2014年09月

2014年09月30日

今が盛り、レモングラス。

IMG_0335

4年前、お隣りに頂いたレモングラスが何倍にも成長しました。一見すると野草のような姿ですが、やはり熱帯性の植物、そのままでは越冬できません。10月末にはプチプチでぐるぐる巻きにして防寒します。なんとも世話のやける植生ですが、やはり畑に欲しいハーブです。5センチほどに切り、ピッチャーに1時間ほど入れておくと香りの良い水になります。これにミントを入れるとまさしくハーブティになります。パスタにはやはりワインですが、アルコールが飲めないときには大変重宝している飲み物になっています。
Click:先週、10種類以上の種を蒔きましたが、発芽率が極端に悪いものなどがでてきました。毎日、朝夕には散水しているので、大体は元気に芽をだしています。大根の芽は若葉が大きく、どうも鳥たちが摘んでいるようです。他にも株が発芽しなかったりするので、昨日、再び新たな種を買いにいってきました。今日はその種を蒔いてみます。畑はなんとなく賑やかになりそうです。

tsurezure_nikki at 07:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2014年09月29日

温州蜜柑の大当たり。

IMG_0338

今年の天候、6月に雨、その後の天気、台風の影響もあまり無く、このところの断続的な雨、ということで柑橘類の実付きと成長がすこぶる良い。特に3本ある温州蜜柑は鈴なりです。もう、枝が垂れてきて折れるかもしれません。自家製の蜜柑は甘さと香り、それに酸っぱさのバランスがとても良く、しっかりとした味わいがあります。さて、今年はサル軍団より早く食べれるか、戦々恐々とした雰囲気に満ちています。
Click:インコが逃げたことでお知り合いになったウルグアイ生まれ、アルゼンチン育ちのグラシエーラさんがご一家で遊びに来ました。といってもインコのピカソ、白と黒の小型犬2匹、それにオスのトラネコ、すべて動物たちでした。久し振りにスペイン語の会話、歌うようなアルゼンチン訛り、懐かしい。フェレイローラ村で行きつけのバルの一家がアルゼンチン人だからです。一杯のジンジャーエールとノンアルコールのパナッシェでお話はつきませんでした。

tsurezure_nikki at 07:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2014年09月28日

畑の贅沢が到来。

IMG_0345

先日、畑に青い大きな2トン車がやってきました。和田町で酪農をさせている三浦さんが荷台に満杯の発酵牛糞をお持ちしてくださったんです。何年か前、千倉のアートフリーマーケットで「絵が欲しいけど、高いな」といわれたのですが、お話しているうちに酪農家だということがわかり、「絵と交換して発酵牛糞をいただけますか?」ということになりました。それも一生分の牛糞をくださるとのこと、律儀に今年も2回目、大量にお持ちくださったのです。畑にとって土壌改良の特効薬として牛糞は最高の肥料なのです。秋蒔きの野菜たちの種は牛糞のユリカゴで育つのです。
Click:昨日はもう10回目になる「鮎を食べよう会」に出席してきました。千倉のカフェドヴォンで鮎の釣り人が、長良川、神通川など各地で釣り上げた大量の鮎を炭火焼き、天麩羅、干物、甘露煮、炊き込みご飯などで料理、ご相伴にあずかったお酒と共に堪能しました。帰りは片桐大先生にお出ましいただき帰宅、今日にも車を取りにゆきます。畑の贅沢、胃の腑の贅沢となんともリッチな一日でした。

tsurezure_nikki at 07:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2014年09月27日

不思議な魅力、黄色い彼岸花。

IMG_0347

毎年、咲いているのですが、園芸種の黄色い彼岸花、なんとも綺麗ですよね。今年は例年の倍ほど咲いています、やはり土壌が合っているのか、はたまた強靭な植生なのか、数年前に買った一株から写真のように増えたのでした。赤い彼岸花も目立ちますが、この花も陽射しを受けて輝き、存在感を示しています。
Click:昨日は午前中に相の浜のスターダストさんがいらっしゃり「ポスターを描いてもらいたいのです、先日の洗面台の工事とバーターでいいです」とのこと。お話を聞くと、10月13日の月曜日、サンマ・パーティをしようとのことなのです。それも、地域のためのチャリティ、300円でケンチン汁と炊き込みご飯まで付くというのです。責任重大、まずはサンマを買いにゆき、スケッチしながら、手描きのポスターを夕方にはお渡ししました。元デザイナー、昔とった杵柄といった按配でしたが、お世辞半分、奥様には喜んで頂いたようでした。

tsurezure_nikki at 07:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2014年09月26日

野生に返っても増殖するニラ。

IMG_0315

面白い野菜にニラがあります。一度、種を買って蒔いてみたのですが、発芽率はあまり良くなく、結局、消えてしまいました。ところが一箇所、半分野生状態で生えていたものを株分けしていったら写真のように大きなコロニーを作って、元気に花を咲かせています。他にもどうゆうわけかあちこちに芽を出し、消えずに成長しています。ニラはちょこっと使いたい野菜、それに切ってもすぐに新しい葉がでてきます、嬉しい畑の食材です。
Click:昨日は午前中は雨、畑仕事はできませんでした。まずは、再び個展案内状の再校正のためコアデザインに、そしてお絵描きをしていました。このところ絵に集中できているので、感覚が戻ってきています。これは大変に大事なことで、絵をどうするか見えてくるのです。もう少し、この状態が続くように精進します。

tsurezure_nikki at 07:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2014年09月25日

