私鉄

2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅


S0763289_R
第三車両展示所となった国吉駅駐車場






約三か月半ぶりの更新です。
Facebookを始めて以来、ちょっとした話題は全てあちらに投稿するため、ブログ更新をサボっている状態です。
鉄チャン活動で出かけることもほぼ無いことも、大いに関係があるのでしょう。
まあ仕方ないことですが…(+o+)


千葉在住の鉄チャンとしては、日頃から「千葉の誇り」と思っているいすみ鉄道。
そんなことを言いつつも訪問することは少ないのですが、去る10月9日の日曜日に行ってきました!
「みんなでしあわせになるまつり in 夷隅」の旧型自動車展示に、うちのパブ君をエントリーさせたのです。
このイベントには2013年に参加以来、三年ぶりとなります。


当日朝、予てからの天気予報が的中し、雲ゆきが怪しい状況でした。
オマケにいすみ市には大雨・強風・洪水注意報が発令され…(・_・;)

ヤバーい
ヤバーい
マジでヤバーい!

余りにも悪い条件ならば、参加を辞退することも考えていました。
パブ君自体の状態は悪くないのですが、あまり多くの雨を浴びると幌からの漏水が酷くなるため、これだけは絶対に避けたかったのです。
当初は5:30出発、7:00到着を予定していました。
しかし、答えが出ないまま時間が過ぎてゆきます。
悩んだ挙句、行かないで後悔するよりも、行って降られて困った方がマシかなという結論に達し、6:30に自宅を出発しました。

途中、睦沢のコンビニで軽い朝食をとり、集合場所のいすみ医療センターに着いたのは8:15頃でした。
既に参加車両が集結しています。






S0543207_R
ここで受付!





エントリー費は2000円でした。
が、昼食のお弁当引換券、お土産として夷隅産の新米1kg、い鉄揚げ、ペットボトル、グラスセットなどをいただいたので、実際の参加料金は数百円ではないかと思われます。

2013年に参加した際、展示車両は道路上に停めました。
メイン会場となる源氏ストアの駐車場には露店が出されており、「クルマとお店が逆ぢゃね?」という疑問があったのですが、いつからか改善されたようです。
今年は三か所の展示スペースが設けられました。
その中には国吉駅駐車場というのもあり、実はそこに置いてもらえないかと期待していたのですが…

(^O^)/
やったぁ~!
願い叶って第三展示場、国吉駅と相成りましたぁ~!
線路が近ければ退屈しないし(笑)



さて、医療センター駐車場に待機する面々を観察してみましょう。









DSCF3212_R
ペレットGT-Rとグロリアに挟まれたパブ君🎶














DSCF3213_R
超キレイなダットラ320(^^)/





長野から自走して来たというダットサン・トラック320型、かなり念入りなレストレーションが施されたようで、本当に素晴らしい状態でした。
今回の参加車両では、恐らくチャンピオンではないかと思います。











DSCF3216_R
新車か?




メッキパーツは新品、再メッキの二通りだそうです。
しげしげと見つめても、粗が見つからないクルマでした。










DSCF3215_R
いい感じでキマっていますね~




KE10カローラ、この形好きです。











DSCF3223_R
S8クーペ!



今回は二台のホンダS800がエントリーしていました。
ちょっと珍しい色のクーペ、なかなかいい味出していますね~










DSCF3221_R
ステキ~




この後ろ姿に萌えます❤












DSCF3222_R
スポーティなコックピット




なんだかんだといっても、ホンダSは永遠の憧れですね。
今までにプラモデル何台つくったか知れません。
子供の頃から、そして大人になっても大好きなクルマです。












DSCF3224_R
は?




