2012年11月

2012年11月30日

沢山生っていた温州みかん。

P1050243

期待していなかった裏成の温州みかんが色付き、その存在を示すべく、沢山生っていました。といっても30個ほどですか、でもサルにみつかると他の作物まで荒らし回るのです、今日にでも収穫しますかね。樹齢30年ほど、でも杉の大木の影にあったので成長せず、なんとも寂しい樹勢なのです。しかし、今はそれなりに光も射し、元気に育ちはじめました。味は昔のみかん、酸味と香りがある甘さ、おもわず「旨い!」といってしまいます。先日も熊本産のみかんを食べましたが、甘いのは嬉しいのですが、香りと酸味もほしいですね。それから見るからに美味しそうな大きなみかんを食べると、味がしなかったり、当たり外れがあるようです。とまあ、蜜柑にもお話があるようですね、そして自慢話になってしまいました。
Click:昨日、ようやく百点近い作品を2階に運び上げました。この家は私の手作り、階段を作るのが難しいのと、一間のあいだに190センチ上げたので、急勾配、こんな大変なことになるとは想像もしていませんでした。でも、まだ荷物が残っていますが、どうにか家の中を歩くことができるようになりました。少しずつですが、仕事ができる体制になってきたようです。

tsurezure_nikki at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月29日

空豆が元気に発芽。

P1050230

昨日は作品の梱包と発送で一日が費やされました。1週間の個展期間、それなりに疲れたのですが、この最後の仕上げとしての仕事もきつい。でも、ようやく終わり、ほっとしているところです。ただ、戻ってきた作品も百点近く有ります、これを2階まで運ぶ作業がまだ残っています。とまあ、個展にまつわる仕事はほぼ完了、ちらかり放題の家をもう少し片付けなければなりません。それから再びお絵描きです。
今年も館山市の成人式に渡される案内状に、はな向けの言葉を書かなければなりません。お祝いに館山市を描いた絵葉書をプレゼント、ひとりあたり5種類として400人弱、2千枚になることになります。さて、どんな文章にすべきか、空豆の発芽を楽しみながら思案中です。
Click:それにしても期間中食べ過ぎたようです、かなりアンチダイエットな日々だったのですが、どうも疲れからか、悪寒と下痢で倒れるように家に着いた日は爆睡しました。おかげさまで体重がいっぺんに元に戻りました、神様の御加護があったようです。なにはさておき、食べ過ぎに注意、再びダイエットの心意気だけは持つようにします。

tsurezure_nikki at 09:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月28日

不在を待っていたニンニクは大きく成長。

P1050232

無事に個展が終わり、会場に展示した絵は房州物流さん、私たちも車で我が家に帰ってきました。それからが大変、お買い求めてくださった作品30点ほどを梱包、どうにか今日、発送できそうです。この作業が不得手、シャケッコが夜を徹して終えてくださったのです。一年一回のイベント、なんとかゴールがみえてきました。そして、まずは畑へ、植えたニンニクは芽をだし、写真のように大きく育っていました、生命の神秘をみた想いです。私たちは疲れ果てているのですが、その間、新たな生命が太陽のエネルギーを受けて育っていたのです。自然の輪廻のなかに組み込まれているのですね、感謝です。
Click:今回、お客様のなかに小生のブログをみてくださっている方々が多いのに驚きました。確かに毎日300人ほどのお客様が読んでいたのですが、そのパワーの強さを改めて感じました。2004年から毎日欠かさず書いていたのですが、初めは数人、9年の年月はすべてを一変させているようです。ここに真摯に皆さまにお礼もうしあげます、ありがとうございます、そして、これからもよろしくご支援のほどお願いします。

tsurezure_nikki at 09:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年11月27日