コンニャクが大繁殖。

IMG_0266

数年前、種苗店にお願いしてコンニャク玉を10個ほど購入、いくつかは去年、お知り合いにコンニャクの作り方を教えていただき、美味しく皆さんと一緒に食べました。掘ってみると小さなコンニャク玉が沢山あり、そのまま放置しておいたら、大繁殖、写真のように小さな苗があちこちにでてきました。今年はすべてを掘り出し、籾殻のなかで越冬させ、来年には再び植えかえようかと考えています。思った以上に強靭な植生のようですね。
Click:昨日、コアデザインさんにお伺いし、スティックメモリーで入力した画像から選び出し、スタジオの案内パンフレットを構成しました。最後はまさしくアナログ、選んだ画像をプリントし、切り抜き、台紙に貼ってゆきました。文面はとりあえずお渡ししてあるので、まあ、あとは組み立てるのですが、どうにか作業終了、あとはどんなデザインになるか楽しみです。

tsurezure_nikki at 07:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年09月24日

まずはカラスが味見。

IMG_0322

ようやく柿の実が熟れてきました。父親が植えた木で、年期の入った一本、数年前に強剪定し、樹形を整え、肥料を沢山与えたら、去年あたりから沢山の実を付けるようになりました。まずは完熟した実が落ちていたのですが、早速カラスが突いていました。少しだけご相伴させていただきましたが、甘いのなんの、でも、どんな種類なのかわからないのですが、美味しければそれで良し、ですね。
Click:昨夜はシラアパの<第4回海辺の寄席>にいってきました。古今亭菊生師匠、春風亭一左師匠の落語、おふたりは落語協会サーフィン部ということで<and on cafe>内で一席を設けました。さすがプロ、どんな場所でもお客を惹きつけるだけの話芸をお持ちでした、願わくは、もう少しお客さまが居てもよかったかもしれません。終わってからは沖縄のソーキソバとスパム入りお握りまでサービスしていただきました。めげず、おくせず、有意義な日本の古典芸能が南房総で続けられるよう、シラアパさんにはがんばってもらいたいものです。

tsurezure_nikki at 07:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2014年09月23日

明日葉の花にスズメバチが。

IMG_0299

今が盛りと明日葉の花が敷地のあちこちに咲いています。なんとも地味な花なのですが沢山の蝶を集めています。良く見ると私を刺したらしいスズメバチの仲間までやってきていました。巣があるところはわかっているのですが、怖くてそのまま、でも昨日の夜、意を決して蜂用の殺虫剤を使いながら巣を壊しました。その瞬間、スズメバチが沢山でてきましたが、どうにか一件落着、ほっとしています。明日葉の花が決意させてくれたようです。
Click:A4サイズのスタジオ案内パンフレットを作るのにはかなりの写真が必要なのですが、そのデータをUSBのスティックメモリーで取り出すことができませんでした。ノートパソコンをコアデザインに持ち込み教わって、自宅のディスクパソコンから再び取り出そうとしましたが、結局できず、社長さんをお連れすることになっていました。PCは新しいことをすると、なにかと面倒なものですね、なにしろ適当が許されません、絵描きの思考回路とはかなり違うようです。

tsurezure_nikki at 08:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年09月22日

畑らしくなった畝作りの代償は。

IMG_0317

ようやく秋から冬に向かっての畑になりました。本来、夏野菜など葉物も栽培したいところなのですが、無農薬ともなると虫たちとの闘いが壮絶になります。そこで冬は葉物を中心に種を蒔いています。ただ、いつもより一ヶ月ほど早く蒔きました。というのは発芽温度は25度くらいあると良いのですが、そうするとまだ虫たちが出てくることがあるのです。さて、今年はどうなるか、発芽と成長が楽しみです。
Click:畝作りはどうしても鍬でやらなければなりません、ということでやはり腰を痛め、只今コルセットをしています。毎回のことなので諦めてはいるのですが、農家の方々はどうしているのでしょうね。
昨日は千倉での「たのくろ収穫祭」、パエージャが恒例になり、大鍋と巨大コネ棒を貸し出しました。もう皆さん、コツをつかみ、リブロスのマスター小宮さんと片桐大先生にはマイスターのバッジを差し上げています。私は腰を痛めて不参加でしたが、大成功だったようです。こうしてパエージャも南房総の突端で定着してゆくのかもしれません。

tsurezure_nikki at 07:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2014年09月21日

生命力が旺盛なキクイモ。

IMG_0296

数年前、健康食品だとのことで一株植えたところ、凄い勢いで増えてきました。それに畑の隅に植え替えても元気に育ち、今では少し困っています。何故ならば、背丈が高くなり3メートル近くに成長し、畑を覆ってしまうからです。残念ながらまだ食べてはいないのですが、いつか味見をしなければなりませんね。
Click:昨日、東京からお客さま、いつものようにスパゲッティ・ジェノベーゼを作らせていただきましたが、かなり自分流のレシピーになったようです。今回は前菜2品、まずスペインでよく食べられているピーマンのニンニク、オリーブ油煮、アヒージョともいいますが、これがなかなか美味しいのです。油っぽいなどとはいわず、パンに乗せて食べてみてください。もう一品はサラダなのですが、具沢山、下処理をそれぞれしておいて、直前に合わせるのです。ポテトフライ<あまり揚げ過ぎない>、干し葡萄と干しイチジクを前日から焼酎で戻す、胡桃とカボチャの種、スペインの腸詰めサルチチョン、リンゴ、軽く湯通ししたタマネギとニンジン、ベビーリーフとセロリーにオリーブ油とバルサミコ、塩で味付け、なかなかの出来栄えでした。

tsurezure_nikki at 07:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!