2005年05月29日

国生裕子(p)qualtet 5/29

050530_0007~001.jpg

  

Posted by tsunoken555 at 23:26Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月22日

新しい出会いに感謝

お客さまより嬉しいメール頂きました。

昨夜は、感動的な瞬間(演奏者全員の表現の一致により生まれる得体のしれぬカッコよさをミュージシャン本人とリスナーが同時に感じる満足感と幸福感)が沢山発生した演奏をお聴かせ下さりありがとうございました。

KYさんまた聴きに来てね。益々精進いたします!ツノ犬拝
  
Posted by tsunoken555 at 11:22Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月20日

昭和記念公園で遊ぼう!

050517_1524~001.jpg写真は曇のドームという巨大で丈夫な風船のトランポリン。ちょー楽しい!ワンも子供に還ってワォーン!ほかにも虹のハンモックや龍の国、岩登り、ボート遊び、水遊びの広場も開いてたワォーン!季節の花も美しく、明日はみんなで遊ぼうワォーン!
  
Posted by tsunoken555 at 09:59Comments(1)TrackBack(0)

2005年05月19日

子供とワォーン!

050519_1118~001.jpg  八王子の某保育園にて。近所の若いお母さんと子供たちの集う月に一度の催しだわん。唄って叩いておしゃべりして、繋がりの作りにくいわん達の暮らしに仲良くなるチャンスを作るわん!
 わんのやったお名前チャチャチャゲームは盛り上がった!けど、こどもの達の口癖で作曲するゲームはおもいっきり引かれてしまったわーん。今度はしっかりおかーさんの宿題にしてやるわん!
写真は尊敬する天性の保育師えんちょうパパ。
  
Posted by tsunoken555 at 12:00Comments(2)TrackBack(0)

2005年05月13日

FUSE。13日の金曜日

050514_0232~001.jpg 13日の金曜日に何か不吉なことを体験した人っています?
わんはじぇんじぇん実感が無いわんね。そう思って調べてみるとまったく逆の事実が判明したわん。時はキリスト以前の時代。人々は自然と寄り添って月の動きと共に生きてきたにゃー。一月は7×4の28日。すると13日はいつも2週目の金曜日だったにゃー。一日の朔から始まってこの日は満月直前。月の中でも最も生命力漲る活動的な美と喜びの日だったにゃー。それがにゃんで不吉の日にされてしまったのかにゃ?なにかおおきな秘密があるに違いないにゃー。にゃにゃ? というわけで、今宵も不吉とは無縁のすんばらしー演奏であったのわん!
 バンドの名はFUSE。リーダーの井上淑彦氏(テナー&ソプラノサックス)が6年前、長いブランクから脱出しメンバーを選びその音楽性を活かす楽曲を全曲書き下ろしてスタートしたバンドだわん。いちメンバーとして、これ以上ないほど光栄なことだったわん!
 それからライブを重ねCDも2枚出てるけど、次々に書かれる井上氏の極美、斬新、豪放、詩情と多面的な楽曲を、ベース坂井紅介氏とピアノ田中信正氏と共に驚き味わい楽しみ進化成長させて当に今、ここにひとつの最高のジャズサウンドの姿を表現しているバンドと自信を持って言えるのだわーん!さて、今夜の曲順は、

1 I Kin Ye
2 Birth of life
3 芳ヶ平
4 Breathe in-out
休憩
5 Witchi-tai-to(Jim Pepper)
6 Grasshopper
7 Fireworks
8 North rider
アンコール Gratitude

5以外は井上氏の作曲。うーん一曲一曲何が起きたか解説したみたいがまたいつか時間みてやるかにゃ。リクエストでもあれば頑張るワン!
写真は中央が井上氏、右が坂井氏。今宵の会場野毛ドルフィーそばの台湾屋さんにて。  
Posted by tsunoken555 at 23:59Comments(3)TrackBack(0)

2005年05月12日

金剛さんはボランティア

050512_1747~001.jpg今日は看護の日。ナイチンゲールのお誕生日だわん。
場所はある横浜の大病院。ニ階メインの受付のある大きなホール。今日の座長、さっくすの金剛氏が七年前癌から生還なされた場所なのだ。

病院長挨拶、座長のお話に続き、座長、ぴあの林あけみ女史、ワンの三人で、

上を向いて歩こう。
ハウルの動く城のテーマ。
時の流れに身をまかせ。
川の流れのように、と演奏。
ワンの親友で整体の名人、長谷川浄潤氏の美しいピアノソロ。
金剛氏の一番弟子、明日音大入学のため渡米する藤原純平くんのサックスソロ(バッハの無伴奏チェロ曲)から師匠と林女史が加わり、
少年時代。
ワンのソロで笑わせて、
竹内直氏のサックスと林女史が加わり、
WHAT A WONDERFULL WORLD。
最後にみんなで、七つの子。

百人以上の患者さん。沢山の点滴ばしら。
今日をのがせば一生生演奏聴かないだろう人もいる、と金剛氏。
毎年、涙する人、症状の良くなる人もいますけど先ほどの脳障害のお年寄りは、おはよう!と何度も声掛けしてやっと小声が返るぐらい感情表現が少なくて、普段は手を前で合わせたきり動かせないような方なんですが、演奏が始まると微かに頭を揺らし始めたんです。そして、疲れたなら帰りましょうと言う看護師にしっかりと首を横に振り、最後の七つの子では大きく手拍子をなさったんです。わたし思わず鳥肌がたって病院長を呼びに行きました。明日からのリハビリにきっと劇的な変化がありますよ!と看護婦長(写真の方です)。ハゥワンッダフォー!皆様、得がたい経験を有難う御座居ました。
七つの子はおうちへ帰るテーマソング。病気をやっつけてはやく病院なんておさらばしましょという座長のおこころメッセージなのでした。  
Posted by tsunoken555 at 02:27Comments(4)TrackBack(0)

2005年05月08日

ためしに

040927_1433~001.jpgどう?これは品川水族館でみつけた浮世絵。
江戸湾に巨大鯨が現れ潮と一緒に金銀財宝を噴出したというニュース性の高い図柄。
ワンは江戸錦絵が大好きで収集しているわん。
その最高に発達した木版多重刷りの技と江戸人の想像力、身体能力や精神性の高さを凝縮して魅せる一枚の絵を手に取るとき、ワンのココロは震えるわお〜ん!
ワンのコレクション、一緒に鑑賞しませんか?
  
Posted by tsunoken555 at 17:15Comments(1)TrackBack(0)