2009年03月

2009年03月31日

ドネルケバブについて

dd467b20.jpg隅田川は言問橋の近くで、ドネルケバブの屋台をみつけました。アラブ風サンドなのですが、このファーストフードがスペインで爆発的に流行っています。というか、ヨーロッパではマクドナルドよりはかなり多くのお店があります。アラブの料理ですから基本的には豚肉は使いませんが、羊肉を基本に鶏肉や牛肉を写真のように赤外線での焙り焼きをします。なんとイスタンブールでは炭火にこだわり階段状に炭火を置き調理していたのをみたことがあります。このドネルケバブ、日本に定着するかとても興味をもって見守っています、美味しいですよ!
Click:グラナダに下りると良くドネルケバブを食べます。ピタパンのなかに野菜たっぷり、辛味ソースをかけてもらってかぶりつきます。ひとつ450円ほどでバランスのよい一食、納得のファーストフードです。

tsurezure_nikki at 08:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月30日

花見の光景を初めてみる

1ecea420.jpg先日浅草の秋山医院にいったついでに、隅田川べりを歩きました。もう桜が咲こうとしているのですが、いまいっぽ、蕾はまだ固いようでした。しかしヒトはそれを待てないのでしょうね、花見客がもうご機嫌に酒の宴をはっていました。
実は人生の半分はスペイン、日本の風習に疎いところがありまして、花見をしたこともありませんし<桜はみていますが一杯飲むことがありませんでした>、ちょっと驚きでした。シートの上に車座になり皆さんが飲んでる光景、不思議な思いをしました。もうかなり外国人の目だったに違いありません。感じたことは日本人が自然を愛でていることに感動したことです。それとスペインもそうですがすべて家族単位で集まるのに、日本人は会社の同僚なのでしょうね、これには少し違和感がありました。まだまだ日本には特有な文化が日常生活のなかにあるようです。
Click:それにしても寒空のなか、皆さん元気ですね。座ることが苦手な私にとってはよくこんなところに、冷たいだろうに座れるなぁ〜と感心もしました。

tsurezure_nikki at 09:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月29日

Jazz festival in Tateyama

22dacea0.jpg昨夜里見氏を祭った館山城で第一回ジャズフェスティバルが開催されました。館山ふるさと親善大使でもあるフルート奏者、深津純子さんと日本を代表するジャズピアニスト、ヒロモロズミさんを中心にキューバからやってきたプレイヤーとともにサルサやジャズフュージョンを演奏しました。寒空のなか、まだ蕾が固い桜のもと、どうにか百人ほどの観客を集め成功裏にイベントは終わりました。このイベントが来年も続くよう祈ります。さて、ジャズ屋ニューマミーで富津でデザイン事務所を営んでいる森さん、館山のCDショップ「STEP]の片桐さんと体を温めるキーマカレーを食べました。話題は崩壊する千葉の農業、その将来像、リゾート地の有様と難しい話題になりました。私たちでさえ心配する現実を地元のふたりから伺いました、問題多々です。
Click:深津さんもご主人と一緒ににこられましたが、かなり美酒に酔われていましたね、女性の酔う姿は悩ましいですね。ヒロモノズミさんとは勿論初対面、好青年でしたね。たまたま画集を持っていたのでプレゼントしたら最新のCDアルバムをいただきました。優しさ、メロディラインの美しさ、正確な技術力、かなり好きなタイプでした。

tsurezure_nikki at 10:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月28日

フキが旬

e4b15b6f.jpg私の家にはフキが沢山生えています。というか、このあたりどこにでも群落で生えているのですが、ほとんどだれもとりません。先日地元の早川さんが皆さんに手分けして集めさせてもっていったのは、新鮮な驚きでした。
なんてひとごとのように見ていてはいけませんよね、少しでも調理してみます。早川さんはまず根本から抜き、日にあててうっすら乾燥させます。それを塩で揉み、アクをとってから圧力釜で簡単に煮たら下ごしらえができあがりだそうです。後は酒、味醂、醤油で煮込めばよいそうですが、本当は料理をしているところをみたいですね。料理を覚えるとはこうなんですよね。
Click:昨日浅草の秋山医院にゆき、健康診断のため血液採取をしてきました。フェレイローラ村にもご夫婦でいらした友人<高校の同級生>でもあります。2月の検査で血糖値が高かったので再検査だったのです。さすがに酒、お肉やオイルをひかえたおかげでかなり良くなったみたいですが、検査結果が心配です。それにしても会話は食べ物ばかり、彼は「昨日鴨鍋を食べたけど美味しかった!」は辛い話題でした。

tsurezure_nikki at 09:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年03月27日

