2008年12月

2008年12月30日

お正月はセビリアで

9bda0b7d.jpg今年も残すところ2日になりました。皆さまには色々とお世話になった2008年でした。本当にありがとうございました。これから車で350キロほど離れたセビリアに向かいます。10年ほど近くのアルカラデグアダイラというパン作りで昔から有名だった街に住んでいたので懐かしい思いです。31日にはコロンブスやマゼランが大航海に船出していったグアダルキビール川の河口の街、そしてシェリー酒、マンサニージャの産地でもあるサンルーカルデバラメーダにいってきます。お正月は再びセビリアにゆき、2日にフェレイローラ村に帰ってきます。それまでブログはお休みします。良いお年をお迎えください。
Click:村にはクリスマスのお休みを利用し、多くのトレッキングのお客さんがやってきています。こんな片田舎、昔は静かだったのですが、時代が変わったようです。でも、とても健康的でエコロジカルな観光ではないですか。喜ばしいことと考えています。

tsurezure_nikki at 10:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年12月29日

グラナダの旧市街地

af97f8a1.jpgグラナダの街には二箇所の世界遺産があります。ひとつはご存知アルハンブラ宮殿なのですがもうひとつ旧市街地アルバイシンがあります。ダウロ川の渓谷を挟むように位置している南面に、太陽の光を受け止めるように白い家々が広がります。
パソコンの設定変更などをしていただいているホルヘはこの地区に住んでおり、ときどき訪れます。斜面に沿って小道が続き、景観も綺麗だし、古い佇まいがまた魅力的です。このところ外国人が住み始め、不思議な居住空間、コミュニィティに変化しています。それに歴史的にはアラブ人たちのハートランドでもあり、モスクができたりもしています。これからこの世界遺産がどう変化してゆくのか、興味があります。
Click:写真の路を降りてゆくと通称アラブ坂と呼ばれ、メジナのようにアラブ人の小さなお店が並ぶ地域になります。お茶屋さんも多くなんだかモロッコにでもいったような気分になります。

tsurezure_nikki at 14:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年12月28日

村のタパ代表

20dba73a.jpgなにせスペインは居酒屋ことバルの魅力がすべてといってよいほどです。村には村らしいタパ<おつまみ>があるのですが、まずトルティージャエスパニョーラ、まあじゃがいものオムレツです。これは田舎といわず都会でも食べるしタパとしてでてきますがその頻度が違います。それにそれぞれのバルで味が違いそれぞれに楽しみがあります。そして豚肉のトマト煮、もっといえばソフリートというトマト、タマネギ、ニンニクで作ったソースでぐつぐつと煮込んだ一品。マリッサのバルではだれかがイノシシを捕まえればこの味付けで一週間は同じタパになるのです。これを食べるとスペインの田舎にいることを実感します。
Click:今円が強いのでこのタパがついてビール一杯が150円、安いものですね。

tsurezure_nikki at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年12月27日

年金生活者のためのバル

2176685f.jpg日本にもあるのか、スペインでは年金生活者が手厚くサービスを受けられるようになっています。そのひとつにバルがあります。格安でビールからコーヒーまで飲めます。面白いのは一般の人たちも利用できることです。スコットランド人の友人、ジョンと一緒に寄ってみました。その安さにびっくり、トーストとカフェオレで法貨150円ほど、まあ、面白半分寄ったのですが毎日は悪くていけません。年金生活者は椅子に座りドミノやカードでひがな仲間と過ごしています。まあ、ここに一般にひとたちもいることに意味があるのかもしれません。
Click:ジョンはマリッサのバルの親爺さんアントニオからここの存在をきいたようです。オルヒバの街のもうひとつの飲み屋さんといったところです。

tsurezure_nikki at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年12月26日

久し振りに剪定

d391dde5.jpg今年の春はあまり剪定しなかったこともあって徒長枝が沢山でていました。とくに杏子や林檎は勢いがよくこれはこれでよさそうなのですが、まず実が生りすぎて折れそうなこともあってまずは剪定を始めたわけです。小枝は来年の暖炉の炊き付けになります。この2年は馬糞を沢山あげたこともあって樹勢は良いですね。畑の楽しみは子の剪定にあります。来年はあまり実付きはさせないつもりです。
Click:まずは剪定バサミを研ぎ切れ味をよくしてから作業をはじめました。ときどきこんなことだけで生きてゆくのもよさそうだなぁ〜、と考えてしまいます。

tsurezure_nikki at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年12月25日

燻製おもちに感動

4ebad150.jpg昨日暖炉でおもちをやきました。燻製の温度は65度〜70度、そこであまり直火にならないようゆっくりと焼き上げたところ、オリーブの木といえど美味しい燻製おもちができたのです。ひとつはバターとお醤油で海苔巻き、もうひとつはババリア地方の柔らかいブルーチーズをはさみお醤油で、それも納豆と一緒に賞味しましたがやはりおいしかったですね!
Click:相変わらずダイアルアップ接続、29日からはシェリー酒の産地サンルカルデバラメーダにいきます。日本からの友人とセビリアでお会いしたりしますので、2日までこのあいだブログはお休みします。

tsurezure_nikki at 19:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2008年12月24日

