2017年09月20日

売却したスタジオの事務手続き、半年も過ぎています。

IMG_0267

フェレイローラ村のスタジオを米国人に売却したのですが、ゲストハウスと2軒続き、そこで分筆したのですが、その村役場での事務手続きが半年過ぎても終わりません。購入者は毎週のように役場にゆき、早くするよう掛け合っていたのですが、どうも担当者が気分を害したようで、更に長引いているようなのです。担当の弁護士は彼に役場にゆかないよう説得、さて、どのようになるのか、私は館山で静観し、ひたすらスペインゆきを待っているのです。
Click:以前、ご紹介したミツバチの巣です。敷地内には3軒もあるのですが、どれも空き家、いまだミツバチは住もうとはしていません。ただ、ミツバチが分蜂し、新しい家を探すのは5月とのこと、それまではまず、引っ越しはしないといわれています。でも、毎日、この巣箱の前を通るとき、一瞬ですが、入っているかなと、覗き込んでいます。ミツバチたちよ、お住みになってくださいね。

tsurezure_nikki at 06:21|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月19日

サル軍団の到来。

IMG_0266

毎日、イノシシ君たちがやってはきていましたが、長らくサル軍団は姿を見せてはいませんでした。しかし、昨日、秘密基地の傍、数メートルまでやってきて、キャキャと騒いでいました。「こらっ!」と大声で叫ぶと、「なんだおまえいたのか〜」と言ったか否か、すごすごと森のかなに消えてゆきました。まったく、野生動物たちの王国、私はどうにか住まわして頂いているだけの存在なのです。
Click:嬉しいプレゼントを2百メートルほど離れたお隣り、中里さんから頂きました、ニホンミツバチの蜂蜜です。彼は長らくニホンミツバチの養蜂をしているのです。巣の掃除中に何箇所も刺されたり、網でスズメバチと戦ったり、大変なおもいをしながら育てているのです。彼のミツバチ飼育、養蜂経験は十年選手、かなりのプロ、私のところにも巣箱を3個作ってくれていますが、まだすべて空き家、分蜂は5月とのこと、楽しみにしています。中里さんには深く感謝しています、「ありがとう!」なのです。

tsurezure_nikki at 05:57|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月18日

夜半の強風と豪雨、台風一過の朝。

IMG_0243

今は雨はやんでいますが、まだ風は強い、それでも台風18号はどうにか無事に去ってくれたようです。でも、まだ畑は見回っていません、ちょっと心配ですが、どの程度の被害で済んでいるか興味もあります。それに毎日来ているイノシシ君はどうしていたのか、これもまた気になります。嵐のなか、ミミズ捜しをしていたのか、はたまたどこかで静かにしていたのか、野生動物たちがこの天変地異をどうやり過ごしたのか、微妙に心配しています。
Click:どんなに雨が降ろうが、それを喜んでいるのがアシタバ、それに暑ければ暑いほど元気に生育しているのもアシタバです。敷地内には沢山生えているのですが、それが一斉に花を咲かせ始めているのです。やはり南房総の海岸地帯<私のところは海岸から1・4キロ>は伊豆一島と同じ気候風土、アシタバは元気に繁殖しているのです。

tsurezure_nikki at 06:38|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月17日

さて、心配の台風は?

IMG_0246

昨日までの台風の影響は雨のみ、それも畑には慈雨といえますが、これからかなりの降雨と風が予想されます。心配は柑橘類、雨のおかげで果実はどんどん大きくなっています、これで強風が吹けば問題発生は確実、無事にやり過ごせるか、果樹たちと共に祈るのみです。
Click:ホームセンターには良く訪れるのですが、そのたびに園芸コーナーにゆきます。唯一、季節を感じ、和める売り場ですよね。ときどき半額コーナーができ、半分枯れそうな苗木が並びます。なんとか可愛そうな生き物たちを救うべく、植えることのできるものは購入します。それがムラサキシキブでした。でも、強靭な植生ですね、今では秘密基地の入り口に植えられ、大きく育ち、三年目の今年、初めて綺麗な紫の実を沢山付けています。もしかしたら、救われた恩返しなのかもしれません、有難いことです。

tsurezure_nikki at 05:56|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月16日

嵐の前の静けさ。

IMG_0237

この2・3日、晴天が続きました。もう、夏も終わり、貴重な太陽の光でした。沢山のゴーヤはすごい勢いで成長しているし、柑橘類は急に実を大きくしています。そろそろカボスやスダチは使えそうですね。それもこれも秋の陽射し、日照時間がたっぷりだからなのです。毎日、木々を見回っているので、喜んでいる様が伝わってきます、ただ、問題は台風の風と豪雨ですね、無事に週末を乗り越えられれば良いのですが、心配です。でも、これが自然のなりわいとでもいうのでしょうかね。
Click:今年、一番がんばったで賞は2本のキャンベルスアーリー、1本のナイアガラの計3本のブドウたちです。ブドウの生育と蔓の仕立て方はスペインで沢山見ています、フェレイローラの私の庭にもブドウの古木が有り、毎年剪定していました、経験はなににも増した技ですね。秘密基地のテラスは写真のようにどこも葉が茂っっているので、冬にはかなり剪定するつもりです。そして、来年、結実したら間引きをし、袋を被せます、なにしろカラスとヒヨドリにすべて食べられてしまったからです。かなり大胆に剪定するのですが、楽しみにしています。

tsurezure_nikki at 06:27|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月15日

