2017年06月27日

歯医者さんの後には内科医に。

IMG_0049

ようやく歯の一本が治療終了、ほっとしていますが、まだ昔に治療した歯に痛みがあり、今日も引き続き歯医者さんに行きます。それとお薬を頂くために七浦診療所にも行きました。なんだかお医者さんにゆく機会が多く、日常生活に支障をきたしています、これも歳をとったことの証でしょうか、でも、健康維持は大事な務めですよね。
Click:4年前ぐらいから沢山の果樹を植え始めたのですが、ようやく結実し始めました。李のサンタローサが初めて実がつきました。もうこれで酵素ジュースを作るつもりです、なにせ色が奇麗だし、香りも良い、なんだか生ったそばから作る予定をたてるのは、果樹に失礼なのかな?、でも、それだけ注目を浴びているわけだし、果実は動物に食べられるように生る訳だから、良しとしてもらいましょうかね。

tsurezure_nikki at 06:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月26日

雨のなか、畑の散歩は楽しいものです。

IMG_0014

久し振りにたっぷりと雨が降りました。ゴム長靴にビニール傘、雨音を聴きながら畑の見回り、なにせ水の道をしっかりと確保しないと畑が水浸しになってしまうからです。というわけで鍬で緊急に直したり、雨の日ならではの作業がありました。そしてまたまた梅ジャム作り、熟れた梅が次から次へと落ちてくるからです。200ミリリットル瓶に7個分が作れました。さあ、今日こそ歯医者さんです、日にちを間違えて予約日を飛ばしてしまったのです、色々有りますね。
Click:イチジクの成長は早いですね、2年目で沢山の実を付けています。花卉栽培農家の飯田千昭さんに頂いた20本ほどの挿し木がほとんど順調に育ったのです。絵との交換だったのですが、有難いことです。それに友人の近藤さんからも頂き、更に自分でも購入したので、30本近いイチジクが敷地内のあちこちに大きな葉を広げています。8月、どれだけ収穫できるか興味津々、今から楽しみにしています、コンポートでも作りたいですね。

tsurezure_nikki at 07:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月25日

微妙に施肥をおこなう。

IMG_0017

ゆかりさんに草取りをお願いしたサトイモ畑と実生の赤紫蘇に鶏糞を与えました、まあ、今日の雨を考えての作業でした。その鶏糞を買いに近くのホームセンターにいったところ、なんとシシトウが値下げして40円で売っていました。丁度植えたシシトウの苗がカメムシにやられてしまったので、2本購入、そしてそれぞれのお隣に植えておきました。この何日かの雨で活着しそうです。雨もまた良しです。
Click:さて、館山の畑にブログの写真とテーマが変わりました。実はデジカメをスペインに置いてきて新しいのを買ったのですが、解像度の数値が高く、PCのブログでは受け付けませんでした、どうにか低く設定し読み込んでくれました、時代の流れに対応するだけでもストレスですね、写真は3年前に植えたブドウ、キャンベルスアーリー種です。初めて結実、沢山の実を付けています。赤ブドウなのでいつ色づくのか楽しみにしています。

tsurezure_nikki at 08:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月24日

百本のサツマイモに土寄せ。

ソトコト1

まず、このところ畑作業のお手伝いを頼んでいるゆかりさんに感謝、草に覆われたサトイモ畑を綺麗にしてくださり、実生の赤紫蘇が生えているところも草取りをしていただきました。渡辺うめさんはサツマイモ畑の草取り、そして私はサツマイモの養生をしました。それからお客さまがいらしたり、最後には皆さんで梅ジャム作り、なんとも慌ただしい一日でした。
Click:何故フェレイローラ村に居るのか、その日常を10年ほどまえに雑誌ソトコト<デザインのためのダミーなので文面は意味ありません>が取材してくださいました。絵を描いたり、本作りをする環境としては納得の場所なのです。ほとんどスペインを題材にしていますが、スケッチ旅行は地中海沿岸の街々を紀行しています。いってみればここはベースキャンプのようなものなのです。館山とフェレイローラ村を2つの故郷として、これからも仕事をしてゆきます、なんだか面白い生き方になっていますね。

tsurezure_nikki at 05:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月23日

それでも梅の収穫は続く。

18083740_1307885635966985_662782345_o

ようやく畑のジャンボニンニクとタマネギの収穫を終え、下草として生えてきた赤紫蘇をいかすべく草取りを始めるつもりです。そして収穫の終わった畑の草取り、耕運機を走らせ畝を作り、牛糞、鶏糞、牡蠣殻石灰などを撒き、更に鍬を入れて次なる野菜の植え付けの準備をしていましたが、なんとまだ梅の取り残し、そして手の届かなかったところから完熟梅が落ちてきます。ということで渡辺うめさんと一緒に拾い集めました、今日はまたまたジャムと酵素ジュース作りです。
Click:そろそろフェレイローラ村を軸としたスペイン報告も終わりに近づいてきたようです。といってもまた近々スペインに行かねばならないかもしれません、スタジオ売却の本契約をするのです。ま、どうあれ館山の畑談義に移行させます。果樹も大きくなり、畑の姿もかなり変わってきています。楽しみにしていてください。最後の写真はやはりフェレイローラ村のサンタクルス教会にしました。

