2016年02月

2016年02月29日

ニンニク畑の草取り。

IMG_1386

ジャンボニンニクが多いのですが、さすがに春めいてきて草が沢山生えてきました。中腰で草を取るのは辛いのですが、やるしかありません。ということで一気にすべて取り去りました。そして鍬で軽く土を起こしたのですが、嬉しいことに只今雨が降っています。これでニンニクが大きく成長することでしょう、新しい牛糞が届いたら、追肥するつもりです。ジャンボニンニクといえば、米国バークレーでオーガニックなファーマーズマーケットを立ち上げたり、レストランをしているアリシア・ウオーターズさんが調理しているとき、このジャンボニンニクを使っていました。ニンニクとして市民権を得ているようです。
Click:パクチーことコリアンダーが旬を迎えています。そこで鶏ガラ、野菜、昆布、干し椎茸、トムヤンクンのスパイス一式とともにスープを作り、ベトナム麺フォーを茹でて、刻んだコリアンダーをすべて入れて食べました、やはり美味しいですね、夕飯も再び食べてしまいました。まだまだスープはたっぷりあるので、今日は素麺で食べるつもりです。

tsurezure_nikki at 07:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月28日

遠藤ご夫妻とご両親がいらっしゃいました。

IMG_1361

びわ茶が意外と人気、園さんが飲んでいらっしゃるようで、電話があり「びわ茶ありますか?」とのこと、去年差し上げたことがあったのでした。まだ残っていたので差し上げることにしたのでした。娘さんと3人で、と考えていたのでしたが、ご両親まで、秘密基地は一挙に賑やかになりました。ミュージカルの「into the woods」の大成功を祝い、アーティストの住みづらい世の中を話していたのですが、ご両親は温かい眼差しで聞いていました。なんとも微笑ましい談笑に、心和むひとときでした。
Click:この冬は新しい秘密基地の畑にあれこれ移植しています。クコは10箇所、さすが野草だけあって強靭な生命力、しっかりと根付いたようです。ほんの小さな芽ですが、2年も経てばかなり大きくなるはずです。浅葱色の緑が大好き、いつか綺麗な姿になり、新芽が食べられもするのです、楽しみですね。


tsurezure_nikki at 07:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月27日

新入生とタマネギの苗に水遣り。

IMG_1380

植物たちにも過保護は禁物なのですが、しっかりと根が活着するまでは水遣りが必要です。タマネギは少し寝かすように植えてストレスを与えると苗が育ちやすいといわれています、ほぼ毎日水遣りをしていますが、起き上がってきました、あと、一週間ほどで元気になるようです。柑橘類は支柱を立てて風に煽られないようにし、様子をみます、多分元気に育ちそうです、毎日会いにゆくのが、これまた楽しいものです。
Click:小鳥たちの最後の食事処は金柑です。一本は収穫して友人に送りました。もう一本は塩害でかなり枯れたので強剪定してしまいました。残った一本は実も小さいので、観賞用、ときどき摘んでいます。これが人気なようで、さまざまな小鳥たちがやってきます。また、柑橘類を植えるために穴を掘り、盛土をしたところも小鳥たちがやってきています。たぶん、虫などが紛れ込んでいるのでしょう、小鳥たちの生態を見ているだけで楽しいものですが、名前がわかりません、ま、でも大したことではありません、仲間だと思うだけで親近感がわきますね。

tsurezure_nikki at 06:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月26日

今年も新入生たちが。

IMG_1370

レモンとシークワサーを植えるべく穴掘りの準備をしたのですが、苗木の産地、鹿児島が大雪、ほぼ全滅し、入荷が見込めなくなりました。ということで、川上種苗店の在庫のなかから選ぶことに生りました。わずかにシークワサーが2本発見、あとはダイダイ、三宝柑、土佐文旦、フレッシュサマー<新種で夏みかんの亜種>、を購入、ようやく植え込みが終わりました。増々、畑は混雑、賑やかになってきました。
Click:敷地の入り口にシラハ蜜柑を数年前に植えたのですが、大きく成長し、毎年、沢山の実を付けます。通りすがりにつまみますが、ほとんどは小鳥たちの食事処になっています。上手に中だけ食べているので、わかりませんが、皆さん、毎日やってきます、それに畝などを作ると、やはり小鳥たちがやってきます、虫を食べているのです、小さな敷地内ですが、動物たちの溜まり場、まあ、ときどきイノシシまで畑を掘り起こしますが、そんな輩も、許すことにしましょうか。

tsurezure_nikki at 07:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月25日

コエ溜めのドブさらい。

IMG_1346

今は懐かしいコエ溜め、敷地内には3箇所あります。土地を購入した時は半世紀前、そのころは杉林になっていて、使われてはいませんでした。植林が成されたのが戦後の復興期、政府が補助金をだして杉を植えたのでした。ということはかなりの年月が経って今だ存在し続けたことになります。昨日はたまった泥をかいだし、少しは綺麗にしました。ついでに蓮の種を入れておきましたが、発芽するのでしょうか、楽しみにしています。
Click:梅の開花は段階的で、日照時間、個種によりかなり違います。それに開花期間も長く、3週間は咲き続けます。この時期、天候不順、蜜蜂が飛べなかったりで受粉が難しい、このあたりを配慮した自然の知恵なのかもしれません。昨年植えた梅の受粉木、小粒南紅梅や甲州小梅などは数は少ないのですが、1年目にして咲いています。確かに3年も経てばかなり咲き始めそうです、30本ほど植えた梅が楽しみです。

