2016年04月

2016年04月30日

春菊の花を撤去。

IMG_1557

ミツバチたちのためにと咲かせていた春菊、とうとう撤去してしまいました。どうもミツバチは春菊の花、好きではないようで、皆さん、ツツジに群がっています、そこですべて抜き去りました。まあ、そこはサツマイモの予定場所、早速手に入れた燻炭を鋤き込みました。本当は牛糞もと考えましたが、窒素分過多になると蔓ボケが起きるといわれています。サツマイモの苗が販売されるのを楽しみにしています。
Click:花卉栽培農家の飯田さんから4本のポポーの苗を頂いて2年が経ちましたが、ようやく新芽がでてきました。発芽がとても遅く、やきもきさせていたのですが無事に、とはいっても弱々しく垂れ下がりながら葉が顔をだしたのでした。その昔、敷地内にはポポーの大きな木があり、毎年、美味しい果実を味わっていたのでしたが、杉の大木を切り出したとき、下敷きになり根元から折れてしまい、やむなく撤去してしまったのでした。新参のポポー、結実するまでは更に時間が必要なようですが、楽しみのひとつではあります。

tsurezure_nikki at 06:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月29日

雨合羽でレモンバームの植え替え。

IMG_1565

イノシシの防御柵を作ったおかげで、果樹を見回るための小路を変えねばならなくなりました。その小路の真ん中にレモンバームのコロニーがあったのですが、雨の中、移植をしました。たぶん、上手くいくことでしょう、雨の日ならではの作業です。あとはゆっくりとカフェを楽しみながら雨脚の美しさを愛でていました。
Click:秘密基地の前面には小高い森があり、雨で霞むなか、藤が綺麗に咲いています。年ごとに花が増えているようです、まあ、見ている分には宜しいのですが、それだけ山が荒れているということでもあります。最近までは薪を切り出すために間引いていたでしょうし、枯葉は肥料として使われていたはずです。今は自然に帰りと、言葉は良いのですが、荒れているのです、そしてイノシシは跋扈し、サルが悪さをしています。そんななか、畑仕事をしていますが、困ったものです。

tsurezure_nikki at 05:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月28日

雨音に喜び。

IMG_1550

畑の面々は日照時間と降雨で成長しています。もちろん、土壌、肥料、病虫害なども関心を持たねばなりませんんが、どうにもならないのが前者の2項目です。まったく農業従事者の気持ち、雨音で目を覚ます、これって至福の喜びなのです、畑仕事がこれほど楽しいものなのか、ようやく納得しています。先日蒔いた花の種ももしかしたら発芽してくれるかもしれません。それに新芽を沢山出している柑橘類、梅、イチジク、スモモ、アンズもこの雨で更に成長することでしょう、そろそろアゲハ蝶などの幼虫を心配しなければなりません、畑は夏に向かってまっしぐらです。
Click:何年かまえに植えたジャーマンアイリスが元気に今年も花を咲かせました、綺麗な青色です。夏になると野草に埋まってみえなくなっていますが、春、草刈りをすると発芽し、開花、私にとっては季節の節目に咲く、時計のような存在、なんとなくほっとさせてくれるのです。それぞれの植生には自分との不思議な関係を結んでいることを感じています、畑との呼応がこんなところにあるようです。

tsurezure_nikki at 05:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月27日

防護柵のドアの打ち合わせ。

IMG_1548

暑くなることを考えて、昨日は朝早くから野良仕事をしていました。先日、種を蒔いたサンチュ、レタス、二十日大根、人参、ルッコラ、バジル、ゴーヤ、ミニトマト、オクラの水遣り、おかげで発芽し始めてきました。それに秘密基地にも小松菜や各種の花の種を蒔いたのですが、こちらは水遣りをしていないので発芽が遅いようです。と、そんなとき、お隣の中里さんが現れたので、カフェタイム、早速ドアをどのようにするか打ち合わせ、細かいようですが内開きか外開きか、丁番を右にするか、左にするか、などドアといえど決めることはあれこれあるものです。山は藤の花、新緑も色濃くなってきましたが、気持ちの良い時間を授けてくれています、秘密基地でのカフェは心地よいですね。
Click:毎年この時期になると忘れずに花を咲かせるのがシラー・ペルビアナです。一般的には青い花なのですが、白もあります。花言葉は熱愛、豊富、我慢強いとなっていますが、どれが本当なんでしょうかね、多分、3番めがあっているようです、面白い花ですよね。原産地は地中海らしいのですが、気が付きませんでした、少なくとも私の家にはありません、でも近くにありそうな気もします。ちなみに青い花も元気に咲いていますよ。

tsurezure_nikki at 06:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月26日

まずは燻炭をサツマイモ畑に。

IMG_1554

燻炭を畑に鋤き込むのは初めての体験、まずはサツマイモ畑に使いました。ここは粘土質、本来は砂まじりの土壌が良いのですが、まあ、少しづつ改良してゆきます。海岸から運んできた砂と燻炭を混ぜてみました。あまり海岸の砂を混ぜると塩分が問題になるのでとりあえずこれでサツマイモを育ててみます。苗の入荷は多分、一週間以内でしょう、楽しみです。
Click:イノシシ対策の防護柵、入り口はまだですが、形になりました。ここまでしないとイノシシを防ぐことはできないのです、なんだかドッグランみたいですね、これで様子をみます。柵はイノシシを防御するだけではありません、柑橘類を風から守りますし、ゴーヤやキュウリ、それにミニトマトの蔓を這わせます。まあ、多目的な仕様が可能なようです、夏の姿が楽しみです。

