9月の末ごろに、天然酵母のこだわりパンやさん「パン工房プロンジェリー”風の杜”」で、朝食のパンを買い求めるようになってから、市販のパンもさらに食品添加物満載のソーセージ・ベーコン・ハムも買わなくなりました。
 高タンパク源としてお肉は必要なので食べますが、焼肉などはこの2〜3年間ほとんど食べていません。もっぱらお肉の脂を考慮してしゃぶしゃぶで食べるようにしています。だけどパスタなども食べたいのですが、ベーコンなどの食材が必要です。

 そこで、 市販の加工食材を買わないで済むように、燻製作りを始めました。amazonでいろいろ調べて、「燻製器スーパーいぶすくん(尾上製作所)」というのを買い求め、ネットの記事を読みながら見よう見まねで作ってみました。
ibusu1 ibusu2 ibusu3 ibusu4 




  カセットコンロを熱源に使うのでその上に燻製機をのせます。桜のスモークチップをお肉の量に応じて入れ、カセットコンロに火をつけます。ある温度になると、桜のスモークチップが燻り始め燻製っぽい匂いが立ち込めます。あとは、具材に必要な時間カセットコンロから熱を送り、頃合いを見計らって火を止め、全体が冷めるのを待ってできた燻製を取り出すだけです。写真くらいのお肉の量なら30〜40分もあれば出来てしまいます。

 お肉の下ごしらえですが。豚肉のバラ肉ブロックは脂が多いので、自分はロース肉のブロックを適当な大きさに切って、バジルなどの香草と塩(マジック・ソルトなんかもいいいかもしれません)をまぶしてペーパータオルに包み、最低1日ぐらい冷蔵庫で寝かせます。 そして燻製器に入れる時、うっすらオリーブオイルを塗って、燻製にします。鶏のささみもやってみました。

 まだ2回しかやっていませんが、だんだんコツがつかめてきました。具材もいろいろ試していたいと思います。結構簡単で楽しいですよ〜 。
 コツは、すぐスモークチップを入れず10分くらい熱して、それから若干少なめと思われるくらいのスモークチップを入れることかなと思います。