鯛鍋で乾杯

7f0bbcfb.jpg火曜日にくる魚屋さんが鯛をもってきました。やはりクリスマスですね、そこで館山の刀鍛冶石井さんの特製左用出刃包丁が活躍、三枚におろし、鍋の支度をしました。ドイツ人の若者が豆腐を作っており、丁度手に入れたところでした。白菜にネギ、ニンジンを昆布と干ししいたけでたいて美味しい鍋を賞味しました。赤ワインでしたがリベイラデドゥエロの滑らかさがこってりした鯛の身と合いました。
Click:またまた無線ランが使えなくなり、ダイアルアップになりました。少しご迷惑をおかけするかもしれません、すみません。

tsurezure_nikki at 19:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年12月23日

冬至の光

86a19a1e.jpg夏至、冬至、南中時の光の射すさまはかなり違い、同じ光景でありながら印象力は別物です。冬至の光は流れ込むように大地と平行に伸びてくる。この光がたまらなく美しい。畑の印象も夏とはかなり異なる。勿論落葉樹は葉を落とし、木々の隅々まで光が照らしだす。ある意味で林は透明になり、その真実を晒しだすようにもみえる。ということで冬景色はそれだけでだいすきです。
Click:果樹園ですが冬になると日本と違い青々と大地が染められます。なんとも絵になる佇まいではありませんか。

tsurezure_nikki at 07:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年12月22日

羊と山羊

b975572a.jpg日本とスペインの違いに放牧があります。スペインではどこにいっても山羊や羊の大群にあいます。山羊はお乳でチーズを、それにオスの乳のみ山羊は食用にします。羊は毛を刈るというよりは食用にします。羊の肉はスペインでは最高級の食用肉です。ということで昔から放牧されているのですが、羊飼いはどこでもおかまいなしに連れ回します。去年はマリッサのバルの親爺さん、アントニオのブドウ畑に羊飼いが勝手に入り込み、芽をすべて食べてしまい問題になりました。でも、羊たちは今日もあちこち美味しい新芽を求めてさ迷い歩くのです。フェレイローラ村にも百頭以上の羊が飼われており、ときどき村のメイン通りを占拠してしまいます。でも、動物たちが一緒に生活していることはとても居心地がよいものです。
Click:このところ野生動物に出会うことが多い。先日ももう少しで大きな猪と衝突しそうになったし、犬かと思ったら狐でした。まあ、畑での悪さは困ったもんなのですが、彼らに出会うとなにか嬉しいのは不思議ですね。

tsurezure_nikki at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年12月21日

イギリスの文化

0af47ec9.jpgこの数年、イギリスの高金利<今は昔になってしまい、経済不況と低金利のためイギリス人も減ってきてはいます>政策のおかげでかなりのイギリス人がスペインへやってきました。とくにアルプハーラ地方はロックのミュージシアンが滞在記を書いたのが<イギリスで4週間ベストセラーになりました。日本では「アンダルシアの農園ぐらし{DHC社発刊}として出版されています>きっかけでもう大量のイギリス人<ほとんどがヒッピー>がやってきて疎開地化してしまい、オルヒバの街では<イギリス人はでていけ〜>とデモがおきる始末でした。しかし彼らは今までになかった文化を根つかせました。そのひとつが自然食、なんと隣村のピトレスでお醤油から味噌、先日ご紹介した房州産のヒジキまで入手できるようになりました。もちろん近隣の村でもイギリス人やドイツ人が自然食品店を営業しています。他にパンです。彼らのケーキやクッキーの作りようは驚くほどだし、ライ麦や玄麦を使ったパンは美味しいのひとことです。蜂蜜、オリーブ油にぴったり合います。金曜日に開かれるピトレス村の青空市にはイギリス人たちがかならずパンを売りにきます。食生活がこんなことで変化していくようです。

tsurezure_nikki at 19:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!