電車

北斗星ツアー2014 【13】




HO53_001933_R
むか~し見た札幌地下鉄…(^^♪   (昭和53年)









1月3日金曜日、朝の札幌は曇り空でした。


最低気温は-5℃、最高も2℃くらいにしかならないとか。
今日はアウトドアの一日なので、ちょっとキツいかな?
まぁ、荒天にならなければ良しとしましょう。



5時半に起床、支度を完全に済ませてから朝食へ。
朝食は6:30からで、開始と同時に会場入りしました(^^)v







DSCF0352_R
(^o^)/  (T)





札幌アスペンホテルの朝食バイキングは評判が良いようです。

内容詳細は ↓ こちらをご覧ください。
http://www.aspen-hotel.co.jp/restaurant/viking.html


会場は二階、かなり広いスペースです。
そしてアイテム数が多い!
ホテルの朝食バイキングって本当にピンキリですが、ボクが知る限りでは相当の高レベルです。
品数が多いだけではなく、どれも味が良かった(^O^)/
なにより印象的だったのが、お正月らしく数の子、昆布巻、黒豆、紅白なますなどの『お節』系のものがズラリと並べられ、な~んとお雑煮まで用意されていたこと(@^^)/~~~
旅先で正月気分を味わえました!
これで旨い純米酒でもあれば言うことナシ!






DSCF0351_R
ボクの第一弾!  (T)





ボクの場合、朝食バイキングでは第三弾くらいまでは行っちゃいます(笑)
モチロンこの後もタップリと食べましたよ~♪









DSCF1350_R
まりっぺ  (M)




大きいお皿に妙なスペースがあるのが気になります…(・・?













DSC01994_R
サル君  (S)




おかずの選択がヘンテコ~(笑)













DSC05940
ヘタレ君  (H)




完全洋食系…(・_・;)














DSCF5675_R
ゆかピー  (Y)




主食が見あたりませんが…(?_?)
この後、何種類かのパンを次々と…(゜o゜)






面白いのは、ヘタレ以外全員が『お雑煮』をチョイスしています。
(*^^)v




お雑煮は地域性や家庭の趣向が色濃く出るので、非常に興味深い料理です。

ボクの家(自分が子供の頃の話ですが)の雑煮は、昆布+かつお出汁に鶏肉、かまぼこ、焼き餅、三つ葉、海苔というのが定番でした。
いわゆる東京風?
三が日のうち元日と三日はこれ、そして二日だけは何故か白味噌仕立てが出されていました。
ちょっと甘めの白味噌に鶏肉、丸餅が入ったもの。
何故にコレが供されていたのかは、もう知る由がありません…

現在の我が家では前者の東京風を引き継いでいます。
お節を食べ、、旨い酒を呑んだあとには最高です。
カミさん、ガキらもウチの雑煮は大のお気に入りになりました。
料理が代々受け継がれてゆくのは、とても良いことだと思います。

ちなみにカミさんの故郷、鹿児島県薩摩地方の雑煮は、大きい干しエビを使ったものだそうです。
他に里芋、青菜が入り、餅は焼かずに干しエビの出汁で煮るとか。
調べてみると、薩摩の雑煮は出水産の焼いて干したクマエビを使うのが定番のようです。
未だ食したことが無いので、機会あれば是非試してみたいです…



札幌のお雑煮は野菜がふんだんに使われていました。
判り易く説明すると、ちょっと甘めの『けんちん汁』みたい…
お餅は四角い焼き餅でした。





↓ ↓ ↓ ↓






DSCF1353_R
(^.^)/~~~  (M)







さて、朝食を楽しんだ後、7時半過ぎにホテルを出発。
地下鉄さっぽろ駅から南北線に乗りました。

札幌市営地下鉄は、車輪にゴムタイヤを使用しているのが大きな特徴です。
通常の鉄道で用いる二本の鉄製レールはなく、真ん中に案内軌条と呼ばれるガイドレールがあり、車両はそれに沿って走行します。
車輪はバスのようなゴムタイヤで、通常の電車と同様に二軸の台車が車体両側に二基あります。

札幌の地下鉄が何故にゴムタイヤ式を採用したのかは判りません。
試験段階では屋外走行区間でのタイヤチェーン装着も想定していたとか。
想像すると少し笑っちゃいますね。
もっと面白いのは、市電のささら電車と似た構造の除雪車も開発していたとか…
結局、地上区間はシェルターで覆ったため、雪に関する問題は解決しました。
ただ、シェルター上に積もった雪が落下して事故に至らぬよう、夜間に手作業で除雪しているそうで、これには驚きました。

昔乗った時はゴム臭かったという印象がありましたが、今回は感じませんでした。
何か改善策がとられたのでしょうね。








DSCF0356_R
終点、真駒内に到着~♪  (T)








真駒内というと、やはり札幌オリンピックを思い出します。

トワ・エ・モアが唄った『虹と雪のバラード』、皆が狂喜した日の丸飛行隊、人気者になったジャネット・リンなど…
あれは昭和47年でしたから、なんと42年前です(゜o゜)


真駒内には、札幌オリンピックでフィギュアやスピードスケートの会場となった施設が未だ健在です。
ウインタースポーツのメッカですね。
そんなウインタースポーツを求め、ボクらはやって来たのです!




