2017年04月30日

友人のパーティで生ハム切り。

18120276_1307881885967360_1288628498_o

この頃、日本でも生ハムが安く手に入り、普通に食べられるのですが、脚一本を台に載せ、周囲を切り取り取り、薄い長い刃物を使うなどは、まだまだ一般的ではありません。ということで、その準備をさせていただきました。美味しく食べるにはそれなりの切り方のこだわりがあるのです。久し振りに新しい友人などとのお話、楽しませていただきました、有難うございました。
Click:グラナダの公設市場のなかにあるバル、生ハムを売りにしています。スペインでも高価なイベリコ豚のものが置いてあり、お薦めの赤ワインをセールしています。そしてなんといってもチーズ、各種置いてありますが、大体、ラマンチャ地方のマンチェーゴが主流、そして手前にはオリーブ油、スペイン人のこだわりが結晶してようなお店です。

tsurezure_nikki at 08:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月29日

整体に通い始めました。

18197195_1312542705501278_693273761_n

酔って風呂に入り、立ちくらみ、倒れて肩を打ち鎖骨まわりが痛かったのですが、それこそ整体が良いということで矢上先生の「和」にいてきました。結局、全身こわばっていて体の可動幅が少なく、根本治療が必要とのこと、週2回ほど通うことになりました。そんなことが必要な年齢のようです。
Click:日本の食生活とスペインを比べて、豆類の使い方がかなり違うようです。まず、ガルバンソ、レンズ豆、インゲン豆などはほとんど毎日のように食べています。昼飯前、圧力鍋のシュシュという音と共に旨そうな肉汁の香りがしてきたら、必ず豆も一緒です。私はガルバンソの缶詰を大量に買って、良く料理に使っています。豆の旨さはスペインから学びました。

tsurezure_nikki at 09:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月28日

体調を崩しながら草刈り。

18191517_1312542532167962_1236746342_n

お友達に手伝ってもらいながら、草刈りをしていました。体調が優れず、ちょっと無理をしているのですが、畑が草に覆われているとどうしても手が出てしまうものです。おかげさまで苗木の根元に鍬を入れ、すっきりしています、柑橘系も新芽が沢山出ています、生命力に乾杯です。
Click:昔、日本にも乾物屋さんがあり、佃煮から高野豆腐などを売っているお店がありましたが、もう見ることが出来ません。でも、まだスペインは小売店が元気で、このような乾物屋さんが商いをしています。塩ダラなどを売っていますが、なんだか心穏やかになる店構えです。

tsurezure_nikki at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月27日

スペインからの送金、届きました。

18083569_1307881442634071_814643037_o

スペインの銀行からの送金、ようやく届きました。なにせ窓口の行員が日本の地銀についての理解が全然なく、まず、私も知らなかったのですが、銀行のコードがアルファベットで並ぶのですが、そんなこと日本では必要なく済ませていましたが、これが大事、それを見つけるだけでも時間がかかってしまいました。結局、一ヶ月以上の時間が過ぎ、ようやく届いたのです。とまあ、簡単に見えることでも海外からの送金には手こずりました。
Click:オリーブ漬けの写真ですが、日本で食べているものとかなり様子が違います。香辛料とか混ぜる野菜などで味が変わります。たぶん、日本でもオリーブの木の栽培が流行っているので、いつかはこんなオリーブ漬けが食べられるかもしれません。お酒のおつまみには最高です。

tsurezure_nikki at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月26日

スペインからの送金がいまだできず。

18120033_1307881355967413_1028176602_o

まあ、入金となると本契約を結び、権利書の譲渡とともにおこなわれるのですが、最終的には日本への送金で完結します。試しに小額ですが送金してみましたが、スペインの銀行でなかなかできず、1ヶ月以上経ってしまいました。外国からの送金は銀行コードが必要ですし、長いナンバーが連なるのです。その羅列もどうなのか、今のところわかりません、ということで、これから銀行に行き、確認します、ユーロによる口座、さて、どうなりますか、入金したらまたお話します。
Click:塩ダラですが、西洋の食文化では重要な位置をしめています。もともと保存食は兵糧食として進化しました。それに航海にとっても重要、塩ダラは打ってつけ、地中海沿岸の塩がそれを可能にしたのです。ヨーロッパではどこの国でも塩ダラが今に至っても良く食べられています。それにしても写真のものは素晴らしいですね、美味しそう!