個展は大成功、皆さまのおかげで無事終了。

002

とうとう、無事に個展は終りました。昨日は朝から生憎な雨、お客様もしっかりと防寒をしてこられました、ありがたいことです。わざわざ蓼科から来られたご夫婦など本当に感謝です。また、女性カンタオーラ、芸大でスペイン歌曲の授業をお持ちの浜田若菜さん、父上はフラメンコ協会の理事長、浜田治郎さんの娘さんが来られ、来年は歌ってくださることになりました。詳しくはまだわかりませんが、声量のある若々しい歌声が聴こえそうです、楽しみです。昨日は最後の日でしたが、なにかと忙しい時間になりました。そして午後6時、お片づけが始まったのです。「ギャラリー5610」のスタッフの方々といつでも運べるように絵を箱詰めし終ったのは8時、ほっとして打ち上げになったのです。皆さまには本当にお世話になりました、ありがとうございました。そして期間中ご来場いただいたお客様、ご購入いただいたお客様、個展をサポートしてくださった皆さま、本当に感謝しています、深く感謝もうしあげます。
Click:打ち上げは和食の越前料理、「望洋楼」でおこなわれました。日本海の海の幸、特に写真の焼き鯖寿司がいたく美味しかったですね。お酒は黒龍、辛口でワインのような味わい深いお酒を飲みました。成功裏に終った個展、ほっとして酔いがじんわりと深まってゆきました。今日は11時頃、再び房州物流の2トン車がやってきます。もう心は館山にあり、早く畑の様子をみたいものです。

tsurezure_nikki at 06:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年11月26日

休養日は朝から居酒屋へ。

002

日曜日、天気も良いし、朝食をどこにするか考えながらホテルを出ました。すぐ近くに居酒屋があり、なんとお客さんが一杯、おもわずのれんをくぐって中に入りました。お客さんはすべて近くにあるJRAといったり帰ってきたり、仲間と話しながら馬券をかっていたのでした。ほとんどのお客さんはホッピーを飲みながらカウンターの上にある大皿料理のいくつかを頼んでいました。早速、タラの煮付け、揚げ豆腐などを頼み朝からビール、嬉しい日曜日になりました。心地よくなったところで再びフラフラ、JRAの前で昔懐かしい予想屋さんを発見しました。浅草の朝はJRAへのお客さんの集まりから始まっているようです。良き一日でした。
Click:ホテルにはピアスのためのビーズなどを持ち込んでいました。せっかくなのでいくつか作りました。まあ、今日は最終日、お客様もそんなに多いとはおもいませんが、並べてみます。どうも今日は雨模様、どうなるかわかりませんが、お寄りできるようでしたらご足労のほどお願いします。

tsurezure_nikki at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月25日

CACAO SAMPAKAで朝食。

001

南青山の表参道あたりはとてもお洒落なお店が沢山あります。まず、「ギャラリー5610」の道を挟んで反対側には何軒かのレストランやパン屋さんが店開き、落葉樹の大きな木が植えられ、ウッドデッキが広がり、池まで配置され、若者たちが優雅に朝食を楽しんでいました。近くにはスペインのバルセロナに本店があるチョコラテリア「CACAO SAMPAKA」があります。奥にはチャペルが植え込みのなかにあり、景色もとても良い。ここの朝食は600円、スペイン風サンドイッチ、ボカディージョとコーヒー、サラダや小さなヨーグルトなどが付きます。安いですよね、しかしコーヒーのお代わりを頼んだら、なんと480円、不思議な料金設定になっていました。しかし、まあ、納得の朝餉をいただくことができました。毎日、お店を変えて朝食を楽しんでいます。
Click:昨日は雨も降らず、お客様がきれませんでした。多くの方々が作品をお求めになり、嬉しい一日になりました。今回の個展は大成功、不景気といわれていますが、多くのお客様に助けられています。本当にありがとうございます。今日は日曜日、お休みを頂いています。明日の月曜日をもって、個展は終了となります。明日、お時間のございます方がた、ぜひ遊びにこられるようお願いします。

tsurezure_nikki at 05:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月24日

銀座「ささ花」でお酒を飲みました。

002

仕事を終え、久し振りに銀座にゆきました。2丁目にあるめがね屋さん、KAMUROでサングラスを買ったのですが、運よく社長さんがいらっしゃいました。めがね業界では神様と呼ばれている凄いお方、全国に180箇所ほどお店があります。私は以前、遠近両用めがねを作りましたが、とても重宝しています。社長さんに和食の良いお店を教えていただくと1丁目の「ささ花」を紹介してくださり、入り口までついてきてくれました、神様になんと失礼なことを、なのですがお互い美味しいものには眼がない関係、感謝の言葉でお礼しました。
さて、「ささ花」は高級感溢れる素晴らしいお店、要予約なのですが、キャンセルがあったとかで特別に入店、美味しいつまみに全国のお酒を堪能、「沙羅双樹」というお酒がきわだっていました。写真はぶり大根なのですが、綺麗に盛り付け遊びのある一品、こんな按配で何品かいただきましたが、どれも納得の美味しさでした。まあ、個展中日、疲れもピークになっていたので自分へのご褒美でした。
Click:昨日は生憎の雨、それにとても寒かったのですが、お客様は切れませんでした。感謝、多謝です。それにお買い求めのお客様も沢山いらっしゃったし、それこそ神様に感謝でした。さて、今日を残して月曜一日、日曜日はお休みさせていただきます。ご来場をお待ち申し上げます。




