パパ奮闘記!!

主に自分の趣味がほとんどですが、妻とチビザウルス二人も一緒に楽しく生活している日記を書いていこうと思います。


いや~ブログを続けるって本当に大変なことなんですね~・・・( ̄Д ̄;;

ということで~かなり久しぶりの日記になります。

ブログのネタは結構あっても、書く気力って維持するのは難しいんですよね・・・

言い訳はここまでにして~


今回は~パパとチビザウルス1号、2号の3人でお出掛けです

KIMG0323


いつものようにこの時点ではやる気満々です

まずは~埼玉の東松山というところでの化石発掘体験です。


KIMG0325

ここは施設もしっかりしていて、1500万年前のサメの歯が採れるお気に入りのところです。


今回は、1号くんが付き添いではなく、自分だけで発掘するということで、独立デビューです

KIMG0328

一人一人に「ふるい」「スコップ」が渡され、崩してある土砂から発掘します。

2号くんはパパの助手として参加します。

そして化石の講習が始まり~いざ発掘開始です。

・・・・

いつものように始まってすぐには何も出ないので・・・ってか周りでは発見報告が・・・・

気持ちは焦りながらも、自分の発掘で2号くんのフォローと、1号くんのフォロー・・・

いや~焦ります

そして頑張っていると~怪しいもの発見

発見すると、周りにいる先生に鑑定してもらい、袋に小分けして入れてもらえます。

最初の発掘品を鑑定してもらうと、「巻貝の先端の化石」発見

って地味ですが、2号くんは大喜びなので、とりあえずは結果は残せました

そして~1号くんのフォロー・・・・なかなか見つかりません・・・

自分のほうと同時に頑張っていると~パパのほうに「ウニのトゲ化石」発見

いや~地味ですよ普通に地味でしょうけど、これが1500万年前の化石となるとテンションが上がるんです

そんなこんなしてると、「ん?」・・・・

「ん???」

なぞの塊が・・・・

付着してる土や砂を取り除くと・・・なにやら怪しげな形のものが・・・

すぐに近くにいた先生に聞いてみると~悩みながら他の先生の所へ・・・

そして戻ってきて、「石ですね」 (TДT)ダァー

そしてバケツへポイッと・・・

その次の瞬間違う先生が来て、バケツの中の塊を拾い、「これは骨だよ」

(☆゚∀゚)キラーン♪

また調べに行ったりして戻ってくると、「イルカの耳骨化石」と判明

KIMG0339

2号くんもテンションマックス

ただ、すごく貴重な化石なので持ち帰りは出来ないと・・・

それでも記念撮影と記念品は差し上げますとのことで~

KIMG0337

もしかしたらホームページに載るかも

そんなゴタゴタがあった間に~1号くんはしっかり「サメの歯化石」「ウニのトゲ化石」を発見!!

とりあえずは一安心です。

その後もパパも「サメの歯化石」を発見し~結構な数の発掘が出来ました

KIMG0333

右上のケース入りの化石は貴重な化石の代わりの記念品の「サメの歯化石」です。

90分間の発掘体験でしたが、満足な時間を過ごせました。


化石発掘も終わり~次は~1号くんのスタンプ集めで関越道の高坂SAへ~

ここはウルトラマンがいて~ここでもチビザウルス達はテンションアゲアゲです。


KIMG0335


ん~同じシュワッチポーズを要求したんだけど・・・二人とも反対の手って・・・兄弟なんですかね・・・

そして足早に次のプランへ~

すぐ近くの埼玉県こども動物自然公園へ~

DSCN4625

天気がいいし、暖かいということで~今朝からパパも張り切っておにぎり握って来たので~

ちょうどお昼で、ベンチでお弁当タイム~

おにぎりを食べ始めて2号がひとこと・・・・

「おにぎりはママに作ってもらえばよかったのに・・・」

(゚∇゚ ;)エッ!?

おにぎりの味付けに失敗なんてある!?

あったようです・・・

1号くんも微妙で・・・残してます・・・

パパも食べて・・・ふりかけはかかっているのに、白飯かよって感じだし、握りすぎでつぶれて・・・

これ以上は許してください(/TДT)/

まぁ・・・動物を見に行って盛り上がろう

ここはコアラなどもいて、見どころ満載の動物園です。

ですが~広いんです

かなり歩くんですよね~

それでも頑張ってあるいて~恐竜のオブジェがあるエリアで一休み~

DSCN4628


ん~画像からも疲れた家族感がにじみ出てます

そんなこんなで動物園も満喫し~無事に帰路に着きました。


パパはぐったり疲れましたが~とても楽しい一日を過ごすことが出来ました。

化石発掘はお勧めなので、皆さんもぜひ参加してみてください



 


かなり久しぶりの日記になってしまいました・・・頑張って続けていかないと・・・

ってことで自転車イベントの~

ツール・ド・NIKKO2017に参加してきました 

今までは一番短い47キロに参加していましたが、今回は距離を伸ばして70キロにエントリー

ってことで頑張ってきました

今回は大会までに少しは練習して・・・臨みました。


大会前日の夜に道の駅 日光に到着し、車中泊してから当日に会場へ向かいました。

本当は家で寝て、朝早く出発する予定でしたが・・・嫁からの早く行けオーラが・・・・

ということで車中泊してから会場入りしました。

現地に到着して車から自転車を下ろして準備完了!

