2010年03月

2010年03月31日

高瀬ご夫妻にお寿司をいただきました

2010 037

今日はフラメンコの写真を撮り続ける高瀬さんご夫妻から手作りのお寿司をご馳走になりました。本格的なトロ、ヒラメ、タコ、イカなどのにぎりから各種のり巻きまですべて高瀬さんご夫妻が準備されました。まさにプロ顔負け、スペインに来て初めて<日本食レストランも含めて>本格的なお寿司を食べさせていただきました。感謝感激、多謝多謝。
夜遅くまで高瀬さんが追い続けたフラメンコの世界を紀行させていただきました。生のファルーコ一座のお話、ジプシーのこと、はたまた踏踊の世界、土方巽の素晴らしさまでいきつき、さすがに私には訳がわかりませんでした。でもこんなにも美味しい料理とお話に身も心も満腹、楽しい時間を過ごさせていただき、本当にありがとうございました。
Click:朝一番、グラナダの街に日本へのお土産などを買いにいってきました。聞くところによると、機内への荷物の持ち込み制限がとても厳しくなったとか、重量オーバーにならないように考えなければならず、苦労しています。

tsurezure_nikki at 08:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月30日

桜咲く

2010 022

さすがにもう雨の日は続かず晴れまたは曇りの日が多くなりました。ただ気温はなかなか上がらず摂氏10度を超えるほどです。しかし太陽が顔を出し始めたら果樹の花が一斉に膨らみ、サクランボの花が満開になりました。なんだか日本の気候と同じようですね。それに洋梨のなかでも5月下旬には食べられる小粒な「ペラデサンファン」の花も今が満開です。今年の春は遅く来たのですが、木々は急いで春支度をしているようです。でも、まだまだリンゴなどは硬く芽を閉ざしています。
Click:昨日から春一番なのか強風が吹いて、今現在停電中です。植えた苗木には支柱を立ててはいるのですがどうなるのか心配です。スペイン時間ただいま朝の5時、まだ真っ暗なので見にはいけません、心配です。耐えてくれると良いのですが。

tsurezure_nikki at 13:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月29日

カツ丼で3本

2010 029

いつも世話になっている友人、スコットランド人のジョンとオランダ人のヤンを呼んでカツ丼を食べました。まずは前菜としてモッツアレーラとトマトのサラダ、コンニャクのごま油炒め、ドイツ人からいただいた本物のフランクフルトソーセージから始まったのですがよく皆さん飲みました。カバ、赤ワイン、日本酒、それに鹿児島産焼酎、お開きになったときは12時を過ぎていました。ヤンはまだスペイン語がおぼつかないので英語になったりで言葉が錯綜しましたが、楽しい時間を過ごしました。仲間との語らいももう10日を切ってしまいました。明日はスペイン人の友人からフィエスタに誘われましたが、さすがに胃袋ともども疲れてきたし、なにせ気分はダイエット、お断りするつもりです。
Click:今日3本の苗木、イチジク、リンゴ<グランスミット>、アセロラを植えました。上手く活着してくれるとよいのですが。そういえば日本を離れるとき4本の梅と2本のレモン、2本の甘夏を植えてきました。どうなっているか早くみたいものです。

tsurezure_nikki at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月28日

教会でバロック音楽

2010 027

昨夜フェレイローラ村の教会でバッハやヘンデルなどの曲を16・7世紀の楽器<レプリカ>、チェンバロ、リュート、小型チェロ、バイオリン<弦はガットで竿は短め>、木管フルートなどで演奏しました。さすがバロック音楽は教会にぴったりで、音色が一体化し、とても素晴らしいコンサートになりました。また、教会の修繕費を集めるためのチャリティでもありました。小さな村での催事でありながら立ち見がでるほどの盛況でした。
Click:壇上で挨拶しているのはクリス・スチゥアート氏。アルプハーラ地方に住み始めて10年程になりますが、彼の書いた「Rolling over thelemons」はイギリスで4週ベストセラーになり、おかげでこのあたりではイギリス人が多く移り住んできました、彼の影響力は絶大です。

tsurezure_nikki at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月27日

遥かかなたに我が村が

P1040618

このところ霧が立ち込め、なんだか我が村フェレイローラが雲海に浮かぶ箱舟のようにみえたりしています。いつになったら雨や曇りの日が明けるのか、それに霧というか雲が山並みを覆い、なんだか墨絵の世界をみているようです。雨量の多さは60年ぶりだとか、4年分の降雨量を3ヶ月間で記録したとか異常気候が続いています。でも、そこは南スペイン、ようやく夏の先駆けを感じさせるような天気予報になってきました。曇りのち晴れといった日が多くなったし、なんといってもアーモンドの畑が新緑に萌え、大地も青々としてきました。といったところで帰国の日が着実に近づいてきています、まさしく光陰矢の如しとはよくいったものです。4月7日にはフェレイローラ村を経ちます、もう残り2週間を過ぎてしまいました、そろそろ荷物をまとめ始めようと考えています。
Click:このところ航空会社の荷物制限が厳しくなってきたようです。あまり無理をせず、身軽になって帰ろうと考えています。写真は友人のジョンが提供してくれました。いつも寄るマリッサのバルが右端に、左にはメッシーナ村と教会がみえ、真ん中遥かかなたにフェレイローラ村の教会の尖塔がみえます。

