2013年10月

2013年10月31日

柿作りの名人から頂き物。

P1060299

綺麗な色をしていますね。友人から頂いた柿ですが立派な姿をしています。私も早生種を今年、ようやく収穫したのですが、三年間も肥料を与え続けての結果でした。お店で売っているような立派な柿を作ろうとすると、有機肥料に無農薬などでは無理でしょう。スペインでは百本ほどの果樹を育てていますが、やはり無農薬、どうしても虫が食べてしまいます。リンゴは虫が食べているところを切り捨てながら食べます。ただ、味だけは濃くて美味しいし、納得しています。写真の柿も同じような状態ですが、これぞ誠の柿です、友人に感謝、秋の恵みに多謝です。
Click:浄化槽は埋設できましたが、排水管を農道の側溝まで接続しなければなりません。しかし、長雨のおかげで土はどろどろ、作業ができません。そこで、もう10日ほど工事はお休み、それから浄化槽が完成することになるのです、まあ、基本的にはいつまでに完成させねばといったことはありません。このあたりは無理のない作業工程ではあります。

tsurezure_nikki at 08:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年10月30日

浄化槽の設置完了。

P1060297

昨日は雨、土仕事は大変でした。でもさすがユンボ、どうにか浄化槽を埋設し、井戸の水を3トンほどを注入、準備が整いました。考えてみればこのヒトの排泄物の処理は都市化とともに大きな問題になっていました。まあ、歴史的に検証すると、日本のように堆肥に利用していたなんて賢い方法ともいえます。江戸近郊の農家が買い取り、運んでいたことは、例えば船橋あたりで江戸時代に子供たちが遊んでいた泥メンコが沢山出土することでもわかります。その昔はフランスのように郊外に広大な土地を使って自然消滅させていたり、今のフェレイローラ村では下水処理はせず、直接川に流していたり<ほとんどがこのスタイルです>、苦労してきました。館山市でも合併浄化はつい最近のこと、スタジオといえど浄化槽が必要なのです。こうなるとスタジオというより住宅として使用可ということになりそうです。
Click:今回のインフラ整備に相の浜海岸でペンションとカフェを営業しているスターダストさんにお世話になっています。ご主人が設備屋さんをしていたのでお仕事を頼みました。毎日のように100円のアンミツを食べに行っていたおかげです。それに工事の間、奥様がおにぎりなどの昼食を用意してくださっています。昨日は豚鍋まで料理、美味しくご相伴させていただきました。なんだか工事ということなのですが、苦労人のスターダストさん、一味違った仕事をされています。

tsurezure_nikki at 07:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2013年10月29日

おベンツ様と浄化槽。

P1060290

なんだか「セーラー服と機関銃」みたいな組み合わせですが、ようやく浄化槽がやってきました。しかし台風27号の接近ということで設置工事が遅れていました。風に飛ばされないように簡易カーポートにぐるぐる巻きにしばりつけていましたが、台風は直撃せずことなきを得ました。おかげで昨日からようやく工事が始まりました。大きなユンボもきたし、穴掘りも順調、今日も雨模様ですが予定では工事をします。家にとっての最も大事なインフラといえば水、ガス、電気、そして排水ということになります。電気工事は12月にまで長引きそうなので浄化槽の空気を送るモーターが作動せず使うことはできません。しかし、これでまた廃屋がスタジオへと一歩前進ということになります。
Click:先日、絵はがきを販売している安房博物館の売店から連絡があり、一部売り切れているとのこと、早速見に行くとそれなりに売れているようです。品切れを起こしそうな絵はがきも含めて納入と請求書をお渡しすべく、今日再度いってきます。まあ、売れても一枚100円、されど商品であり、観光地として大事な資源でもあります。年間、千枚ほど売れるのですからありがたいことです。

tsurezure_nikki at 07:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年10月28日

