気動車・ディーゼル機関車

SummerTour 2013 "We're alive"/15


IMGP1632_R
指宿駅に進入する1344Dです。   (M)








山川港の大丸鰹節本舗さんで見学を終え、池田湖へ行ってみました。

以前は『イッシー』なんてインチキ臭い恐竜?が住んでいるとかで話題になりましたよね。










DSC01123_R
山道の途中にあった展望台から見た開聞岳と池田湖…   (T)













DSC01141_R
湖畔に来ると…   (T)








池田湖と言えば『大ウナギ』が有名です。

早速見てみようと探すのですが、朽ちかけた看板ばかりでウナギが見当たりません。


大ウナギは見つからないものの、ジャッキーという可愛い犬とは出会い、しばらくかまって遊んでいました。
ウチらにはよそよそしいくせに、飼い主のお友達?のおじさんには甘えてる…(・_・)








DSC01138
こいつがジャッキー❤   (T)







そんなことをしている間に遊覧モーターボートを発見。

然程高価でもないので乗ってみることにしました。
(*^^)v










DSC01145_R
約30分の周遊で4000円也。   (T)













DSC01149_R
岸がどんどん遠くなる~(^O^)/   (T)














DSC01161_R
おもしろ~い!   (T)
















DSC01178_R
向こう岸で一旦停まり、船長さんに撮ってもらいました(^.^)/~~~
















DSC01181_R
夫婦岩と呼ばれているとか。間の小岩は子? 子は鎹ってか?  (T)









池田湖は周辺火山の噴火によって形成されたカルデラ湖です。


周囲15kmで、九州最大の湖。
最深部は233mとのことで、ここに巨大水棲生物が生息しているという説が最初に流れたのは昭和30年代でした。

ネス湖の"ネッシー"に引っ掛けて、池田湖だから"イッシー"だと…
(?_?)



イッシーについては複数の目撃証言があるものの、未だ解明はされていません。

上の写真の夫婦岩周辺には大ウナギが棲んでいることから、イッシーの正体はその大ウナギではないかと唱える人も居るようです。











DSC01198_R
結構楽しい…(^O^)/   (Y)















DSC01203_R
人数割りにすれば一人800円、コスパいいかも(^_-)-☆   (T)















DSC01216_R
ボートを降りると探していた大ウナギも見つかって…   (T)















DSC01223_R
ボート船長と犬のジャッキーと一緒に!(^^)!   (T)







ジャッキーは船長の犬でした~(^O^)












DSC01229_R
暑いので…   (T)















DSC01230_R
むらさきいもソフト食べました~(^O^)   (T)







衝動的な寄り道だった割には面白かったです。

ちなみにイッシーは居ませんでした(笑)



レンタカーで指宿駅に戻ると、12:54発の『いぶたま』が出発するところでした。

クルマを返却し、少し待って13:30発の普通列車を待ちます。
『いぶたま』もいいけど、行きに乗ったしなぁ~
ローカル列車もそれなりに楽しかろうと(^.^)/~~~










IMGP1614_R
駅前には何故か竜宮城 (・・?   (M)














IMGP1043_R
来ました!(^^)! キハ47?の三連。   (T)














IMGP1638_R
指宿の碧い空(^_-)-☆   (M)
















IMGP1078_R
西鹿児島 (゜o゜) 鹿児島中央までは約1時間15分。   (T)

















DSC01239_R
昼食抜きでおやつを(*^^)v   (T)
















IMGP1089_R
瀬々串駅で交換したキハ200系。   (T)
















DSC01236_R
"いぶたま"とは全く違う長閑な旅…(^^)v   (T)








鹿児島中央には14:46到着。

鹿児島本線に乗り換えて伊集院に着いたのは15:18でした。














DSC01260_R
一緒に晩御飯の支度(^O^)/   (T)















DSC01557_R
やっぱり鳥刺は欠かせないね~(^u^)   (T)














DSC01261_R
夕食後は花火を(^.^)/~~~   (T)















