2015年03月

2015年03月31日

白浜ル・ファーレを見学。

P1070202

ようやく予定のピアスとイヤリングの作成が終わり、一安心、そこで販売する宿舎見学をしました。なかなか近代的な白を基調としたモダンな建物、吹き抜け部分が多く、開放的な空間でした。販売業者というかテキヤがどこで売るのか、雨のときも含めて説明を受けました。あとは設営ですが、イーゼルを5台使い、版画も置こうと考えると、雨のときは大変そうですが、ま、そこはテキヤ時代を思い出しながら、臨機応変に対応しようと考えています。そしてようやく手彩色版画の制作に取り掛かりました。絵の具を溶いていると、心が安らぎますね、ほっとしています。
Click:敷地の周囲にはいつのまにかアケビが群生するようになりました。これもできるだけ生かすように剪定していたからです。今年は特に花付きがよく、満開です。それなりに結実はするのですが、サルやカラスの大好物、めったに食べることはできません。さすがに皆さん、皮までは食べずに置いて行きますが、これとて味噌で料理すると美味しい、でも、彼らの食べ残しを食べるまではしません。今年は少しぐらい残して置くといったことをしますかね?

tsurezure_nikki at 07:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月30日

ピアス作りは今日にも目標達成。

P1070192

なにごとも「継続は力なり」とは良く云ったもので、毎日少しずつ作っていたピアスが300個、イヤリングが20個できあがりました。目標の50個まであと一息です。4・4のマルシェは雨になるかもとの天気予報、心配していますが、とにかく予定の数量ができたことが大事なこと、まずはほっとしています。当日は絵はがきと版画も持参し、飾るつもりです、これこそマルシェ、テキヤ魂に火がつきそうです。
Click:夜半からの雨、南房総はかなり降りました、まさしく慈雨、植えた苗木が発芽し始めています。購入したときはただの一本の棒、それから発芽しているのです、生命の誕生です。柑橘類も小さな芽が付いています。5月になればしっかりと発芽するはずです、この姿をみているのが畑冥利、毎日見回るのが楽しみになります。

tsurezure_nikki at 08:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月29日

孫との再会、そして同級生、お隣さん。

P1070176

あたふたしてしまいましたが、子供夫婦たちに、1歳7ヶ月の孫、お鍋を囲んで昼食をとりました。まだ摑まり歩きだった孫娘もどうにか歩き出しだし、子供の成長は早いですね。鹿児島産黒豚、ベトナム麺のフォーを楽しみ、お互い近況報告、長女は夏にフェレイローラ村に行きたいといっていました。時の流れは速いものですね。そして高校の同級生が友人たちと一緒にオートバイでやってきました。皆さん中年の星、初めて見たハーレー1350ccの大きなバイクなどスタイリッシュないでたち、様になっていました。毎年7・8回はツーリングを楽しんでいるとのこと、しばし熟年談義に花が咲きました。そして、夕方には近くに移住してくるご夫婦が挨拶しにやってきました。フォーを一緒に食べながら、小屋作りのこともお話、手伝ってもらうことになりました、長い一日でした。
Click:微妙に育てているのが木苺、初夏になると黄色い実を付け、食べられます。まさしくベリー、ほとんど小鳥に食べられてしまいますが、いくつかは残してくれます。野性の植生、トゲがあり、扱い難いのですが、果実には魅力たっぷりです、敷地内には沢山の優良な食材があるものですね、草刈が微妙に難しいのは、これらを選別しながら残すことなのです。それがまた楽しみでもあるのです。

tsurezure_nikki at 08:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月28日

子供たちには鍋物で食事を。

P1070188

今日のお昼はふたりの子供夫婦、4人と孫と多いので鍋にすることにしました。スーパーで鹿児島産黒豚を売っていたので、畑の野菜たちと一緒に、〆にはパクチーとスープでベトナム麺を、と考えています。スペイン生まれの子供たち、スペイン語で兄弟喧嘩をしていたことが昨日のように思えます。今日は賑やかな食事となることでしょう、畑をみてもらうことがたのしみです。それから高校の同級生がバイク仲間数名と一緒に来るとの連絡、なんだか忙しくもなりそうです。
Click:ようやくタラの芽が顔を出しました。植えてから数年、株立ちしどんどん増え、かなりの量になりました。一部はカーネーション栽培をされている飯田さんのお宅でも育っています。そろそろ遠慮なく食べることができそうです。今までは立派になるよう眺めているだけでした。20本ほど苗を植えて、育ったのは3本、しかし、活着してからは生命力旺盛、タラの木のコロニーを作っています。やはり、根付くは難しく、根付けばどんどん増えるのですね、面白いものです。

tsurezure_nikki at 08:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月27日

水遣りの季節がやってきました。

P1070179

ちょっと無理したのですが、敷地内には3個の索泉井戸があります。母屋用、スタジオ用、そしてサツマイモ畑用です、ここには小屋を作るつもりですから、この井戸も活躍するはずです。ということで、ジャンボニンニク、タマネギ、今年植えた76本の苗木、すべてに充分水を与えることができます。肥料も大切ですが、なんといっても水遣りが基本です。ホースで水を与えているとそれぞれの植物が喜んでいるように思えるから不思議です。急に暖かくなってきたし、梅などは発芽しています、なんだか私もウキウキしてくるから面白いものですね。
Click:この写真、紫木蓮と菜花を撮っているだけではありません。わかりにくいのですが、木蓮に3個のバードフィーダー、餌箱が吊るしてあるのです。写真を更にクリックすると拡大するので、みてください。高校美術部の先輩からの頂き物なのですが、いままで鳥が寄ってきません、たぶん、色が綺麗過ぎるのかもしれません。花が咲き、葉が出てくれば隠れるのでもしかしたらやってくるかもしれません、毎日、遠目でみているのですが、その瞬間がいつかはくるはずです、それともこの敷地内には食べ物が豊富過ぎるのかもしれません。