真駒内駅からタクシーに乗り、懐かしい札幌オリンピックの話を運転手さんとしながら、札幌オリンピックの開会式が行われた真駒内オープンスタジアム…



















通過…










(?_?)











フィギュアスケートの会場だったアイスアリーナ…























またまた通過…












(・・?













町を外れ、山を登り…











到着したのは…











↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 












(^o^)/












↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 












じゃ~ん!











↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 












DSCF0503_R
\(^o^)/  (T)






札幌オリンピックとは関係のない(笑)藻岩山スキー場でーす!





藻岩山スキー場は、札幌中心街から最も近いスキー施設で、位置としては市電の車庫である電車事業所の西南にある山の裏にあります。
電車事業所からは直線距離で5kmくらいしか離れていません。
それだけ町から近いスキー場なんです。




ボクらの目指すウインタースポーツはスキー(@^^)/~~~


な~んと、ガキらは初体験、カミさんは三度目という超ビギナー(*_*)
唯一経験豊富なボクでさえ約20年ぶりという…(--〆)
かな~りリスキーな計画です…(苦笑)



ウェアは新調し、既に宅急便で発送して既にスキー場に届いていました。
スキー板、ブーツなどをレンタルコーナーで借り、いよいよゲレンデへ出撃~






ガキら+カミさんは大事をとってスキースクールで半日レッスンを受けることにしました。
ボクは恐る恐るリハビリを…


(・_・;)





唖…




スケーティングが出来なくなっている…(T_T)/~~~





((+_+))






前途多難…











DSCF0360_R
(^.^)/~~~  (T)






皆がお世話になったのは『マミ・スキースクール』です。


↓ マミ・スキースクールの情報はこちら!
http://mami-ss.whitesnow.jp/













DSCF0361_R
(^^♪  (T)





担当コーチはハッピーさんです!

なんと、ウチの猫と同じ名前…(笑)


スクールの名、マミも三年前に大往生で逝った雌猫、マミーを彷彿とさせます…

(・・?







準備体操をして、基本から教えていただきます。


宜しくお願いしま~す♪






その間、ボクは慎重にリハビリを…




(;一_一)






藻岩山スキー場はスノーボード禁止のスキーヤーオンリーです。

ボクが滑っていた頃、スノーボード人口なんてゼロに等しかったですから判らないのですが、結構無茶するのが居るらしく、事故が絶えないそうです。
なので子供連れゆえ、スキーヤーオンリーってのはありがたい…


藻岩山スキー場 ↓
http://www.rinyu.co.jp/modules/pico02/index.php








↓ ゲレンデマップ




moiwa








スキーは20代後半に突如開眼し、行きまくりました。
むしろその期間は鉄チャン休眠状態…(笑)
白馬が大好きで、シュプール号でよく行きました。


残念ながら大して上達せず、まぁ普通に滑れる感じ…?
パラレルの真似ごとをしながら、中級コースは問題なく行けるくらい…(?_?)
そのくらいのレベルで…


…のはずでしたが…





((+_+))





う~む…

ブランクとは恐ろしい…







なんとか勘が戻るまではリフト4~5回は費やしたかな(爆)
それでも何だか覚束ない感じですが。








DSCF0365_R
\(^o^)/  (T)





札幌の町が見下ろせて気分は最高(^o^)/





カミさん+ガキらは、下の方に見えるリフトと建物のある付近でレッスンを受けているはずです…


見に行ってみると…












↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 













DSCF0369_R
(^v^)  (T)





ストック無しで練習していました。










S0260373_R
(・_・;)  (T)





余裕かまして大丈夫か?











S0270374_R
(^^♪  (T)






子供って覚えが早いのかな?












S0280382_R
(--〆)  (T)




油断すると転ぶぞー!











S0290383_R
( 一一)  (T)





なかなかキビしい面もあり…(-_-メ)










S0320393_R
(+_+)  (T)






リフトで登り、緩斜面を下りる練習を何度か行いました。

これに並走し、ビデオ&スチールで撮影しながら追いかけ、先回りなどを繰り返しているうち、ボクもそれなりにリハビリが出来たような気がします。


カミさん、子供ら共に最低限のコントロールと止まることは取得できたようです。



これにてレッスンは終了!











S0350403_R
(*^^)v  (T)





ハッピーさん、お世話になりました!










≪北斗星ツアー2014/つづく≫





【使用機材】

M/まりっぺ ⇒ FUJIFILM XF1 (R)
Y /ゆかピー ⇒ FUJIFILM XF1 (B)
H/ヘタレ ⇒ SONY DSC-WX1
S/サル ⇒ SONY DSC-W630 (V)
T/つねぴょん ⇒ FUJIFILM X20 (S)
                SONY HDR-UX7







br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
ブログ村 ← 宜しければクリックお願いいたします m(__)m →




THEトロッコ2013/15

S0684247_R
富山市内線といったらコレっ! \(^o^)/






翌朝、窓から市電を観察していると、昔ながらのデ7000形オリジナルカラーが走って来ました。
30年前と異なっているのは冷房が付いたことくらい?
意外にも昔日の姿のまま残っていてビックリ(@_@;)
こういう車両を見ると安心します。





でも…








S0784290_R
殆どは新しい電車ばかりです…(;一_一)














S0704253_R
開店と同時に朝食へ出撃!