DSC01281_R
楽しかったね~   (T)











◆7月31日(火)

指宿13:30 ⇒≪1344D≫⇒ 鹿児島中央 14:46 
鹿児島中央 15:00⇒≪432M≫⇒ 伊集院15:58






【2013 "We're alive"/つづく】






◆使用機材◆

(M)まりっぺ=PENTAX K-m
(S)サル君= *
(H)ヘタレ君= *
(Y)ゆかピー= *
(T)つねぴょん=PENTAX K-7
          SONY DSC630V
           SONY HDR-UX7







br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →





SummerTour 2013 "We're alive"/13


IMGP1156_R
最南端の駅とキハ47。 "いぶたま"と同じ形式とは思えない…(・_・)  (M)







考えてみると、指宿枕崎線を撮影したのは初めてかも…

とりあえずは、狙っていた開聞岳と列車を撮ることが出来てヨカッタです。








DSC00547_R
また思い出の場所が増えたね(^.^)/~~~  (T)








撮影を終え、鉄娘は引き続きハガキ書きの続き。

西大山駅前の『幸せを届けるポスト』に投函したのは17:55頃でした。







えっ?!






………






ホテルの砂蒸し温泉って…






(?_?)






確か…







18:00に予約してた~(+_+)






どっひゃぁ~

時間がない~






西大山駅からホテルまでは意外と近く、所要時間は約15分。

夕日を浴びて快調に進み、ホテルに到着したのは18:15頃でした。













ボ 『おおっ!ぎりぎりセーフ!』





全 『遅刻しとるわー!』














FILE44180352_R
部屋の窓から… \(^o^)/  鉄チャン向きのロケーション!  (T)




既に予約の時刻は過ぎているため、何はともあれ急ぐしかない…

部屋の窓からは指宿枕崎線とフェニックスと海が見えます。

ちょっと見通しは悪いけれど、なかなかの眺めです。

ふとダイヤを見ると、間もなく列車が来るのでカメラをスタンバって…





全 『撮影してる場合かー!』





厳しい忠告を受けたため、仕方ないので目当ての列車を諦めるフリをして時間を稼ぎ、素早く撮って…





全 『こらー!』






(*^_^*)





そして砂蒸し温泉へ…


本当なら海岸の天然砂蒸しがいいんですけれどね~
まぁ、今回のところは子供ら初体験ですから天然も人工もないでしょう(?_?)

とりあえず
『砂蒸し温泉とはこういうモノじゃ~』
というコトが判ればヨシとします。


ホテル内の温泉共同浴場内を横断し、一旦外に出ると砂蒸し専用の別棟がありました。
キャパシティはざっと見て30名ほど?
結構大きな施設です。








DSC00559_R
大騒ぎです(笑)











DSC00557_R
重くて、熱くて、面白いだろー(*^^)v  











DSC00560_R
暑くて耐えられなくなったら足を出すといいよ~







砂蒸しで汗だくになり、温泉でサッパリしたあとは食事です。




うちらのプランは激安だったので、料理がちょっと…


(;一_一)


…てな感じでした。


まあ仕方ないか。







DSC00589_R
鉄娘は『とんこつ』が気に入ったようです!(^^)!  (T)













FILE44247552_R
やっぱり鉄チャン向きな部屋…(*^^)v   (T)



バルブで光跡撮ったのなんて何年ぶりだろ(^v^)
これは山川行きの最終一本前、1363Dです。













部屋でだんらんの後、温泉好きの鉄娘は婆ちゃんをしきりに誘って入りに行っていました(笑)

ボクも酔っ払いながら温泉~♪


翌朝も早起きして入りました。



そして6:00過ぎにホテルを出発。



またまた西大山駅にやって来ました~!(^^)!



















