2018年07月23日

草刈りは続く。

IMG_E0453

やはり2ヶ月以上、不在だった畑は草が旺盛に生えています。もちろん、目立つところは時々、草刈りをお願いはしていたのですが、やはり自然はそれを上回るエネルギーに満ちています。ということで、酷暑の毎日ですが草刈りを続けています。昨日はお隣の広田さんにお手伝いをお願いし、草刈り機で払いながらも、手で果樹の周囲を抜き、たっぷりと汗をかきました、一日3回、着替えをしています。
Click:これってよくある寿司屋さんのカウンターなのですが、ひとつ見慣れないものが置いてあります、オリーブ漬けです。ここはグラナダの日本人経営の寿司屋さん、それも経営者は女性、握るのもその方です。10人ほどのスペイン人が働いており、いつも賑やか、大いに流行っています。日本食もどんどん海外で市民権を得ているようです。

tsurezure_nikki at 06:09|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月22日

暑いなか、濱田さんが大活躍。

IMG_0499

道路に面した傾斜地が崩落し、先日、ようやく業者の方が修理してくださったのですが、そのとき、椿の古木を10本ほど切ってしまいました。この常緑樹の日陰を利用してシイタケのホダ木を並べていたのです。30本ほどですが濱田さんに場所を移動していただきました。有り難いことです、ご苦労様でした。
Click:2度めのサラダのご紹介ですが、これはいつもの食堂的なレストランのものです。とにかく量が多い、そして、日本に比べると細かく食材を切っています。これにテーブルに置いてあるオリーブ油、ワイン酢、塩、胡椒を適宜かけていただくのです。まあ、スペインは肉食民族ですが、野菜も大いに食べています。

tsurezure_nikki at 06:52|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月21日

暑い、でも草刈り、そして水遣り。

IMG_E0500

今日は濱田さんが助っ人で来られるとのこと、有り難いことです。まあ、暑くて野良仕事は限定的なのですが、それでもあれこれやらなければならないことがあります。今日は濱田さんが手伝いにいらっしゃるとのこと、シイタケのホダ木を移動していただくつもりです。そして朝と夕方には水遣り、無理のない範囲で作業をしています、少しずつですが敷地が整ってきています。
Click:スペイン広しといえど、タパがタダというのはグラナダ県のみです。場合によってはこんなイカのゲソ揚げが出てきます。でも、私にとっては大好物、これでビールと一片のパンは納得、旨いは、なにも高価なものだけではありません、立呑のバルでの一杯は心和ませるものがあります。


tsurezure_nikki at 07:14|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月20日

アイフォンのデータをPCに移行。

P1050715

今回のスペイン滞在中はFBへの投稿はスマホを使いました、ということで写真のデータをPCに移行したいのですが、私にはできません、ということで片桐大先生にお出まし願うことになりました。さすがです、あっというまにミッション成就、ほっとしています。そのうえUSBにデータとして保管していただきました、ネット環境を整えるのは知識が必要ですね。
Click:朝、十数キロ離れたオルヒバ街にゆくときの楽しみは、1ユーロで買う、紙に包まれたチュロスです。写真はグラナダの中心街のカフェですが、スペインではどこでも店内にチュロスを持ち込むことは許されています。紙の端にカフェ用の砂糖を盛り、それを付けながらカフェオレと一緒に朝食にするのです。この楽しみはスペインならではです、日本でもあるとよいのですが…。

tsurezure_nikki at 07:25|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月19日

それでも草刈り。

IMG_0131

有り難いことにお隣の広田さんに朝方だけ、草刈りをお願いしています。これが嬉しい、日増しに草ボウボウだった敷地が綺麗になってきています、私も防護柵内の草刈りをしました。まあ、戦いですね、ちなみにイノシシ君はせっせと穴堀をしています、これは望んではいないのですが、お手伝いをしているつもりなんでしょう、困ったものです。
Click:なんといってもタパとして、またパンに挟んで食べるのも美味しいイカフライ、普通は冷凍のイカを揚げるのですが、地中海沿岸のレストランは新鮮なイカが味わえます。火加減が抜群、ビールとの相性は良いですね、これとパエージャを食べに海に行くのです。

tsurezure_nikki at 05:55|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月18日

