2013年07月

2013年07月31日

夏の街道シリーズは房総往還。

P1060017

千葉銀総研さんの7・8月カレンダーは鋸南町、勝山です。その昔、内房の湊から五大力船が江戸と行きかい繁盛を極めた房総往還、勝山もそのひとつの湊でした。今では南房総は観光地として賑わっていますが、江戸の台所を守る後背地だったのです。東京からは館山道でノンストップで来ることができます、高速バスなのはな号で100分で館山までくることができます。しかしたまには旧道を走ってみてください、湊で賑わった漁港を縫うように続く街道は当時の生活を彷彿とさせるにちがいありません。それが旅の原点ではないでしょうか?
Click:昨日は風の道さんは廃屋だったベースメントを和み小屋にすべく長椅子を作っていただいたり、カップボードを壁に備え付けてもらいました。学生時代、木工の授業で作ったもので、木組みも本格的、塗りもカシューに煤を混ぜて塗り、菜種油を擦り込みながら何回となく塗る作業をして作った思い出の作品、ここに使われるなんて感慨無量です。今度はカウンターを作ろうと考えています。

tsurezure_nikki at 07:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年07月30日

蝉しぐれ。

P1050966

日本各地で洪水被害が起きています、謹んでお悔やみもうしあげます。ここ南房総は台風も来ないし、大雨の被害もありません、ただ、暑い日々が続いています。雑草は伸び放題、毎日のように草刈をしています。そんな今日この頃、元気なのは蝉たちです。ジージー蝉と呼んでいる小柄な蝉が沢山います。この路はスタジオに向かう途中なのですが、昼ともなるとうるさいほどの大合唱が聴こえてきます。近づこうがぜんぜんなみやみません、夏が深まっているようです。
Click:昨日、お隣で農業を営んでいる豊崎さんが井戸掘りの森さんをご紹介してくださいました。おふたりで現れしばし井戸談義、実は私の敷地内には二本、井戸が掘られています。それを掘削した井戸屋さんは亡くなられ、その後廃業してしまいました。更にもう一軒、廃業してしまい、今ではこのあたりでは森さんのみになってしまいました。今は君津でお仕事、神奈川県からもお仕事の引き合いがあるとのこと、世の中、井戸掘りをする人が少なくなっているようです。井戸は山の中では汚染の心配もなく、深く掘れば温泉成分もあり、冬はお風呂が滅法温まります。さて、井戸掘りは8月下旬に行われます、深さは40メートル、どうにか予算内で済むよう考えてくださいました、これで水は確保できそうです。

tsurezure_nikki at 07:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年07月29日

地味ですが枇杷の新芽。

P1050990

今日は久し振りの慈雨、山口県や島根県の方々には不謹慎かもしれませんが、畑の野菜や果樹たちはほっとひと息つけたようです。新緑といえば春に決まっているのですが常緑樹は今が新緑なのです。特に柑橘類は実をつけながらも新芽を伸ばし、枇杷は実を付けた後、盛大に新しい葉を伸ばしています。樹形が急に大きくなり逞しくみえます。そして冬になると花芽を咲かせて結実するのです。それぞれの植生が生命体として一年、成長を続けドラマを演じています、畑はその舞台といえるのです。
Click:昨日も描きかけの絵のお引越し、そして絵はがきの整理、滞在時間がスタジオに移行しはじめています。今日は井戸を掘る業者の方が様子を見に来られます。予定としては40メートルほど掘削してもらうつもりなのですが、問題は予算、さてどうなるでしょうか?

tsurezure_nikki at 07:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年07月28日

贅沢の極み。

P1060011

先日、息子夫婦がやってきたとき、宿はラ・ティパッサにしました。近所のプチホテルなのですが、テニスコートやプールつき、なんといっても嬉しいのはプールサイド・テラスでの朝食です。朝、まだ大気がしゃきっとしているとき、温かい食事にカフェは、心和む贅沢なときを刻みます。ワインに美味しい晩餐も良いのですが、こんな朝食も納得です。ラ・ティパッサの連絡は電話0470・28・2388、この夏の一日、ゆっくりと朝食を楽しんでみてはいかがでしょうか?
Click:昨日は業務用のシンクが相の浜のスターダストさんから届きました。近日中にガスコンロや冷蔵庫、棚などが届くようです。まあ、まだ井戸も掘っていないので使うことはできませんが、着々と準備は整ってきています。廃屋がスタジオ兼和み小屋として生まれ変わろうとしています。

tsurezure_nikki at 07:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年07月27日