IMGP1187_R
今日もいい天気だね~  (M)















IMGP1006
さすがに早朝は見物客も居ない…  (T)
















DSC00599_R
何の鐘? (・_・)   (S)

















IMGP1198_R
おやっ!? 今気がついたけどサル君もおったんか~?  (M)
















IMGP1007_R
撮影日和 ♪   (T)









さて、今朝は二本の列車を狙います。



鉄チャン的には一日中撮影していてもヨイんだけどね~

この後、いろいろと予定が詰まっているので二本で我慢(+o+)




この界隈で撮るなら、やはり開聞岳との絡みでしょうね。

昨日も撮ったけど、夕方で逆光。

なかなか雰囲気あって良かったのですが、せっかくなのでベタ順のも撮りたい!




今朝の開聞岳は朝陽を浴びてくっきりと姿を見せていました。

頂上に雲がかかっているのがちょっと…











IMGP1008_R
ここで待ちます。  (T)





まりっぺとサル君は線路際で。




おやおや?
雲が山の手前に来てしまい、開聞岳が陰になっているぢゃないの(--〆)






先ずは枕崎発鹿児島中央行の1328Dです。





↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 









さあ!










来たよ~!










↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 













IMGP1218_R
\(^o^)/   (M)







鉄娘まりっぺ、キメましたね~
バッチリ!











↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 













IMGP1012_R
(^.^)/~~~   (T)






ボクも無難にキメました!(^^)!
かすかに海が見えてていい感じ!









さて…









↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 














DSC00601_R
(・・?   (S)







サル君…

どないしてん?



サ「なんか~ 撮れなかったんですよぉ~」



う~む…

批評のしようがない…
(--〆)














次は逆方向、指宿発西頴娃行きの5323Dです。

昨日も撮影した陸橋の上に行きました。







IMGP1021_R
スタンバイOK!   (T)




サル君よぉ…
冴えないツラすんなよ~


今度は後追いになるので、タイミングに気をつけてね~








↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 









ほれ来たぞ~!








↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 








しくじるなよ~!







↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 











IMGP1227_R
!(^^)!   (M)





あちゃ~!
陽が陰っちまいました~
ちゃんと捉えたのですが…
いい感じなのに残念!

手前の機器箱?邪魔ですね。
修正で消しちまおうかしら…(@_@)








↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 













IMGP1024_R
(^v^)   (T)






ちょっとアングルを変えるだけで、ずいぶん雰囲気が違いますね。
同じく陽が陰って残念…(+o+)








↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 







さて、お次は問題のサル君…






どないや?







↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 










DSC00617_R
(^O^)/   (S)





なんとかリベンジ!
細かいことは抜きにして、まあ及第点でした。





良く出来ました(^.^)/~~~

ホテルに戻って朝食で~す!








【2013 "We're alive"/つづく】






◆使用機材◆

(M)まりっぺ=PENTAX K-m
(S)サル君=SONY DSC630V
(H)ヘタレ君= *
(Y)ゆかピー= *
(T)つねぴょん=PENTAX K-7
           SONY HDR-UX7






br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →


SummerTour 2013 "We're alive"/12


317d2d5c-s[2]
『いぶたま』楽しかったよ~♪  (M)






指宿駅に到着したのは14:57でした。

予約しておいた駅レンタカー、いつもは通常の乗用車タイプを借りるのですが、今回は大人が二名増えているため(バアちゃん+オバちゃん)7人乗りのミニバンにしました。




駅から走ること5分ちょっと、ホテルに着きました~(*^^)v







DSC00637_R
指宿 ホテルフェニックスです!  (T)





指宿にはたくさんの宿があり、目移りしてしまいます。


ここを選んだ理由は、価格がリーズナブル、砂蒸し温泉もインクルード、全部屋オーシャンビューで、ついでに指宿枕崎線も眺められる!?ということからです(笑)








DSC01115
子供らにはウエルカム"レイ"のプレゼント\(^o^)/  (T)





施設はちょっと古めで、昔よくあった大規模温泉宿の典型スタイル。
しかしスタッフは若い方が多く、礼儀もしっかりしていて好感が持てました。



チェックイン後、鉄娘とボクは直ぐに出発。
レンタカーで西大山駅に行きました。


指宿枕崎線の西大山駅は『日本最南端の駅』として有名です。

実は沖縄県にモノレールが開業した2003年以降、カタく言えば『最南端の駅』ではなくなってしまったのですが…


えっ!?
モノレールかよ?
鉄道じゃないんだから関係ないんじゃね?


