2008年09月

2008年09月30日

流通業の変化

dc2cbad8.jpg長女の結婚式のため、今回、久し振りに軽井沢を訪れました。駅前のショッピングモールが相変わらず人で溢れていたのでちょっと驚きました。百貨店やスーパーが売り場面積を減らし、閉店が続いているなかで、なんとここでは11月に更に増床すべく工事をしていました。一部はアウトレット店があり割安感をアピールしていますが、すべてではありませんし、レストラン街ではお客さんが長い列を作っているのをみました。こうなるとやはりショッピングにまつわる環境が変ったと解釈したほうがよさそうです。少なくともリゾート地での楽しいショッピングが受け入れられていることは事実のようです。広い敷地に池と樹木、それに芝生の広場をあしらいゆっくり買い物ができる空間を提供しています。また、モールのダザイン性もまあまあ受け入れられる庶民的な内容になっています。次は宿泊施設や居住空間なのでしょうが、この景況感のなかでは時間がかかるのかもしれません。
Click:結婚式までの間、散策したのですがついでに買い物もしてしまいました。コールマンの燻製窯、35%引きです。桜の木は沢山生えているので可能なのです。いつかその成果をお伝えできそうです。

tsurezure_nikki at 08:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年09月29日

長女の結婚式

0d285ff5.jpg27日、軽井沢で長女の麻衣子が結婚式をあげました。親としてやはり感無量、ほっとしています。この日のために仕事の合間を利用しながら式を執り行うために努力していた様子がみてとれます、ご苦労様でした、そして改めて「おめでとう!」です。
娘というよりはひとりの女性として、自分の人生を切り開いてゆく様子に拍手を贈りたい。10年たてば人は誰でもドラスティックに変われるものです。私自信、10年間のサラリーマンから国際露天商としてのスペイン暮らしを経て絵描きになりましたが、食べてゆけるようになったのはほんの10年まえ、でも納得した生き方をしていると信じています。人生一回こっきり、どう社会と関わりあうか、そして深く未来をみつめて希望を持って生きてほしい。親として、先輩として考えています。
Click:次の幸福者は誰にゆだれられるのか、ブーケが投げられた瞬間です。画面の上すれすれにブーケが映っています。

tsurezure_nikki at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月26日

突然の帰宅

fe6fc002.jpg関西は阿倍野<天王寺>近鉄百貨店の仕事で外商員の方と外販をしていました。遠くは奈良まで赴いたのですが、ちょっとした旅でありながら、お宅訪問までできるといった嬉しい内容でした。それにしても日本の高齢化、地方経済が元気ではない現実を感じました。外商員の方はお肉やブドウ、北島三郎ディナーショーのチケットまで売られている厳しい商売に驚かされました。スペインでは日曜日はお休みする百貨店やスーパーマーケット、日本の流通業の厳しさを今回の旅で実感しました。
明日は長女の結婚式なので式をあげる軽井沢にゆき、その日のうちに阿倍野まで移動します。日曜日は上本町にある都ホテルでの催事でトークショーをしたりの仕事をします。外商催事といったお取引のあるお客さんを対象にしたホテルでの販売、初めての経験ですがどうなりますか、楽しみにしています。
Click:5日ぶりの館山、昨晩は白浜にある居酒屋「とりい」まで自電車で向かい、北海道直送の男爵イモをバターで食べながら焼酎の水割りを楽しみました。一日だけですがほっとしますね。写真は布良の港、散歩コースです。

tsurezure_nikki at 10:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月19日

フルーツサンド

1a3fe029.jpg先日久し振りに友人と千疋屋にいってきました。その昔からちょっと特別なときにはよくゆきました。昔、映画評論家の小森のおばさまにお会いしたのもこの千疋屋でした。ここのフルーツを使ったサンドイッチは¥1,100円とちっとお高いのですが、美味しいですね、大好きです。スペインではバゲットを横にふたつに切り、生ハムなどをはさむのが一般的です。日本は食パンが普通ですよね。これは気候風土も関係しているようです。バゲットのパリパリ感が湿潤な日本では味わえませんからね。
デザート感覚のサンドイッチは日本的ですね。
Click:今日から29日まで10日間、関西は阿倍野の近畿百貨店本店の催事にゆきます。ただ、外商催事ということで、お客さんの家に訪問するといった仕事です。初めての試みなのですが、関西の人たちとのお話は興味津々です。帰りましたらご報告できると思います。この間、ブログはお休みさせていただきますので、宜しくお願いします。

tsurezure_nikki at 08:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年09月18日

