2008年04月

2008年04月30日

イワンボ

2fd81a67.jpg房総はイセエビ漁をはじめ網を使った漁業が盛んです。このとき使われるのがイワンボです。素焼きで作った重石なのですが、これが沢山海岸に打ち上げられます。焼きがあまいぶん、一部炭化されたり土に含まれている鉄分の酸化具合で赤から黒まで変化します。白浜に住んでいるアーティスト太田さんはこのイワンボを使ってインスタレーションを演じています。房総ならではの民具といえます。
Click:貝のコレクターのなかでは有名なツノヤの大里さんは千倉の潮風王国のアートフリーマーケットでこのイワンボをうっていました。ものによっては釉薬をかけて焼いたものもあります。今にこのコレクターが現れるかもしれませんね。

tsurezure_nikki at 09:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月29日

無事パエーリャフィエスタ終わる

c64527c9.jpg今回3年ぶりに地元「アートスペース風」で催事をおこないました。友人たちにお世話になりながらなにもできなかったので、内輪だけのパエーリャを作りました。今回もツノヤの大里さんに漁師さんから具財を入手、大きなアンコウ、ダルマイカ、イセエビ、ウチワエビ、巨大サザエ、カレイなどを使い、たっぷりとイカスミをいれてオハグロパエーリャにしました。イカスミを入れると見た目はよくないのですが、味は保証付きです。鍋は100人分の大きなものを使用したので皆さん帰りにお土産にお持ち帰りまでできたことがよかったですね。皆さん本当にありがとうございました。今日は催事の最終日、友人の秋山医師がご夫婦でいらっしゃるので手作りソーセージが売りのセントシュバインにいってきます。
Click:家で作った春のパスタ。筍は裏庭から、サヤエンドウはお向かいさんの畑から、それにシラスなどを使ってNO5の細めのパスタで食べましたが、美味しかったですよ。

tsurezure_nikki at 08:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月28日

タマさん来場

c15794b3.jpg2日目のアートフリーマーケットは早朝の豪雨にもかかわらず、晴天になり、お客さんも沢山こられました。ピアスも結局50個以上売れました。日本では初めて売ってみたのですがやはり日本人の嗜好がスペイン人とは違うことがわかりました。まず、色味なのですが、緑色や青色を好むところは日本人ですね。絵はがきもそれなりに売れましたし、楽しい一日でした。
Click:今日は内輪のパエーリャパーティをアートスペース風さんでおこないます。というのは、19日のパエーリャ・フィエスタではあまりにもお客さんが多くきてしまい、スタッフがたべられなかったのです。今日も雨が降らなければよいのですが…。

tsurezure_nikki at 08:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月27日

アートフリーマーケットに出店

76816ecd.jpg第10回潮風王国でのアートフリーマーケットに初めて出品しました。絵はがきとピアスを売りましたが、海風に吹かれながらの商売は久し振りにゆったりとした気分を味わいました。ピアスを初めて日本で売ってみましたが、30個ほど売れたのでまずまずですか、喜んでいます。それにしても、商売の原点はストリートにありですね。アートスペース風ではみなさんに予想以上、絵の購入をしていただいています。地元のお客さん、アートフリーマーケットにこられたお客さんもわざわざギャラリーにこられて買われたり、嬉しい限りです、絵描き冥利につきます、ありがとうございます。
Click:柔らかな日差しを浴びて、広場での生演奏を聞きながら、ゆっくりとした時間を過ごさせていただきました。

tsurezure_nikki at 08:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月26日

今日はアートフリーマーケット

4e47acf1.jpg今日と明日は千倉町の道の駅、潮風王国でアートフリーマーケットが開かれます。もう10回目ということでグループサウンド「たま」がやってきたり、参加者も100人を超える盛況のようです。私も初めて参加することになりました。売り物は絵はがきと手作りピアス、昔取った杵柄といったところです。テキヤ業の原点に立ち戻ったということです。さて売れるかどうか興味があるところです。
Click:もうすぐ子供の日、館山もあちこちで鯉昇りが風のなか泳いでいます。初夏の香りですね。