という疑問は出ますよね~

(;一_一)






以下、ちょっとややこしくなりますが…(--〆)


法律上の鉄道とは、『鉄道事業法の規定によって運営される鉄道事業及び索道事業』という括りがあって、これが様々な物議をかもしだす元となっています。


鉄道事業には二本のレールを用いる通常の鉄道、その鉄道に接続する事業者単位の専用鉄道、新交通システム、リニアモーターカー、モノレール、ケーブルカー、トロリーバスなど、索道事業にはロープウェイ、リフトなどが含まれます。


つまり…
新幹線も鉄道、リフトも鉄道…という扱いです。

(?_?)



『そんなアホな!』
みたいな感じですよね~





更にややこしくなりますが…(・_・;)

他に『軌道法』という括りがあります。
簡単に言うと路面電車なのですが…(;一_一)



鉄道事業法と軌道法を大雑把に対比すると…

鉄道=原則として道路に敷設してはダメ
軌道=特別な事由が無い限り道路に敷設する

…という違いがあります。



しかし、大阪市営地下鉄の大半は軌道法によって敷設運営されていたり、法律上は鉄道である江ノ電が道路上を走ったり、矛盾する例が多く見られます。

また、軌道法によって敷設された新交通システムやモノレールもあり、もうゴチャゴチャになって訳が判りません。





整理して極論を並べると…


ロープウェイ=鉄道
大阪地下鉄=軌道(鉄道ではない)


…というコトになっちまいます(?_?)


おかしいですよね~






変人ネクラどマニア、カタい鉄チャン、その他のヒトも含め、この件について議論が始まると、も~タイヘン!
とてもじゃありませんが、ボクはお付き合いできません(苦笑)





えっ?

そんな眼の色変えてまで必死に

『モノレールだってトロリーバスだってリフトだって鉄道なんだぞー!』

…なんてコトを言うヒトなんて居ないんじゃないかって?




いやいや (ー_ー)!!

それが居るんですよ~


なので、出来ればそういう方々をあまり刺激したくはないのですが…

(刺激しちゃっている感もある…(・_・;) )




しか~し!

法的な分類がどうなっていたとしても、『トロリーバスも山手線も同じ鉄道だよね~』と本気で言うのは変!(--〆)


てゆーか、そんなコトを真顔で言う奴の半径10m以内に接近したくもない(笑)


それが正直な気持ちです。





ボクら普通の鉄チャンが『鉄道』として認めるのは


◆列車
◆汽車
◆電車


などと称せるものが走る、二本のレールを用いた線路のこと。



なのでモノレールは除外!
(モノレールファンの方には申し訳ないが…)





※注 クレーム等は一切受け付けいたしませんのでご容赦願います<m(__)m>


だいたい鉄チャンって普通じゃないヒトが多いし…









従って『日本最南端の駅』は西大山駅なのですよ…




ちなみに広義的な『駅』というトコロでは『道の駅』は含まれないのかな?







え~



指宿枕崎線の西大山駅は『日本最南端の駅』です。



\(^o^)/








DSC00548_R
西大山駅前。   (T)








ホントは列車で来るのが常道なのですが、撮影も絡んでいるのでレンタカーで来ました。


静かな無人駅。

しかし、時折観光バスやクルマで見物する人たちが現れます。

ボクらもそうですけれど…(・_・;)









DSC00538_R
ホームひとりじめ❤  (T)













DSC01116
旅のノートがありました(^v^)   (T)













IMGP1107_R
開聞岳を望めるのもこの駅の魅力…  (M)












        !