KIMG0231


今回、初めて荷物を背負わないように、自転車にバッグを取り付けてみました。

見た目が・・・なんてことよりも機能性重視ってことで~


会場に到着すると~すでにたくさんのサイクリストの人たちがいっぱいいました。

もうみんな本気を感じる人たちばかりで・・・自分の素人丸出しの格好が浮いてるようで・・・

それでも気合を入れて走ります

参加者は全部で2000人それだけのサイクリスト達とスタッフの方々で大盛り上がりの会場です。

自分もテンション上がってきて、スタートが待ち遠しいくらいでした。

そしてスタート

KIMG0232


100キロコースの人たちから順番にスタートしていくので、自分がスタートするのはスタート開始から1時間後くらいでした。

KIMG0234


走り出してすぐに杉並木を通り、そして鬼怒川方面へ~

途中の眺めのいいところで記念撮影

KIMG0235


とても気持ちのいいところでした。

そんなこんなで70キロ完走

長い距離でしたが、楽しく走れてあっという言う間にゴールしてしまいました。

エイドステーションでも補給食というよりは”おやつ”がいっぱい出て、走る前よりも太ったかも・・・


ツール・ド・NIKKOには何回か出ていますが、参加するたびに楽しくなっていくので、また来年も参加したいと思います




先日の日曜日、チビザウルス1号にどこに遊びに行きたいかと聞くと~

「ロケットが好きだから、ロケットが見たい!!」

初耳ですが!?( ゚д゚)クワッ

本人曰く

「ロケット好きだから、この前ロケットの絵を描いたりしてたんだ!」

そんなこと聞いたことなかった・・・


と、いうことで~急遽!JAXA筑波宇宙センターへ行くことにしました。

ここは前から行ってみたいと思っていたところで、自分も楽しみでした

そして到着~



門を入ると、警備員の人に見学か聞かれ、そのまま駐車場へ。

ここは、予約無しで見学できるエリアと、予約して解説してもらいながら見学できるエリアがあります。

もちろん思い付きで行動する我が家は、予約なんてしていませんが、予約するとなると一か月くらい前から予約しないと定員になってしまうようです。

なので駐車場は結構混んでます。

この時点で1号くんはウキウキモードです

2号くんはよくわからなくてもノリノリモードです


いよいよ見学です

DSC_0040

ここが無料で見学の出来る展示館「スペースドーム」です。

とにかく入ってみようということで、入ってみると~

すげ~~~~Σヾ( ̄0 ̄;ノ

第一印象はこの一言に尽きます

その内部は~

DSC_0036


DSC_0035



DSC_0039

日本の実験棟「きぼう」の実物大

DSC_0037

「きぼう」の中にも入れるんです

とにかく実物大の人工衛星などもあり、大迫力です

それぞれに解説員の方もいて、しっかりと説明してくれます。

チビザウルス達は説明を聞くほどの落ち着きは持ち合わせていませんので、早々に退場します

そして、隣にある宇宙関連グッズなどが売っているミュージアムショップを覗き~

外に展示してあるロケットの実機を見て大満足です

筑波宇宙センターを満喫して、次に向かったのは~

DSC_0041

ここは霞ケ浦のすぐ近くにある、焼き芋のお店です。

ここのサツマイモがお気に入りで、ここでやっているサツマイモ詰め放題が目当てで行ってきました。

一袋なんと100円

小さかったり、細かったりのサツマイモばかりですが、ウチは小さいほうが扱いやすいので、お気に入りです

今回は二袋分詰め放題をやってきて、大量に持ち帰れました写真は忘れました・・・

そして帰ってからさつまいの調理です

ウチにはイージースモーカーというものがあって、燻製が作れるのですが、その器具で石焼き芋も作れるので重宝しています。

このサツマイモは蜜がいっぱいなので、普通の料理よりも石焼き芋で食べるのが最高なんです

DSC_0042

まるでスイーツでも食べているかのようなサツマイモでした


ほぼ半日でのお出かけでしたが~とても楽しい一日を過ごすことが出来ました。


 

↑このページのトップヘ