ベスパの原付自動車でしょうか?
となりはフィアット500。










DSCF3225_R
(@^^)/~~~




B10サニー、これも好きな形式です。
一見平凡なスタイルなのですが、さりげなくカッコいい!
こいつのレース仕様なんて、超カッコいいです~❤










DSCF3218_R
超萌え~




ダットラがレストアチャンピオンならば、このペレGはタイプどストライクといったところです。
特にこの角度から見た姿、萌え萌えですぅ~
ちょいと車高下がり過ぎのような気もしますが、カッコいい!ステキ過ぎます❤






さあ、いよいよ展示場所への移動です。
「係員が誘導しますから…」
と聞いたのですが、ふたを開けてみると「左曲がって、突き当たったら右で…」という道案内だけでした(笑)
最後の駅入り口には係員が居たものの、こちらがウインカーを出して左折状態になるまで誘導はありませんでした(・_・;)
この辺は少し改善が必要かと思います。







DSCF3226_R
キハ30とS800たち




パブ君、この辺に停めたかったんだけどなぁ~
気動車と写真撮れるかも!と期待したのですが、パブ君は駐車場入り口付近の自転車置き場横でした。
自転車置き場で線路を遮られ、ちょっぴり残念な状況…(-_-;)







DSCF3227_R
博物館か?




いいですね~
昭和の鉄道車両とクルマの取り合わせは最高です。

このエリアには旧い軽トラックが数台ありました。
中でも惹かれたのが…






DSCF3232_R
くろがねベビー!










そして…








DSCF3229_R
三菱レオ!



レアですね~
そう滅多に見られる代物ではありません。
特にレオの実物は初めて見ました。
走る姿を見てみたいところです❤









DSCF3230_1_R
三輪車軍団!





そうそう、忘れていました。
今回の参加はカミさんと娘、そしてボクです。
下のガキらは野球の試合があり、不参加でした。
が、ボクらがいすみ医療センターに到着する頃、試合の雨天中止が決まりました(笑)











DSCF3234_R
さりげない演出がいいですね~












DSCF3239_R
駅舎が旧ければもっといいのですが…






鉄チャンは線路に近いところにいるだけで落ち着くという性質を持っています。
(ボクだけ?・笑)
なので、このシチュエーションは本当にありがたいです。












だって…










DSCF3236_R
手軽に駅撮りできるし~












DSCF3238_R
自販機はキハだし~












DSCF3240_R
駅前もいい感じだし~








昔ながらの気動車も来るし~








………








(・_・;)









えっ?!










キハ52が故障?











ガーン!











実は前日のFacebookで鳥塚社長が発表されて、既に知っていたのですが。
ここに来たらキハ28+52を見たいのが正直な思いですので、非常に残念です(>_<)










そして…











S0553243_R
101D急行1号が到着~♪






鳥塚社長が生み出した平成のキハ20!
こだわりのマスクと塗色が幸いし、なんとも良い雰囲気を醸し出しています。
ぜいたくを言わせていただくなら、単行もしくは後ろも同色ならば完璧!













S0563244_R
「いよはまだ~ 16だから~♪」






ではありません…
伊代ではなく、伊予ですね(笑)














S0573245_R
おお麗しい!





平成の世に舞い降りたキハ姫~❤
こんな魅力的な新造車両をボクは他に知りません。









101Dは9分停車です。


やがて…








S0583247_R
対向からは10Dが到着~










S0593249_R
交換でーす




ホーム連絡通路を挟み、対向の列車が停車します。
昔のローカル線では当たり前の光景でしたが、今となっては貴重な存在。









S0603250_R
発車してゆく10D






一億総撮り鉄時代?の昨今、ここでの列車交換は大盛況です。










S0623256_R
(^_-)-☆






みなさん、いい画を得られましたでしょうか?