S0854322_R
第一発目はオーソドックス?に







ホテルグランテラス富山の朝食バイキングも質が高かったです。
和洋に加えて中華粥もあったりでヴァラエティに富んでいました。
第三弾まで美味しくいただき、最後は果物とコーヒーでシメました(^^)v









さて、帰りの列車は11:16発で、半端に時間があります。
せっかくなのでライトレール化された旧富山港線でも見てみようかということとなり、ホテルから散歩がてらに出かけました。










S0884329_R
奥田中学校前電停付近。






富山ライトレールは、旧国鉄(JR)の富山港線を第三セクターに移管し、路面電車化した鉄道です。
富山駅と接続していた一部の路線は廃止され、代わりに路面区間を新たに敷設し、富山駅北口へアクセスするようにしました。
ゆくゆくは富山地鉄市内線とつなげられるそうです。

この奥田中学校前は新設された路面区間と既設路線との接続点です。
岩瀬浜方面から来た電車は、奥田中学校前電停を過ぎると右に急カーブして道路上へ進入してゆきます。
直進する旧線跡は歩道になっていました。

むかーし、一度だけ何処かで水色の72系電車を撮影したような記憶があるのですが、ハッキリと覚えておらず曖昧です。










S0864324_R
かつて72系電車が走った線路跡は道路に…













IMGP2467_R
廃線跡から眺めた電車。














IMGP2461_R
路面区間も単線です。








今流行りの低床路面電車で、正直あまり面白くありません。
撮り始めて30分以内に飽きてきた感じ…(・_・;)
早っ(--〆)




でも…

この界隈にはボクらの他に2~3名の鉄チャン?らしきヒトたち…



(?_?)




何か特別なモノでも来るの?

富山ライトレールって、そんなに人気なの?




(?_?)





その疑問を解消したのはラッピング車両。

ご当地『鉄道むすめ』?の岩瀬ゆうこデザインの電車目当てで来ていたヒトたちのようでした。

このヒトたちって鉄チャン?
それともキャラマニア??


もしかして撮り鉄の新ジャンル???








S0954349_R
キャラの貼り紙も…(・_・;)







不明な点が多いものの、ボクらも便乗してこの車両を狙ってみました(笑)

な~んともミーハーチックな…
(;一_一)




路面区間もいいけれど、やっぱり『走り』は専用軌道の方がよかろうと思い、岩瀬浜方面へ少し歩きました。
でも、なかなか良い場所が見つからず…


やっちゃんは路面でサイドを狙ったようです。
その方がキャラクターが強調されるので良かったかもしれません…







↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 











↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 














S0934344_R
う~む… (・_・;)













IMGP2488_R
なんだか… (・_・;)






やっぱり真横から撮った方が良かったかなぁ~???






訳のわからないキャラ電車を撮影し、楽しかったのか無駄な時間だったのか、自分でもサッパリ意味不明な感じ…

超複雑な気分のまま、廃線跡の道路を歩いて戻りました。









S0964351_R
道路下にはかつての境界標識が…












S0974353_R
道路は途中で途切れていました。




その先は空地となった廃線跡が続いていました。








途中、富山地鉄を撮れそうな場所があったので少し待つことに。

スマホで検索すると、もうすぐ宇奈月行きの電車が来ます。


もと京阪電車の二階建てが来ればいいなぁ…
と思っていたのですが(・_・;)








IMGP2496_R
残念~(T_T)/~~~







ここでも更に面白くない撮影をしてしまい、ドツボ状態…(T_T)/~~~

やっぱりボクらにはトロッコが合うんでしょうね~
立山や黒部に戻りた~い!









ホテルに戻って預けていた荷物を受け取り、富山駅へ向かいます。

28年ぶりに訪れた富山とも、もうお別れ…((+_+))











DSCF4359_R
帰りの切符













S0015004_R
『北越3号』が入って来ました。






485系でしたが、リニューアル改造の車両…<(`^´)>
国鉄色のオリジナルを期待していたのですが…(T_T)/~~~

富山駅を11:16に発車。








S0055018_R
お昼は『ますのすし』を\(^o^)/












S0085027_R
美味しかったです(*^^)v













S0105032_R
長岡駅に到着~♪ 








『北越3号』は13:23到着。
ここで13:37発の上越新幹線、『Maxとき326号』に乗り換えます。









S0115040_R
新幹線への乗り換え口。






最後に立山へ行った昭和60年は、上越新幹線~信越北陸本線の乗り継ぎで富山を往復し、現地ではトロ鉄仲間のA野君が操るジープで行動しました。

当時、東京~富山間がもの凄く速くなったなぁ~と感じた覚えがあります。
今回もそのルートをたどって帰路につくとは思ってもみませんでした。
現在は北越鉄道経由が最短ですからね。










S0125044_R
『Maxとき326号』が来ました。













S0135051_R
停止号車位置を見誤り…((+_+))





焦るやっちゃん(笑)








S0145052_R
おーっ! もっと後ろだった…(T_T)/~~~
















S0165061_R
二階は満席だったので、今回は一階席です。








過ぎてみれば、アッと言う間の四日間でした。

そして28年ぶりのトロッコツアー(^^)v
様変わりしてしまったとはいえ、やはり立山砂防は偉大な感じ。
いつまでも、ボクたちトロ鉄にとって大切な存在なんだと思います。
なんとか撮影できるようになればヨイのですが…