ニンニクが元気に発芽。

P1060276

ようやくニンニクが発芽しました、努力の甲斐があります。このニンニク、種取りして3年目です、無事に育つか少しだけ不安です。何故ならば、一般的に小さくなる傾向があります、ジャガイモなどはわかり易く、3年目ともなると貧相な発芽になってしまいます。今年、ニンニクは場所を変えて連作にならないように配慮しました。牛糞、牡蠣殻石灰、鶏糞、籾殻、杉のチップ、それに灰もたっぷりと与えています。まあ、土作りはできる限りの手当てはしっかりと準備したはずです。さて、結果はどうなるか、来年の6月には判ります。
Click:今はホームセンターでなんでも売っていますね、でもその情報をどこで得るか、それが問題です。スターダストさんから頂いた椅子、パイプのアームは風の道さんに塗装を頼みましたが、背もたれの布の部分は車の座席を綺麗にする泡状のスプレーがあることをお聞きし、探し当てました。そのコーナーでタイルを綺麗にするスプレー、頑固なシールを剥がすスプレーを発見、購入してきました。今まで使っていた清掃用の液体などに比べかなり高価ですが、その効能はやはり違いました。廃屋だったトイレや風呂場は綺麗になったし、取れなかったシールも取ることができました、便利な世の中ですね。

tsurezure_nikki at 07:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年10月27日

セレベスが再び生育しています。

P1060281

9月、雨も降らず、暑い日が続き、サトイモやセレベスの葉が枯れ始めてしまいました。そして10月、台風がいくつもやってきて雨の日が続き、畑は田圃のようになっています。そこで蘇ってきたのがタロイモ類でもあるこの植生たちです。もともと夏の間、小芋ができて、それを秋に収穫なのですが、その小芋がなんと芽を出し、生育しているのです。3年ほど栽培していますが初めての現象です。今年は近くで桜の狂い咲き、木蓮が咲いたり不思議な年になっています、小芋はまさか孫芋を作るなんていうことが起きるのか、興味津々です。
Click:台風一過、急に寒くなりましたね、不用意にも先日、頭を丸めました。友人に「なにかしでかしたの?」なんていわれましたが、絵を描くとき集中力が高まるとおもったからです。それも一番短い丸がり、すっきりして気分爽快だったのですが、この寒さ、頭からの冷えが厳しい、今は夏に頂いたハンチングを被っています。まさか被り物を家の中でするなんて思いもよりませんでした。なにが起きるかわからない今年の気候ですね。

tsurezure_nikki at 09:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年10月26日

自家菜園ならではの野菜。

P1060275

日本の野菜の素晴らしいもののひとつにネギがあります。調理方法の違いも有るのだろうが、スペインやヨーロッパではネギはありません。日本には馴染みがあまりないポロネギはありますが、固くて薬味には使えません。しかしcebolletta、タマネギの葉の部分を普通に料理に使いますし、それ専用にお店で売っています。ネギのないスペイン暮らしではこのセボジェッタを代用しますが、思いのほか勝手が良い。そこで畑で沢山作っています。タマネギは種から育てていましたが、小さなものや痛んだ二年生は秋に植えるとこのように立派に芽がでてきます。これを鍋物や味噌汁の具に使うのですが、なにかと便利だし、重宝しています。
Click:昨日は風の道さんがやってきて、ピクチャーレール、14メートル分を据え付けてくださいました。これで絵が飾れるようになりました。あとは照明ですが、サガ電さんが忙しく、もう少し時間がかかりそうです。それと椅子4脚、スターダストさんに頂いたのですが、アームのペンキが剥げたりしていたので、これの塗りなおしを風の道さんに依頼し、自宅にお持ちかえりいただきました。午後にマロンのロールケーキを食べにいきながら、覗いてみたらなんと新品同様、きれいにスプレーで吹きつけられていました。スタジオの調理機器にしろ給湯器、これからくる空調機、すべてが中古品です。スタジオ自体が廃屋だったわけですが、再生されて再び用の具として陽の目をみることが、なんだか新品を買うより嬉しいし、なんというか環具にたいしての慈しみが沸いてくるものです。

tsurezure_nikki at 08:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年10月25日