S0633257_R
(^^)/~~~






急行を見送り、10時を過ぎた頃からメイン会場の商店街へ行ってみました。
が、この頃から雨が本降りに…
念のため、と思って持参した傘が大活躍です。

雨のせいでしょう、人出がかなり少なかったです。
残念…






S0653259_R
第二車両展示場もガラガラ…






仕方なく、ふれあいショップ源氏とベーカリーカレンズで時間をつぶし、11時過ぎに支給されるお弁当とお茶を受け取り、国吉駅前へ戻ることにしました。

お弁当ひとつでは足りないので、途中で食料を補給しつつ。
ボクはタコ飯+トン汁のセット、娘はケバブを購入。





DSCF3260_R
(*_*;






さすがに駅前まで持ち帰る自信がなかったので、路上でいただきました(笑)








まつり会場ではスタンプラリーを行っており、4か所のスタンプをコンプリートするとガラポン抽選ができます。

が…





DSCF3264_R
3タコ(T_T)/~~~




それでも袋いっぱいの飴ちゃんをいただきました(^^♪









DSCF3265_R
開催本部付近に居た茶トラ君❤




とっても人懐っこくて可愛いコでした。
まだ1歳未満かな?











DSCF3269_R
地元のオバちゃんたちが…





つくった梅干し、キュウリの佃煮、大学芋、買っちゃいました。
梅干しは干して塩だけ。
娘は昔ながらの梅干しが大好きで、それをオバちゃんに伝えると
「あらっ 若いのにね~」
とのお返事(笑)
最近の市販梅干しはヘンテコな味が付けられたものが多すぎます。
塩だけ、塩とシソが美味しいですね~










DSCF3271_R
雨粒パブ君










小雨模様でしたが、テーブル&チェアを持ってきていたので、パブ君の横に設置してお昼にしました。
こういうまったりとした時間がいいですね~









DSCF3270_R
チンドン屋さんも来ました♪





昔は町でよく見たチンドン屋さん。
すっかり懐かしい過去のものとなってしまいました。
娘は初めて見たこともあり、少々ビックリ。
吹奏楽部の彼女に対し、
「和風レトロミニマーチング」
と説明すると納得していました(爆)








S0683276_R
(~_~メ)




パブ君とキハ20とのツーショット?
これが精一杯でした。









S0733285_R
鳥塚社長と♬




いすみ鉄道の社長、鳥塚亮さんと初めてお目にかかれました。
Facebookでやり取りをさせていただいていましたので、こちらからお声がけをすると、「おお~っ!」といったリアクション(^O^)/
お忙しい中、一緒に写真に収まっていただきました。
鳥塚さん、撮影していただいたカメラマンの方、ありがとうございました。


なお、この時の写真は鳥塚さんの『いすみ鉄道・社長ブログ』にも掲載していただきました!

http://isumi.rail.shop-pro.jp/?day=20161010


\(^o^)/











S0753287_R
雨上がり




ラストの一時間半くらいは雨も上がり、パブ君は幌を開けた状態をご披露。
たくさんの方々に声をかけていただきました。








S0773290_R
オープンパブ君&いすみ350型(^O^)/








20年くらい前はクラシックカーのイベントに積極的に参加していたのですが、どうも気が進まなくなってすっかり出不精になっていました。

でも、このイベントのようにのんびりと出来るのはいいですね。
いすみ鉄道がらみというのもボクとしては最高です。

来年も是非…と思いつつ、来年は晴れてくれよ~との願いを込めながら、会場を後にしました。



みんなでしあわせになるまつり in 夷隅に関わったすべての皆様、大変お世話になりまして心より御礼申し上げます。

また次回、参加できるならば宜しくお願いいたします。




■おわり■





◆使用機材
FUJIFILM X20 (S)






↓ 拙ホームページも宜しくお願いいたします!

http://tsunechan.web.fc2.com/




br_decobanner_20100912152839にほんブログ村 鉄道ブログへ
ブログ村 ← 宜しければクリックお願いいたします m(__)m →


SummerTour 2013 "We're alive"/6

DSC00184_R
デハニ53の手動扉。超一級の鉄道文化財(^o^)/  (T)




デハニ50型の運転体験には大きく分けて『1日コース』、『2日間コース』、そして『マスターコース』という三種類のプランがあります。
『1日コース』と『2日間コース』は、運転体験に初めてトライする人たちのために設定されており、運転の前に講習を受ける日程が組まれています。
運転体験は専用コースを一往復行います。
『マスターコース』は運転体験が二度目以降の人たちが利用するプランで、講習は無し、運転は専用コースを二往復行うという内容です。
『マスターコース』では更にランク分けされており、参加回数によって費用の減額や特典などが変動してゆきます。