黒部は未知の部分が多く、そういう意味では立山よりも新鮮な感動を味わえそうです。
黒部峡谷鉄道だって、撮りようによっては結構楽しいかも。
関電の混合列車なんて、とても魅力的ですから。
ただ、下車できる駅が限定されているのは障害ですね。
あと、どれだけ撮影の足場が確保できるのか、これも判りません。

上部軌道は仙人谷、人見平まで歩いてゆけば、違った視点が発見できるかもしれません。
それってトレッキング素人には無理かな~?
ちょっとトライしてみたい気持ちもあったりして…(^O^)/









S0185070_R
東京駅到着(^v^)






15:20に東京駅に着きました。

この先は都会の雑踏にもまれ、帰路につかなければなりません。
昨日までは山のトロッコと戯れていたのに、一気に現実に引き戻されました。




今回のトロッコツアーの直後から、かつて撮影した立山砂防軌道などのネガをほじくり出して、急ピッチでスキャンしています。
そのうちホームページの方でご覧いただけるかと思います。
乞うご期待\(^o^)/






【THEトロッコ2013/おわり】









★THEトロッコ2013 ホームページ版★

同時開催中です!
ご笑覧くだされば幸いです\(^o^)/

http://tsunechan.web.fc2.com/








br_decobanner_20100912152839 にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →

THEトロッコ2013/14

S0354114_R
元西武のレッドアローが…(・_・;)








懐かしの立山砂防軌道に別れを告げ、富山地方鉄道の電車に乗ります。
地鉄に乗るのも久しぶり。

しばらく乗らない間に、電車もずいぶん変わりました。
魚津~宇奈月間で乗ったのは昔ながらの地鉄オリジナルでしたが、現在では京阪の中古が増えています。
紺色やオレンジ色の旧型電車は、いつの間にか消え去っていました。

立山駅から乗る電車は、元西武鉄道の特急型でした。
かつては『レッドアロー』として活躍していた車両です。

最近は大手私鉄の特急型電車が地方私鉄に譲渡されるのが流行り?
大井川鉄道の近鉄特急、長野電鉄の小田急ロマンスカー、そして地鉄のテレビカーやレッドアロー等々…

レッドアローには馴染みがありません。
西武鉄道にもあまり縁が無いし…(・_・;)
むか~し、西武山口線に軽便蒸機を撮りに行った際に乗ったくらいかしら。
レッドアローには乗った記憶がありません…((+_+))







DSCF4127_R
間もなく発車です。












S0424140
おー! 懐かしいの発見(^O^)/










↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 












S0394131_R
昔の車両だっちゅーコトですね…













S0404134_R
運転席も昔っぽい…













S0414136_R
車内は特急らしさを残した雰囲気でした。








立山駅を17:19に発車。
終点の電鉄富山駅までは、ちょうど一時間です。

今夜は富山に泊まります。
既に目的を果たして、あとはもう帰るだけなのですが…
こちらに夕方まで居て帰路につくと遅くなるし、一応明日を予備日として確保しておくという意味もあり、富山宿泊ということにしておきました。

明日は特にやることも無いので、朝~午前中には富山を出発しようと思い、スマホで『はくたか』の空席状況をチェックしてみると…






(・_・;)






((+_+))







どっひゃぁ~~~

午前中のは全部満席~
(T_T)/~~~

空席は一番早いので12:43発の『はくたか13号』。
これだと東京到着は16:20です。
出来れば15時前には着きたいので、どうしよーかなーと…

始発じゃないから自由席だと不安だし…
考えた結果、11:16発の『北越3号』に乗り、長岡経由で帰ることにしました。
『北越』は全部空いていたし、利用している『北陸フリー乗車券』は長岡経由でもOKなので。
来る時に何処かしらの駅で『北越』を見かけましたが、懐かしの国鉄色485系だったので、これに乗れるかもしれない…
という期待も芽生えてきました。
しかし、485に乗るのを楽しみにするなんて、日本の鉄道旅が如何に面白くなくなってきたという証拠かも知れませんね…(--〆)








S0474167_R
電鉄富山に到着♪












S0484168_R
元京阪と地鉄オリジナル。













S0454156_R
頭端式のホームに電車が勢揃い(^^)v













S0494172_R
ホームの端っこには…






おー!
私鉄収集マニアなら、思わず欲しくなるようなモノがっ(^v^)

売り物ではありませんけど…
まだ現役だし。






みどりの窓口で明日の特急券を購入。
『北越』ですと、ほくほく線経由より500円くらい特急料金が割高です。
新幹線の乗車区間が70kmくらい長くなるので、もう少し高いかと思っていましたが500円くらいなら納得です。





富山に泊まるのも超久しぶりです。
昔は駅前の何処かにあった安ビジネスホテルに泊まったり、総曲輪でメシ食べたり、クルマ利用の時は観音湯って銭湯を利用したり、色々と思い出があります。
でも、具体的な場所とかは完全に忘れちゃってるんですけれど…((+_+))









S0514181_R
市電もえら~い変わりようです(゜o゜)