老舗

b058b457.jpg汚染米騒動で世の中揺れに揺れています。何が悪いといえば農水省の対応です。WTOでミニマム輸入米があったならば、購入先を限定し、直接業者に購入させればよかったのではと思うのは私だけなのか?行政の囲い込みが問題発生の根底にあるように思います。先日三越にいったとき、本店入り口のライオンに守られていたのは紺色の風に靡いているに暖簾、ちょっと驚きました。そして「さすが!」と納得、嬉しくなりました。お客様を受け入れる老舗としての誇り、心構えがしっかりと伝わります。どうも今の世の中、利潤追求が第一義になり、お客様への奉仕、サービスのために実在していることを忘れかけているように思います。絵描き稼業も厳しい時代なのですが、一枚の絵のなかに小さな日常の幸福感を込めて、皆さまの生活を少しでも豊かにすべく努力するつもりです。
Click:写真のとおりです。こんな姿勢が流通業の基本ですよね。

tsurezure_nikki at 08:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月17日

パンの美味しさ

cb58ec3a.jpgこのところ小麦の価格が上がったからかパンの値段が高めですね、でも美味しいことに変わりはなくどうしても食べてしまいます。お米への回帰といいますが、やはり主食ですし、スペインに帰ればもっと顕著になります。パンはおかずやスープなどとの馴染みがよく、腹持ちもよい。世界に目を向けて主食をみれば他に小麦ではありますがクスクス、ジャガイモ、トウモロコシ、タロイモなどなど炭水化物食品は色々あります。基本はどれも安かったから主食になれたのです。でも今の世相を考えると主食といえど大事に食べることが必用になってきました。もっといえば粗食の考え方が基本になります。食べること命の私といえば「お前違うじゃないか」なのですが、今日も玄米ご飯を炊いています。まあ、めりはりをつけて一回の食事をじっくりと味わっています。
Click:マンダリンホテルでの食事にでてきた数々のパンとバター、オリーブ油、それにクリームチーズ。これだけで豊かな気持ちになります。パンにオリーブ油が日本にも定着してきましたね。

tsurezure_nikki at 07:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月16日

何故か蝶が

b808f03f.jpg今年、房総の山は蝶が乱舞しています。昔のように田畑が整理され耕されていたころは農薬散布も多く、蝶も急激に減ってきたことは確かでした。記憶のなかでは春、シジミチョウやモンシロチョウ、シジミチョウなど、夏になるとヒカゲチョウやアオスジアゲハ、キアゲハなどが優雅に飛んでいましたが、一時期ほとんどみなくなってしまいました。ところが今、カラスアゲハチョウが沢山とんでいます。それにギンヤンマなどのトンボも多いようです。荒れ果てた休耕田のおかげで自然が帰ってきたのかもしれません。ただ山の荒れようはものすごいものがあります。どうもアケビなどは猿が食べてしまうということもありますが、確実に減ってきています。自然は地球温暖化のもと里山も微妙に変化しているようです。
Click:先日神戸にいったとき新幹線の駅でみつけた蛾です。山が近いということでこんな珍しい生き物がいるのかもしれませんが、生態系の変化の結果かもしれません。

tsurezure_nikki at 08:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月15日

中秋の名月

b15ca733.jpg満月の南中時が11時頃と見ごろ、それにようやく涼しくなり、自然の大舞台を観劇できるのは嬉しい限りです。昨夜はボゴダで七輪を使っての簡単バーベキューを楽しみました。根本海岸から百辰曚鼻波の音をききながらゆったりとした時間を過ごしました。東から西へと雲間のあいだから顔をだしながら波間を照らす光は美しいのひと言です。フェレイローラ村にいるときは毎日月を意識します。時間の流れは月でわかるし、種を蒔いたり畑仕事はすべて月の満ち干で決めます。スペインの宗教儀式や隣のモロッコでは太陰暦を併用しています。月の運行が身近に感じられる生活はやはり何時まで経っても大事なことのようです。
Click:月の話で夕陽の写真は何故?、なのですがお月様の写真は私の力では上手く撮れません。たまたま昨日の海はとても綺麗でした。乳白色の大気のなか、波間に映る金色の輝きはこれまた美しい!

tsurezure_nikki at 07:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2008年09月14日

子供たちとの食事会

af2887d7.jpg日本に帰ってきて3人の子供との食事はやはり嬉しい。今回は三越本店の隣にあるマンダリンホテルの38階にあるレストランSIKIで¥2,700円のランチを食べました。やはり世界に誇るホテルだけあり、サービスも料理も満点でした。楽しく食事をすることの意味を改めて考えさせられました。他国ならチップがあり、モチベーシオンも上がりますが、日本でこのサービスを維持するのは大変だとおもいます。日本人の勤勉さを感じないわけにはいきません。
Click:食事のなかでもデザートが楽しい、やはりパティシエの質のたかさを感じました。デザートは大事ですね。


tsurezure_nikki at 09:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年09月13日

東京へ

e655a1a9.jpg久し振りに3人の子供たちと一緒に食事をするため東京にゆきます。もう皆さん社会人んなのでそれなりに忙しくいつも会うというわけにもいきません。日本に帰ってきてはじめて皆さんに合うのですが楽しみです。どんな話題がでてくるか、でも、この27日に結婚式をあげる長女の話がメインになりそうです。
Click:草刈がなされたところはとても綺麗ですが、まだまだ半分も終わっていません。明日もひき続き草刈作業をします。

tsurezure_nikki at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!