詳しくは ↓ こちらをご覧ください。
http://www.ichibata.co.jp/railway/dehanidream/master.html

なかなか面白い企画設定ですね。



運転体験のトップページは ↓ こちら。
http://www.ichibata.co.jp/railway/dehanidream/








DSC05588_R
『ブレーキは圧力計を見ながら』と言うが…(?_?)  (S)






さて、いよいよ運転体験の時が近づいてきました。
体験メンバーと同伴者はデハニ53に乗り込んでスタンバイ。
数人ずつのグループで実車の床下、台車などを見ながら動く仕組み、停まる仕組みの実地講習を受けます。





DSC00163_R
床下機器の説明を聴いています…  (T)









DSC00171_R
自動連結器の動作と仕組みも。  (T)










DSC00175_R
実際にブレーキを掛けたり緩めたりして動作を観察しました。  (T)









DSC00193_R
そして操作の手順を最終確認…  (T)






それらが終わると一人ずつ名前が呼ばれ、実際にデハニ53を自ら動かします。
ボクらは最後の方だったので、先ずは他の参加者の皆さんの運転を拝見。
あと、せっかくなので貨物ホームに一旦降りて『走り』を撮影してみました。






IMGP0428_R
年季の入ったホームとデハニ53がマッチしていますね!(^^)!  (M)









IMGP0600_R
間もなく自分も運転する…(・_・;)  (T)










IMGP0608_R
運転体験専用線は両側にフェンスが設置してあります…  (T)




意外だったのが、教官は殆ど手を出さなかったこと。
ブレーキ操作が怪しい場合でも口頭で指示していました。
体験者が子供の場合だと、割かし手助けが多かったかな…?

さあ!
そして遂にボクらの出番です!
つねぴょん~ゆかピー~まりっぺの順で運転しました。

先ずはボク。
デハニ専用車庫から出発して貨物ホームまで、折り返して戻る一往復の運転です。



IMGP0609_R
レバースとブレーキハンドルを持って(*^^)v  (Y)





マスコンにレバースをセットし、前進へ切り替えます。
奨励されている掛け声は『前方良し!出発進行!』ですが、出発信号機がある訳でもないので、ちょっと反抗して(笑)勝手に変えちゃいました。
ごく単純に…
『発車ぁ~!』
と言い、タイフォーンを吹鳴!
デハニ53のマスコンは体験運転用対策としてゴム製のストッパーが付けられていて、1ノッチまでしか入らないようになっていました。
運転用の線は150mと極端に短いので、安全確保という面で仕方ないですよね。
という訳で強制的1ノッチを入れ、ブレーキを緩め…

吊り掛けモーターが唸り、電車が動き始めました。
感動の瞬間\(^o^)/







IMGP0443_R
吊り掛けモーターのサウンドが心地良い(^o^)/  (M)





ノッチオフの箇所には「×」の標識が出ています。
そこで戻して、一瞬惰行し、直ぐにブレーキ操作に移りました。
圧力計の黒針が1~1.5キロを維持するように『掛ける~緩める』を繰り返す…
という指導がありましたが、そんな余裕がありません…(・_・;)
かな~り気をつけて操作し、なんとか停止位置付近で停められました。
停止する瞬間が少~し急になっちまいましたが…(T_T)/~~~





IMGP0623
ブレーキが一番緊張するなぁ…(゜-゜)  (S)




次はカミさん、ゆかピーの番です。
最初は
『え~?私は運転しなくていいよ~』
なんて言っていたくせに、結構テンション高そう(笑)
いきなりレバースの差し込み位置と方向が判らなくて、あちこちヘンテコな場所にセットしようとして大爆笑。
そして…
『発車オーライ!』
と言ってタイフォーンを鳴らし、ウケていました。
発車オーライって運転士は言わないよな~
(苦笑)