県立野鳥の森へ

fd7ffc46.jpg私の住んでいるところが特別鳥獣保護地域に隣接していることは以前お話したとおもいますが、それに付け加えて眼前の山が県立野鳥の森でもあります。雉、山鳥に加えてフクロウまで棲息しています。まあ、猿は困りものですが、野生動物がとても多いようです。実は家の前の農道は行き止まりと表示されていますが、本当は野鳥の森の広場に通じています。今の時期山桜は咲いているし、フキが食べ時、そこで餅つきのとき皆さんと腹ごなしとばかり散歩をしました。ほんの15分ばかりで行くことができます。メタセコイアの林でひと休み、良い腹ごなしになりました。
Click:こんな素晴らしい自然豊かな環境でありながら、ほとんど利用されていません。もったいないのひと言です。

tsurezure_nikki at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月26日

菜花料理

75000415.jpgお餅つきのとき地元の早川さんが菜花尽くしのお料理をお持ちになられました。お豆腐とゴマを使った白合え、芥子合え、そしてソバ汁と味醂を使って合えた一品でした。このあたりではどこの農家でも菜花を栽培しています。芯まで柔らかく、私はベーコンとニンニクと一緒に定番パスタを食べますが、やはり和風が自然ですね。帰りに少し頂いたので、今も美味しく賞味させて頂いております。
Click:腰痛は少しずつ改善しております。皆さんのご心配に恐縮しております。どうにか日常生活には支障がありません。本当にありがとうございました。

tsurezure_nikki at 08:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月25日

お隣でお餅つき

76bf004f.jpgお隣といっても300辰曚瀕イ譴討い襪里任垢、中尾さん宅で餅つきがあり、嬉しいことにご招待されました、ありがたいことです。餅つきといっても杵と臼は使わず餅つき器が捏ねてくれます。といっても7升のもち米の準備は大変なようでした。まずもち米を洗い一昼夜置いて、それを蒸さなければなりません。薪を燃やし釜で古式豊かな金属製の大きな蒸し器で次々に蒸しあげて餅つき器でお餅を作ります。今は蓬の新芽時期、蓬もちにあんこをまぶし頂きました。他に食紅を使って赤いお餅を大根おろしや黄粉を付け、食べに食べました。つきたてのお餅は美味しいですね。
Click:でも、なぜ今お餅つきか、謎がわかりました。ご主人がつきたてのお餅を食べたこと無いということで、地元の早川さん家族が特別に仕立ててくださったのです。移住組と地元の人々との文化交流でもありました。

tsurezure_nikki at 09:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月24日

用の美

176a9319.jpg学生のころ工芸とはなにか、学んだつもりです。機能美はバウハウスから、民芸は柳宗悦悦、先生たちはそれこそ人間国宝が普通に教えてくれました。おかげで好きだった絵を描くというところに生甲斐をみつけています。でも、相変わらず生活のなかでの道具、環具というのか、少しでも生きる喜びを培う諸々を楽しんでいます。
先日自家焙煎コーヒー店「ボゴダ」にいったら、とてもセンスのあるセットででてきました。白化粧というかカオリンを使った手捻りカップ、にフルーツケーキ、それにお盆代わりに使われていた板は海岸に流れ着いた漂流物、いいですねぇ〜、コーヒーが益々美味しくなります。そしてもうひとつ、この美意識の主が男であることです。なんだか男のロマンさえ感じました。
Click:WBCが佳境にはいってきましたね。野球をみていると日本にいることを実感します。それにしても日本は強いですね、それに正確だし、国民性を反映しているようです。勝って美味しいお酒を飲みたいですね。

tsurezure_nikki at 10:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月23日

フクロウまで鳴き始めました

b163668d.jpgこのところ三寒四温の日々が続きますね。昨日とはうって変わり晴天、でもちょっと寒いかな?こんな天気だとまず蛙の合唱がうるさかったり静かになったり、面白いものですね。それに子蛙が路に飛び出しピョンピョン危ないこと、やはり車で轢いてしまうのはいやなもの、目を凝らして運転しなければいけません。
私の住んでいるところは鳥獣保護地域でもあります。面白いところではフクロウの存在です。「ゴロスケホーホー」と本当にその鳴き声が聴こえるから可笑しい。なんどか夜、飛んでいるところをみましたが大きいですね。ここは自然がいっぱいですよ。
Click:写真は小塚大師の手を清める水盤です。龍の口から水が出てくる仕掛けはどこのお寺も同じなのかな?風情があります。

tsurezure_nikki at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年03月22日

小塚大師のお祭り

bab82027.jpgよく歩く散歩コースの途中に弘法大師開祖の真言宗智山派、小塚大師があります。南房総では有名なお寺で安房官幣大社とともに深い信仰を集めています。普段はお寺で住職がお庭を掃除していたりで静寂が広がっています。、その小塚大師が春の厄除け大祭ということで、暖かさも手伝い、すごい人混みでした。楽しみはやはり植木市です。土地の人たちは地元で育った苗だけに活着し易いとの評判、多くのお客さんを集めていました。
Click:昨日も白浜の自家焙煎コーヒー店「ボゴダ」にいきましたが、国道128号線は車で一杯、アクアラインの値下げ効果のようです。

tsurezure_nikki at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!