今日にも作品が戻ってきます。

IMG_0313

ようやく阿倍野ハルカス近鉄百貨店での催事が終わり、作品が返却されます。いつものように安房運輸の方々がお持ちくださいます。担当の方は野菜を栽培されているので、毎回畑談義、これが楽しみなのです。同じ趣味の方とは話が弾みますね、この作業は午前中で終了、ホテルに頼まれている絵を午後から描き始めます。
Click:今年も彼岸花が咲き始めていますが、様子が少し変わりました、イノシシ君の悪戯のおかげです。彼らは根菜類、特にヤマイモが大好きで、傾斜地に自生していたものはほとんど掘り起こして食べてしまいます。同じようにサトイモ、ジャガイモは食べるのですが、コンニャク、彼岸花、水仙などは掘り起こしますが、さすがに食べることはしません、彼岸花の球根は放り投げるだけです、ということで埋め戻したものや掘られなかったものだけが咲いているのです。大変な状況のなか、見事な咲きようですね。


tsurezure_nikki at 05:58|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月14日

イノシシ君の狼藉を利用。

IMG_0255

相変わらずイノシシ君が日参、畑を耕し<ミミズ捜し>、苗木を掘り起こしています。毎日、朝一番に植え戻すことをしていますが、一本、ライムの苗木を植えたところの日照時間が短いように思えていたのですが、これを掘り起こした機会に、少しでも太陽が当たる場所に移植しました。移したところも苗木があったのですが、枯れていたのです。さて、どうなるでしょうか、興味を持って活着するか様子を見守ります。
Click:スタジオで催事をするとき、いつも問題になるのが駐車場の少なさです。そこで薪を置いてあったところを整備し、駐車場にしました。さすがに土が柔らかく、タイヤが空回りしそうなので、コンクリートの角板を並べました。かなり重い代物、これだけの数を運ぶのは重労働でした。さすがに疲れるものですね、でも、新たな駐車場が生まれたのですから、嬉しさはひとしおです。

tsurezure_nikki at 06:40|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月13日

無事に阿倍野ハルカス近鉄百貨店の催事が終了しました。

IMG_0229

昨日を持ちまして催事は無事に終了しました。わざわざおこしいただいた友人、知人、それに多くのお客さまには深く御礼申し上げます。お客さまの様子をみていると、やはり女性に人気があったようです。画商の田中さん、山本さん、近鉄百貨店のスタッフの皆さま、本当にありがとうございました。次の催事は東京です、来年の3月、渋谷の東急百貨店になります、そして11月にはいつものように南青山、ギャラリー5610でおこないます、これからも宜しくお願いします。
Click:ようやく柿が色付いてきました、いくつかは食べることもできるようになっています。秋が深まっていますね。問題はカラスとヒヨドリ、筆柿などは肉質が柔らかいので、まず、食べられています。百目柿は硬いのですが、甘くなる突端部分を突いているようです。イチジクに続いて、これからは柿が狙われているようです、でも、イノシシ君は食べられませんね。

tsurezure_nikki at 06:31|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月12日

イノシシ君のいたずらに困惑。

IMG_0236

ほんの3日間、不在にしただけでイノシシ君がいつものミミズ取り、あちこち掘り起こしていました。耕すぐらいはかえって有難いことなのですが、今年植えた梅や柑橘類の苗木を堀り投げ飛ばすいたずらには閉口しています。植えなおしてはまた投げ飛ばしを繰り返しているのです。様子をみていると、私に挑戦状を仕掛けているように見えます。どうも家族できているようで、今では親かウリボウの仕業か判るようになっています、困ったものですね。
Click:野の花があちこち敷地内で咲いています。香りは良いし清楚で際立って美しい、女性なら生花にするでしょうが、私にはそんな粋な感性は持ち合わせていません。遠目で愛でるが私流です、でも、名前くらいは知りたいのです、どなたかご教授願えますかね?それにしても美しい花ですよね、これが野草とは驚きです。

tsurezure_nikki at 06:29|PermalinkComments(0)clip!

2017年09月11日

JR四天王寺駅から館山へ。

IMG_0239

まだ催事は続いていますが、私は昨日自宅に戻りました。やはり遠いですね、ほぼ8時間かかりました。滞在は3日間でしたが、久し振りに売り場に立ち、お昼は近鉄百貨店の社員食堂、夜は居酒屋めぐり、面白かったですね、それに友人や知人までいらっしゃって楽しいお茶までしました。あとはどこまで売上を伸ばすかです。
Click:今回は初日に海の絵「ラゴスの漁港」、44万円の絵が売れ、何枚か版画が売れています。それに寸法を測り、実際に飾れるか確認しているお客さまが何人かいて、火曜日まで待つことに生っています。それに144万円の大きな絵も商談にはいっていました。いつものことですが、先の読めない売上期待なのですが、待っていてくださるお客さまがいるだけでも、絵描き冥利に尽きると言えそうです。そして催事を手配し、販売をしている画商<リューデックスの田中さん>に深く感謝しています、有難うございました。

tsurezure_nikki at 06:54|PermalinkComments(0)clip!