この類の路面電車、全国的に増えましたよね。
逆に地域の特徴がなくなった感じもします。

富山の市電は市営ではなくて富山地方鉄道の経営です。
それでも富山では『市電』と呼ばれているようです。
正式には富山地方鉄道富山市内軌道線という名だとか。

かつては射水線のデ5010が乗り入りて来ていて、その姿を撮影したことを思い出します。
あの頃から活躍していた市電7000形が健在でした。
広告看板などが付いたり、車体の色が変わったりで雰囲気が違いますが、吊り掛けモーター音を唸らせながら走る姿を見ると、何故かホッとします(*^^)v








S0524188_R
本日の宿に到着しましたぁ~(^O^)/






ホテルグランテラス富山です。
元は名鉄トヤマホテルだったそうです。
なかなか立派な建物ですね。

一見高そうなホテルですが、な~んと朝食付きダブルベッドのシングルルームが4700円という超安値なのです\(^o^)/

むか~し泊まった安ビジネスホテルだって、カビ臭い狭い部屋で4000円くらいはしたはず…
それと比較するとビックリしちゃいます。





部屋の窓からは…








↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 










↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 











S0534190_R
市電が眺められるし…






もの凄~く、おトク感があります。







ホテルに着いたのは19時過ぎ。
軽く支度をして、夕食に出かけます。
アテはありませんが、歩いていれば何かしらはあるだろうと…
(^^)v










S0554204_R
ハデハデ電車も走っていました\(^o^)/











S0604222_R
レトロな雰囲気に惹かれ…







古い中華屋、粋宏
閤に入りました。
この『シネマ食堂街』ってのがシブいですね~(^.^)


やっちゃんは肉野菜炒めライスと餃子、ボクは餃子とニラ炒めとビールを注文。
まあ無難な味でした。







S0584214_R
撮り忘れていたので食べかけですが…








帰りはシネマ食堂街を探検。
…つっても歩いただけですが(笑)







S0644232_R
街角にネコが居たりして…









名からして、昔は映画館があったのでしょうか?
現在では食堂街と言うよりも『飲み屋街』の風情でした。










S0664239_R
懐かしい雰囲気でした。






こういう路地街は残して欲しいですね。








【THEトロッコ2013/つづく】









★THEトロッコ2013 ホームページ版★

同時開催中です!
ご笑覧くだされば幸いです\(^o^)/

http://tsunechan.web.fc2.com/








br_decobanner_20100912152839 にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →

SummerTour 2013 "We're alive"/10

img740_R
山陰本線 周布~折居間     昭和48年 8月18日





JRさんから提供された宿は『益田グリーンホテルモーリス』で、駅前ロータリーにあるので鉄道利用の旅人には交通至便な処。
しかし昨日の豪雨によって益田から先の鉄道は山陰本線、山口線共に大きなダメージを受けて不通となっていました。
そのため鉄道を利用したくとも出来ない…(T_T)/~~~



ボク自身、益田に来るのは何と40年ぶりでした。
昭和48年、中学二年の夏休みに山陰本線を撮影しに来た時以来です。
その時の写真は ↓ こちらでご覧ください。
http://tsunechan.web.fc2.com/197308sanin-1.html


当時のスタンプノートによると、昭和48年8月18日に益田駅を訪れ、『駅前の銭湯へ行き、五日ぶりに風呂に入った…』と記されていました。
その後3:10発の急行『さんべ3号』に乗ったようです。
山陰に来る前は北九州で撮影しており、その間すべて夜行列車と駅の待合室に寝泊まりしていたというハードなロードでした。



そんな思い出のある益田でしたが、今回は何とも恐ろしい体験をしてしまいました。
心の傷も癒えぬまま、不本意にもクルマで益田を後にします。



728豪雨の翌日、朝7:30にロビーへ下りると、益田駅の水津さん、駅長の大達さん、タクシー会社の所長が迎えに来てくれていました。
水津さんによると、山口線の被害が甚大で、鉄橋が流された個所もあるとか。
こうなるとC57の撮影どころか、路線自体の復旧に長期間を費やしてしまいそうです。

当初は益田駅に降りる予定すらなかったのに、ずいぶん印象的な寄り道となってしまいました。
決して楽しいことではなかったけれど、益田駅の皆さんには温かく接していただき、そういう面では良き思い出となったと思います。



今日はタクシーにて広島へ向かいます。
所要時間は二時間半~三時間だとか。

どうも今回の旅はタクシーに縁があるようです…(・_・;)



浜田までは国道9号を走り、浜田自動車道~中国自動車道~広島自動車道を経由して進みます。
距離は約155kmですが、タクシー料金って如何ほどかしら?(・_・;)

途中、折居駅付近を通った際には、かつてD51を撮影した場所を確認しつつ、一人郷愁に浸っていました。
他の皆は眠っていましたが…(笑)

昔の撮影地は意外と変化しておらず、ちょっと見た感じでは腕木式信号機が無くなっていたくらい…
40年も経っているのにね~
冒頭の写真がその時撮影したものです。
これを撮った海岸を見て、
『おー! あの辺で撮ったなぁ~』
なんて懐かしんでいました。
最近は昔の記憶が薄らいできているのに、意外と覚えていることもあるんだなぁ~




タクシーは途中休憩もなく走り続け、二時間半ほどで広島駅に到着(^o^)/
広島市内で少し渋滞した他は順調そのものでした。


タクシーが広島駅新幹線口のロータリーに入ると、なんとレシーバーを持った助役制帽の駅員さんがこちらへ駆け寄って来てタクシーを誘導…(・_・;)




これって、まさかの出迎え???