IMGP0636_R
発進、加速はいいんだけど、やっぱブレーキがねぇ…(・_・;)  (T)











IMGP0467_R
復路では『前方良し!出発進行!』でした…(笑)  (M)





さあ、しんがりは鉄娘まりっぺの登場です。
小学三年の頃から
『将来は鉄道の運転士になりたい❤』
と言い始め、東武博物館のシミュレーターにハマってリピートしているという鉄娘。

ずっと言い続けていた
『本物の電車を運転してみたい~❤』
という夢が叶う時が来たのです\(^o^)/




しか~し!
極度の緊張モード…
大丈夫かぁ???




IMGP0650_R
表情がカタい… 相当キンチョーしとるな…  (T)









IMGP0655_R
そしてブレーキ、きちんと停められるかぁ~?  (T)








IMGP0671_R
無事に停止出来てひと安心の笑み(*^^)v  (T)




さあ、反対側の運転台に移動して復路の運転です。




IMGP0503_R
ブレーキハンドルを差し、レバースをセットして前進に。  (Y)









IMGP0504_R
やはり、かなり緊張しているようで…  (Y)









IMGP0509_R
ノッチオフ、そしてブレーキを…  (Y)




二度目も無事に運転できました。
しかし、本人は納得していない様子…
停止の際、ブレーキの扱いが思い通りにゆかなかったとかで。
まぁ、当たり前ですけれどね(笑)


いゃ~っ!
とにかく楽しかったぁ~♪




【SummerTour 2013 "We're alive"/つづく】




◆使用機材◆

(M)まりっぺ=PENTAX K-m
(S)サル君=SONY DSC-WX1
(H)ヘタレ君=SONY DSC-W110
(Y)ゆかピー=SONY DSC630PC
(T)つねぴょん=PENTAX K-7
           SONY DSC630V
            SONY HDR-UX7






br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →





SummerTour 2013 "We're alive"/5


IMGP0578_R
雲州平田駅にて。  (T)




体験運転の事前講習を終えると、車庫へと案内されました。
団体行動が苦手というか、ゾロゾロと大勢の人に混じって歩くのが好きではないボクは、申し訳ないけれど少し遅めに離れてついてゆきました(苦笑)

一畑電鉄で運用に就いている電車は2100系、3000系、5000系の三種類。
3000系は元南海のズームカーで、他は元京王帝都です。
残念ながら旧き善き鉄道をを好むボクにとって、車両としての魅力を感じるのは3000系が辛うじてカスるくらいで、他には興味が湧きません。
まぁ、その分デハニ50が引き立つワケですが…(^.^)





IMGP0219_R
人力で洗車していた時代の施設です。 ここもロケ場所(^o^)/  (M)








IMGP0559_R
この台車は…(?_?)  (T)









DSC00128_R
『Railways』にも出演した軌道自転車。  (T)









IMGP0560_R
皆さんは5000系を見ていますが…(・_・;)  (T)








IMGP0571_R
5000系はクロスシート車です。  (T)









IMGP0545_R
旧一畑カラーの2100系。  (T)










IMGP0586_R
このスタイルとカラーに郷愁を覚えます…(^o^)/  (T)









DSC00133_R
車庫にあった内線電話。現役のようです!(^^)!  (T)









IMGP0546_R
ブルーシートの中身は?  (T)








DSC00138_R
車庫内の古い建物は資料館に。  (T)








IMGP0326_R
旧い路線図。未だ立久恵線が掲載されています…(・_・;)  (M)








DSC00141_R
現・出雲大社前の旧称。  (T)








DSC00140_R
映画の小道具?  (T)








DSC00145_R
出演者たちのメッセージが残されていました。  (T)







体験運転参加のオプションとして、お弁当の手配がありましたが、天邪鬼のボクと家族は『決められたモノよりも、何か変わったモノを…』という思いがあり、注文はしませんでした。
とは言え、全くアテもありません。
駅員さんに尋ねてみると、駅前の定食屋さん?を紹介されました。
しかし、昨夜の強行軍と今朝のマ●い朝食の影響で全員食欲がありません。
どうしようか…
と考えましたが、結局は『Railways』のあるシーンで中井貴一さんがデハニの前で食べていたメロンパンを製造販売しているパン屋さんが近所にあると知り、ボクを除いた全員で買い出しに出かけました。