tsurezure_nikki at 04:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月25日

燻炭が大量に届けられました。

IMG_1504

先日、造園業をされている砂原さんがいらしたときに、燻炭の話になり、購入先をご存知ということでお頼みしていたのです。それが大量にお持ち下さいました、嬉しい、のひとことです。籾殻を炭化させたものなのですが、これがなかなかの優れもの、土の消毒にもなるし、畑が肥料を与える以上に土壌改良が進み、植物た地が喜ぶのです、まずはサツマイモの苗を植えるところに撒きます、そしてイチジクの苗植えにも使うつもりです、砂原さんには大感謝です、ありがとうございました。
Click:今年もニンニク畑が元気です、3回の追肥が効いたようです。特にジャンボニンニクの生育がとても良い、見ていても惚れ惚れします。そろそろ花芽が出てきても良いのですがもう少し待たねばならないようです。今週末、娘夫婦が孫を二人連れてくるのでBBQを考えています。このニンニクを焼いて食べるつもりです、喜んでくれたら良いのですが…。

tsurezure_nikki at 06:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月24日

種苗店ではまだ売っていなかったサツマイモ。

IMG_1506

急遽サツマイモを植える畝を準備し、穴をあけ、植えるばかりにして、種苗店にいったところ、まだ苗は売っていませんでした。実はホームセンターには売っているのですが苗があまり良い状態ではなかったのです。それにしても安納芋の苗は高価になっていましたね、月末まで出荷を待つことにします。
Click:今年は李と杏を重点的に植えました。数年前に植えた数本の苗はそれなりに大きくなり、花も咲くのですが、なかなか結実しないのです。それならばと十数本を植えたのでした。そのなかの一本、紅スモモ、洋名はハリウッドをご紹介します。赤い実は小さいのですが、受粉木としてはなかなかのスグレモノなのだそうです。これで結実度は数段増すはずですが、スモモやアンズの開花時期は微妙に違い、個体差もかなり違うのです。寒い地域で栽培されているのは開花時期が一気に来るからなのかと勝手に想像しています。

tsurezure_nikki at 07:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月23日

海岸で砂の採取。

IMG_1541

とうとうホームセンターでサツマイモの苗を売り出しました、慌てますね。ということで、まだ少しは花が残ってはいましたが、大根、ルッコラ、カブを撤去しました。そして根本の海岸から砂を少し運び込み、サツマイモの畑に撒きました。あまりにも粘土質、少しずつですが土壌改良をしたいのです。今日は耕運機を走らせ、できれば畝を作り、近日中には100本ほどの苗を買ってきます、イノシシ君も準備しているのだろうなぁ〜。
Click:近所の花卉栽培農家の飯田さんから頂いたニッケイの苗木、ようやく新芽がでてきました、嬉しいですね、なんとなく根が活着していないようにもみえるからです。不思議ですね、葉もあの魅惑的な香りがするのです、このまま元気に成長してくれたら有り難いのですが、ま、今のところ大丈夫なようです。

tsurezure_nikki at 06:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月22日

焦るサツマイモの苗の売り出し。

IMG_1510

昨日、ホームセンターにいったところ、サツマイモの苗が売りだされていました。まあ、防御柵は出来てきましたが、ミツバチたちのため、野菜の花を残しているのです。ということで、すべてをサツマイモ畑にしないで、今年は空いているところに苗を植えることにします。4月だというのに早い苗の売り出しです。
Click:ツツジの代表的なオオムラサキがようやく咲き始めています。樹齢30年以上の古木が数本あり、すべてが咲いています。香りが強く、近くを通ると、なんだかスペイン人女性のオーデコロンを思い起こします。日本人は控えめに香水を使いますが、彼女たちはムンムンするほど使います。まあ、それがエチケット、生活習慣の違いですね、私は慣れてしまったのか、女性の嗜みと解釈しています。そろそろスペインに行きたくなるのですが、畑が心配、すぐには行けそうもありません。

tsurezure_nikki at 06:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年04月21日

イノシシ君のために腰痛に、困ったものです。

IMG_0041A

杉板の柵はどうにか形になってきたのですが、問題は入り口、まず、水の道があるので大きなU字坑を渡したのですが、これが滅法重い、なんとか鉄棒を使いながらテコにして、定位置に、ひと仕事でした。あとはすべてを防腐剤塗り、雨が降り出すまえに、今日でそれも終わりそうです。あとは中里さんが入り口のドアをお持ちして下さいます、取り付ければ基本的には終了といいたいのですが、有刺鉄線を張るか、もう少し逡巡します、イノシシ君、サツマイモ、食べないでほしいなぁ〜。
Click:フェレイローラ村の友人、スコットランド人のジョンとはゲストハウス売却の件で毎日のようにメールをしています。有り難いことに購入者の旦那さんはアメリカ人、話が早いので、ほっとしています。そして、ときどき写真を添付してくださいます。今日の一枚は母屋のリビングキッチンのまえの大きなガラス窓に絡む、藤の満開の様子、熊ん蜂が沢山来て、ブンブンいっていることでしょうね。

tsurezure_nikki at 07:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!