 



DSC00289_R
155kmを走破し、帰路につくタクシー。  (T)











DSC00290_R
やっぱり出迎え…(?_?)  (T)






助役制帽の駅員氏は

『次の"さくら"は1051発ですので時間がございます。お部屋を用意しておりますので、そちらでお休みいただければ…』

…と。






???






部屋って…(?_?)








恐らく益田駅からの連絡があったのでしょう。

たぶん…

『昨日災難に遭ったお客を広島駅までタクシーで送りますので…』

…みたいな申し送りでもあったのでしょうね。









DSC00292_R
Jルーム?  (T)














DSC05776_R
あんた誰?!  (S)












おおっ!





ここが『お部屋』ですかー?









………







ん?








………







(?_?)








(・_・;)









(@_@;)








えっ!?








ここって…!?










DSC00296_R
貴賓室だぁー\(^o^)/  (T)
















なっな、な~んと!

ボクたちのために貴賓室を提供してくださるとはっ!

ありがたいことです<m(__)m>


















DSC00298_R
ボクらには無縁の場所なはず…(・_・;)  (T)














DSC00303_R
著名な方々が利用するのでしょうが…  (T)










ボクは鉄チャン人生45年くらいですが、貴賓室を利用したのは初めて。
当たり前ですが…(笑)


『貴賓室』という名は国鉄時代以前のものらしく、現在では『Jルーム』と称するそうです。





この部屋は昭和50年、新幹線開業の際に造られたそうで、過去に利用された最高位の方は常陸宮殿下だということです。

最近では参議院選挙の折、橋下徹さんが利用されたそうです。






色々と案内していただいたのは、広島駅営業科長の高田さん。
JR西日本では『課長』ではなく、『科長』なんですね。



ウチの鉄娘が将来鉄道運転士を目指していると伝えると、

『現在は運転士不足なので是非頑張ってください』

と仰っていただきました(^o^)/










DSC00301_R
ガキらの喜ぶグッズもいただいちゃいました(^o^)/  (T)












DSC00310_R
広島らしく、紅葉の壁画が。  (T)










DSC00311_R
ボクも入れて~♪  (Y)










素晴らしい経験をさせていただきました。

ありがとうございました!








さて、昨日以来ひさしぶりに列車に乗る時がやってきました。
振り返ってみると、妙に長かったような気がします。

乗車するのは10:51発の『さくら549号』です。



朝から何も食べていないので、車内でブランチを…





(*^^)v







DSC00314_R
高田さんイチ推しの『あなごめし』(^.^)/~~~  (T)







お買い物の後、『さくら549号』に乗り込みました。

『のぞみ』と同じN700系ながら、『さくら』に使われている車両は指定席が2-2並びで、グリーン車みたいな広い座席が魅力です。

この車両が東京まで乗り入れてくれて、鹿児島へ直通すればいいのになぁ~なんて思いますが…











DSC00317_R
購入したのは『あなご寿司』と『活あなごめし』(^o^)/  (T)






あと、ビールと冷凍みかんも(*^^)v







DSC00319_R
じゃ~ん! 『あなご寿司』です~♪  (T)









DSC00324_R
こちらは『活あなごめし』(^v^)  (T)





『あなご寿司』は身がふっくらジューシーで、酢飯とのマッチングも抜群。
『活あなごめし』は炙ったアナゴが香ばしく、全く違う旨味が出されていました。

寿司は煮アナゴ、あなごめしは焼アナゴですね。
好みかも知れませんが、焼アナゴは中間で仕事を加えて、もう少しふっくらさせた方がより旨いんじゃないかな~(?_?)
でも充分に及第点です。

駅弁って大したことないのが多いですが、これはおススメ(^O^)/






DSC00329_R
冷凍ミカンも変わりましたね…  (T)




かつて、夏の鉄道旅に不可欠だったのが冷凍ミカンです。
ネットに5~6個入っていて100円くらいだったかな?

いつしか見かけなくなりましたが、形を変えて復活?していました。


これは八ちゃん堂の『むかん』という商品。

ちなみにウチのネコでハッピーってのが居て、いつも『はっちゃん』と呼んでいるため、この八ちゃんを見て『ちゃんとお留守番してるかな~?』と話題になった次第…




DSC00330_R
『むかん』は既に皮が剥いてあります。  (T)




昔のに比べると、なんとも立派!
…なんだけど、ちょっと包装が大げさ過ぎですよね~
確かに冷凍ミカンって剥く時に皮が細切れになっちまうから、これだと手間かからず生ゴミも出ないから良いのでしょうが、やっぱ過剰包装に見える…(・_・;)

これで270円…
コスパ悪っ!