tsurezure_nikki at 07:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月24日

ウグイスの歌合戦が始まる。

IMG_1368

今までも鳴いてはいましたが、ようやく佳境にはいろうとしています。といっても最盛期は縄張り争いが激しくなると、谷渡りのケキョケキョが凄まじくなるのです。でも、ウグイスが鳴き出すと、春も深まってきた、と実感します。春は鳥たちにとって繁殖期、色々な鳥が朝方に鳴いているのですが、名前がわかりません。そういえば、ゴロスケホーホーと鳴いているのはどうもフクロウのようです、春の里山は賑やかになってきました。
Click:藪椿が満開、ということで蜜蜂たちが乱舞しています。どうも朝早く、まずは椿亭で軽く食事してから菜花亭にいっているようです。ほとんどが西洋蜜蜂、養蜂家の巣箱から出勤しているようです。それにしてもせわしいですね、この姿を見ているのも楽しい、ときどき、目白も一緒に食事をしていますが、問題ないようです、椿亭は大繁盛、そして、次に菜花亭にはしごをするのです。

tsurezure_nikki at 07:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月23日

和田町の三浦牧場さんを来訪。

IMG_1343

毎年、4トンの発酵牛糞を頂いている和田町の三浦牧場さんに、野菜をお届けしてきました。そろそろ自慢の野菜も花芽がつき始めてきました、今が旬、ということで、お持ちしたのでした。乳牛だけでなく、黒毛和牛の育種をしているおかげで、業績も良いということです、頑張っていますね。「彼岸までにはお持ちしますよ」とのこと、嬉しいお言葉でした。
Click:菜花は急にお花が咲き始めています。と、同時に西洋蜜蜂が大挙してやってきています。どうも青森から来ている養蜂家はまだ巣箱を置いたままのようです、有り難いことです、梅の受粉をしているからです。蜜蜂は大事な存在、もっと自然環境のなかで活躍してもらいたい、でも、まだそんなには居ないようなのです。蜜蜂たちの食事処、「菜花亭」は今日も開店です。

tsurezure_nikki at 07:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月22日

地元産のミュージカルを見にゆく。

IMG_1337

友人のお薦めで、図らず地元産のミュージカル「into the woods]を見に行ってきました。ブロードウエイで好評を博した作品ですが、まさか5万人市民のなかで上演されるなんて驚きです。その中心に居るのが元四季の劇団員だった遠藤さん夫婦、その貢献は大きい。彼らの尽力なしにはこのミュージカルは始まらなかっただろう、南総ホールは満員御礼、地方都市での文化の発信は個人の熱意で成就されるようです。
Click:大雨のおかげで大地はたっぷりと雨水を含んでいます。ということでタマネギの苗を植えたのですが、なんと300本ほどありました。ダイソーで買った2袋で100円の種、それでも発芽して無事に移植となりました。植物たちの生命力に乾杯、これからが楽しみです。

tsurezure_nikki at 07:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月21日

豪雨の朝はタマネギの移植。

IMG_1330

待ちに待った豪雨、おかげで今日にはタマネギの移植ができます。蒔きっぱなしだったタマネギの苗が百本ほどあります。ダイソーで買った二袋、100円なのですが、順調に発芽し、伸びてきたのでした。植える準備はできていたのですが、やはり土が充分に水を含まないと移植はしづらいものです。ようやく、これから作業にとりかかります。
Click:落葉樹の木々がなんとはなしに赤みを帯びてきています。先日ホダ木にしたコナラも発芽寸前でした。今年は紫木蓮をかなり強剪定、樹形も整い、枇杷の木が日陰になっていたのですが、それも解決できたようです。良く見ると、ひとつですが花が咲き始めています。芽吹きが始まり、百花繚乱の春も、もう間近にやってきているようです。

tsurezure_nikki at 07:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年02月20日

梅酒談義にインスパイアする。

IMG_1298

友人曰く「焼酎に梅酒を入れてロックで飲むと美味しいですよ」とのこと、どうも梅酒は飲むより作るのが面白いようで、たまりにたまっていました。古いものになると10年もの、琥珀色というか、ポルトワインにそっくりになっていました。少なくとも7瓶発見、そこで古い2瓶はコーヒーのフィルターを使って濾しました、結果、なんとも綺麗な梅酒に変身、今年の夏は梅ロックを楽しめそうです。まったく、梅酒の半日になってしまいました。
Click:一本の棒に葉がついただけの苗木が、一年でここまで成長した宮内伊予柑です。結実するにはまだまだ月日がかかりそうですが、寒い冬をどうにか越えることができたようです。沢山の柑橘類を植えていますが、4本の宮内伊予柑が一番元気、もしかしたらレモンより良さそうです。苗木の成長はゆっくりですが、それでもがんばって2年目に突入しました。

tsurezure_nikki at 07:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!