seminar1 本日14時から 、ヒューリック浅草ビル3Fで「前立腺がんセミナー 患者・家族の集い 2015東京」が開催されました。参加者は、83名とのこと。
 普通は、せっかく申し込んでもその日の都合とかでキャンセルされる方が多いとのことですが、今日の会合はほぼ申し込んだ皆さんが来ていただいたとのこと。関心というか、自分の問題として優先順位の上の方に位置付けた方が多かったのかと思います。ご家族でおいでになっている参加者の方も、また多かったように思います。

 集いは、赤倉先生の講演から始まりました。赤倉先生のお話は、自分の体験談のテーマとも重なる部分が多かったので、自分は本当に良い勉強をさせてもらったと思っています。
seminnerasakusa(赤倉先生には、集いの終了後、ロビーにて、スライド11枚目の「がん療法と薬物療法のイメージ」のがん細胞の分類は、なかなかよくできているとお褒めの言葉も頂戴いたしました。この1枚を作るのに勉強もし結構時間を要したので、報われた気持ちと同時に自分の理解が的外れではないなと確信することができました。)

 休憩の後、摘出手術の横山さん、IMRTの石原さん、そして薬物療法の自分と患者の体験談が続きました。
 どうしても、時間が押し気味になるので、自分は少し焦って、何点か大事なところをスキップしてしまいましたが、12枚のスライドは読んでもらえるとわかるように作ったつもりなので、なんとかわかっていただけた気がします。一気にまくしたてたような気もするのですが、またそれも自分の「クセ」ですので、ご勘弁を。
GroupPhoto このような機会を設けてくださった、ヒゲの父さん(武内さん)、腺友クラブ事務局長の鈴木さん、司会進行をしていただいたToshikoさん、ありがとうございます。何気ないところに気配りいただき、大変楽な気持ちでお話ができました。
 また集いの終了時に、ブログでコメントをいただいている方々、またコメントはしてないがブログをご覧いただいている方から、直に会ってご挨拶やらお話をできたことを、大変嬉しく思っております。 今後もよろしくお願いします。

体験談に使用したスライドはこちらになります。開いたらクリックすると少し大きくなり見やすくなります。ちょっと苦労して作ったのでよろしければご活用ください。出典元(角さんのBLOG - Final Stage - より)さえ書いていただければ著作権フリーです。)