夜明け前に目覚めて、東の空を見ると、明るい星が。

IMG_0918 (1)



これは金星ですよね。(こちらはEOS-RP24-105mmの最大倍率で撮影)


2倍のテレコンバーターを付けたライトバズーカ(100-400 mm)の最大倍率で、APS-CセンサーのEOS-70D(フルサイズ換算で1,200mm相当)で撮って見ると、三日月のような金星が撮れました。

IMG_8787 (1)


調べて見ると、太陽ー金星ー地球の順番に並ぶ”内合”が1月9日だったとのこと。それから9日しか経っていない今日18日は地球から見て、太陽と金星の角度があまり大きくないので、こんな形に見えるのですね。


テレコン買って良かった。