来週の大腸がんの検査・手術の前にと思って今までの経過をまとめてみました。
PSA522
 まあ、いろいろなことがありました。
 仕事をしていたときにがんに罹患したのを知ったものですから、ほぼ1年半は仕事を続けながら、がんの治療をしていました。やはりそのときは、がんの治療に仕事を割いて時間を作り、がんの治療をするということができず、なんとか「いなしていた」と思います。でもそれが、結局がんの悪化につながっていったのです。

 仕事を辞め、イクスタンジが発売される頃からはPSA は安定してきましたが、もうこの前あたりから画像検査を定期的に行うことが必要だったんですね。

 がんは、不可逆的で一度悪化すると現在の医学では、元に戻すというのはほとんど不可能です。ですので「増悪する前に手を打つ」ことが大事なんですが、なかなかそう行きませんね。

 今、やっと転移の問題でそういうことがやれつつあるのですが、転移はまたがんの原発巣の治療とは違った側面を持っているので、結構大変です。自分をなんとかうけいれてくれ対処していただける病院をみつけましたので、やれることはやってみようというのが自分の今のがんに向かう姿勢です。
以下、今後のわかっている予定です。
  24日 MRI 
  26日 大腸内視鏡 + 消化管透視(注腸)
  30日  病変・病状・手術について説明
 手術も、6月のできるだけ早い日になんとかと言っていただいております。