tsurezure_nikki at 07:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月25日

アートスペース風のお庭

639363cd.jpgアートスペース風に連日顔を出しています。ここのオーナー早川さんの感性は随所に現れているのですが、特に彼女の遊び心が楽しく感じられるお庭には、今、色んな種類のお花が咲きほころんでいます。全国各地、展覧会で廻らせて頂いておりますが、地元にこんなギャラリーがあることを嬉しく思います。
Click! 海岸に近いギャラリーということで、流木や貝殻がお庭のあちこちに置かれていて、海風に晒された雰囲気が何とも味わいがあります。

tsurezure_nikki at 08:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月24日

スペース風について

2bce78d9.jpg千倉町の海岸からお花畑を上っていくと可愛らしいギャラリー、スペース風があります。淡いウグイス色のコロニアルな建物は周囲に調和し、お庭には今が盛りにお花が咲いています。こんなにもゆったりとしたギャラリーは他にしりません。オーナーの早川厚子さんはムサビの商業デザインを勉強した人物、やはりセンスがあるからこそできたギャラリーです。毎日ここでゆっくりとお茶を飲むのが日課、とても幸せです。お客さんもはるばる東京からも来られたりで、ありがたいのひとことです。29日までやっておりますので、ぜひお立ち寄りください。
Click:ギャラリーはそれほど大きくはないのですが、明るくお庭に映えて気持ちよく楽しめます。また、ご自宅も一部開放していただき、第二会場にもしています。早川さんに最敬礼です。

tsurezure_nikki at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月23日

直径90センチの鍋

d61a0355.jpg潮風王国でのパエーリャ&フラメンコのフィエスタでは90センチの大鍋を使いました。このくらい大きくなるとなかなか火加減も難しく、大変でした。でも、本職は照明家の鈴木さんのおかげで微妙な火のコントロールをしてくださり、美味しいパエーリャができあがったのです。パエーリャはチームワークの料理、スペインらしい屋外料理ですね。でも、本当に皆さまにはお世話になりました。感謝は何回いっても言い尽くせないほどです。
Click:銀座8丁目にある和食の筑前の板さん、内田さんはやはりプロ、家庭用の包丁を使って綺麗に捌いてくれました。面白かったのは彼が小学生の女子たちに追い掛け回されていたことです。女性は残酷にも小さいときからいい男には目がなく、男どもを平等には扱ってくれませんでした。

tsurezure_nikki at 08:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月22日

アンコウの吊るし切り

5c9fdd51.jpg一昨日ツノヤ「の大里さんにアンコウの吊るし切りをしていただいたのですが、さすが銚子の出身、お見事に捌いてくれました。それにしても大里さんは面白いキャラクターの50歳前後、この彼が独身とは男の私としては理解できないのです。女性の好みはわかりません!
Click:アンコウを捌く前なのですが、隣にやはりパエージャに使った蟹をかざったのですが、なかなかの感性、絵描きの私も唸るできでした。

tsurezure_nikki at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月21日

リストランテ・セントシュバイン

b4bbecaa.jpgもう20年ほどまえ、手作りのベーコンやソーセージを売り出したお店セントシュバインが噂になりました。そしてリストランテとゲストハウスまでと仕事がひろがりましたが、手作り商品は相変わらず人工添加物は一切使わず、開店当時の味を守っており、館山のお隣三芳村の代表的なお店として営業しています。昨夜、グリルドソーセージセットを食べてきましたが、「旨い!」のひとことです。それに天然酵母パンはバンパンさんのやはり手作り、これも美味しかった。オーナーの松苗さんとはワインバー・リブロスでお会いしますがいつもニコニコ、どこにこれだけのこだわりが隠されているのか、尊敬のひとことの人柄です。
Click:TEL0470-36-2825 www.hamuya.com でお調べください。南房総にきたらぜひ寄ってみたい星三つのレストランです。

tsurezure_nikki at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!