2015年07月

2015年07月31日

3缶めの防腐剤も残り少なく。

IMG_0809

昨日も新たに購入した材木の防腐剤塗りをしました。柱用の2X4部材、ドウブチ2束分などです。それにしても一斗缶を3缶というと54リットルになります。これから10坪以上あるテラスの部材を塗らなければならないので、まだまだ沢山使はなければなりません。まあ、防腐剤というより茶色に塗っている感覚です、周囲の緑にとてもよくマッチするからです、しばらくはペンキ屋さん作業は続くようです。
Click:ツカから伸びた柱にオオビキが埋め尽くされ、1尺ピッチで1寸5分の根太がはられ、テラスの全貌が見えてきました。写真は2間幅の掃きだし口の前のテラスの様子です。屋根は透明な波板が貼られるので雨は避けられます。広さは10坪以上あり、小屋の6坪より広いのが特徴です。このテラスには1メートル高の手すりが回ります、それに木蓮の木が切らずに真ん中に生えています。来春には花が咲くはず、気分の良いテラスになりそうです。

tsurezure_nikki at 06:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月30日

友のひとこと。

IMG_0797

昔からの友人から、唐突にお中元が送られてきました。そんなあらたまった間柄ではないのにと早速電話をしてみました、私よりふたつ年上、有名な本の装丁家です。「いやあ、イシイさん、今度、秋になったらまた一緒に飲もうよ」とのお誘いでした。「この歳になると、時間は貴重、大事に生きようよ」、との意味深な言葉を加えました。古来より稀、古希を過ぎた私たちにとって確かにひとつの真理のようです。お礼に私は早速、絵を送りました。
Click:サツマイモ畑のお隣り、ポポー、柑橘類、ソルダム、梅などの苗木とともにナスが植えてあります。その奥には索泉井戸が見えています。畑の一角ですが、草刈りをし、草取りをして綺麗になった一瞬です。なんとも綺麗に見えますよね、でも、2週間もすれば、また草だらけになるのです。5年後の果樹の姿を思い浮かべながら、ひたすら賽の河原の石積み作業をしています。

tsurezure_nikki at 07:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月29日

朝と夕方の水遣り。

IMG_0796

敷地内には3箇所の索泉井戸があります。母屋、スタジオ、そして新たな小屋のためです。これが大変に重宝しています。自然水を苗木や野菜に与えることが出来るからです。今年植えた苗木は70本ほどありますし、畑にはそれなりの野菜たちが元気に育っているからです。水遣りとは、ただ水を撒いているわけだけではなく、それぞれの健康状態を見て歩くことでもあるのです。虫たちも沸いて来るし、周囲に生え出す草を取ったりと、注意をすることでもあるのです。それにこたえてくれるのが植物たち、なんとも楽しい毎日のお仕事でもあるのです。
Click:ものは試し、初めてナスの種を買い、蒔いてみたところ発芽し元気に育ちました。2箇所に植え替えて様子をみていましたが、なんと花が咲き、実が生り出しています。さすがに苗を買って育てるより時間がかかりましたが、写真のように本当に実が生るのです。あの小さな種が、と思うと私にとってはミラクルなのです。紫色の花も綺麗ですし、畑に必要な夏野菜のようです。

tsurezure_nikki at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月28日

暑いなか、小屋掛け作業は進む。

IMG_0794

このところ晴天が続き、朝と夕方の水遣りは怠ることができません、それでも草は伸びるので草刈は必要と、かなり夏バテ気味ですが、小屋掛け作業は順調に進んでいます。オオビキが回され、ツカ石が置かれツカもほとんど立っています。ということで、4坪分のコンパネや垂木20本など購入、ということはすべてを防腐剤で塗らなければなりません。居残りで塗りの作業を終わらせました、今日は皆さんもお休みということで、ほっとしています、少し、お休みをしますが、お絵描きはします。
Click:種から育てた韓国産の激辛唐辛子が10本ほど花が咲き、1本だけですが青唐辛子が付いています。これが香りが良く美味しい。醤油と合わせて簡単ソースにし、野菜などの炒め物に、お豆腐との相性は抜群、夏のつかの間の贅沢です。もちろん、パスタにも使えます、辛味は旨みですね。

tsurezure_nikki at 06:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月27日

奥さまたちをバニカフェにご招待。

IMG_0734

小屋賭け作業は暑いなか、連日続き、大変な思いをしていますが、奥さまたちも同じ、午前と午後のお茶を用意してくださいます。それに、ときどきではありますがお手伝いまでしてくださいます。ということで、昨日はお休み、おふたりをバニカフェにご招待しましたがとても喜んでくださったようです。近くに美味しいパスタ料理が食べられるなんて、ありがたいことです。ご主人様たちは、中尾さんが小型の漁船をお持ちということで、釣りに出かけました。良き祝日でした。
Click:今年はシソの生育がすばぬけて良いようです。赤シソはいくら沢山あってもジュースにできますが、青シソはそうもゆきません。でも、その繁殖力は凄まじく、あちこちでコロニーを作っています。虫が葉を食べるとのお話も聞いてはいますが、私のところはそんなこともありません、もちろん、無農薬なのですが、綺麗な葉のままです、面白いものですね。とりあえずはそのままにしておきます。