IMGP1091_R
幸せを届ける…(?_?)  (M)






これに反応した鉄娘。

現在の担任、お世話になった先生方に



『暑中お見舞いを出した~い!』



と言いだしました。














DSC00539_R
こんなハガキを買って…  (T)









駅前には物産店みたいなのがあり、そこで便箋、レターセット、ハガキなどが販売されています。

休憩場所の一角をお借りして…












DSC00542_R
書いています…  (T)







書き始めたのはヨイのですが、1352Dの撮影があるので移動しなければなりません。

1352Dは16:55に来ます。

狙う場所は既に下見をしてあり、所要時間も把握していますのでギリギリまでネバって16:35に移動開始。

書きかけのハガキは店の方に事情を伝え、テーブルの上に置いたまま。










そして…
















↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

















↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

















IMGP1124_R
\(^o^)/   (M)






鉄娘まりっぺ!
いいシーンを捉えましたね~
(*^^)v

光線具合、野焼の煙、開聞岳の雲、
すべてが功を奏した感じです。












FILE42863616_R
(^v^)   (T)






意図的に全く違ったアングル、フレーミングで撮りました。
露出の具合でしょうが、同じ条件で撮ったものとは思えない写真になりました。


夕刻の風情、空気感がよく出ている鉄娘に軍配。
父ちゃん敗北~(T_T)/~~~








そしてまた西大山駅に戻り、ハガキ書きの続きを…

次の撮影は17:31の1347Dです。


開聞岳との撮影もいいけれど、せっかくなので『最南端の駅』の標識と一緒に撮ることとし、時間ギリギリまで書き続けました。


それでも最後までは書けずに、列車の時刻が来てしまいました。











FILE42926144_R
一日の乗降客数は40名くらいだとか…  (T)















FILE42983936_R
利用客より『見物客』の方が多いかも…(・_・;)   (T)
















FILE43405952_R
駅開設は昭和35年、西頴娃まで延伸開業した際。   (T)














FILE43906816_R
撮影地のすぐ背面にある西大山踏切は『日本最南端の踏切』。   (T)













IMGP1140_R
運転本数は一日8往復。   (M)












IMGP1157_R
東京駅からの距離は、約1550kmだとか。   (M)









ボクたちは情緒を求めて旅に出ます。



『最果ての旅情』を味わいつつ、『最南端の駅』に来たという達成感と充実を得ることが旅の醍醐味でもあります。


西大山駅って…
クルマでやって来たボクらでさえ、駅の佇まいに身を委ねていると、列車で訪れた旅人の気分にさせられちゃいます。
それだけの雰囲気を持っているんでしょうね~♪


残念ながら、近代的なモノレールの駅では旅情を味わうことは出来ません。



このギャップこそが、『西大山駅は日本最南端の駅』だと主張するこだわりの源となっているのです。





恐らくボクと同感の方は多いはず。

モチロン反対意見の方もおられましょうが、ご理解くだされば幸いです。











DSC00554_R
『幸せ』が届くかな~?  (T)







【SummerTour 2013 "We're alive"/つづく】







◆使用機材◆

(M)まりっぺ=PENTAX K-m
(T)つねぴょん=PENTAX K-7
           SONY DSC630V
            SONY HDR-UX7






br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →

SummerTour 2013 "We're alive"/8


DSC00244_R
山口線不通により益田止まりとなった『スーパーおき1号』です。  (T)





松江で宿泊したホテルでの朝食が悲惨だったため、この日泊まっていた同系列の『グリーンリッチホテル浜田』には期待していました。
まさか、あそこまで最低な内容よりも『下』はないだろうと…(笑)

期待通り、ごく普通の食事でした。
御飯もおかずも美味しくいただきました。
朝食は大切ですよね~

さて、前日とは異なるマトモな朝食を済ませたボクたちは、8:06発の列車に乗ろうと浜田駅へとやってきました。
今日は津和野へ行き、レンタカーで『SLやまぐち号』の撮影、及び石見和紙製作体験などを予定しています。
朝の天気予報によると、山口県に大雨注意報が出ているようで、撮影がチト心配です。





………




(・_・;)





………





えっ?