tsurezure_nikki at 07:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年11月23日

浅草でウドンスキ。

007

忙中閑有り、久しぶりに浅草3丁目にあるウドンスキのお店「杉」にいってきました。浅草で二代目のお医者さんをしている中・高の同級生、秋山さんに教えていただきました。地元の隠れ家的存在、本格的な讃岐うどんが味わえます。まあ、うどんというよりホウトウのような極太麺、地鶏の味わいといい、寒い夜にはぴったりでした。東京での滞在は食べることが楽しみ、あれこれ食べ歩きをしています。
Click:会場にいるときはほとんど立ちっぱなし、足がむくみますね。立ち仕事をされている方々の大変さがよくわかりました。今日はどうも雨模様、せっかくの休日なのですがどうなりますか、ご無理でなければぜひ遊びにきてください、お待ちしています。

tsurezure_nikki at 04:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2012年11月22日

生ハムはこれからはじけるのか?

001

パーティではこの大きな生ハムを切り分けました。セラーノの社長さんみずから来られて、ちょっとしたイベントをさせていただいたのです。鹿児島産黒豚、7,5キロの脚を3年かけて熟成させたのでした。まあ、日本の湿潤な気候は生ハム作りには不適格、そこで大きな冷蔵庫に送風機を設置し、お金をかけて作らななければなりません。スペインの生産地の価格の数倍から10倍になります。この違いが利用方法の多様化を阻んでいるようです。最後に残った骨は素晴らしいダシになります。ガルバンソを煮込む料理ができそうです。
Click:個展2日目、沢山のお客様がいらっしゃいました。「きのうはお客さんが多くてみることができませんでしたよ」とのことで2日続けてやってきたお客様もいらっしゃいました。さて、3日目、ようやく落ち着いてきたのでゆっくりとご覧になれます。ぜひご足労のほどお願いします。

tsurezure_nikki at 07:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月21日

ワインが90本、生ハム7,5キロが胃の府に。

003

オープニングはもう4時から開始、天気も良かったということで、お客様が沢山いらっしゃいました。生ハムはもう3時半から切り始め、シェりー種やワインなどは見事に飲んでいただき、なんと途中で品切れ、お客様が紀伊国屋からワインをお買いになり差し入れ、タパことおつまみも買いたし、バゲットは13本用意したのですが数本アンデルセンで買い増し、こんなことになるとは想像できませんでした。6時からはEl Carteroこと滝本正信さんギタリストの石井さん、パルメーラのふたりのお嬢さんが1時間ほどライブ、会場に入りきれないお客様が沢山いらっしゃいました。そして6時半頃にはワインが足りなくなってしまったのです。ご迷惑をおかけした方がたがいらっしゃったのですが、ご容赦お願いします。お花も十数本、頂き物は数え切れないほどでした、この場をもってお礼もうしあげます。わざわざご足労願った皆様には深く、深くお礼もうしあげます。そしてなによりもお買い上げ願ったお客様には感謝の言葉しかありません、「ありがとうございました」。最後のお客様が帰られたのが8時半、ギャラリーのスタッフの方々は何も言わずお手伝いしてくださいました、感謝です。そして北海道からお手伝いにいらしたシャケッコ、料理教室の先生、中村裕子さんと生徒さん、写真家の高瀬ご夫妻、池田京子さん、多くの方々に感謝、多謝、ありがとうございました。
Click:それにしてもこんなにも沢山のお客様に来ていただけるなんて、果報者、神様に感謝です。今日は2日目、新たな気持ちでお客様を迎え入れます。お時間のございます方がた、ぜひ遊びにいらしてください。お待ち申し上げています。

tsurezure_nikki at 07:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!