DSC00148_R
なんともローカルなパッケージ!  (T)








DSC00150_R
待合室で食べました。  (T)




次はいよいよ運転体験です!
(^o^)/




【SummerTour 2013 "We're alive"/つづく】




◆使用機材◆

(M)まりっぺ=PENTAX K-m
(S)サル君=SONY DSC-WX1
(H)ヘタレ君=SONY DSC-W110
(Y)ゆかピー=SONY DSC630PC
(T)つねぴょん=PENTAX K-7
           SONY DSC630V
               SONY HDR-UX7






br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →


SummerTour 2013 "We're alive"/4


DSC00115_R
なんとも立派なデハニ53専用の車庫(^v^)  (T)





一畑電鉄の車庫がある平田には、過去に二度来たことがあります。
当時は『平田市駅』と称していましたが、2005年に平田市が出雲市に合併されたことにより、平田ではなくなったことから、現在の『雲州平田駅』に改称されました。
未だに平田市駅の方がしっくり馴染むのですが、実は開業から昭和45年までは雲州平田を名乗っていたそうです。
こちらの駅名の方が歴史が長かったんですね。





9:30になると、予定通り運転体験の受付が始まりました。



DSC00096_R
本日の予約は盛況の様子…  (T)








DSC00099_R
参加証ゲット!  (T)





受付を終えると、待合室または一番線ホームにて待機します。
そして参加者が順々に呼ばれ、体験運転終了証?に使うものであると思われる顔写真を個別に撮影。
その後、係員の誘導で構内はずれを横断して駅裏手の車庫へと向かいました。
雲州平田駅は『Railways』のロケが多く行われた場所でもあり、構内にはあちこちに撮影地を示す看板が立てられていました。





DSC00102_R
ゾロゾロと…  (T)








DSC00103_R
線路を渡ります。  (T)







DSC00104_R
この建物も撮影に使われました。  (T)








DSC05527_R
移動しながらも撮ってしまいます…(^^)v  (S)










IMGP0542_R
こんな写真ですが…(^.^)  (T)










DSC00105_R
そして到着したのがここ!  (T)





車庫に隣接するこの建物内で講習が行われます。
体験運転に際し、電車の構造や動く仕組み、運転操作などの勉強をします。
比較的新しい建物で、体験運転講習用に造られた施設のようです。






DSC00109_R
先ずは鉄道運転士の免許制度を…  (T)









DSC05531_R
たくさんの種類がありますね…(・_・;)  (S)




甲種、乙種の違いや無軌条電車は判るけれど…

(?_?)

磁気誘導式って…?????

(?_?)

う~む… 解らん…(+o+)



新幹線は独立した免許になっていますが、昔あった新幹線のディーゼル機関車(DD13やDD54みたいなやつ)って甲種内燃車でヨイのでしょうか?(笑)
新幹線内燃は無いんですよね…(・・?

あと、ディーゼル機関車と気動車って同じ免許なの??
知らないことだらけです…







DSC00108_R
クイズ形式の内容もありました。  (T)










DSC00111_R
実物の架線。これで10円硬貨いくつ分かしら?  (T)










DSC00112_R
これはブレーキシューです。『一畑』の刻印が渋い!  (T)











DSC05533_R
いよいよ運転に関する講義です!(^^)!  (S)










DSC05544_R
動く仕組み、止まる仕組みを教わりました。  (S)











DSC00114_R
実物のブレーキ弁を使って練習します。  (T)






講義は約一時間、鉄娘レベルにはチト難しかったかな?
でも、運転に向けてテンションは ↑ ↑ 上がったことでしょう(^o^)/







DSC00120_R
もと京王帝都の5000系電車(・_・) (T)




講義を終えると、次は車庫の見学となりました。
その後お昼休憩をはさんで、午後は遂に運転体験本番で~す!