でも旨かったっす\(^o^)/






DSC05799_R
つめてぇ~!  (S)








さて、今日は7月29日の月曜日。
当初の予定では昨晩博多に宿泊し、朝の新幹線で熊本へ行って、熊本電鉄北熊本車庫でモハ71を撮影するはずでした。

残念ながら叶いませんでしたが(T_T)/~~~



その後、新八代では友人と久しぶりに会う約束もしていました。
単身赴任で来ているのですが、二年ぶりくらい?
予定では二時間の途中下車で、『昼飯でも行こかー!』ってな感じでしたが、これも時間の都合上一時間に短縮。

『飯』から『お茶』への変更が余儀なくされました。








DSC00337_R
新八代のファミレスでパフェタイム(^v^)  (T)













DSC00340_R
またね~!  (T)











IMGP0696_R
九州名物800系登場(^O^)/  (M)








新八代から先、やっと当初の予定時刻に戻ることが出来ました。
すべては昨日の豪雨、そして人災も加わっての影響です。

でも、とりあえず鹿児島までたどり着けてヨカッタ~








DSC00346_R
800系ならではの内装ですが…  (T)




九州新幹線800系がデビューした時、『なんて素晴らしい新幹線車両なんだろ!』と思いましたが、N700系の2-2座席に慣れちゃった今、正直『狭~い…』という印象しかありません。

特に気になるのが二列座席の中央にあるテーブル格納スペース。
最初に見た時は『面白い仕掛け!』だと思ったし、木材の質感が温かくて『いいなー!』という感想でした。
しかし、何度か乗ってみると『これって邪魔だよな~』としか思いません(笑)

まっ、短時間の乗車なら変化があってヨイかもですが…(・_・)





DSC00347_R
間もなく到着で~す!(^^)!   (T)









DSC00351_R
鹿児島本線に乗り換え…  (T)









IMGP0705_R
そして伊集院に着きました。  (M)





今回の旅、往路編で成し遂げられなかったもの…


★SLやまぐち号 C57撮影

★津和野観光&石見和紙製作体験

★津和野~新山口間 ローカル列車で移動

★博多ラーメン

★熊本電鉄撮影

★熊本の旨い昼食


う~む…
被害が大きいなぁ…




◆7月29日(月)


益田 7:25頃 ⇒≪タクシー≫⇒ 広島 9:55頃 
広島10:51 ⇒≪さくら549号≫⇒新八代 12:55  14:01 ⇒≪さくら409号≫⇒
鹿児島中央 14:46  15:00 ⇒≪432M≫⇒ 伊集院 15:18







【SummerTour 2013 "We're alive"/つづく】






◆使用機材◆

(M)まりっぺ=PENTAX K-m
(S)サル君=SONY DSC-WX1
(H)ヘタレ君= *
(Y)ゆかピー= *
(T)つねぴょん=PENTAX K-7
           SONY DSC630V
            SONY HDR-UX7






br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →



SummerTour 2013 "We're alive"/2

DSC00016_R
今や『新幹線の顔』となったN700系電車。 (T)







行き先が松江、出雲市とくれば、真っ先に浮かぶのが『サンライズ出雲』です。
せっかく旅に出るなら、やっぱり楽しい列車に乗りたいですからね…
ウチは全員寝台列車が大好きですし。
しかし、今回は諸般の理由で『速達性』を重視し、サンライズはパスしました。
一番の理由となったのが、一畑電鉄での『運転体験』の実施時間帯です。
『サンライズ出雲』の到着時刻だと、運転体験のプログラムが『二日コース』になってしまいます。
今回は帰路のフライトの関係で、例年よりも日程が一日少ないものですから、ここで丸二日使ってしまうのは勿体ないということで…(*_*)
出発の日、ちょっと無理して早めに出れば当日中に到着しますからね。




しか~し!



カミ『行きは何に乗ることになったの?』
ボク『新幹線と特急だよ』
カミ『え~っ 面白くない~ 寝台がいいよ~』
娘『新幹線って楽しくないよー!』
ボク『やかましー! 時間が大切なんじゃー!』


家族の意見を受け入れ、満場一致での出発となった訳です(^o^)/


全員『うそつけー!』







DSC00017_R
確かに旅の出発という情緒は無いよな~((+_+))  (T)












DSC00022_R
乗る時のワクワク感だって全然違うしね…  (T)








ボクだって『サンライズ出雲』での出発が理想ですよ。
しかし今回は仕方なく諦めて、当日着を優先しました。
(T_T)/~~~









【旅する人々】

まりっぺ=優秀な鉄娘(ガキ組リーダー)
サル=お調子者
ヘタレ=戦力外通告
ゆかピー=苦労人(サブリーダー)
つねぴょん=独裁者(リーダー)








さあさ、気分を変えて…
グランスタで購入した各種フードで早めの夕食で~す!






