2008年03月

2008年03月31日

春の訪れ報告

ba43dd55.jpg春は賑やかですね。まずはシイタケがまずニョキニョキ、そしてフキとミツバが絨毯のように浅黄色を増してきました。こんなとき、ふといつもは気がつかない時の流れをしらされます。今年は画業30周年、あっというまの絵描き稼業でしたが、サラリーマンを辞めての思い切った決断を30歳のときにしました。まさか本当にこのように絵を描き続けるとは思いませんでした。途中何度となくピンチをくぐり抜けてきました。もちろん絵描きだからこそ好きなライフスタイルを継続できるわけで、皆さまに本当に感謝しております。自然は生き方がぶれないように常に見守っているようです。

tsurezure_nikki at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月30日

ディープ関西

f29ec3b6.jpg毎年のように関西で催事をしていますが、面白さがじんわり解ってきました。いままではタコ焼きとお好み焼きだけかよ、と食べ歩きには納得いきませんでした。ところがスペイン料理屋さん、エルポニエンテのレベルの高さに驚き、このサービスを理解している関西人はただものでないと改めて見直しています。そんなとき、ユニークな画商さん、山本さんが連れて行ってくれた十三<じゅうそう>の楽しさに目から鱗が落ちました。駅前の居酒屋街のエネルギーにまず驚き、昔懐かしいトリスバーがいまだ商売をしているのには更に驚きました。不況だといわれている関西ですが、庶民の底力はまだまだ捨てたものではありません。
Click:赤ちょうちんの威力は無限ですね、オーナーが絵描きさんの店、「富五郎」でギュースジ沢山のおでんで一杯やりましたが、心からリラックスしました。それに韓国家庭料理の店で美味しいチジミも食べたし<他に牡蠣のキムチ、リンゴスライス入りもよかった>、まだまだ関西にはなにかありそうです。

tsurezure_nikki at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月29日

40年の月日

6c91cb29.jpg今住んでいる土地はもう40年以上前、25歳のときに購入しました。そのときはまさかここに住むとは思いもよりませんでした。当時荒れに荒れたカヤが生い茂った杉林でもありました。土日になると草刈と開墾をし、汗を流すのが楽しみでした。そして植えたのがこの白いモクレンでした。毎年、春になると優雅な姿で咲き誇ります。月日の流れを象徴するように、私になにかを問いかけているようです。「君はなにをして今にいたったのかい?」、静かに風に揺れる白い花、可憐な姿のなかに深い問いかけをしているようです。
Click:息子とその友達が寝袋持参で遊びにきましたが、まずモクレンの花をみにいきたがりました。自然の魅力はすべてに勝るようです。脇では山桜が満開でしたが…。

tsurezure_nikki at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月28日

驚きのトマトが三芳村に

dd2e8225.jpg一昨日お隣さんから驚くほど美味しいトマトをいただいた。トマトといえば地中海沿岸どこでも料理に欠かせない。スペイン料理といえばニンニク、タマネギ、トマトを微塵に切り、オリーブ油でじっくり炒めて始まります。これをソフリートといいますが、その味の決め手がトマトなのです。スペインではトマトの種類も多く、イタリアではシシリア島のパッキーノ産が美味しさで有名です。とまあ、トマトの味については皆さんと同じようにこだわりがあります。その私をうならせたトマトがなんと館山の隣村、三芳にありました。1キロ800円はヨーロッパ価格でも極上品だったら同じ値段です。概して生鮮三品が高い日本の物価のなかで、かえって極上品が対抗できるのですね。農家の植松さんとお話したのですが、トマトにかける意気込みはなみなみならないものがありました。農家のお仕事は大変だし未来がないように言われていますが、彼の言葉のなかには大きな可能性を感じました。ただ植松さんのトマトはすべて売約済み、味見として特別に分けていただいたのです。
Click:特別にハウスを見学させていただきました。ダンプ200台分の土を入れて土壌改良し、浸透水を抑え、乾燥期の1月から3月いっぱいまでが収穫期だそうです。農業にも将来の可能性をみてとった一日でした。

tsurezure_nikki at 08:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年03月27日

小西さんとの対談

a9931a1d.jpg大阪の梅田大丸での催事で対談したスペイン料理店、エルポニエンテについてお話しなければなりません。北浜にあるお店<店の名で検索してください>で食事をしましたが、スペイン料理ということでなく美味しい店でした。もちろんスペイン料理を日本人の味覚に翻訳し直し、食べやすくしているその配慮に二度驚きました。それに生ハムもスペインで食べたもの以上に旨い!お店はそんなに大きくは無いのですが、小西さんとお話したとき「いやあ、これよりお店を大きくしたら満足いく料理ができないよ」でした。料理もさることながらワインの選択もよい、これもソムリエの市原さんのテイストによるのでしょう。ただもう少し安いワインをさがしてもらいたいのですが、無理かな?小西さんは他にスペイン居酒屋「GOZO]<喜びの意>も経営していますがここも面白いしスタッフがよい。とまあ、べたぼめします。その彼とのトークショウはまさしく楽しいかぎりでした。