なんとも暑かった銀座の舗道。

P1050608

このところ上京することが続きましたが、その暑さに驚いています。やはり地球温暖化の影響なのだろうか、台風の多発、巨大化、それに伴う災害被害は日常となるのだろうか、どうにもならないなどといってはいられな状況、そしてこの異常な暑さ、世紀末を思わせます。銀座から東京駅まで歩いたのですが、舗道からの照り返しも手伝って、痛いほどの暑さでした、これでは夏の畑仕事は諦めざるをえないようです。
Click:料理の栄養学を著書として沢山書かれている丸元淑生さんが、大事にしている豆類、実はスペイン料理には豆を使ったレシピーが沢山あります。もちろん、タパとしても多く使われています、なんといってもひよこ豆、ガルバンソが一番なのですが、インゲン豆やレンテッハ<レンズ豆>も使われます。やはり肉料理には良く合いますね。

tsurezure_nikki at 07:31|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月17日

熱風のなか洗濯物だけは良く乾く。

P1050649

畑仕事は暑いため、一時中断することに決めました。過去、2回熱中症で倒れた経験があるので無理はしないことに決めています。ということで洗濯、嬉しいぐらい良く乾きますね。今日はこれから上京、暑そうだけど、仕方ありません、美味しいものでも食べて来ようと想います。
Click:変わったタパをご紹介します。お隣村、ブスキスタルのパコのバル、ここはタパの良さでお客さんを集めていますが、写真の一品はBBQのヒントになりそうです。豚の三枚肉にチーズをのせ、溶いた卵を薄っすらかけて鉄板焼き、パンにのせて食べますが、美味しいですよ、如何ですか、やってみませんか?

tsurezure_nikki at 05:17|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月16日

クロアチアの善戦、若い選手のフランスが優勝。

P1050644

昨夜で夜更かしは終わりになるはずです、それにしても人口400万人の小国クロアチアが善戦しましたよね!さて、昨日は中里さんの手助けでミツバチの家の建て増しをしました。ミツバチ大臣の渡辺うめさんも一緒、完全防護服で2段、追加、なんと蜜が出来ていたそうです。ということでレリーサに昼飯を食べに行こうとなりました、そこに私の絵をお持ちのお客様がいらしたので一緒にいただきました、なんとも賑やかな一日になりました。
Click:スペイン人誰もが大好きな豚挽肉で作る肉団子、アルボンディガといいます。グラナダ県では昔から貧しかったのか、このようなタパでもタダでビール一杯に必ず付いてきます。マドリッドやバルセロナでは別途料金ですが…、そして必ずポテトフライが付くのも定番、私も大好きな一品です。

tsurezure_nikki at 08:03|PermalinkComments(0)clip!

人口400万人ほどの小国、クロアチアが善戦。

ロシアワールドカップも昨日で終了、これで夜更かしは無くなるはずです、それにしてもクロアチアの戦いぶりを評価します、とまあ、若い選手のフランスが勝つのは当たり前だったのかもしれません。
そして昨日はミツバチの巣を中里さんが建てましてくださいました。ということで、無事に刺されもせず完了、ミツバチ大臣の渡辺うめさんと共にレリーサに昼飯に行くことにしたのですが、なんと私の絵をお持ちのお客様がいらしたので、一緒させていただきまいた、楽しい賑やかな一日になりました。
Click:スペイン人誰もが大好きなタパといえば豚肉挽肉で作る肉団子です。大体、これに合わせるのはポテトフライ、なんとも美味しく、私の好物でもあります。グラナダでは、ビールのお供としてタダで付いてくるのですから嬉しい。マドリッドやバルセロナでは別途料金です、貧しかったグラナダの習慣、嬉しいお得なサービスなのです。

tsurezure_nikki at 07:47|PermalinkComments(0)clip!

2018年07月15日

暑い、でも草刈りと剪定。

P1050645

野良仕事は朝しかできないのが現実、それでも大事なこと、少しずつですが草刈り機を使い、剪定バサミで徒長した枝をつめています。それにしてもイノシシ君は狼藉の数々、ミミズを求めてあちこちを掘り起こしています。とまあ、畑の管理は終りがありません。フェレイローラ村でも同じことをしていました。私の生き様は絵を描くこと、そして畑とともに日々過ごすことのようです。
Click:スペインでは目玉焼きというか、油炒め、それをパンにのせて食べるのが朝食定番、とまあ、卵を使った料理はお菓子を含めて大変多い、そのなかの代表がトルティージャ、軽く潰した茹でたジャガイモを溶いた卵でまとめ、たっぷりのオリーブ油で合えながら火をとおす料理です。カフェバルの看板メニューのひとつ、確かにこれをパンに挟んで食べる美味しさは格別、スペインの代表的な一品です。

tsurezure_nikki at 06:33|PermalinkComments(0)clip!