2012年12月

2012年12月31日

生命力を教えてくれる空豆。

P1050335

なんとも痛ましい写真ですが、この数日寒い日が続き、霜がおり、その度空豆は萎れてしまいます。ヤーコンやウコン、それにサツマイモの葉などは霜にあたると、もう終わり、そのまま枯れてしまいます。しかし空豆は違います。日が照ると元のようにしっかりと立ち上がります。他に大根、カブ、サラダ菜、ルッコラ、サンチェなども同じように元に戻ります。その生命力には驚かされます。そんな野菜たちをみていると、今の日本を重ねてしまいます。なんとも辛い経済環境、元にもどるのでしょうか?来る年、なんとか空豆のようにすくっと立ち上がってほしいものです。
Click:とうとう大晦日、安房神社の周囲は違法駐車しないように縄が張られています。こうなるともう外にはでることができません。迂回路も小塚大師、やはり交通規制がなされます。まあ、畑とお絵描きの日々を数日過ごします。それが私に課せられた使命なのでしょう、一年の計は元旦にありです。
そしてこんな悪文、誤字脱字のブログに一年間お付き合い願っていた皆様にはあらためて感謝を申し上げます。願わくば良いお年を迎えられることを切に祈念いたします。また、2013年、よろしくご支援、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。ありがとうございました。

tsurezure_nikki at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月30日

寒空に顔をだすシイタケ。

P1050292

シイタケ菌を植え付けたホダギももう十年ほど経った老木、そろそろ新しくしなければならないのですが、まあ、忙しさもありそのまま、でもポチポチと顔をだしています。どうにか食べるくらいは毎年のように収穫出来るのが良い。スペインではマッシュルームがきのこの代表、日本のように沢山の種類はありません、しかしお値段は四分の一、重宝しています。そこにこの二・三年、急にシイタケが売り出されています。やはり日本食ブームのおかげでしょう。しかし価格はまだ高いし、そんなには売れないのか古いものが多い。やはり買う気にはなりません。ホダギから顔をだしたシイタケが一番、美味しいですね。
Click:昨日、今年最後の買い物に三軒のスーパーにいってきましたが、活況がありましたね、どこも一杯でした。それぞれ大きなスーパー、おどや、尾張屋、ジャスコなのですがどこもお正月商品がオンパレード、でも、私にとってはあまり好きなものがありません。それに毎年お隣の森さんからいただいています、手作りです、もうこれにつきますね、今年も「イシイさん、お正月は家にいらっしゃいますよね?」、御節をくださるとのこと、ありがたいです。

tsurezure_nikki at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月29日

飯田家の餅つきに参加。

P1050337

昨日、FBでお知り合いになった花卉栽培家<カーネーション>の飯田さんのお宅を訪問させていただきました。昔からの農家、敷地にはご先祖様のお墓まであり、古いものは享保の年号が刻まれているそうです。あの八代将軍吉宗の時代です。その当時から農家をされているとあって母屋は茅葺きだった屋根の形をしていました。それに蔵まであり、なんだか庄屋さんの家のような風格がありました。さて、お餅は昭和47年<1972年>製の古い餅つき機でなんと40キロのお餅をついたのでした。久しぶりにつきたてのお餅をきな粉をつけたり、餡にからめたり、大根下ろしで食べたりお腹いっぱいになりました。ご近所のお客様から顔見知りの方々まで数十人、親交を深めました。やはり農家の底力はこんなところにあるのですね、飯田さんありがとうございました。
Click:昨日は仕事納、片桐先生にお出まし願いPCをみていただきました。恥ずかしやビューアーのスイッチが切れていたのでした。その場所は解かりにくいところにあったのですが一件落着、そこで先日買ったVAIOのウインドウズ8を立ち上げていただきました。なんだかタッチパネル方式というのはiPhoneを使ったことがない私にとって不思議な感覚がありました。これは慣れるのに時間がかかりそうです。そして、新規に開店したという焼肉屋さん<もくもくどう>に繰り出したのですが、コアデザインの川名社長も時間があるということでお呼びし、食べに食べました。こうなれば千倉のワインバー<リブロス>、ゆったりとホットワインを飲み歓談、川名社長を送りとでけ、しめはアワカフェ、帰宅は日にちが変わっていました。片桐先生、本当にありがとうございました。