小さいながら大根の葉。

P1060273

発芽とともにまずは小さな双葉が現れます。このとき、アブラナ科はほとんど同じようなハート型二枚の姿をしています。そして4枚目の葉は写真のようにそれぞれ固有の形をした、最初の大根の葉になります、綺麗な姿ですよね。今年はいままでにしなかった、植え替えをしています。バラバラと適当に蒔くので、小さな芽はあっちこっちに玉になって発芽しています。去年はそれを間引きながら育てました。それでも沢山の大根が収穫できたのですが、今年は更に沢山の収穫をしようとの魂胆なのです。かなり萎れてしまったり、暖冬のおかげでまだまだ虫たちが活躍、食べられたりしていますが、このところの長雨、どうにか活着しているようです。さて、上手く収穫できるでしょうか?
Click:今日の夜あたりから台風27号がやってきそうです。激しい雨は水の流れる道に枯葉が詰まったり、土砂が堆積して畑に水溜りができたり困ったことになります。そこで鍬とスコップでしっかりと雨水が流れるようにしました。畑の管理とはこんなことも含まれるのです。

tsurezure_nikki at 07:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2013年10月24日

今だ生り続けるシシトウ。

P1060243

9月は暑い月でしたが10月は台風、寒くならず豊富な雨、おかげで畑の様子が例年と少し違うようです。シシトウが終わり無く生り続けています。もう赤くなっているのも沢山、少し固くなっているのもありますが、嬉しい誤算です。何故枯れずに生き延びたのか、理由は紫蘇でした。覆いかぶさるように紫蘇が茂り、シシトウが日陰になり、枯れずにいたのでした。ほんのささいなことですが、野菜たちは微妙な環境の変化のもと、育っているようです。こんな状況を観察することがまた楽しいのです。
Click:昨日もスターダストさんの職人さんがいらっしゃいました。トイレにはウオシュレットのカバーがつき、配管をしてくださいました。それに厨房にも水道が繋がり、大仕事の浄化槽までやってきました。インフラが少しずつ進んできました。

tsurezure_nikki at 08:16|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2013年10月23日

来年のカレンダーをご紹介。

2014calendar

来年のカレンダーは新作版画「ゆたかな時間」を選びました。描いたところはギリシャのサントリーニ島です。クレタ島とキクラデス諸島は古代ミネア文化発祥のエーゲ海にあります。特にクレタ島は標高二千メートルを超える山もあり、山の幸、海の幸が豊富なところ、美味しいリンゴや栗が沢山取れます。発掘された陶器には装飾や絵が描かれており、若者のボクシング姿は特に有名です。今も発掘は続けられています。サントリーニ島は小さいながら飛行場もあり、アクセスが良く観光地としても有名です。海に落ちてゆく崖には真っ白な家並みがみえて、美しい景観が広がります。この絵はそんなところではなく、島の村人が住む静かな、畑が広がるところを題材に選びました。青い窓枠に緑の窓がとても綺麗でした。
Click:昨日はスターダストさんのお仲間がやってきて、水道の配管やら給湯器を設置したり、まあ、水回りを工事してくださいました。もうすぐ台所で水が使えそうです。あとはトイレの配管、一番大事な浄化槽や排水を工事します。だんだんとインフラが整ってきていますね。

tsurezure_nikki at 08:15|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2013年10月22日

宛名プリントに一日がかり。

P1060266

800枚を越える案内状のプリントには二日間もかかりました。片桐先生がお帰りになるとプリンターが止まってしまうというアクシデントのおかげで、昨日は公務をお休みになり、一日中我が家で様子を伺いながら無事に印刷完了の運びになりました。やはり案内状の用紙が厚く、滑りやすいということで、問題が発生していたようです。終わればどこに食べに行くか、鴨川の寿司屋さん、笹元でしょうということで、片桐先生の運転でいっていきました。いつものように千倉のワインバー「リブロス」に寄り、最後は安房神社前の「あわカフェ」で〆、一件落着とあいなりました。今日はそれぞれの案内状にひとこと添え書きをして、終わりとなります。もうひとがんばりですね。
Click:なんだか台風27号はまたまた房総半島に直撃しそうです。怖いにはやはり崖崩れ、昨日も朝早く水の流れを良くすべく鍬で深く掘りました。どうなるのでしょうか?スターダストさんが台風が来る前に浄化槽や水道の配管を終えたいとのことで、ユンボなどの重機をもってやってくるそうです。さて、どうなりますか、廃屋再生プロジェクトも佳境に入ってきたようです。

tsurezure_nikki at 07:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!