(?_?)






浜田駅改札口に来てみてビックリ!





………





大雨により山口線は全線で運転を見合わせております。

このため『スーパーおき1号』は益田行きに変更します。





………





((+_+))





どっひゃぁ~~~

やまぐち号はどないなるねん~~~(?_?)







駅員さんに時刻表を借り、秒速5万回転でアタマを動かして対策を考えます。
と言っても、山陰本線か山陰本線~美祢線しかないんですけれど…(苦笑)



『駅前から広島までのバスが出ますよ~』
と促され、そちらのルートを選択した人もいましたが、ボクらは基本的にバスが好きではないので、とりあえずは予定通り『スーパーおき1号』に乗って出発することにしました。



予定では津和野までの乗車なので、特急券を益田までに変更。
益田に到着した後、その先の行程を決めることにしました。




キハ187系は今日も鋭い走りを見せ、時折強く降る雨を突いて益田駅に定刻に到着。
早速駅員さんに事情を説明し、今後のことも含めて相談しました。







結論としては…




津和野周辺は豪雨で避難している世帯もある

山口線は運行再開の見込みなし

もちろん『SLやまぐち号』も運休





…ということで、ルート変更を余儀なくされることとなりました。

津和野までで良ければタクシーで送る…とも言われましたが、そんな状況の山間に行くのもねぇ…シゴナナも来ないんだし…、ということでお断りしました。





ボクらの切符は東海道~山陽~伯備~山陰~山口~山陽~鹿児島~ という経路で、オマケにレール&レンタカー適用も絡んでいるため変更の手続きがかなり複雑なはずです。

しかし、乗車券の経路は駅員さんの計らいで変更なしのまま、途中で何かあった場合には『山口線不通のため、益田駅にて当該乗車券のまま進んでよい』と伝えれば大丈夫だと案内されました。



このように融通の利く駅員さんはありがたいです。
さっき尋ねたH田駅のヒトは
『一旦払い戻して買い直すしかない』の一点張りでしたから…(?_?)
災害で不通の場合は特例もありますからねぇ…






DSC00245_R
ルート変更ですよ~(+_+)  (T)






と言う訳で、残念ながら久し振りのC57 1との再会は果たせませんでしたが、気分を変えて山陰本線経由で先へ進むことにしました。

意外と時間を要し、下関到着は16時半過ぎになる模様。

東萩で乗り換え時間があるので、その間町を物色すれば良いね~

考えようによっては、まあ、こんな旅も楽しかろう…と。


ってな思いで乗った9:15発、東萩行き列車。
キハ47二連で定刻に発車。





しか~し!



益田駅から僅か1km、高津川橋梁を渡り終えた地点で停止。
ワンマンカーなので運転士が案内放送を…


この先雨が強く降っている箇所があり、暫く運転を見合わせます…



(・_・;)



その後の放送では、線路の点検をした後に発車となる予定、その点検を終えるには二時間を要する、ということが判明。
車内は騒然とし…


………



いや…

全部で10人くらいしか乗っていないので静かなもんでしたが…(゜-゜)






DSC00246_R
最後部車両から益田方面を望む。高架橋上で停車中…  (T)









DSC00247_R
この風景を何分間見たのか…?  (T)







当初列車は橋梁の先の高架橋部分に停車していたため、200m程移動。
それからは本当に二時間くらい停まったままでした。

その間、ボクはJR西日本に電話で相談、加えて運転士さんに様々な事情を伝えて米子司令室からの方針決定を待っていました。





DSC00249_R
二時間カンヅメ状態(;一_一)  (T)