tsurezure_nikki at 10:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月28日

絵はがき初デビューしました。

P1050332

昨日、ようやく安房博物館内にあるお土産売り場にポストカードラックを持ち込み絵はがきを売り始めました。絵葉書は180種類ほど作ってはいますが、販売は個展やアートフリーマーケットのみでした。しかし、考えてみれば南房総や千葉の絵はがきが売られているというお話を聞いたことがありません。そのあたりを館山市役所の企画課に相談したところ、宮沢書店さんが安房博物館内にお土産屋さんを営んでいるとのことで宮沢社長にお話しました。快諾していただき、販売ということになりました、ありがたいことです。
南スペインのリゾート地といえば太陽海岸<コスタデルソル>が有名ですが、お土産の質が少し違います。とても綺麗な本や絵はがき、民芸品、DVDなど地域を伝えるツールを各種売り出されています。日本はまさしく知人や家族などへのお土産ということで、食品が多い。まあ、習慣の違いといえばそれまでなのですが、やはり感性をみがき、質の高いツールを増やしたいですね。
Click:絵はがきの売り出しがなされ、ひとまずほっとしています。そんなとき、FBで知り合った方がお餅を突くので来られませんか、とのお誘いをいただきました。普段は花卉栽培をされるプロの農家の方、とても興味がありお話もしたいし、お伺いすることになりました。ITの利用は新しい出会いがあるし、良いところもありますね。しかし、壊れたディスクトップはそのまま、近々、片桐先生にみてもらうより手がありません。IT世界の限界ですか…。

tsurezure_nikki at 09:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月27日

明日葉は常に存在感を持つ。

004

伊豆八島目が南房総と以前表現しましたが、その植生を代表しているのが椿と明日葉といえます。伊豆大島のお土産といえばこの明日葉を使った商品が有名です。その明日葉、なかなか栽培が難しく、自然体で育てないと写真のようには元気になりません。敷地には沢山の明日葉が生育していますが、基本的にはなにもせず、生えるにまかせています。それにしても存在感があり、光沢のある葉は見ているだけでも心を癒してくれます。それにいつでも新芽をだしますし、食べることができます。南房総の代表植生といえます。
Click:カフェ「風流」のスタッフにお頼みしていた絵はがきの袋詰めが終りました。すぐに安房博物館にゆき、いつでもお持ちできることをご報告、宮沢社長の了承を得て、今日飾りつけをします。しかし、今年は明日で店仕舞い、来年の元旦明けに営業します。どうなるやら、新しい仕事の動きが気になります。

tsurezure_nikki at 08:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月26日

セリがそろそろ食べ時かな?

012

近くにある田圃の周りには水辺があり、そこにはセリが群生しています。毎年、冬の楽しみです。セリといえばやはりキリタンポがいいですね、それに美味しい地鶏、あとはなんとなくサトイモが食べたいですね。本物のキリタンポを食べたことが無いので、勝手に想像しています。まあ、家の近所には沢山の食用の植物が生えています。これだけでとてもリッチな気分になれるから不思議です。
Click:なんとも困ったことに、パソコンが壊れてしまいました。突然、ビューアーが消えてしまったのです。しかたがないので持ち歩き用の小さなパソコンを使っています。保証書もどこかにあるはずなのですが、これを探し出すのが大変、ITといえど、最後はアナログな作業で成り立っているようです。そろそろ片桐先生のお出ましのようです。

