私の周辺での事象を考察または生活のデジタル化推進

 since2000/8/11(homepage)
 since2006/3/21(旧blog)
 2009/12/19タイトル変更
 since2016/12/13(livedoor blog)
旧ブログ(徒然なるままにデジタる日記:http://kuni-blog.cocolog-nifty.com/trendleader/)から移行中です。

OLYMPUS ZD300mmF2.8 レンズキャップ考察

OLYMPUS ZD300mm F2.8を手に入れたわけですが。
P7020006

一般的なレンズキャップではなく、布のようなものを巻いているのがレンズキャップ(LC-140)です。
最初開けたときに、あれっ。キャップ付いてない!欠品か?と思いましたが取説読んで知りました・・・。

クッション性があるので、安心といえば安心ですが、カメラバッグに入れて持ち歩くとしたら、できるだけ小さくしたい。

フィルター径は112mm。
取りあえず保護フィルターは買いました。


で、一般的なばね式プラスチックのレンズキャップは無いものか・・・と検索してみるも、112mm径は存在しない模様。

さらに検索していると、ねじ式の金属キャップがあることを発見。
日本にはないけど、アメリカのAmazonでは売っている

アメリカAmazonのアカウント持っているので、カートに入れて注文しようとしたところ。

「この住所には送れません。」というようなメッセージが出て、注文ができませんでした。

う~む。

日本では取り扱いが無いようだし、どうするか。

セカイモンというサイトがありまして、そこの中で、売っているのが検索で引っかかりました。
どうやら海外のオークションを代行で落札、発送してくれるサービスの様です。

アメリカのamazonだと$17.99、セカイモンだと諸々手数料送料込みで、2846円。

まあしょうがないですかね。

で、注文したのが、6/17。ポストに入っていたのに気が付いたのが7/2。昨日投函されたのかと思います。

比較写真。
(撮影はOLYMPUS OM-D E-M1 + 12-40mmF2.8PROで深度合成)

デフォルトのキャップ。
P7020083

キャップなし。(保護フィルターは装着済)
P7020074

で、金属キャップを装着。
P7020065

ふむふむ。
外形で数センチ違いますかね。

というわけで、活躍の場が訪れるか?

関連過去記事
OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + ZD300mmF2.8のテスト(福島空港)(2017.6.18)
OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + EC-20 + ZD300mmF2.8のテスト(南湖)(2017.6.17)
工場夜景クルーズ撮影 by E-M1 MarkⅡ(2017.3.26)
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII オーナーズBOOK購入。(2017.1.21)
OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + EC-20 + ZD150mmF2 + EE-1のテスト(鳥の撮影②)(2017.1.15)
OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + EC-20 + ZD150mmF2のテスト(鳥の撮影)(2017.1.14)
OM-D E-M1 MarkⅡ + 60mmF2.8マクロのテスト(深度合成)(2017.1.7)
OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + EC-20 + ZD150mmF2のテスト(月の撮影)(2017.1.2)   

OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + ZD300mmF2.8のテスト(福島空港)

サンニッパテスト第2弾。

場所は福島空港見学者デッキから。

使用機材は。
・OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ
・MMF-3
・EC-14/EC-20(最初は使わないで)
・ZD300mmF2.8
・三脚(撮影時は手持ち、合間に置いておくだけ)
・ドットサイト照準器 EE-1

最初はテレコン使わず、300mmで。
待機中の飛行機を撮影。
P6180004
滑走路移動開始。
P6180015
P6180016
P6180027
P6180031
P6180059
離陸。この辺からEE-1で追いかけ。
P6180110
P6180115
P6180124
P6180141
このときは、EE-1での追いかけがうまく行きました。

次。着陸する飛行機。
P6180152
P6180210
P6180217
P6180226
P6180238
テレコンなし300mmだとこれ。
P6180260
EC-14でこれ。
P6180261
EC-20でこれ。ここからEC-20装着。
P6180262
出発の際、パイロットは手を振っているんですね。
P6180300
P6180368
P6180377

離陸開始。
P6180392

この後、EE-1で狙っていたのですが、EC-20を付けた際位置決めを調整し直しており、上下位置がズレてしまいフレームアウト。

飛び立つ姿をEC-20で撮りたかった・・・。

35mm判換算1200mmとなると、EE-1の調整もシビアになるということかな・・・。

また機会があれば試してみたいと思います。

関連過去記事
OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + EC-20 + ZD300mmF2.8のテスト(南湖)(2017.6.17)
工場夜景クルーズ撮影 by E-M1 MarkⅡ(2017.3.26)
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII オーナーズBOOK購入。(2017.1.21)
OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + EC-20 + ZD150mmF2 + EE-1のテスト(鳥の撮影②)(2017.1.15)
OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + EC-20 + ZD150mmF2のテスト(鳥の撮影)(2017.1.14)
OM-D E-M1 MarkⅡ + 60mmF2.8マクロのテスト(深度合成)(2017.1.7)
OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + EC-20 + ZD150mmF2のテスト(月の撮影)(2017.1.2)   

OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + EC-20 + ZD300mmF2.8のテスト(南湖)

新しいレンズを入手したためテストしてみるかと。
F4じゃなくて。F2.8。いわゆるサンニッパ。

場所はいつもの南湖。

使用機材は。
・OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ
・MMF-3
・EC-20
・ZD300mmF2.8(ひょんなことから入手)
・一脚

てことは、35mm判換算で、1200mm!

組み合わせると。
でかい。重い。手持ちで長時間はきついので、一脚装備で。
P6180003

P6170004
P6170023
定点観測ポイントで撮影してみるも、草がぼうぼう。
P6170036
スズメかな?
P6170054
P6170055
P6170056
ハスの花が咲いています。
P6170098
P6170103
この鳥はなんていう鳥?
P6170107
カワラヒワ?
P6170138

手持ち撮影、トリミングなしでこの大きさで撮れると。
P6170140


手振れが怖くてシャッター速度を速めにしていましたが、手振れ補正があるので、もうちょい遅くして感度を下げるようにしたほうが良いのかも。

あとは絞りは開け気味だとピント位置難しいので、もうちょい絞った方が良いか。

何だかんだ頑丈な三脚あった方が良いですかね・・・。

関連過去記事
工場夜景クルーズ撮影 by E-M1 MarkⅡ(2017.3.26)
OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII オーナーズBOOK購入。(2017.1.21)
OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + EC-20 + ZD150mmF2 + EE-1のテスト(鳥の撮影②)(2017.1.15)
OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + EC-20 + ZD150mmF2のテスト(鳥の撮影)(2017.1.14)
OM-D E-M1 MarkⅡ + 60mmF2.8マクロのテスト(深度合成)(2017.1.7)
OM-D E-M1 MarkⅡ + MMF-3 + EC-20 + ZD150mmF2のテスト(月の撮影)(2017.1.2)  
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter プロフィール
ゲーム、車、デジタル機器、音楽、映画等「個人的に」気になる情報をピックアップします。
記事検索
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