tsurezure_nikki at 07:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月25日

ひたすら草刈り、そして野暮用。

18119620_1307881342634081_546621124_o

さっそく日本に帰って、待ってましたとばかり、商業空間のデザインの打ち合わせをしました。おかげさまでまだ、私を必要としているクライアントがあり、10名ほどのスタッフと仕事をしました。あとは草刈り、この作業はまだまだ続きそうです。草だけは元気いっぱい、生命力を感じています。今日は診療所に、帰国後のあれこれをこなしてゆかねばならないようです。
Click:スペインといえば生ハム、本当に良く食べます。グラナダの繁華街でみつけた専門店、私には少しやりすぎかな、と思いますが、スペイン人にとってはこれぐらいインパクトがないと訴えないのかもしれません。バリバリのバゲットが美味しそうに見えるのは、日本人の私ぐらいなのかもしれません・

tsurezure_nikki at 10:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月24日

草刈りに追われ、風邪が再び。

18119710_1307883969300485_2003974254_o

とにもかくにも、草刈り、というか、あまりにも草が伸び、なぎ倒すと云ったほうが良い作業をしています。広い敷地が改めて広すぎると実感しています。それでも2日目、少しは畑が見晴らせるようになりました。2ヶ月近い放置は同じ期間によって原状復帰がなされるのでしょう、諦めず、ひたすら作業を進めてゆきます。
Click:私のフェレイローラ村を含めて、近在の村はどこでも水が豊富です。3千5百メートル級のシエラネバダ山脈の伏流水などで、このような泉がどこにでもあります。日本の豊かさといえば水、同じようなのですが、スペインではこんなところは珍しいのです。観光客を含めて土地のひとはこのような泉から水を汲んできて、ハーブティを飲んでいます。豊かさとはこんなことを云うのかもしれません。

tsurezure_nikki at 13:18|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2017年04月23日

時差ボケのなか、まずは草刈り。

P1050654

ながらくご無沙汰していました。スタジオ売却の仮契約を済ませ、手付金を頂き、あとはスタジオとの分筆作業を待つばかりに生りました。そして大仕事だったのは引っ越し、本来ならゲストハウスにと、いうことなのですが、購入者のアメリカ人がすんでいるので、母屋へ、スペイン人で画家の友人とその仲間に頼んでどうにか終わらせました。本契約は7月頃かな、またフェレイローラ村にゆかねばなりません。というわけで、ブログ再開です、宜しくお願い申し上げます。
Click:三年近くご無沙汰していたフェレイローラ村、畑はそれでも果樹が育っていました。なかでもオリーブの木は強いですね、やはり気候風土があっているとは、こうゆうことのようです。見事に成長し、いっぱしの姿になっていました、これで6年ほどです。実はカメラを忘れ、iPadで撮影し、FBは続けていました。近々データをPCに移し、まとめてフェレイローラの春をお伝えしようと考えています、これからも宜しくお願いします。

tsurezure_nikki at 10:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2017年03月09日

スーツケースを送り、準備完了。

ferreirola

重量21.6キロ、これは微妙な重さです。本来エコノミーは20キロ制限なのですが、1,6キロくらいは多めにみてくれるのですが、これまで、数々の問題を起こし、その場で開けて手荷物に移し替えたりしたことがあります。ま、お味噌ひとつ入れなければ良いのですが、一ヶ月半といえど、あれもこれも持ってゆきたいのです。イベリコ豚の骨付きリブもお味噌をお酒と味醂で溶き、ちょっと漬け込んで暖炉で焼いてみたいですよね、それが1.6キロオーバーになったのです。今日は洗濯にお掃除、早寝で明日に備えます。そしてお願い、滞在中はブログは不定期、それに最悪、FBだけになるかもしれません。ブログの再開は4月22日からと思ってください、宜しくお願いします。
Click:スケッチはフェレイローラ村の入口からです。まず、教会の尖塔が見えてきます、懐かしい景観ですが、現地時間11日の夕方には見ることが出来ます。友人のジョンからメールで、グラナダは摂氏26度、もう真夏日です。早くスーパーマーケットに行きたいですね、あれもこれも食品を買うことになることでしょうね、明日はADIOS TATEYAMA、4月22日にブログを再開します。

tsurezure_nikki at 08:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月08日

今日、スーツケースを宅急便で成田に。

P1050666

出国までカウントダウン、今日はスーツケースを九重のヤマト便集配場へ持っていかねばなりません。今、パックすべきものをみてみると、味噌、だし醤油、味醂、胡麻油、海苔、焼肉のタレ、大量の駄菓子、それにお土産などです、一般的な衣類などは入っていません。40日の滞在、2日間かけての旅行といった雰囲気はありません、これがいつものスペイン行のスタイルなのです。究極的にいえば、お弁当を持っての通勤なのです。そしてシャケッコが追っかけ来ると、どうゆうわけか名古屋港のフェリーのなかから連絡がありました、少しはほっとしています、さて、いつものドタバタが始まる旅になることでしょうね。
Click:今回、売却が決まったスタジオの全容です。1階部分は吹き抜け、ピザ窯やBBQのための窯があるだけ、そして2階左端に大きなテラスがあり、ここで絵を描いていました。手放すとなると寂しいものですが、その代償として館山にゲストハウスが誕生するわけなのです。人生色々、私のなかでは、ひとつの変革時期なのかもしれません。

tsurezure_nikki at 07:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!