tsurezure_nikki at 10:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月25日

天狗の団扇に花が。

P1050313

昔懐かしい呼び方ですが、ヤツデのことをこう呼びました、確かに天狗がこの葉を持っていましたよね。さて、ヤツデの花はご存知のように冬の今、咲きます。さすがにこの時期、花が少なく他には枇杷くらいしかありません。なんとなく普段は地味な植生ですが、今は目立ちますね、どちらかというと愛らしい形をしています。なんだか誰にでも一度は華のある瞬間があるといっているようです。
Click:昨日はクリスマス、あちこちでフィエスタなのですが、まあ、静かに家にいたところ、市会議員の鈴木正一さんが訪ねてきました。無粋にも館山市の有り様を話し、国の行く末を案じました。不思議なイヴでしたが、それにしても日本の将来はどうなるのでしょうかね?

tsurezure_nikki at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月24日

艶やかな初冬の色。

P1050310

南房総は温暖なだけに紅葉というものがほとんど見受けません。落葉樹は褐色になり、冬の西風に吹かれて散ってしまいます。このあたりは照葉樹林帯、マテバシイ、椿、楠、ヤブニッケイなどが群生しているのです。これはこれで物語があり、西から移住してきた古代人がこの照葉樹林帯を傳って北上したといわれています。やはり動物も多いし、どんぐりなど食用になる植生が多いからなのでしょう。でも、落葉樹の美しさは格別、今の私たちは四季の変化を愛でる余裕があるし、自然の見方も変わってきています。さて、写真はウルシの葉なのですが、これだけは急に冷え込むと真っ赤に紅葉します。山全体が燃えるような赤とはいかないのですが、部分的には綺麗な色に発色します。
Click:ようやくポストカードに付ける小さな看板ができあがりました。あとはカフェ「風流」にお頼みした絵葉書の袋詰めができれば安房博物館に持ち込めます。多分、今週中、まあ、今年中に収めることができるか、時間がかかった一件も落着しそうです。

tsurezure_nikki at 08:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月23日

山茶花の花が終わると…。

P1050267

あれほど盛大に咲いていた山茶花も終わろうとしています。着実に季節は移ってゆきます。しばらくすると藪椿が咲き始めます。寒さを実感させる真紅の花ですが、まだ固い蕾です。さて、いつ咲くのかな、桜の開花より待ち遠しい冬の花なのです。館山市の街路樹として山茶花が良く使われていますが、やはり暖地ほど元気なようですね。
Click:今日は耕運機で畑を耕し、お隣り<五百辰曚瀕イ譴討呂い泙垢>の中尾さん宅を伺いましたら、コーヒーがでてきてお話が進み、ブログが遅くなってしまいました。さて、絵葉書用の小さな看板をこれから作ります。年内に売り出しができたら良いのですが…。

tsurezure_nikki at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年12月22日

ようやく終わった杉の製材と搬入。

P1050289

かれこれ手を付けだして1年が過ぎてしまいました。敷地に生えていた樹齢70年ほどの杉をほとんどすべて、80本を伐採し、製材をしました。南房総で唯一、林業を営んでいる二羽さんに頼んだのですが、やはりプロ、無事昨日をもって作業を終えたのでした。まあ、いつかはスタジオをこの地に持ちたいとの一念でお願いしたのですが、やはりお金がかかりますね、二百万円近く出費と相成りました。でも、自分の家で育った杉を使ってスタジオが建てられたら、究極の贅沢です。そんな夢を持ち続けることも大事ですよね。
Click:昨夜は今年最後のシネマノマネキの日、ワインバー「リブロス」にいってきました。お客様の瀬川さんのボランティアでの映写会、題目は上方落語をベースにした「弥次喜多道中ステレコ」でしたかな?、中村勘三郎、柄本明、小泉今日子などが出演した喜劇、年の瀬の慌ただしい時、なんとなくほっとさせた作品でした。歌舞伎界の宝、勘三郎の演技を堪能させていただきました、瀬川さん、いつもありがとうございます。

tsurezure_nikki at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!