\(^o^)/





【SummerTour 2013 "We're alive"/つづく】




◆使用機材◆

(M)まりっぺ=PENTAX K-m
(S)サル君=SONY DSC-WX1
(H)ヘタレ君=SONY DSC-W110
(Y)ゆかピー=SONY DSC630PC
(T)つねぴょん=PENTAX K-7
           SONY DSC630V
               SONY HDR-UX7






br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →


SummerTour 2013 "We're alive"/3

IMGP0075_R
ホテルの窓から撮った『スーパーおき1号』です。  (M)





旅に出て一番ガッカリするのが在来線の高架駅です。
高架線も同じ、見た目新幹線と大差がないし、とにかく情緒が無い(--〆)
旅人の勝手なワガママですが…
松江駅も高架になっていました。
1998年頃に『出雲』で通った時に高架となっているのを見て、ビックリしたことを覚えています。
でも、調べてみると松江駅が高架化されたのは昭和52年。
一畑電鉄を撮影した昭和53年には、既に高架駅となっていたようです…
全然覚えていません(・_・;)

松江で宿泊するのは15年ぶりくらい。
今回は駅前のはずれにあるグリーンリッチホテル松江に泊まりました。
鉄娘とボクの部屋からは山陰本線が眺められます。
当然夜明けと共に…






↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 







IMGP0504_R
先ずは5:11着の1002M『やくも2号』(^.^)/~~~  (T)





まだ薄暗くて、撮影にはチト厳しい…((+_+))
これに乗って岡山で『のぞみ』に乗り換えると、お昼前には東京に着きます。
昨日来る時も思いましたが、昔のイメージとは格段に速くなっていますね。


続いて…







↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 









DSC00087_R
5:57着の1004M『やくも4号』です。  (T)





パノラマグリーン車のクロ380が最後尾でした。
ずいぶん明るくなりました。
お天気は今イチのようですが…(・_・;)

この後、冒頭の3001D『スーパーおき1号』を撮りました。
キハ187系ですね。馴染みの無い車両です。
今夕に乗車予定ですので、楽しみにしておきましょう。

一畑電鉄の松江しんじ湖温泉駅はJR松江駅から約2km離れた宍道湖畔に位置します。
重たい荷物を持って歩くのはキツいので、タクシーを使うことに。
8:00には駅に着きたいので、余裕を持って7:30までには朝食を終えるよう逆算して行動しました。
今回の宿泊にはバイキングの朝食が付いていました…

しかし…


(T_T)/~~~

500円相当らしいですが、あれじゃ150円くらいの価値しか…



さ~て!
気分を変えて出発です。
タクシーを依頼し、ロビーで待っていると5分くらいで運転手さんが呼びに来ました。
外へ出ると、なんと雨が降っています。
天気予報では曇時々晴だったんだけどなぁ~
タクシーの運転手さんによると、
『この雨はあがりますよ、松江の天気はよう変わりますから…』
とのこと。

見覚えのある宍道湖大橋、湖畔の風景を過ぎると到着です。




(・_・;)


……


なんじゃ?
この駅はー!


旧松江温泉駅の駅舎は、役所みたいな重厚な建物でした。
それが、なんともチープなモノなっちまって…
かなりガッカリ(T_T)/~~~


旧駅舎は ↓ こんなのでしたが。
http://tsunechan.web.fc2.com/19780729ichibata-1.html







IMGP0078_R
現在の駅入口…  (M)








IMGP0084_R
そのすぐ前には『足湯』がありました。  (M)





ボクたちが乗る電車は8:33発。
折り返しの電車は8:05に着きましたが、暫くの間改札は始まりませんでした。
電車は元南海の3000型です。
15年前に来た時にも見た覚えがあります。
しかし、ボディカラーが懐かしい南海時代に変更されていました。
こいつは嬉しい!