DSC00028_R
まりっぺ/浅草今半の牛玉弁当  (T)












DSC00032_R
ゆかピー/中華弁当?  (T)













DSC00031_R
ヘタレ君/訳の分らん弁当…  (T)













DSC00025_R
サル君/寿司… 豪勢やのう(・_・;)  (T)












DSC00037_R
ボク/鳥麻の焼鳥いろいろ&ビ~ル\(^o^)/  (T)








車窓を眺めつつ好きなものを食すのが旅の楽しみ。
だけど、新幹線だとスピードが速すぎてちょっと…









DSC00041_R
お肉娘。(^v^)  (T)













DSC00046_R
ボクの座席は端っこ、1番D席でした。  (T)


↑ ここは目前が壁で圧迫感があるものの、テーブルに奥行きがあって、更にコンセントがすぐ横にあるのでとても便利です。
意外と気に入りました。
ただ、他の客が出入りする度に扉が傍で開閉するのがウザいかな…(;一_一)










DSC00057_R
岡山までは約3時間半です。  (T)













DSC00063_R
空が未だ薄明るいうちに岡山駅到着(^^)v  (T)













DSC05446_R
ガキの目線から見上げると…  (S)













DSC00067_R
在来線乗り場へ行き、伯備線に乗り換えます…  (T)













IMGP0018_R
ヘンテコな103系…と思ったら大間違い(・_・;)  (M)



これはクモハ114という車両。
ボクは初めて見ました。存在すら知らなかったし…(*_*)
モハ114を改造して運転台を設置した形式で、パンタグラフが前後に二基搭載されていること、このボディカラーからして西武鉄道を彷彿とさせます。












DSC00075_R
同じ115系でも湘南色だと安心します… てゆーか平凡? (T)












DSC00071_R
見覚えのあるカタチ…でも色が…(・_・;)  (T)


これまた初めて見た快速『サンライナー』。
車両は117系電車ですよね、京阪神の新快速でお馴染みだったやつ。
『サンライナー』は山陽本線、岡山地域の快速列車のようです。
こいつも存在を知らなかった…((+_+))











DSC00077_R
地方私鉄っぽい雰囲気…  (T)












IMGP0024_R
おおっ!  (M)


鉄娘まりっぺがいい感じで撮っていますね~\(^o^)/
デジタルカメラになって飛躍的に変化したのは『夜』です。
銀鉛写真では考えられなかった描写をしますから。
ちょいと暗くてもISO上げれば手持ちでも撮れちゃう。
この写真も鉄娘が手持ちで撮っています。
昔ではありえないですよね。










IMGP0501_R
ボクたちの乗る特急『やくも27号』です。 (T)





屋根上に機器が搭載されていないのが特徴の381系電車。
ボクは『しなの』のイメージしかありません(笑)
しかし様々なボディカラーがあるもんですね~
昔気質の鉄チャンであるボクは、どうも馴染まないなぁ~(?_?)









DSC00082_R
『やくも』に乗って一路山陰を目指します。  (T)




伯備線に乗るなんて何年ぶりでしょうか?
電化されてからは乗った記憶がないから…(・_・)
30年以上ぶり?


伯備線は、かつて布原信号所のD51三重連で一世を風靡しました。
ボクは昭和47年まで大阪に住んでいたため、距離からして見ることは可能だったと思いますが、確か早朝に出発しても三重連には間に合わないんじゃなかったかなぁ~?
当時は小六ですから、モチロン泊まりの撮影など行かせてはもらえませんでした。
なので残念ながら布原の三重連を見ることはできませんでした。
(T_T)/~~~


ですが、辛うじて伯備線のD51は倉敷で瞥見したことがあります。
昭和47年、播但線の生野から姫路までC57三重連が牽引する列車に乗車。
その後姫路から583系の特急『しおじ』に乗って倉敷まで足を延ばしました。



その時見た三重連 ↓





↓ ↓ ↓ ↓ ↓






(・_・)





↓ ↓ ↓ ↓ ↓








img775
倉敷駅ですが…(+o+)



汚い写真でスミマセンm(__)m
なんと、D51+DE10+DE10の三重連です。
これじゃ、全然嬉しくないですね…(苦笑)


少し歩いて、一応『走り』も撮りました。





img773
(--〆)



まあ、酷いモノです…(・_・)
撮影当時のボクは小学六年生。
使っていたのはハーフ版のオリンパスペンでした。
現在の鉄娘まりっぺも小六。
カメラはペンタックスKm (@_@)
エライ差がありますな…
時代が違うから仕方ないですけれど(・・?






『やくも27号』は比較的空いており、遊んだり、ウトウトと寝たりしているうちに山間を抜けて山陰本線へと入りました。
そして松江駅に到着。




DSC00085_R
バイバ~イ!  (T)


鉄娘まりっぺは走り去る『やくも』を撮影しようとバッグからカメラを出すも、何かが引っ掛かって電池が飛び出して散乱~撃沈 (;一_一)
なんとも複雑な表情…(・_・)









DSC00086_R
アナログな改札口健在\(^o^)/  (T)





駅前の外れにあるグリーンリッチホテル松江にたどり着いたのは23時近かったでしょうか。
東京から6時間半の行程、全員お疲れモードでした。
明日はいよいよ『運転体験』で~す!



◆7月26日(金)
東京16:10 ⇒(のぞみ47号)⇒ 岡山 19:30 20:05 ⇒(やくも27号)⇒ 松江 22:37




【SummerTour 2013 "We're alive"/つづく】




◆使用機材◆

(M)まりっぺ=PENTAX K-m
(S)サル君=SONY DSC-WX1
(H)ヘタレ君=SONY DSC-W110
(Y)ゆかピー=SONY DSC630PC
(T)つねぴょん=PENTAX K-7
                          SONY DSC630V
                          SONY HDR-UX7






br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →




記事検索
ギャラリー
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
プロフィール

つねぴょん

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