そして決まったことは…




この列車は隣の戸田小浜駅まで徐行で進み、その先の運転は指令待ちとなる。

先を急ぐ乗客は代行タクシーにて救済する





…とのことでした。







やがて二時間ぶりに発車。
最徐行でノロノロと進み、戸田小浜駅に到着したのは11:50頃でした。
駅間9.8km、通常なら所要時間10分のところを155分かかったというコトですな…

(--〆)




DSC05719_R
戸田小浜は静かな無人駅でした。  (S)







IMGP0699_R
駅前にタクシーが待機…  (T)







IMGP0702
雨脚が強い…  (T)








IMGP0707_R
妙な光景ですが…(・_・;)





代行タクシーは確認しただけで二台。
一台は東萩まで、そしてもう一台はボクらで長門市まで、その旨を気動車運転士さんがタクシー運転士さんに引き継いでいました。



戸田小浜~長門市間は約80kmで、タクシーだと二時間から二時間半かかるそうです。
列車の旅なら何時間でもOKなボクたちですが、さすがにタクシー二時間はキツいなぁ…
そんなボヤキも出つつ、泣く泣く出発と相成りました。






酷い土砂降り。


そんな中をタクシーは二台続けて疾走します。
ハイドロプレーニング現象が懸念される路面状況、なのに速度をあまり落とさず走り続けていたので、やや不安がよぎりました。

特にトンネル出口の土砂降りにノーブレーキで飛び出たのには閉口。
一瞬、悪い運転手に当たったかも…との思いがよぎり…




山からの水路が氾濫し、滝のような状態となって道路が冠水している地点がありました。
そこはタイヤの半径くらいの冠水でしたから、難なく通過出来たのですが。



次の冠水地点。
ここはかなり深そうで、前を走っていた東萩行き車両は突入を避けて右側の空き地に車を入れ、引き返そうとしていた様子。
それを横目にボクらを乗せたタクシーは…





『行けんか? いや…』


と言いながら突入する運転手。





確かに、さっきの冠水箇所は難なく通れたけど、ここはチト厳しそう…

一瞬目に入った側方歩道の柵と水面から察するに、水深はそこそこあるかと思われ、自分が運転している立場なら一旦下車して確認するなぁ…と…






………





ゴボゴボゴボ…






(・_・;)






………






停まった…





((+_+))





エンストの寸前、このヘボ運転手が無謀にもギヤチェンジしていたのをボクは見逃さなかったぞ~!

ヒール&トゥなんかやれる奴じゃないし、アクセル離せば水吸うのは常識(--〆)




さあ、どうする!

どうしてくれる?!


おうおう!運ちゃんよぉ

アンタがハメたんだろー




しかし運転手は電話で『ダメだ~はまっちまったよ~』なんてヘラヘラ喋ってる…

<(`^´)>



車内には水が入ってきました。

ガキらはパニック状態。
車両は水深約80cmくらいの所で停止、いや半ば浮かんでいるような感じ。

困ったことに、道路のすぐ横には歩道を隔てて川の濁流が恐ろしい様相を呈しており、今にも氾濫しそうな勢いに恐怖を覚えました。
水面と堤防はほぼギリギリで、時折波の勢いで道路側に水があふれてきています。



車内に進入した泥水は見る見るうちに水面が上がり、遂には座席の上にまで達しました。
この間、恐らく約1分だと思いますが。


とにかく氾濫しそうな濁流が気になります。
雨は土砂降り、水かさが増して道路まで濁流が押し寄せてきたら…
と、想像すると正直今まで感じたことのない恐怖感に襲われました。





このままだとヤバい…




そう思った瞬間に脱出行動を開始。

助手席に居たボクは、カメラバックを水没させぬよう抱えて窓から外に出て、一旦ボンネット上に立ち、屋根を伝って運転席側へ。
水深を確かめながら着水。
腰くらいまで水に浸かりました。
カメラバッグを胸に抱え、柵をよじ登って歩道に立つと太ももくらいの水深でした。




この水深ならガキらでも大丈夫かも…
と思い、少し先の高い位置にある木の下に置き、急いでタクシーまで戻り、窓からガキらをひとりずつ救出し、担いで歩道へ連れてゆきました。