tsurezure_nikki at 07:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月26日

美味しいパエージャとは

2010 016

明後日からはセマナサンタ<イースター>週間が始まり、スペイン全国がお祭り騒ぎになります。あちこちで交通渋滞が起き、村から出かけるのが大変になります。そこで早めに写真家の高瀬さんご夫妻と海辺の街モトリルに食事をしにでかけました。目的はイカスミのパエージャだったのですが、お目当てのレストランはお休み、そこで高瀬さんご推薦のところにゆきましたが、大当たり、とても美味しいパエージャをいただきました。塩加減、火加減、具とご飯の兼ね合い、どれも一級品でした。また、アサリに似た二枚貝の生をレモンをかけて食しましたが、これもまた良し、楽しい一日でしたが、ダイエット中であることをすっかり忘れていました、再び自己嫌悪に陥りました。
Click:ゲストハウスの庭が雨で崩れていましたが、左官屋さんのセラフィンが直そうと話しかけてきました、ありがたいことです。来週、村役場にゆき工事についての相談をしにゆくことにしました。どこでも同じような問題が起きています。

tsurezure_nikki at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月25日

バルの景品なのですが

2010 011

こちらではどこでも景品としてカレンダーが配られます。写真はピトレス村のバル「フレナッソ」のカウンターに置いてあったものです。べつにたいしたことではないのですが、その配列に興味を示されました。キリスト様の隣になんとも悩ましい女性が並んでいたのです。日本だったら冒涜物とヒンシュクをかってしまいます。そこはおおらかなスペイン、あまり分け隔てがないようです、どう思いますか?
Click:車のフロントガラスにひびがはいり、修理工場に直してもらうべく置いて、帰りはトボトボとピトレス村から3キロほど歩いて帰ってきました。まあ直れば視界が心配なくみえるのはうれしいのですが、さすがスペイン人、保険会社から確実に保険適応されるよう、トンカチで立派なひびにされてしまいました。面白いですね、まったく。

tsurezure_nikki at 15:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月24日

公営市場のバル

2010 005

いつも買い物にいくオルヒバの街に公営市場があります。例のパンク散髪屋さんホルヘもここでお店を開いています。エコ八百屋さん、魚屋さん、ワイン専門店、若者向けの洋服屋さんからタトゥー屋さんまで営業しています。そしてテラスにいくつものテーブルをだしているバルとチュロス屋さんが一緒に営業しています。朝食はチュロス0.5ユーロほど買いカフェを頼みお砂糖をかけながら食べるのが庶民派です。左から二人目は国家警察の方です。皆さん思い思いのスタイルで朝のコーヒーブレイクを楽しんでいます。
Click:今日は天気予報がはずれて一日中晴天、芝を刈り、垣根をトリミングし、お絵かきをし、充実した一日を過ごしました。

tsurezure_nikki at 08:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月23日

畑の様子

2010 004

前にもご紹介したオルヒバにある畑の様子。フェレイローラ村とは数百メートルも標高が違うので、一ヶ月ほど季節は早そうです。レモンが沢山実を付け、空豆はようやく花が咲き、ニンニクが大きく育っています。多分館山と同じ時期かな?ようやく春めいてきましたが、天候不順はまだまだ続いており例年なら太陽が照りつけ暑い日なはずなのです。今週も雨が降りそうだし、ジャガイモが植えられないと友人がこぼしていました、困ったものです。しかし着実に春はきぬ、私の畑でもサクランボの花がちらほら咲き始ました。満開になるころ日本へ帰国ということになります。
Click:今日写真家の高瀬さんご夫妻がなんと手作りのこんにゃくと九州特産カツオ菜を持参で遊びにこられました。彼の畑ではタラの木、にら、フキ、セリなど色々と育てており過日、苗をいただき植えてあります。上手く活着するとよいのですが、どうなるか楽しみです。

tsurezure_nikki at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年03月22日

生ハムを焼く?

2010 012

昨日ご紹介した鉄板焼きで料理しているバルは隣村ピトレスにある「フレナッソ」なのですが、そこでだされたタパがこれです。生ハムにチーズを乗せ、焼いてチーズがとろっとしたところをパンにはさんでだされたのです。生ハムの切り立てを焼くと味がとてもよくなります。実はこれがふたつ付いて、ビール一杯の値段が1.2ユーロ<約150円>です。もうひとつは食べてしまったのですが、安いのひとことです。このように鉄板焼きを使ったタパは本当に多い。実は我が家にも鉄板焼きを買ってあるのですが、あまり使うことがありませんでした。ちょっとこれからは試してみようと思っています。
Click:久し振りに水餃子を作ってみましたがなんと23個食べてしまいました、またまたダイエットは遠のいていくようです、困ったものです。

tsurezure_nikki at 12:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!