tsurezure_nikki at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月26日

癒される一日

efe59b45.jpg柿の木坂に住む妹の家にいってきました。彼女は米国の猫クラブの審査員<猫業界では有名人らしい>であり、世界で1位になるアメリカンショートヘアや2位になるペルシャ猫を飼っています。当然居間には素晴らしい猫が十数匹うろうろ。そのなかで10歳を超えるおじいさん猫ココ<アメリカンショートヘア>がやはり近寄ってきました。この猫はあまり人には馴染まないといっていますが、私と目が合ったら即、寄ってきました。彼女曰く「猫と人も相性があるのよ」だそうです。でも、そんな猫ココが遠慮しがちに膝の上に乗り、ごろごろと喉を鳴らしているのは嬉しいものです。ほっとした一日でした。
Click:写真の中心にいる猫は珍しい種類だそうです。でもあざなはネズミ、他の猫にちょっかいをだし、常に怒られていました。でもまず飛んできて膝のうえに座ったのはこのネズミでした。なんだか独占欲が強そうでした。猫も沢山集まると、人間社会の縮図を描くそうです、興味ありますね。

tsurezure_nikki at 09:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月25日

館山市ふるさと親善大使任命式

233dadf8.jpg昨日館山市役所にゆき、金丸市長より3回目のふるさと大使としての委嘱式をおこないました。雑談となり、フラメンコの話題となりました。グラナダの踊り手マノレッテと碇山ナナさんの一座を呼び公演をしたことがきっかけとなり、今の大学生による毎年開かれているフラメンコ大会に続いたのですが、嬉しいかぎりです。
4月19日から始まる千倉町、スペース風での個展初日、潮風王国でパエージャとフラメンコのフィエスタをしますが、そのとき踊ってくださる安房医師会病院の稲田エリカ先生は館山市のフラメンコ同好会ペ−ニャベルデのお仲間です。フラメンコ同好会までできるようになったのです。これも嬉しい限りです。
Click:金丸市長から委嘱状を渡されるところを写していただきました。

tsurezure_nikki at 07:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月24日

音楽の一日

2dfd4b70.jpg館山ふるさと大使のフルート奏者、深津純子さんが銀座松屋の催事に来られたとき約束したパエージャパーティを、海がみえるご自宅でおこないました。嬉しいことに沢山の方々が料理に参加し、フィエスタはおおいに盛り上がりました。深津さんの交友の広さと音楽好きの多さに驚くとともに嬉しい気分でした。サングリアを飲みながらお話したのは、アーティストたちがもっと自分たちの活動を社会にアピールしようとのことでした。
それにしても忙しい何日かでした。息子が友人を連れて遊びにきたし、昨日もパエージャパーティのあとはガラス工房「グラスフィッシュ」でサンバ大会に参加しました。浅草のサンバダンサーもきていてこの会場も大いに盛り上がりました。
Click:深津さんとプロ級以上のギター奏者岸本さんとのセッションをしてくださいました。大好きなピアソラ、そしてバッハを堪能しました。岸本さんの奥様もギターでアルベニスのアストリアを演奏してくださいました。音楽は心の糧ですね。

tsurezure_nikki at 10:11|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年03月23日

檀上さんとのトークショウ

66f5baf9.jpg3月9日の話になってしまいましたが、恵比寿にあるスペインレストランのオーナーシェフ、檀上さんとスペイン料理について30分間お話をしました。生ハムの説明をされたのですが、それだけではなく、生ハムを使ったタパ<おつまみ>もつくってくださり、美味しくもありました。檀上さん、本当にありがとうがざいました。
Click:ティオダンジョウのお店はレストランとスペインバルに分かれています。両方ともいきましたが、当然ながらどちらもスペイン料理です。イカスミのパエージャを食べましたがなかなかの味でした。皆さん、ぜひよってみてください。お店はティオダンジョウで検索してください。

tsurezure_nikki at 07:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月22日

グラスフィッシュの大場さん。

5dd3607a.jpg千倉町に東京からやってきてガラス細工のスタジオを作り、教室をやりながら作家活動をしている大場さんがいます。暖かな彼の人柄を映したような作品は私も大好きでいくつか日常的に使っています。
昨夜息子が友達と一緒に遊びに着たので、彼らを伴ってちょっと寄らせてもらいました。ガラスってそれだけでなんだか魅惑的ですよね。4月、やはり千倉町のギャラリーシーレで個展をします。ぜひよってもてください。
Click:吹いたり回したり、みているだけで楽しいのは眺めている人たちだけのようで、大場さんは汗をかきながらたいへんなようです。
…、昨夜は明け方まで若者たちと飲み明かし、ブログが遅くなってしまいました。明日はフルート奏者の深津さんの家でパエージャパーティをします。

tsurezure_nikki at 17:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!