鉄細工の個展。

P1060013

昨日は忙しい一日になりました。まず、柿の木坂に住む妹の家におベンツさんを納車、あちこちぶつけているので、「査定が悪くなるわねぇ〜」といわれましたが、これが現実、謝るよち手立てはありませんでした。そして浅草の秋山医院で血液検査、勿論、守秘義務はまもりますが、同級生も認知症になった者もいるとのお話、「おれより先にいかないでおくれよ!」といったら、皆さんそうおっしゃるとのこと、お医者さんも大変ですよね。そして銀座で個展を開いている安宅正路さんのところに同級生の遠藤さんといってきました。彼はパッケージデザインの大御所、安宅さんは元都留芸術大学の教授、そして一緒に集まった渥美さんは東北芸術大学の元教授、そして元トヨタのカーデザイナーだった加納さん、と重々しい面々がひさしぶりにご対面、彼の作品、手前が香呂、ロウソク立て、ロウソク消しなど、鉄製に漆を塗った作品、それぞれに鳥が止まっているのが可愛らしい。さすが鍛金を専攻しただけの技はお持ちでした。そして「銀座らん月」で飲み会、青森・新潟・伏見・灘・山口・高地とそれぞれのお酒を賞味、皆さんよくお酒のことをご存知でした、最後は安房カフェで飲み直し、帰宅は日が変わり午前3時になっていました、当然ながら二日酔いです。
Click:昨日はキュウリ・ナス・ミニトマト・シシトウ・ピーマン・オクラなどを妹にお持ちしました。まあ、新たにニューモデルのおベンツさんと物々交換というわけです。納車は9月になるとのこと、梁瀬では今、売れに売れているそうです、アベノミクス効果はこんなところには及んでいるようです。

tsurezure_nikki at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年07月26日

地味な野菜はモロヘイヤ。

P1050995

なんとも見栄えの無い姿ですが、その歴史は素晴らしい。クレオパトラが食べていたというのだ。ざらついた触感の葉を料理するとねばついてくる、このネバネバが体に良いといわれています。まあ、ミネラルたっぷりらしいが、どうも食べ辛い食材です。でも、やはり二本だけですが毎年植えます。元気に育っていますが、まだ食べてはいません、「クレオパトラが食べていたんだ〜」と想いながら眺めています。
Click:昨日も朝一番から絵はがきの整理をしていました、なにせ数が多く、個展をするたびに持ち出すのですが、混ざり合いながら箱積めにし、置いておくと、もうわからなくなります。その箱の数が30個ほど、すべて開け放ち、絵はがきを区分けしているのです、まだまだ時間がかかりそうです。
今日はこれからおベンツさんで上京します。この車、持ち主は妹、無償でお借りしているのです。元々軽自動車に乗っていたのですが、危ないということでお持ちしてくださったのです。なんとこの度、ニューモデルがでるので車を変えてくれるというのです、ありがたいことです。納車は9月になるので、それまでは四駆の軽トラをお借りできるように小栗モーターズさんにお頼みしました。東京では高校同級生、浅草の秋山医院で健康診断、夕方からはやはり大学の同級生の個展にゆき、いつもお世話になっているパッケージデザイン協会の重鎮、遠藤さんなどと飲み会があります。皆さん芸大の同級生、久し振りにお会いできるのが楽しみです。

tsurezure_nikki at 07:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年07月25日

今年はバジルの栽培が大成功。

P1050994

シソ科のハーブ、バジルが今年は大繁殖、種から蒔いたのですがほとんど発芽、元気に育ち、沢山の小さな白い花を咲かせています。バジルといえばジェノベーゼソース、大航海時代、野菜に飢えていた船乗りたちがジェノバの港に帰港したとき、まず口にしたのがこのパスタだったとか、それにバジル・トマト・モッツアレーラにオリーブ油をかけたトリコロールのサラダは大好物、バジルといえばイタリア料理の大事な食材といえそうです。パスタ好きの私としては嬉しいバジルの成長ぶりです。
Click:昨日も家まわりのお片づけを風の道さんとしていました。少しずつですが綺麗になっています。半間X二間の手作りの大きな机を置き、真っ白に塗ってもらいました。なんでもペンキを塗れば新品同様、今度は長椅子を作ってもらいます。なんとなく生活感が再生した廃屋に漂い始めました、家も喜んでいることでしょう。


tsurezure_nikki at 07:05|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年07月24日