tsurezure_nikki at 05:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月26日

急ピッチで進む小屋掛け。

IMG_0783

先週は雨も降らず、おかげさまで作業が進みました。小屋の内部はもう一歩で仕上がります。そして広いテラスは柱が立ち、オオビキが回り始めています。この上に垂木が一尺幅に並び、ようやく敷地に生えていた杉の板材が並ぶのです。ジョイントは刻みをせず、金具やアンカーボルトなどを多用しています、これで充分です。ほぼ4半世紀前、自力で家を建てたときは、まさに鋸と金槌に釘、指に血豆を作りながらの作業でしたから、世の中変わりました、作業方法は格段に進み、効率良く仕事ができます。今週の作業が見ものです。
Click:友人に頂いたゴーヤの苗が元気に育っています。長雨に続く晴天が丁度、生育に合っていたようです。篠竹とネットの簡単な作りですが、良い具合に絡まり、雄花が沢山咲き始めています。良く見ると、雌花が小さなゴーヤを付けています、2週間もすれば初物が食べられそうです。

tsurezure_nikki at 06:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月25日

防腐剤の一斗缶がもう無くなる。

P1100231A

小屋掛けは、そろそろ基礎回りに作業は取り掛かろうとしています。3寸角を十数本、垂木20本が用意されそのすべてを防腐剤で塗りました。面白いもので、刷毛を使うと、絵を描いている気分になるから不思議です。天気は晴れたり曇ったり、でも湿度が高く、シャツを4回も着替え、シャワーも同じように浴びました。おかげで夜には洗濯、長い一日になりました。
Click:フェレイローラ村の友人ジョンからメールで、果樹園と広場の境の工事が終わったと写真を送ってきました。なかなかの出来栄えです。この広場は村の入り口、村営バスやらスクールバスが来ます、ということで、皆さんここに座るのです、もちろん、夕方になると村人がここに座り、おしゃべりをする場所でもあります。手前は昼には日陰を作るイチジク、サクランボ、栗、胡桃、柿などの果樹が見えています、今年の冬には村に行きたいものです。

tsurezure_nikki at 06:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月24日

引き続き草取り。

IMG_0785

何日か草刈機で伸びきった野草をディスコでカット、そのあとはナイロン紐で更に摘めていますが、野菜や苗木の近くは刈れません。ということで、最後は手で抜かねばなりません。昨日は雨が降ったり、曇天、暑くも無く、どうにか綺麗になったようです、ま、気休め、2週間もすればまた生えてくるのですが、それが庭仕事の基本のようです。小屋掛け作業は朝は雨だったこともあり中止、今日は3寸角など買い物をして頂きます、そして私は防腐剤を塗ることになりそうです。
Click夏真っ盛り、:畑の周囲は草ボウボウ、夏野菜は元気に育っていますが、果樹などは微妙に秋を思わせています。柔らかかった栗のトゲも固くなり、もう触ることはできません。立派なイガクリになっています。今年は実付きが悪いようですが、ま、それも良し、見ているだけで心が和みます。

tsurezure_nikki at 06:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月23日

中・高時代の友人3人と会食。

IMG_0789

以前にもご紹介しましたが、館山は那古の海岸に開成学園の水泳部の寄宿舎があります。中学一年生のとき、全員参加で水府流古式泳法をふんどし姿で習います。同級生3人は水泳部OB,そのなかのひとりはお医者さん、付き添いの医師として常駐しています。大きな病院の院長をしているからこそできるボランティアなのです。あとのふたりも、助手<スケテ>と呼ばれる先生役です。皆さんと一緒に笹元にゆき、美味しい日本酒を頂きました、6年間共に学んだ同級生、お話が付きませんでした。
Click:小屋掛け作業は順調に進み、なんとテラスの全貌が見えてきました。小屋よりテラスのほうが広いので、不思議な姿になっています。4寸角の柱は持つだけでも大変、それが11本も立っています。部材はすべて防腐剤が塗られています、全体の色味がこげ茶色、私が塗っているのですが、これも雰囲気があると自画自賛しています。

tsurezure_nikki at 07:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月22日

夏の草刈は厳しいものがあります。

IMG_0782

長雨から一転、晴れの日が続いているので、草木は一挙に伸びています。もちろん、野菜や今年植えた苗木にとっては嬉しい晴天なのですが、野草も凄いことになっています。ということで、炎天下、草刈をしました。アブや蚊を避けるために長袖に長ズボン、それにいつものように長靴、さすがに暑いので、休み休みの作業、まだまだ必要のようです。今日も午前中にはしたいと思います。小屋掛け作業ですが、がんばってくださっています。そろそろ束石を運ばねばなりません、これがまた重いので大変な作業になります。少しずつですが、テラスの形が見えてきています。
Click:甘夏の実ですが、かなり大きくなってきています。この木は銀杏とデイゴの木に囲まれて日照時間不足、育ちが悪く、実付きも悪く、目立ちませんでした。ところが去年の塩害でほとんどの柑橘類の葉が落ち、枯れるものもありましたが、この甘夏は日陰だったので影響も少なく、立派に結実したのです。なにが幸いするかわかりませんね、なんだか私たちの世界にも当てはまるようです。

tsurezure_nikki at 07:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!