2009年12月

2009年12月31日

貴重な子育て世代が集結

8f4e9854.jpgスペインはどんな小さな村でも生活の中心に広場があります。大体教会があり、役場もあるところも多い。昼下がり乳母車を押した若奥様たちが集まり午後のお話を楽しんでいます。ところが日本ではあまり見受けないので、どこか郊外の公園にいけばそんなところもあるのではと勝手に考えていました。ところがデズニーランドにいって驚き、どこも乳母車がずらりと並んでいるではありませんか!こんな光景はなかなかみることはできませんし、想像だにしていませんでした。それだけ日本での子育て世代は同じ行動様式なのかな?未来を託すべき世代がなにか商業主義に踊らされているようで不安に思えるのは私だけだろうか。
Click:2009年、誤字脱字、支離滅裂な文章にもめげず、アクセスしていただいた皆さまには本当に感謝しています。催事で地方を訪れると「ブログ読んでますよ」、などと声をかけてくださる方々がいらっしゃいます、ありがたいことです。一方通行的<コメントができますが…>対話ではありますが、ひとりの絵描きが話し続けることもまた一興、恥を忍んで来年もおこないます。宜しくご支援のほどお願いします。今日から急に寒くなりましたね、くれぐれもご自愛を、そして皆さまにとって幸多い2010年になるよう南房総館山から祈念いたします。

tsurezure_nikki at 08:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年12月30日

DREAM

343ade16.jpg絵を描きにデズニーランドにいってきました。今からほぼ半世紀まえ、ロスで行った以来の私としてはその混みようと熱気に驚いてしまいました。千葉をテーマとして千葉銀総研さんの仕事でもないかぎり訪れることは無かったに違いありません。皆さんの表情をみていたら先年、やはり仕事がらみで訪れたラスベガスを思い起こしてしまいました。なんだか「THIS IS DREAM」といった今様お仕着せ幸福感に踊らされているようにも感じたからです。これはとても恐ろしいことで、その行き着くところ、自我を失いかねません。駅のところにはイアエンドのカウントダウンに出席する若い方たちが寝袋に包まって列を作っていました。
Click:どうも絵描きという商売、暇をもてあましているようにみえますが、その実忙しいのです。来年の催事の準備、再来年のカレンダーのために今準備をしているのです。でも、畑仕事は少しずつですが毎日、手がけていますよ、これ大事なこと。

tsurezure_nikki at 08:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年12月29日

餅つき

6569dda4.jpgお隣の中尾さんのところで沢山のお仲間が集い、お餅つきをしました。主役は農家の早川さん、もち米を蒸す蒸篭やかまどなどをお持ちいただき、薪で火を焚き、3升近く炊きました。さすがベテラン、蒸気の上がり具合で蒸し時を判断し、業務用の餅つき機であっというまにお餅を作りあげました。黄粉、餡、大根おろし、胡麻などにつけながら、つきたてを腹一杯ご馳走になりました。暮れの餅つきなんて何十年ぶりだろうか、早めの年越し蕎麦といい、季節を味わい、行く年来る年、日本でのお正月体験、いいものですね。
Click:今日はこれから東京に行き、浦安はデズニーランドに向かいます。なにも入園するのではなく、千葉銀総研さんのカレンダーのため、スケッチをするのです。といっても自分なりの絵柄にしなければならず、あちこち歩き廻ることになりそうです。

tsurezure_nikki at 06:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2009年12月28日

早めの年越し蕎麦

2cbb0b38.jpg元CDショップ「STEP」の片桐さんの運転で<彼は飲みません>、ワインバー「リブロス」の小宮さん、千倉館の社長鈴木さんと板さんの内田さん、「波助」のプロサーファー、ヒロエさんと大人数でお蕎麦を楽しみました。実はコアデザインの川名さんまで一緒にとのお話でしたが、車の店員オーバーでお断りすることになってしまいました。
打墨庵加瀬の蕎麦は納得の10割、それに静岡の日本酒<酵母の香りが心地よい>がまた旨い。つまみは天麩羅、卵焼き、それにニシン。ミガキニシンかと思いきや、一夜干しのニシンを煮含めたもので、美味いのひと言でした。房総にも納得のお店が現れ嬉しいし、末永く商売をしてほしいですね。