なんとも生命力に溢れたキクイモ。

P1050989

キク科ヒマワリ属のキクイモは凄い繁殖力をもっています。ウイキペディアで調べると戦時中、食料として増産を促したことから日本国中に栽培が広がったという。ヤーコンと同じように澱粉質は無く、糖尿病患者には良質な食品となっています。そんなこともあり、農家の方から種芋を頂き育てたところ写真のように立派に育っています。畑にはヤーコンやウコンなど野菜とは呼べないような植生を育てています。これらはとても元気、でもなかなか食用に供するまではいきません。平和な時代なのでしょう。
Click:昨日も家の周囲の掃除、コンクリートはしっかりと乾き、作業もやり易くなりました。それに風の道さんもやってきて沢山あった丸太を切ってもらいました。冬には薪ストーブを使うつもりで、その燃料にします。住居としての機能、電気・水道・浄化槽はまだですが、家としての形はお蔭様でできあがったようです。

tsurezure_nikki at 07:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年07月23日

カラスに奉仕、トウモロコシ。

P1050997

まったく、我が畑はカラスの餌場として認知されているようです。ミニトマトは鳥避けネットのおかげで収穫できるようになり、キュウリは蔓を延ばし幾つかは食べられていますが、ほぼ収穫、となると今度はトウモロコシを狙い始めました。上手に皮をむき、一粒ずつ食べてゆくのです。さて、こうなるとどう収穫するか、一瞬考えたのですが、結果はカラスに奉仕することに決めました。今年はサル被害は今のところ無いので、カラスに特別ボーナスです。このところカラスは私を仲間と思っているのか、数メートルのところまで近づきます、なんだかこうなると少しではありますが可愛いものですね。畑にまつわる日常の出来事です。
Click:昨日は二百種類ほどある絵はがきの整理をしていました。ダンボール箱が30個ほど、なにがどれに入っているかわからなくなっているのです。それぞれ取り出して一緒にし、広い作業場を利用して、並べ替えようとしています。それにしても作業をしていたら、気がつけば昼下がり3時を過ぎていました。そこで時計を買い求めにいきながら、「すき家」で<うな牛>を食べました。やはり時期がらウナギが食べたかったのです。880円、意外と美味しかったですよ、沢山のお客さまがお持ち帰りように並んでいました、商売上手ですね。

tsurezure_nikki at 07:19|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2013年07月22日

技の国、日本の行く末。

P1060006

写真はコンクリート打ちの棟梁、高木さんの仕事ぶりです、歳をめされてはいますが、数種類のコテを使いながらなかなかの職人技をお持ちでした。スペインでは三軒の家を修復工事、家はすべて石やレンガで建ててゆきます。セメントを使っての作業はほとんどスペイン人でしたが、ドイツ人やルーマニア人なども働きました。皆さん手馴れていましたが、仕事の丁寧さは日本人に軍配があがります。今回の参議院選挙で与党が大勝、アベノミックスにアクセルが踏み込まれます。技術大国、日本の強みは物作り、政治家は生活に関わる規制緩和を大胆に進め、市場の活性化を果たしてもらいたいですね。絵描きから世の中をみているかぎり、豊かな社会の実感はまだまだ遠いようです。
Click:昨日は息子が廃屋だった家の平面図を書き、そこに照明機器をプロットしてゆきました。近日中にその図面ができあがるはずです。つぎには電気工事の業者の方に見積もりをだしてもらい、工事をすることになります。そしてやはり昨日はサッシュ屋さんがやってきて古くなった網戸すべてを新しくしてくださいました。40年も経った網戸は穴があいたり破れる寸前になっていました。新しいチャコールグレーの網は景色が綺麗にみえます。少しずつですが、廃屋と呼べない姿に変身してゆきます。

tsurezure_nikki at 06:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!