tsurezure_nikki at 06:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月22日

最後の梅ジャムが完成。

IMG_0630A

午前午後と仕事で出ていたのですが、その間に渡辺うめさんが梅ジャムを作ってくださいました、それも最高に美味しい特級品でした。まず、青梅は使わない、そしてアクを丁寧に取り除くこと、これでまあ、今までにない美味なるジャムになったのです。ちょっとした気使いと丁寧な作業が大事なのですね、仕事の作法が良くわかりました。
Click:雪を抱いた峰々はシエラネバダ山脈、3千メートル級、ほとんど1年を通じて雪が見えます。おかげで水が豊富、自然環境も夏でも寒い頂上付近から50キロ離れた地中海は亜熱帯、広域な気候風土が自然豊かなアルプハーラ地方の特徴です。フェレイローラ村は中腹の千メートルほどの標高、おかげでサクランボ、栗、オリーブ、アーモンド、胡桃などの果樹が元気に育ちます。海辺にはマンゴー、チリモヤ、オレンジ畑が広がります、そしてワインのブドウ、私が偶然にもみつけたこの地をこよなく愛し続けています。

tsurezure_nikki at 06:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月21日

昼夜のお食事会。

18119857_1307877229301159_930406242_o

昼飯は久し振りに船形のレリーサで、相変わらず美味しいし、お店は大繁盛、予約のお客さまだけで一杯でした。そして夕飯は友人宅で餃子、お客さまは女性3人、ゆっくりとワインでおしゃべり、それに3日前に白浜の貸別荘「おかゆ朝吉」から子猫が2匹、まあ、賑やかなこと、家中を駆け回っていました。小さなお誕生日会という名目、皆さまに呼んで頂き深く感謝しています、有難うございました。
Click:スペインに渡って40年以上が過ぎています。色々と学ばせて頂いてはいますが、私がフェレイローラ村に何ができたか、いっとき、行政区ラタア<7つの村が一緒になっています>の親善大使になり、日本の村との姉妹村を捜したり、なんだか館山市でのお仕事と同じようなこともしましたが、結局、落ち着くところカフェバル「アルヒーベ」に絵が飾られていることぐらいです。でも、有難いことですよね。

tsurezure_nikki at 06:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月20日

ニンニクの収穫。

P1050718

ようやくジャンボニンニクと普通のニンニクの収穫を始めました。それにコンパニオンプランツのナスタチウムやキンセンカをキュウリやトマトの間に植えました、花が咲いているとそれだけで畑が華やぎますね。収穫と同時に夏野菜の準備も遅くなってしまいましたが、勧めています。柵に囲まれたサツマイモ畑、今年は150本から100本にした分、動物被害にあいやすい野菜を増やしたおかげで、楽しみも多くなっています。
Click:スペインの街なかには街路樹をはじめ、広場の植栽などで緑化率が高いようですが、こんな建物もマドリッドにはあります。壁一面が緑に覆われています。よく見ると、水を与えるためのチューブが見えないように張り巡らされていました。ひとつのデザインではありますが、なんとも心安らぐ空間になっていました。

tsurezure_nikki at 06:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月19日

小さなお誕生日会。

18119612_1307878855967663_165735447_o

この歳でお誕生日なんてお恥ずかしい限りなのですが、毎週木曜日にスタジオでニットのお教室をしている若狭綾子さんと娘さん、それにお友達のジュンコ姫、渡辺うめさんがプチアンジュの可愛いケーキをお持ちになり、祝ってくださいました。秘密基地の外は雨、でも、お部屋は温かい気分、大いにくつろがさせて頂きました、本当に有難うございました。
Click:青空市での花売り、真ん中にいるジプシーのおばさんが商いをしています。日本人もお花は好きですが、スペイン人はかなり好きだし、窓際のテラスにはゼラニウムを飾るのが習わしです。お隣のアメリカおばさんのテラスはお花で一杯、それにどれも強烈な色のお花が多い。自身が楽しむのは当たり前ですが、皆さんに観てもらうことが第一義です。私のところは留守が多いので果肉植物が置かれています。花たちは村の生活に息吹を与えています。

tsurezure_nikki at 06:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月18日

蕎麦屋のはしご。

18110271_1307886675966881_1059383981_o

用事があって、友人の仲野さんと鴨川に行ったのですが、蕎麦が食べたいということで千倉の仁屋で冷やしたぬき蕎麦を頂きました。美味しいとは聞いていたのですが、さすが、納得のお蕎麦でした。そして車のなかでの話題は蕎麦、「美味しいお店で、会津という10割蕎麦のお店があるんだよな〜」と仲野さん、では帰りに寄ろうといったところ、テレビで紹介されたとかで1時前にもかかわらず、売り切れ、ということで近くにある陣地屋にいったら、ひとひとりいませんでした。まあ、美味しかったのですが、生まれてはじめて蕎麦屋のハシゴをしてしまいました。
Click:パンパネイラの元村長さんメルセデスの作品ですが、なかなかの色味ですよね。スペインは豊かなファッションのブランドが沢山あります、サーラ、マンゴー、デスイグアル、アドルフドミンゲスなどなど多種多彩なのですが、彼女の作品を見てもその片鱗は感じます。まず、どのお店に入っても楽しいし、思わず買いたくなります、スペインの魅力のひとつがファッションなのです。

tsurezure_nikki at 06:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!