2008年02月

2008年02月29日

訂正のお知らせ

8b34ede8.jpg28日のブログをみたら石井尚道さんが何を間違ったのか山本尚道となっていました。お詫びをし、石井尚道さんと訂正させていただきます。
Click:写真は砂鉄から作り上げた刀のための鉄、とても綺麗な地肌をしていました。

tsurezure_nikki at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

昨日に引き続き

ae361e54.jpg刀鍛冶師の石井尚道さんとのお話はとても興味がありました。学生時代は工芸科で彫金、鍛金、鋳金と金属加工の授業を受けています。それも人間国宝級の先生でした。鋳金のときは注連縄をはり、お神酒をあげて仕事が始まりました。銅の色付けには大根おろしを使ったり、鍛金の作品見本は明治時代の刀の柄の飾りで学びました。ですから刀鍛冶の仕事場にはいったとき、昔の授業をも思い出しました。彼の使う古鉄は鎧だったり、昔の釘だったり、原料の調達には苦労しているようでした。素材の大事さはどの分野でも共通しているようです。なんだか彼に左用の出刃包丁を頼んだのは失礼だったのかな?
Click:藍染の作務衣がとてもお似合いの方でした。朝方お仕事をしていたようで、「今日は仕事がうまくいった」と良い笑みをうかべていました、

tsurezure_nikki at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月28日

館山に刀鍛冶師が

0a9e48c4.jpg長いこと館山に住んでいますが、刀鍛冶師がいたとは知りませんでした。デザイン会社コアさんに絵はがきの色校正にいったとき、たまたまお会いしたインスタラシオンをしている現代彫刻家の太田さんに出会い、川名社長も一緒に昼飯にいくことにしました。そこで話題になったのが刀鍛冶師、山本尚道さんでした。本来日本刀をつくっているのですが、太田さんの顔で出刃包丁も作ってくれるのではとの話になりました。左利きの私としては片刃がないので困っていました。そこで、山本さんの仕事場を訪ねることにしました。そのときのお話は明日にします。
Click:仕事場は炭のおかげでほのかに暖かく、見たこともない道具が沢山並んでいました。お伺いしたとき、身の締まる重いでした。

tsurezure_nikki at 09:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年02月27日

春といえば

1623e1a5.jpgこのあたりは梅も咲き、フキノトウも沢山顔をだしているというのに、まだウグイスが鳴きません。花札でも梅にウグイスだし、もう現れてよい時期なのですが、なかなかホーホケキョの声が聞こえてこないのは寂しい。特別鳥獣保護地区ということもあり、初夏になると鳥の声のうるささで目が覚めるのですが、まだ早いのかな?ちょっと心配になります。その昔ガラスを割って雉が飛び込んできたほど多かったのですが、このところ雉の鳴き声がしません。生態系に異変が起きているのかもしれません。早くウグイスの声を聞かないと心配です。
Click:県立バードセンターにはこのあたりでよく見かける鳥が飾られています。もちろんウグイスもありました。

tsurezure_nikki at 10:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月26日

県立バードセンターについて

60bceca8.jpg安房神社の脇というか裏山は国定公園であり渡り鳥などがひと休みしていくバードセンターになっています。私の家は裏口から歩いてくるところにあります。昔はこのあたり密猟者が入り込み散弾銃を打ったりしていて危ないおもいもしました。今は山が荒れているのか雉の声も少なくなってきてしまいました。また、維持管理費がかさみ、県も困っているようです。しかし、こんなところが家にちかくにあることは嬉しいですね、ときどき覗いています。テレビの旅番組もこんな穴場は紹介しません。お花畑とイチゴ狩りに終始しているようです。
Click:たまたま覗いたら、マテバシイ<常緑樹で南房総に多い植生>にシイタケ菌を植え付けていました。こんなサービスもしているようです。

tsurezure_nikki at 10:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月25日

初春の味

2e7f0d2f.jpgシイタケを採りにいったら、フキノトウが一面顔をだしていました。まさしく春到来です。そこで一工夫してフキ味噌を作りました。フキノトウを微塵切にし、唐辛子少しと、味噌とあえ、オリーブ油でゆっくりと火を通します。良い香りがたちあがったところで味醂を加え、弱火で軽く焦げる程度に炒めできあがりです。玄米食に合いますね、春の味覚でした。
Click:去年、草ボウボウだったところを思い切って綺麗にした結果、こんなにも沢山フキノトウがでてきたようです。こんな手間だけでも自然は食材を提供してくれるのです。

tsurezure_nikki at 10:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月24日

問題は農業だけでない。

961561cf.jpg農業については自給率や中国食品問題などで注意喚起がなされてきましたが、漁業もかなり問題を含んでいます。それに地球温暖化が災いしているのか、魚の獲れる種類や乱獲により漁獲量がへってきたり、漁場が変わってきているようです。そのため、農業と同じように若い漁師さんが急激にへってきています。鯖漁で流行っていた千倉港は閑散としているし、どこの漁港も釣り船だけがめだっています。こんな状況では将来近海ものの美味しいお魚が食べられなくなりそうです。
Click:布良ではヒラマサなどを追って引き釣りをする漁師さんが沢山います。でも、美味しい鯵が少なくなったとか、鰯は幻にとか、怖い話が現実になっています。

tsurezure_nikki at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月23日

布良の漁港

2a7ede5c.jpg一年ほど住んだ布良は青木繁の「海の幸」が描かれたことで有名です。静かな港なのですが、この沖で今回の事故が起こりました。東京湾に向かう船が沢山見受けられます、漁場と航海路線が錯綜する難しい海域ですね。
昨日はポカポカ陽気、久し振りに散歩をしたのですが、こんな日がいつまでも続くといいのですが…。
Click:布良は海に向かってほどよく坂があります。小路の間から湊がみえるって、絵になります。

tsurezure_nikki at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月22日

若者の国作り

4a38ca99.jpgヨーロッパから日本をみるととにもかくにも「老人による老人のための老人大国」といったイメージがよぎります。もちろん、団塊の世代の大きなうねりとともに60歳の年代が人口にたいする比率を押し上げています。ではヨーロッパはというと外国からの経済難民などが国の平均年齢をさげているのと、新生児にたいする手厚い援助のおかげで、日本とは違った国作りが進んでいます。やはり若者こそが国をひっぱっていかねばなりません。行政、立法府すべてが若返らなければなりません。日本の問題点の根源はそこにあるようなきがします。なんとかならないのかなぁ〜。
Click:先日スペイン飲料の卸業をしている木村さんがエストレージャガリシアというビールのプロモーションのためにやってきた販促担当のアージャにお会いしました。年はどうみても30代前半、こんな若いスタッフが大役を担って日本まできていたのです。若さをすべてに感じますね、うらやましい。

tsurezure_nikki at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月21日

チンドンヤさん

a09d7abf.jpg毎年二回血液検査を主体とした健康診断を、浅草言問橋の近くにある秋山医院でお願いしています。帰りには浅草で食事をするのが楽しみ、今回は伝法院通りのうどん屋さんで天丼セットで体をあたためました。浅草は江戸を感じさせる東京の田舎ですね。東京では数少ない観光スポットといえます。たまには浅草にお出かけください。さて、ここでチンドンヤさんに出会いました。ますます江戸情緒を味わいました。
Click:地域の宣伝、お披露目といえば昔はチンドンヤさんでした。それがいつの日かパチンコヤさんの台変わりのお知らせになり、今は遠い昔の話になりつつあります。でも、この若いお嬢さんをみているとまだ脈はありそうです。

tsurezure_nikki at 11:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!