小学生時代、大阪府高槻に住んでいたボクは、富田林に居た従弟の家へよく遊びに行きました。
その際に南海電車を利用していて、件の3000型、いや南海の21000系(だっけな?)は見る機会が多かったのです。
急行だと丸い『急』のマークを金太郎掛けの中央に掲げて、結構カッコよかったです。
何度か乗ったとも思うのですが、残念ながら記憶が…
でも、このカラーは懐かしい\(^o^)/






DSC00088_R
未だ開かない改札口…(・_・;)  (T)








IMGP0100_R
さあ乗りますよ~  (M)









DSC05493_R
フックが残っているから、丸『急』も復活させてほしいなぁ…  (S)









IMGP0127_R
平田市、いや…雲州平田までは約40分です。  (M)








DSC00090_R
年季の入った運転台…  (T)








DSC00092_R
そこそこの乗車率ですね。  (T)





途中の津ノ森駅。
35年前に宍道湖畔の電車を撮りに降りた駅です。
ホーム屋根の風情は殆ど変っていませんでした。
これには感動(^o^)/




DSC00093_R
ちょっと風変わりな屋根施設。  (T)





img108_R
これが35年前です。この時は駅員さんが居たんですね。





昔話を鉄娘にしているうちに、電車は一畑口駅に到着。
行き止まりの駅で、電車はここで方向転換します。






IMGP0528_R
運転士が降りて反対方向へ向かいます。  (T)








IMGP0529_R
目にご利益のある一畑薬師へはバスで10分くらい。  (T)








IMGP0538_R
一畑口も無人駅になっていました… 運転士さんが集札。  (T)





一畑電鉄は他の地方私鉄と同様に、幾度かの廃止危機に直面したことがありました。
しかし、徹底的な合理化と経営努力が功を奏して存続しています。
廃止されるか存続するかは、その鉄道が置かれている環境や条件よりも会社の体質、沿線市町村の協力、そして鉄道を支える全ての人々の『続けて欲しい』という思いと行動によって相違するものだと考えます。
早々に見限って廃止するのが得策の場合もあるでしょうが、鉄道を失った町の過疎化は一層進むのが通例です。
前向きに努力をして続けていれば、きっと良いことだってあるでしょう。
一畑電鉄は厳しい状況下でも頑張っていますね。






IMGP0155_R
雲州平田駅に到着しました。  (M)



この駅には何度か来たことがありますが、今回降り立った場所がここ。
鉄娘をはじめ、家族一同で
『あっ! ここだよっ!』
と言うくらい大騒ぎ!

(?_?)



騒ぎの要因は中井貴一さん主演の映画『Railways』の一場面。
同僚の責任を負って辞表を提出した中井演ずる筒井が事務所から出て来ると、それまで親身になって接客していた利用客たちが集結していて、管理者たちが会社レベルの責任として処理すると決意したシーンに使われた場所がここでした。
モニュメントの看板も経っていますね(笑)
『Railways』のことはあまり知らなかったのですが、BSで放送していたのをたまたま録画し観ていました。
大手企業に勤務していたエリートの筒井が様々な思いから転職を決意。
母の病も関連して郷里にUターンし、一畑電鉄の運転士になるというストーリーです。
鉄チャン的にも面白く、鉄娘とボクは数回リピートしていました。
(^^)v

そんなコトも影響して、今回の運転体験参戦に繋がったのだと思います。





DSC00147_R
一畑電鉄の本社が置かれている駅でもあります。  (T)




駅には既に運転体験に来たであろう人たちがチラホラ。
受付は9:30スタートです。
!(^^)!







【SummerTour 2013 "We're alive"/つづく】




◆使用機材◆

(M)まりっぺ=PENTAX K-m
(S)サル君=SONY DSC-WX1
(H)ヘタレ君=SONY DSC-W110
(Y)ゆかピー=SONY DSC630PC
(T)つねぴょん=PENTAX K-7
SONY DSC630V
SONY HDR-UX7






br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →
















記事検索
ギャラリー
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
プロフィール

つねぴょん

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