2013年01月

2013年01月31日

春の使者はフキノトウ。

P1050421

このところ暖かい陽射しがそそぎ、まだ一月だというのにフキノトウが顔をだしました。まさしく春を運んできたのですが、食べたときのあの苦味が初春を実感させます。味噌汁に刻み込んで入れるのも良し、味噌と味醂で練り混ぜたものを、熱々のご飯に乗せて食べるのも美味しいですよね。嬉しい楽しい、それに美味しい春の使者といえます。
Click:今日こそ筆を置き、コアデザインさんに2点、作品をお持ちし撮影してデータ化をお願いしなければなりません。新宿伊勢丹での個展は4月24日からなのですが、案内状や百貨店さんの販促のために印刷物は2月中に作らなければならないのです。ということでスペインへ向かうまえにデータを準備しなければならないのです。昨日は最後のお絵描きをしたのでした。

tsurezure_nikki at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月30日

千両簀ってなにかな?

P1050419

簀なんていう文字はほとんど使われていません。「簀巻きにしてやるぞ!」なんていう古い言葉がありますが、その簀に千両が一緒になった単語です。実は千両とは萬両とともにお正月に飾られる赤や黄色い実を付ける大事なお飾り、その生産地が館山や南房総市なのです。この潅木の栽培が変わっていて、竹のカーテンですべてを覆い、光を遮りながら育てます。この竹のカーテンが千両簀と呼ばれる、まあ、業界用語なのです。あまり世の中には流通はしていませんが、私は垣根の一部として使っています。今、遥か彼方のお隣さん、中尾さんにお頼みし、新しく囲みを作り直して頂いています。自称、露天風呂の竹林の周囲を千両簀で囲っているのですが、竹の青さといい、薫りたつような趣がありますよね。
Click:昨日も白浜アパートメントの多田さんと草太さんがいらっしゃり、廃屋のお片付けをしていただきました。小栗モータースさんから軽トラをお借りして、ガラクタをゴミ処理所に運んだので、なんとなくすっきりしてきました。本当にスタジオができそうです。

tsurezure_nikki at 09:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月29日

スペインなどの領収書。

P1050417

さて、皆さんも確定申告の時期ですよね、頭の痛い年中行事がやってきました。何日間かポケットのなかでくしゃくしゃになった領収書、そのまま引き出しにためてあったものを、まずは辞書で重しにし、平にすることから作業が始まります。それぞれの区分けをし、足し算をして袋に入れます。釜山、バンコック、そしてスペイン、それぞれ同じことをします。私の場合、画家であり文章家として申告しますので、取材の範囲が大きくなり、細かな領収書も使うことが可能です。といっても仕事に絡まない経費までは当然ながら無理、しかし良くわからないものもあります、そんなときは領収書に注釈を付けておきます。スペインではサインの文化、日本のように判子はありません、それに判じ物のような文字、それだけでも領収書に味わいがあります。お国柄、人柄がでる面白い書類が領収書です。
Click:昨日は白浜に住む友人の鈴木さんがひじきをお持ちになり遊びにこられましたので、畑の野菜を差し上げました。なんだか海と山の幸を物々交換したみたいでした。畑の作物は色々な顔になり役目を果たしてくださいます。野良仕事に励みがでてきますよね。

tsurezure_nikki at 09:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月28日

最後のサンチェ。

P1050297

今年は寒さからかスーパーでは青物がとても高くなっています。それでも南房総の突端、館山は比較的温かく野菜の生育がとても良いようです。かえって虫たちが少なくどの葉野菜も立派に育ちました。そこで友人、知人に喜んで頂き、お持ち願っています。
昨日は珍しくも片桐先生が「大根がほしい」とのこと、ところが気をお使いになり、新しくできたケーキ屋さんで奢ってくださるとのこと、それがなんとも不思議な場所にあり、白浜地区の貯水池に向かう行き止まりの細い路を進むと、立派なログハウスの家があり、確かにお店がありました。「風の道」という田舎暮らしの典型的な風情ある空間でした。チーズケーキはブルーチーズを味付けに使い美味しかったのですが、ここのご主人が私の廃屋リノベーション計画に興味をお持ちになり見にきてくださることになりました。たまたまお客様がいらしたのですが、そのご夫婦も一緒にということで3組、4人がいらしたのですが、皆さんに野菜をお持ち願いました。どうも今時の青野菜が高いこともあって喜んでいただいたようです。畑仕事を続けていて良かったとおもうひとつの理由です。
Click:写真のサンチェは特に上手に栽培できて、好評でした。来年も育てたい野菜の筆頭になったようです。もう残り少なくなってしまいました、これも嬉しいことです。

tsurezure_nikki at 10:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月27日

蘇堂のオムレツを食す。

P1050415

昨日は久しぶりに私と同じ移住組、近藤さんご夫婦とランチを一緒しました。場所は布良の郵便局の隣りにある「蘇堂」、洋食屋さんといった趣のお店、メニューは四品目しかありません。でも、なかなかの味を醸し出しています。近藤さん夫婦はスモークチキンを使ったパスタ、私はいつものオムレツを頼みました。男たちは大盛り、歳をとっても大食らいは止まらないようです。送迎会を兼ねた食事会は無事終わり、私の畑にこられ、大根をお持ちして、4月の再開を約束してお別れしました。
Click:さてさて、確定申告の時期になりました。どなたも大変な思いをする年初の儀式です。私も同じ、それも今年は釜山、バンコックと旅をしたので、領収書が複雑になっています。領収書の保管が悪く、ポケットからだしたまま、くちゃくちゃなのです。そこで昨夜は辞書などで押しをし、まずは平にしました。この作業は何日か続きそうです。

tsurezure_nikki at 09:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年01月26日

