2013年03月

2013年03月31日

元気なニンニク。

P1050743

二ヶ月の不在の間、空豆はサルにも食べられず無事成長していましたが、ニンニクも元気に育っていました。フェレイローラ村でもニンニクの成長には灰が必要だといわれていますが、条件は日本も同じ、灰もたっぷり入れて土作りをしていたおかげか、写真のように立派に育っていました。それに昨日は鶏糞を撒きました、夜半、雨も降りこれでまた大きくなるにちがいありません。500個以上のニンニク、今年は期待がもてそうです。
Click:昨日は白浜のカフェ「風の道」に片桐先生に連れて行ってもらいました。美味しいソーキソバにショートケーキ、楽しいお話をマスターとして館山生活を実感、それから相の浜のスターダストに顔をだし、更に納得、今日はまずは掃除から始めようと考えています。

tsurezure_nikki at 10:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年03月30日

元気な空豆にほっとしています。

P1050729

どうも猿軍団が他のところに行ったのか、サル被害は何もありませんでした。去年は蜜柑に始まり、タマネギから大根まで、空豆は芽のうちから食べられていました。おかげで写真のように空豆も元気に花をつけています。しかし、2ヶ月間の不在は草も元気に伸びていました。まずは草刈なのでしょう、そろそろ畑にでて野良仕事を始めなければならないようです。
Click:今、画板が無事に届きました。嬉しいというかほっとしています。仕事を始めたいのですが、まずは掃除をしなければなりません。2ヶ月の不在はかなり家が埃だらけになるものですね。そういえば、昨夜は田原総一郎の「朝まで討論会」をみてしまい、起きたのが11時すぎになっていました。アベノミックスについてのお話でしたが、なんとか日本が経済的にも浮上してもらいたいですね。

tsurezure_nikki at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月29日

ユキヤナギが満開。

P1050727

なんとも館山は蒸し暑いですね。南スペインはからりとした陽気、風土の違いを実感しています。昨夜は久しぶりのお風呂を楽しみ、がっくりと寝込み、気がつけば朝がきていたのでした。ご近所にご挨拶をし、買い物がてら回転寿司にゆき、その安さに食べ過ぎてしまいました。そして先ほど、紛失していた画板が発見されたことが確認され、こちらに送られてくることになりました。何のためにスペインか、絵を描くために、その絵が無事だったのです。ほっとしています、大きな絵が未完成とはいえ十数枚入っているのです、良かった良かったの結末でした。
Click:さて、めざすは4月24日から始まる新宿伊勢丹での催事です。緊急を要する絵を仕上げていかねばなりません。いつもの仕事体制につかねばならないのですが、なんとも時差ボケは困ったものです。

tsurezure_nikki at 19:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月28日

こんにちは、館山!

P1050728

時差ボケのなか、マドリッドから送った絵を入れた画板が到着せず、困り果てながら成田空港からリムジンバスで羽田に向かいました。無事シャケッコを送り出し、館山に着いたのは6時頃でした。パソコンを開けると接続せず、いつものように片桐先生をお呼びするとまだ光通信は未完了、そこでお呼びだてし、ようやく機能することとなりました。といったところで千倉のワインバー「リブロス」へ、お隣の小川食堂から写真のトマト煮のチキンを出前していただき、食べながらヒューガーデンを飲む。それから場所を変えて安房神社まえの「安房カフェ」で更に飲む、とまあいつもの生活に戻りました。これが時差ボケ対策には一番良いと信じています。
Click:我が家に着くなり、まずは畑を見に行ってきました。空豆がなんと猿軍団に食べられていませんでした、嬉しい限りです。また、少しずつ普段の生活に戻るようです。野良仕事の様子をお知らせしてゆきます。


tsurezure_nikki at 22:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年03月27日

アディオス、エスパーニャ!

P1050720

昨日は火曜日だというのにレイナソフィア美術館はお休みでした。そこでティセン美術館にゆきました。印象派の特別展もあり見ごたえのある作品にであうことができました。驚いたことはフラッシュを使わなければ写真撮影もできることです。そこでスペインを代表する画家サルバドールダリの絵を紹介します。というようなことができるのは日本では考えられません。スペインは経済危機に直面しているし、問題の多い国かもしれません。しかし確かなことは文化大国と呼べることはできそうです。
Click::とうとう出発の日を迎えました。今日の夜は日本にいることになります。まあ、すぐにパソコンができるかはわかりません。なにせ光回線になっているので使い方がわかるか、インターネット環境は場所により、そしてその内容により変わってきます。さてさて、館山からすぐにブログが送れるか心配ですが、さっそく片桐先生にお聞きすることになるかとおもいます。アディオスエスパーニャ!

tsurezure_nikki at 04:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年03月26日

マドリッドの一日目。

P1050710

朝10時グラナダ発10時のバスでマドリッドに着いたのはほぼ4時過ぎでした。電車の発着ターミナル駅アトーチャの近くのホテルに落ち着き、まずは腹ごなし、中国人経営の食堂で手打ちラーメンやらアヒルの脚の皮を炒めたものなどを食べながらビールを飲む。そしていつも行く自家製ビールを飲ませるバルから始まり梯子酒、今インターネットカフェからブログをしたためています。それにしても世の中インターネット無しでは始まらないようです。
Click:ホテルはレイナソフィア美術館のすぐそば、明日はゆっくりと絵の勉強をさせていただきます。さて、もういっぱいといきましょうか。

tsurezure_nikki at 05:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月25日

アディオス、スフェレイローラ村!

