2017年11月25日

案内状の校正が終わる。

IMG_0398

なにごともひとつひとつですね、休みの合間、金曜日、コアデザインの川名社長のところにお伺いし、個展案内状の校正をしてきました。1月6日<土>〜14日<日>までの催事、6日は新春オープニングパーティということで、12時より百人前、大パエージャとサングリアでおもてなしをいたします。これも恒例のイベントになってきそうです、ぜひ皆さん、遊びに来てください。
Click:塩害の被害で葉が落ちてしまった宮内伊予柑、大きな実だけが目立つようになってしまいました。葉が無くては実も育つはずがありません、ということでまだ未成熟なのですがかなりの数を切り落としてしまいました。これが食べられるようになるかはわかりませんが、とりあえず秘密基地に保管、様子を見ることにします。

tsurezure_nikki at 07:27|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月24日

なんと36kgのアンプは問題がなかった。

IMG_0405

サンスイのアンプが問題があったと思い、元パイオニアのエンジニアだった友人に配送したところ、「どこも壊れていないよ、配線が悪いのでは?」との連絡がありました。まったく、いつものようにどじなことをしてしまいました。ということは、CDプレイアーが悪いのか、音響問題はどのように解決するか、もう少し時間がかかるようです。
Clickふたつの:台風襲来、天候不順な今年は自然生態をかなり狂わせているようです。時期が早かった落葉は初冬にもかかわらず、新芽を出しています。写真の芭蕉も、なんと大きな葉を出しています。もちろん、厳冬を乗り切ることは有り得ないわけで、再び枯れてしまうことでしょう。なんとも不思議な年になりそうです、これも地球規模の暖冬と関係があるのでしょうか?

tsurezure_nikki at 07:00|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月23日

新たに灯油ストーブを購入。

IMG_0376

ストーブの上でお湯が沸かせたり、焼き芋ができる筒型のタイプは、なかなかの優れもの、ということで3個めを購入してしまいました。というのも友人がストーブの周りに円卓を作り、テーブルタイプにし、そこで鍋料理などができるように細工してくれるとのことなのです。彼の家でおでん鍋を乗せて数人で囲みながらの和み会の経験が素晴らしかったので、「これほしいなぁ〜」といったところ、作ってくれることにななったのです。その天板を今日、一緒に買いに行く予定です。
Click:塩害で果樹の葉が枯れてしまったことを何回となくお話しましたが、無事に被害を受けずに済んだ何本かがありました。秘密基地と防護柵に囲まれた狭い隙間で育っているポンカンや宮内伊予柑などです。日照時間が少なく結実していませんが、元気そのものです。風除けになっていたのですね、なにが幸いするか判らないものですね。

tsurezure_nikki at 07:40|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月22日

重量36kgのアンプを配送。

IMG_0387

もう3年来の事案、一部壊れたサンスイのアンプ、どうにか使えるということで、そのままになっていました。ところが高校の同級生で、パイオニアのエンジニアだった友人が、電話してきて、なんとかしてくれるとのこと、お言葉に甘えて送ることにしたのです。重量36kg、クロネコでは受け付けてもらえず、福山通運にお頼みしました。一日仕事でした。
Click:塩害のおかげで果樹の葉が枯れて落ちてしまいましたが、タラの木も同じ、丸坊主になっていたのですが、暖かい日が続いたこともあって、なんと芽がでてきました。とても美味しそうな時期外れのタラの芽、食べるか否か、やはり可哀想なので、そのままにすることにしました。といっても急に寒くなってきたし、枯れるのはわかっているのですがね。

tsurezure_nikki at 07:46|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月21日

個展の案内状をコアデザインさんに依頼。

IMG_0393

まずはデータをパソコンで送付、そして川名社長と内容の確認をするために事務所へお伺いしました。案内状は去年も作っているし、話は早い、そして新作版画も依頼し、昼飯を食べに、それからイチジク農家のパイオニアファームさんでカフェ、といっても私はイチジクサイダーを頂きました。斉藤さんがいらっしゃたので、いつものように栽培にまつわるあれこれを質問、有難いことです。おかげで有意義な一日になりました。
Click:畑のほとんどをイノシシ君が鼻先で耕してはくれるのですが、好き勝手、まだらなので私が耕運機を使って耕しました。さすが耕運機のほうが綺麗にうなってくださいました、有難いのひとことです。これから何回となく走らせては土を柔らかくしてゆきます、イノシシ君がどう思っているのか興味があるのですが、お話ができるほど仲はよくありません、様子をみることにします。

tsurezure_nikki at 07:54|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月20日