西風の功罪。

P1050412

冬型気圧配置、西高東低が強まると南房総では西向きの空っ風が吹き荒れ、その激しさは台風並みです。おかげさまで海の彼方に富士山が綺麗にみえます。なんとも不思議な景観ですが、やはり日本人、富士山がみえるだけで心わくわくします。白く泡立つ波、さすがにこんな波ではサーファーも現れません。自然そのものの姿にみとれてしまいます。
こんな強風に畑の野菜たちは困り果てているようです、大きく成長した空豆は倒れてしまうし、枇杷や柑橘系の苗は根元が浮き出てしまい、風が落ち着いたら埋め返してあげなければなりません。面白いのは杉、常緑樹なので無駄な枯れた小枝を風の力を使って落としています。それに枯れたすべての木々の枝も芽吹き前に吹き飛ばしてもらいすっきりとさせます。晩冬の西風は春の準備を促しているようです。
Click:昨日も草太さんがやってきてお片付けをしてくださいました。それに古くなって錆び付き動かなくなった耕運機や金物を業者の方が引き取ってくださいました。少しずつですが、廃屋がスケルトン状態になってゆきます。

tsurezure_nikki at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月25日

鳥たちが喜ぶ金柑。

P1050410

今年は金柑が大豊作、3本あるのですがどれも鈴なり、畑にゆくとどうしても摘み食いしたくなります。ただ、数は沢山ですが実が小さい、毎年違った様相をみせています。レモンも同じように数は多いのですが、実は小さいですね、なにか天候の影響によるようですね。お隣の森さんは剪定してあまり大きくは仕立てていません、とても実が取りやすくなっています。「イシイさん、金柑の木、少し剪定したら実が取りやすくなりますよ」とのアドバイスをいただきました。しかし、金柑は私のものだけではありません、手の届かないところは鳥たちが喜んで食べています。亡くなりましたが、フランス人の友達が云った言葉を思い出します。「三分の一は私たちのもの、三分の一が鳥たちのもの、残りは地に返すのが果実だよ」。良い言葉ですよね。
Click:昨日も白浜アパートメントの多田さんがいらっしゃり、引き続き廃屋の掃除をしてくださいました。そしてサガデンさんが百メートルの延長コードを作ってくださいました。我が家からコードを引き込んで掃除機を動かしてみましたが、問題なく動きました。電気は偉大なり、重宝しています。

tsurezure_nikki at 09:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月24日

花嫁街道を描く。

P1050409

千葉銀総研さんのカレンダー、1・2月の絵は花嫁街道でした。今年は千葉県の昔からの街道をテーマに描いたのでした。昔、山間部の村人と海辺の住人との行き来を花嫁の嫁ぐ姿に集約させてこの名が付けられているのでしょう、良いネーミングです。今は和田地区のハイキングコースとして多くの観光客がやってきています。海の近くでありながら、一歩内陸に足を踏み込むと里の姿が色濃く広がります。温室が描くとき気になっていましたが、どうにか不自然にならずに画面に溶け込んだようです。
Click:今日は白浜アパートメントのスタッフがやってくる日です。引き続きお片付けをお願いすることになります。そして、昨日は廃品回収業をしている方がやってきて、明日、耕運機など金物すべてをお持ちになることになりました。少しずつですが廃屋が綺麗になってゆきます。

tsurezure_nikki at 08:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月23日

大豊作だった大根。

P1050298

大根が豊作ということは南房総一帯が良かったということです。差し上げようとすると他の方から頂いています、との答えが返ってきたりします。でも、やはり有機栽培、無農薬ともなれば味は違います。お隣の森さんはとても喜んでくださり、サラダやおでんにしてくださいます、ありがたいことです。とまあ、写真でもわかるように今回の栽培は大成功でした。でも、さすがに皆さまに差し上げたりしているうちに残りわずかになりました。スペインへ旅立つ頃には綺麗に無くなっているようです。
Click:近くに鉄などの金属廃材を商っている方がいらっします。たまたま通りかかり、声をかけさせていただき、壊れた耕運機<昔頂いたもの>などがあると伝えたら、今日みにいらっしゃるとのこと、ゴミも資源、有効に活用できたら嬉しいですね。

tsurezure_nikki at 09:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月22日

時代を映すペルソナ。

P1050404

昨日は小塚大師のお祭り、厄払いの日でした。知らずに小塚大師経由で市内に向かおうとおもったら通り抜けられませんでした。多くの神様に守られているようなパワースポットに住んでいると、普通では有り得ないことが起きます。しかたなく、車を駐車場に置き、境内を散策しました。もちろん、たこ焼き、焼きそば、太鼓焼き、バタージャガ、植木屋など良くみるお店が並んでいましたが、面白いところでは杉板と竹で作った樽屋、刃物屋などがありました。それに仮面を売るお店が楽しい、時代を感じるキャラクターが並んでいますね、やはりアンパンマン軍団は強そうですね。
Click:今日も久しぶりに雨、嬉しい慈雨、畑の野菜が喜んでいるようです。このところ毎日霜で縮れながら、どうにか生き延びていたのです。今日はほっとしていることでしょう。それに先日木更津のジョイフルホンダで買ったフエィジョアはまだ植えず鉢のまま夜は家に入れていたのですが、今日は雨に打たれて喜んでいることでしょう。そろそろ大地に植え込みますかね?

tsurezure_nikki at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!