tsurezure_nikki at 07:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月26日

「ターシャの伝言」を再び見る。

P1070183

昨夜もターシャの番組がありました。「墓も葬式もいらない」と遺言を残し亡くなった彼女の言葉をバーモントの四季を通して描いていました。「土を耕し、命を育むことが楽しい」、「庭は最低でも12年かかります」、なんとも含蓄のある言葉です。画家であった母のイーゼルの下で育ったとのお話、やはり一代で画家は生まれません。私の母も院展院友として日本画を描いていました。素質より育った環境こそが大事なのかもしれません。ターシャのお庭は孫たちによって今も守られています。
Click:菜の花のような見事な花、実は小松菜なのです。明後日、子供夫婦が孫と一緒に来るということで、そのままにしています。こんな花畑はなかなか見ることができません、それも野菜のお花、桜はようやく蕾がほころび始めましたが、満開とはいきません、せめて野菜たちのお花を愛でてもらうつもりです。

tsurezure_nikki at 08:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月25日

ピアス、260個作りました、もうひといき。

P1070181

とにかく、毎日、ピアスを作っています。こんなに沢山作るのは現役テキヤ以来です。目標は300個にイヤリング50個、合計350個です。白浜ルファーレさんのマルシェ出店ということもありますが、11月、南青山「ギャラリー5610」での個展開催時、いつもたりなくて、直前の忙しいときに作らねばならない、ということが無いようにしようとしているのです。それにしても大変な作業なのですが、なにごともそんなものです。これが終わると手彩色版画400枚を仕上げねばなりません。それからようやく6月14日からの近鉄百貨店阿倍野本店催事の準備に取り掛かります。なんだか今年前半はあたふたしています。
Click:母屋入り口のユキヤナギが満開です。植えてから数年経っていますが、上手く活着し、綺麗に花を咲かせています。生命力抜群、容易に挿し木もできるし、頼もしい花木です。今年の冬には畑のほうにも移植しようと考えています。風除けになりそうだからです。敷地はこうして沢山の植物たちで賑わってくるのでしょう。

tsurezure_nikki at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月24日

画家ターシャの庭作りの番組を鑑賞しました。

unnamed (2)

BSの番組で画家であり童話作家でもあるターシャさんの番組を再び見ることが出来ました。感性豊かなバーモントの彼女のお庭、そして昔ながらの生き方に憧れを感じました。蜜蝋を使った蝋燭作り、暖炉での鶏のグリル、愛犬とのお庭の散歩、羨ましいかぎりです。私にとっては理想的な生き方、その彼女は90歳を超えての日常なのです、まだまだ畑仕事は楽しめそう、良い番組を楽しめました。
Click:フェレイローラ村からアーモンドの花便りです。スコットランド人のジョンがメールとともに送ってきてくれたのです。私の果樹園にはアーモンドの大木が何本もあります。今は満開なのでしょう。実は、そこでボヤがあったのです。おかげで村の入り口と隣接している石積みの壁が崩れたようなのです。村人になったオーストラリア人がストーブの灰を畑に撒いてくれたのは良かったのですが、枯れた草に引火したのだとか、村ならではの事件でした。修理は村役場がしてくれるとのこと、ほっとしています。いつになったら我が村に行けるのか、里心が沸いてきています。

tsurezure_nikki at 08:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月23日

濱田さんと小屋作りの打ち合わせ。

P1070178

いやはや、草刈で一日過ごしてしまいました。草刈機を肩に掛けるので、微妙に痛いのですが、草は待ってはいません、とりあえず第一回は終了しました。濱田さんには引き続き竹林の整理、母屋の露天風呂に生えている孟宗竹もかなり間引いていただきました。そして小屋作りの打ち合わせ、簡単に竹を地面に刺して縄張りをしてみました。3間の2間、テラスは1.5間に1間と広くとれそうです、お隣の中尾さん、中里さんに相談、いつでも手伝ってくださるとのこと、面白くなりそうです。
Click:なんと、一本の山桜が満開になりました。例年、早咲きなのですが、白木蓮と競って、華やかですね、やはり桜はなにか心に響くものがあります。ようやく春が実感できます。もう少し経つと敷地内の数本の桜も咲くことになります。今週末には長男夫妻と長女夫妻が遊びにきます、すべての桜が開花したら良いのですが、どうなるでしょうか?

tsurezure_nikki at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月22日

女性たち4人のお客さま。

P1070169

ピアスのお教室をしたことで、急に女性のお客様が増えたようです。この数年内に移住してきた方々が4名、ピアスと絵を見にいらっしゃいました。そのうえピアスというか、イヤリングの金具に付け替えてのお買い上げ、誠にありがたいことでした。これもお隣の<500メートルほど離れていますが>中尾さんの奥様のご紹介です。なにが幸いするかわかりませんね。そしてもうひとつ、昨日から淡路花博2015の催事が始まり、スモト・アルファビア・ミューゼアム<検索してみてください>の開館、私の絵も数十点飾られています。販売もするということで楽しみです。お近くの方、関西方面の方にはぜひ、ご足労のほどお願い申し上げます。
Click:とうとう大根の花が咲く始めました。白と紫の色合いがとても綺麗ですね。自分の畑だからこそ見ることができます。それにしてもすべての野菜が満開、左上に見えるのはカブの花です、まさしく菜の花とそんしょくありません。さて、今週あたり桜も咲き始めそうです、春爛漫の季節になりましたね。

tsurezure_nikki at 08:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!