅も上野と東京では随分違うものです。
サンライズで帰京するのは初めてでしたが、なんだか不思議な印象でした。
夜通し乗っていたのに、なんとなく夜行列車での帰京ではないような気分。
これって何なんだろう?

ブルトレなどで感じる旅の終わりの虚無感めいたものが無い。
なんだか妙にサバサバした気持ちでした。
出雲市発車時の違和感が、東京到着寸前でも感じられたような…
サンライズって、自分が慣れ親しんだ夜行列車とは全く違う種類のものなのかも知れません。









DSCF1765_R
東京駅  (T)




そんな気分でしたから、降りる時も未練たらしい感情はありませんでした。
ブルトレなどでは実に後ろ髪ひかれる思いがするのですが(笑)














DSCF1763_R
185系とのツーショット♪  (M)





これにて今年の夏旅は終わりです。
来年は…

(・_・;)

???













S0631751_R
また乗れるといいね!  (T)







【8月7日/金曜日~8月8日/土曜日】

出雲市 18:55 →(サンライズ出雲 4032M)→ 東京 7:08




Sunrise Tour 2015 おわり







◆使用機材
M/まりっぺ= PENTAX Km FUJIFILM XF1 (R)
S/サル= SONY DSC-W630 (V)
H/ヘタレ = SONY DSC-WX1
Y /ゆかピー = FUJIFILM XF1 (B)
T/つねぴょん= PENTAX K7 FUJIFILM X20 (S) SONY HDR-CX900






↓ 拙ホームページも宜しくお願いいたします!

http://tsunechan.web.fc2.com/




br_decobanner_20100912152839にほんブログ村 鉄道ブログへ
ブログ村 ← 宜しければクリックお願いいたします m(__)m →