tsurezure_nikki at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年12月27日

日が長くなりましたね〜。

65daec68.jpg日が短くなっていた毎日が冬至を境に反転、長くなりましたね。これは自然のなかで生活しているとしっかりと実感できます。そして体にもエネルギーが満ちてきます。自然の摂理は、あきらかにヒトの生命感のリズムを支配しているようです。
昨日は朝はひとりで土方仕事、午後は内房を上総湊までスケッチにゆきました。途中、富浦にある豊岡海岸に寄りましたが、静かな入り江が気持ちよい良港でした。思わず住んでみたいと思いました。まだまだ隠れたゆったりと心を和ませるスポットが沢山ありますね。
Click:今日はこれから鴨川に新しくできた蕎麦処、打墨庵<うっつみ>加瀬に、ワインバー「リブロス」のマスター小宮さん、千倉館の社長鈴木さん、元CDショップ「STEP]の片桐さんと行くことになりました。蕎麦にうるさい小宮さんがみつけてきた、名店、柏の「竹やぶ」から暖簾わけしたお店です。お酒を飲まない片桐さんの運転で、ゆっくりとお酒で天麩羅と10割せいろ蕎麦を堪能してきます、楽しみだなぁ。

tsurezure_nikki at 08:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年12月26日

土方士補

79b5fb89.jpg昨日はほば一日、土方仕事に勤しみました。杉を切り倒したのは良いのですが、運び出すためには2トン車が入らなければばらず、取り付け路の拡幅が必要だったのです。昨日はいつもお世話になっている飯田さんとともに路肩を削り、土を駐車場にしているところに運び上げました。軽トラを小栗モータースから借り受け運んだのですが大いに助かりました。それにしても大変な仕事でした。そこで学んだことはスコップの呼び方、先の尖った良く使うものを剣スコ、角型を角スコと呼びます。といった按配で勉強になりました。
click:昨日は千倉、白浜、丸山、和田地区の食堂が共同使用するランチョンマットのデザインが決まりました。いつかお披露目できるかと思います。

tsurezure_nikki at 08:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年12月25日

アセルガの写真です。

21c108ed.jpg写真を添付するのを忘れてしまいました。ここに載せます。

tsurezure_nikki at 08:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

寒さに強いアセルガ

ようやくスペイン行きの切符が決まりました。21日スイス航空、チューリッヒ経由、燃料費などのサーチャージを含めて3ヶ月オープン、約12万円でした。本来もっと安い切符もあったのですが、すべてソールドアウト、景気が悪いといわれていますが、円高も追い風に、海外に多くの方々が出かけられているのですね。それにしてもソワソワ、まずはマドリッドでの樽詰めのシェリー酒が待っていますからね。
Click:寒さが厳しくなりジャガイモなどの葉は霜げてしまいました。でも、この寒さもなんのその、いくつかの葉野菜は強く耐えています。そのなかにスペインからもって来ましたアセルガがあります。日本ではフダン草と呼ばれているようですが、ガルバンソ<ヒヨコ豆>と一緒に炊くのがスペイン流、近日、料理をしてみようかな?

tsurezure_nikki at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年12月24日

房総のぶんまわし

6ba8cff7.jpg房総の冬といえば強烈な西風があります。その風が小高い山に反射し方向感のないまま、ぐるぐると舞い吹き荒れます。この何年かあまり激しい風の日はなかったとの話ですが<この頃スペイン滞在のためあまり知りませんでしたが>、先週は寒波とともに昼夜をとわず風の日が続きました。その凄さは孟宗竹が何本も折れたことでもわかります。朝一番、ノコギリで折れた何本かをかたずけました。
Click:今日もこれからツルハシを振り上げ路普請をします。これって腰にくるんですよね。助っ人の飯田さんは都合で明日になるとのこと、ひとり、クリスマスの一日、土方仕事に励みます。

tsurezure_nikki at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年12月23日

初霜がおりました。

256f4d0d.jpgこの一週間、寒い日が続きました。それに天気が良い、ということは放射冷熱によって、朝がたの冷え込みはきつい。とうとう霜がおりました。土がカチカチになり、冬を実感しています。それにジャガイモやヤーコンの葉はさすがに霜を冠しながらちじれてしまいました、ようやく冬はきぬです。キュウリやニガウリが生っていた夏はつい最近のことだったのですが、早いですね、今は冬真っ盛りなのです。そしてクリスマス、年の瀬、お正月がきて、スペイン行きが待っています。1月21日がその日、どうしてもそれ以前には航空券が取れなかったのです。でも、4月8日が帰国日なのですが、5月5日からは新宿伊勢丹百貨店で催事、その準備を今からしなければならないのです。それにカレンダーの絵を描かなければなりません、ということでゆっくりできませんね。
Click:杉を製材するためには道路まで運びださなければなりません。敷地に上がる路がちょっと狭く、2トン車が通れないので拡幅すべく、ツルハシで仕事をしました。近日中に飯田さんと一緒に土を取り除かねばなりません、ひと仕事です。

tsurezure_nikki at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!