P1050695

とうとう出発の日がきてしまいました。2月初旬、着いたころはとても寒く、雪が降った日もありました。でも、今は春爛漫、アーモンドは新緑に萌え、洋梨の花が真っ白に咲き乱れています。良き旅立ちになりました、なんだか村の教会の守護神サンタクルスが見守っているかのようです。今日と明日はマドリッド滞在、レイナソフィア美術館やもしかしたらティセン美術館にいってきます。アディオス、フェレイローラ村、また会う日まで。
Click:グラナダのバスターミナルまではスコットランドの友人、ジョンが送ってくれます。彼には色々とお世話になっているし、不在中も家や車の管理、それに工事の監督まで頼んでいます。友人の援助無しに外国生活はできません、ありがたいことです。彼に別れを告げたとき、真の旅立ちが始まるのです。

tsurezure_nikki at 03:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年03月24日

洋梨の花のお見送り。

P1050653

とうとう明日にはフェレイローラ村を発ちます。サクランボの花に遅れて梨の花が咲き始めています。写真は5月下旬には食べられるサンフアンという種類の洋梨です。杏、李、もうすぐカリンやリンゴも咲こうとしています。まさしく百花繚乱、春深しといったところです。野辺をよくみると野生のマーガレットやヒナゲシが育っています。花が咲けば夏、スペインの春は夏の先駆けといった意味合いがあります。残念ながら花を愛でながら明日、朝早く村を離れます。そして月日は流れていくようです。
Click:日本、スペインを発つとき、いつも問題になるのが食材や期限の短い保存食なのです。今回は羊の美味しいカレーが友人二人に差し上げても余りそうなのです。最後の食事にもなりそうです、食べきれるかな?。昼には羊肉を暖炉で焼いて最後のジンギスカンになりそうえすが、何回食べてもこれだけはあきがきません、でも食べきれるかな?でもね、日本に帰れば美味しい和食が食べられますからね。大事に食べていた納豆もいくらでも食べられます。まあ、それでも日本では確実にダイエットに精進しますよ!

tsurezure_nikki at 18:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年03月23日

またもや食べすぎオックステイル。

P1050706

もう明後日はフェレイローラ村を去ります。といえば今日が最後の外食、生ハムで有名なトレベレス村のレストラン、「fragua]」にいってきました。狙いは生ハムの骨のだしを使ったガーリックスープなのですが、やはり一品恃まねばなりません。そこでトマト味で煮付けたオックスティルを注文しました。料理を担当しているミゲルと挨拶したところ、サービスなのだろうが大きなものを4個もきました。美味しいのですが、食べ切れません。でも、せっかくなのでなんとか残さずに完食、またまた梅肉エキスと胃薬のご厄介になってしまいました。これでダイエットも完全に失敗したようです、残すは日本でのトライですね。
Click:今日は日本に持ってゆく作品を梱包しなければなりません。筆も洗い、お皿もきれいに掃除しました。次はいつこれるのか、今年は忙しそうなので、また、来冬になりそうです。慌しい日々が続くようです。

tsurezure_nikki at 19:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年03月22日

野草摘みは春の年中行事。

P1050635

春といえば、日本も野草摘みの季節です。南スペインの田舎暮らしも楽しみは野草を食べること、散歩がてらセニョーラたちは袋をたずさえて野道を散策します。まあ、私はお絵描きをしなければならず、スペイン人のようなことはあまりできませんが、畑の隅々に食用の野草が生えています。野草はおしなべてオリーブオイルとの相性が良く、えぐみも旨味になります。そしてとっておきの食べ方はオムレツにすることです。写真はこちらでコジェッハと呼ばれ、まさしくオムレツの具にすると美味しい。スペインの野草の食べ方も日本にも共通しそうで、ツクシンボのオムレツなどはおいしそうですね。
Click:昨日は天気も良かったし、近くの村のバル巡りをしました。昼酒はきくのですが、晴天のもと、テラスで飲むビールはことのほか美味しいですね。カピレイラ村にひとつ星とはいえ毎年ミシェランに選ばれているバルがあり一休み、さすがにタパはタラとジャガイモのマッシュで作ったコロッケがでてきました、いつかご紹介したいと思います。

tsurezure_nikki at 18:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!