カミさんは自力で脱出。





DSC00255_R
ガキらに避難指示を与えるカミさん(・_・;)  (T)
濁流と土砂降りの轟音で、叫んでも聞こえないくらい…
左端に氾濫寸前の川が確認できます。





道の進行方向は緩やかな坂になっており、200mくらい先は路面が露出していました。
ガキらには道の脇の柵や木を伝って水の無い所まで行くよう指示。

一番背の低いサル君は、所によって胸くらいまで浸かる箇所もありました。
川は相変わらず不気味な雰囲気です…







DSC00256_R
橋が飲み込まれそう…(・_・;)  (T)






最大、最悪のピンチ!


運命や如何に~!






【SummerTour 2013 "We're alive"/つづく】






◆使用機材◆

(M)まりっぺ=PENTAX K-m
(S)サル君=SONY DSC-WX1
(H)ヘタレ君=SONY DSC-W110
(Y)ゆかピー=SONY DSC630PC
(T)つねぴょん=PENTAX K-7
           SONY DSC630V
            SONY HDR-UX7






br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →



I WISH /5

img147
昭和50年元旦の『初詣香取鹿島』です。 佐倉駅にて





春の風景を撮影に行った小湊鉄道、いすみ鉄道で『懐かしの気動車』を堪能しました。
昔の姿のまま運行を続けることの素晴らしさ、これは日本の保存鉄道を考える時に最も欠如している部分だと思います。
いすみ、小湊共に頑張っていますね。

みんしあ夷隅2013にも参加したし、なんだか千葉の気動車が懐かしくなって昔のネガをスキャンしています。
…てゆーか、最近はホームページばかりに関わっていて、こちらのブログが疎かになっているのですが…(・_・)

カラーネガの変退色、劣化が激しいことは以前にもお知らせいたしました。
千葉局の気動車晩年期に撮影したネガも例外ではなく、数年前にラボでプリントを依頼した際も、その衝撃的な仕上がりに閉口しまくりで…(T_T)/~~~

しかし、最近のスキャナーと修正ソフトのおかげで蘇った画像も!
諦めていた画像が再び見られる状態になるって嬉しいものです。
冒頭の『初詣香取鹿島』もプリントでは見られたものではありませんでしたが、ご覧の通り辛うじて見るに耐える画像となりました。






img409_R
木原線のキハ35+キハ17です。/昭和51年撮影









img415_R
上総中野駅で並んだ小湊鉄道のキハ200。/昭和51年撮影





木原線にはたった一度だけ撮影に行っていました。
それは昭和51年9月のこと。
現在大人気のいすみ鉄道ですが、当時は撮影するヒトなど居ませんでした。
小湊鉄道も同様です。
このモノクロ写真はマミヤM645で撮影したセミ版です。
ネガの劣化は然程でもないので、修正をしていない状態です。
この日、大多喜で撮影した写真にキハ30 62が写っていました。
いすみ鉄道の国吉駅に留置されている車両ですね。
木原線時代の姿が偶然記録されていました。
その様子はいずれホームページに掲載いたします。

http://tsunechan.web.fc2.com/




最後の写真は昭和50年2月に撮影したもの。
早朝の総武本線、物井付近です。
キユニ、キハ20?、キハ35、キハ58など、雑多な編成が夜明けの路を駆けています。
冬枯れの田圃には霜が降りていて寒そうでしょ?
この写真は劣化、カビ、変退色が顕著だったのですが、なんとかかんとか見られるものに復元できました。




img359_R
総武本線・物井/昭和50年撮影





千葉の気動車が去って38年も経つんですね。
ちょっとビックリ…
(・_・)





(つづく)







br_decobanner_20100912152839
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  ← よろしければクリックお願いいたします m(__)m →












記事検索
ギャラリー
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
  • 2016 みんなでしあわせになるまつり in 夷隅
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