新春、スタジオでの個展開催を決定。

IMG_0390

久し振りに渡辺うめさんがいらっしゃり、お話をするなかで、「お正月の個展をやりましょうよ!」とのことになりました。1月6日<土>〜14日<日>まで、もちろん初日は恒例の100人分、大パエージャもいたします。今回は小ぶりのお安い版画を沢山お見せしますが、更に特別価格でご奉仕いたします。これからあれこれ準備にかかります、楽しみに待っていてくださいね。
Click:さすがに沢山ある渋柿は甘くなると共の、サル軍団がきれいに食べてしまいました。ほんの少しだけ収穫していたいくつかが熟し柿になり、食べられそうです。歯ごたえは無いのですが、その甘さは遥かに甘柿をしのぎます、面白いものですよね。その甘さを充分熟知しているのがサル軍団とカラスのようです。

tsurezure_nikki at 07:04|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月19日

友人宅で生ハムを切る。

IMG_0431

館山在宅の時間が長くなると、畑が充実してきますが、友人の輪も増えてきます。この変化は大きいし、楽しみが増えてきます。昨夜は友人宅に20名ほどが集まり、更に親交を深めました。私はといえば生ハムを切り、皆さんに喜んでいただきましたが、圧巻はハンティングしてお持ちしたカルガモ、リンゴ、タマネギ、干しイチジクを腹につめ、薪のオーブンで1時間以上ローストした料理、美味しかった。というわけで美味なる時間を過ごしました。
Click:後背地にそれなりの山を抱えているので、畑に水が流れてきます。でも、台地になっているので、水が貯まることはありません。雨水を瓶に蓄えていますが、問題はボウフラがわくことです。ま、そのたびに水を流していますが、雨が降るたびに溜まりますから、ほぼ水は常に張っています。この水が重宝します、鍬を洗ったりしています。やはり水は近くにあると良いですね。


tsurezure_nikki at 07:57|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月18日

再び選ばれたふるさと納税。

IMG_0370

なんとも嬉しいことなのですが、「棚田」の版画がふるさと納税に選ばれました。先回は北条海岸を描いた「夕陽への散歩」、なんと2枚目になりまいた。20万円を館山市へのふるさと納税をしていただくと、お渡しすることになるのです。まあ、南房総の景観ですから、PRにもなりますよね、有難いことです、どなたかは知りませんが、心より感謝致します。
Click:なんとも可愛そうなシークワサーの現状です。台風が運んできた塩害により、葉はすべて落ち、実だけが付いています。子孫を残そうと、せめて果実だけはと、必死で守っているようです、これも生命力の証ですよね。できるだけ早く収穫すべきなのでしょうが、もう少し辛抱してもらいます、そんなに毎日、シークワサー割の焼酎は飲めませんからね。

tsurezure_nikki at 06:45|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月17日

少しはゆっくりしたいのですが。

IMG_0367

一週間、個展会場でお客様の対応、館山に帰ってきては作品の発送となにかと忙しい時間を過ごしました。そろそろゆっくりとお休みをしたいのですが、なかなかそうもいかないのが絵描き稼業、まあ、貧乏性ということもあり、畑が心配、来週からは少し果樹に牛糞や蛎殻石灰を与えたり、冬の準備をし始めるつもりです。
Click:塩害のおかげで、すべての果樹がダメージを受けているのですが、樹齢四半世紀の温州蜜柑だけはどうにか元気に色付き始めました。今様な蜜柑と違い、酸味と香りがあり、まさしく昔風な味わいがします。スーパーで購入する甘〜い種類とはかなり違います。サル軍団も狙っているので、収穫時期が難しいところです。

tsurezure_nikki at 07:22|PermalinkComments(0)clip!

2017年11月16日

ほとんどの発送を終えました。

IMG_0384

お隣の中里さん、鳥海さんのおかげで梱包を終え、昨日は宅急便用の宛名書きをし、クロネコヤマトに運び込みました。ただ、まだ額装を依頼しなければならない作品があり、もう少しお時間がかかりそうです、これが済めば一段落、それまでは落ち着かないですね。こうしてひとつのイベントが過ぎてゆくのです、絵描きといっても販売して生活が成り立つのです、厳しいものが有りますね。
Click:オープニングパーティの華はやはり生ハムでしたが、その相方として私が育てたサツマイモのチップや天麩羅がありました。ホテル千倉に勤めているプロの調理人、ウッチーのおかげで素晴らしいおつまみができたのです。薄くスライスしたものをその場で揚げていただいたのです。それにシナモンやグラニュー糖を振り掛け食べていただきました。生ハムの塩味とコントラストがついて、両方共美味しくなるのです、いつもながらウッチーに深く感謝します。

tsurezure_nikki at 07:30|PermalinkComments(0)clip!