2016年05月

2016年05月31日

悩むイノシシ君の防御柵。

IMG_1634

立派な防御柵が出来たのですが、イノシシは掘ることが得意、穴を開けて中に入るのではと、心配しています。ということで、地面との境に有刺鉄線を引こうと考えました。問題はあのトゲトゲが見える違和感です。だからこそイノシシ君が掘ることを諦める可能性があるのですが、毎日畑で見ていたら気分は良いものではありません。ということで、様子を見てから作業をすることにしました。まあ、掘られたらにします、山小屋カフェ「風の道」さんのマスターに現場へ出向いて頂いたりしましたが、そのままにしておくことに決めました、「イノシシ君、問題児ですなぁ〜」なのです。
Click:雨の一日、残念ながら秘密基地のテラスは雨に濡れ、カフェは部屋の中で頂きます。でも、それもまた良しなのです。雨で森は青々と光り、雨足が通り過ぎてゆき、雲が沸き立ちます。海岸から1.4キロしか離れていないなどとは考えられません。雨合羽を着て果樹の間を歩き、水路を整備したり、移植した野菜の苗の土寄せをしたり、雨もまた楽しい野良仕事なのです。

tsurezure_nikki at 06:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月30日

嬉しい今日の雨。

IMG_1599

ほとんどの皆さまにとっては梅雨を予感させるこの雨は憂鬱にさせることでしょうが、露地栽培をしている農家にとっては慈雨なのです。この2・3日、多くの苗を移植し、陽射しを浴びてぐったりしていたのです。それに安納芋の苗もまだまだ水遣りが必要だったのです、ということで私にとってはまさに慈雨なのです。しかし、梅雨入りしての長雨は害虫を呼び、病気にもなりやすいので心配、それに草の伸びようは尋常ではありません、日本はモンスーン地帯の気候に近づいているのかな?
Click:梅の実がもう収穫期にはいっています。梅が生っている木は10本ほどありますが、去年の秋、かなりの強剪定をしたおかげで実付きは悪い、でも、来年は楽しみ、それに去年植えた新たな梅の苗は30本近くあります、梅林が出現するかもしれません、これもまた楽しみです。品種としては白加賀が主体、南紅梅は観賞用かな?、この雨で、徒長している枝が更に伸びることでしょう。

tsurezure_nikki at 06:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月29日

ツルムラサキ、ミニトマト、ゴーヤなどを移植。

IMG_1626

防御柵のなかはまだ畑の土が落ち着いていません、そこに発芽した苗を植えるのですから、心配です。でも、そんなことの積み重ねが土壌を培うのですから、初めはしかたがないのかもしれません。ただ、ミニトマトの土は海岸から持ってきた砂を混ぜています、他は牛糞頼み、結果がどうなるか興味津々です。サツマイモはすべて土寄せを終えました、ベニアズマ、ベニハルカ、安納芋どれも元気に活着しましたが、肥料をあえて与えていません、この結果も楽しみですが、イノシシ君が最大の問題です。
Click:夏野菜がどうにか元気に育っています。サンチュ、サラダ菜、四季奈無し大根、人参の他、バジルなども移植を待っています、畑は夏色に染まっています。大根もそれらしく大きくなっています、そろそろその辛さを試してみようと考えています。嬉しいのはサラダ菜の元気、どうゆうわけか、虫たちも食べません、夏の葉物の代表なのです。

tsurezure_nikki at 06:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月28日

サツマイモの土寄せ。

IMG_1627

まったく手のかかるサツマイモですが、慈雨のおかげでかなりピーンと葉が立ってきました。そこで雨の合間に草取りをしながら根元に土寄せを始めました。まだほんの一部、今日中には終わらせたいと考えています。そしてツルムラサキ、ゴーヤ、それにミニトマトも移植できれば最高です。でも、無理はしません、屈みながらの作業は腰にくるし、きつい作業なのです。防護柵のなかは賑やかになってきましたね。
Click:お隣さんが月桂樹を強剪定しました。枝を燃すのに私のところでとかなりの量をお持ちしました。早速、枝の一部を頂いて、紐で結き、台所に吊るしました。スープを作るときには重宝しますし、見ているだけで雰囲気をかもしだします。スペインの家には大きな月桂樹の木がありますが、ここにはありません、いつか植えることを考えよう思っています。

tsurezure_nikki at 06:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月27日

那古寺での催事、打ち合わせ。

IMG_1618

北海道の北方舞踏派が9月に那古寺で踊ることができるか、コアデザインの川名社長とオーシャンゲートで打ち合わせをしました。北海道では大きなホールでも踊っていますが、館山では誰も知る人ぞ無し、ご住職がまず、了承してくださるか、まだわかりませんが、アポントだけは頂くことができました。群舞なのですが、シャケッコともうひとり、ふたりで30日に現れるはず、面白いことになりそうです。
Click:嬉しい慈雨がまさに今、降っていますね、かなり大地は乾いていたのでほっとしています。まずは実生のツルムラサキ、写真のように大きく成長しているので、明日でも移植します。それにゴーヤ、バジルなども同じように移植します。雨はひとつの転機、畑の姿が変身し始めます。でも、同じように草刈りが待っているようです。

tsurezure_nikki at 07:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月26日

毎月、クリニックへ、になりました。

IMG_1615

昨日、クリニックに薬を頂きに、そして血液検査の結果を確認のため行ってきましたが、なんと薬は毎月取りに行かねばならなくなりました。まあ、日本の健康保険事情からいえば、出費を減らすため、しかたがないのだろうが、患者の都合はどこえやら、待ち時間など考えたら、かなりの国家的損害なのではなかろうか、高齢化社会が進むにつれてこれからなにが起きるのか、心配の種ではあります。
Click:もう陽射しは真夏になりましたね、敷地のあちこちに緑のトンネルが現れています。ここは母屋からスタジオに向かう椿の小路です、そして日陰を利用して20本ほどのシイタケのホダ木が並んでいます、気分の良い通い路なのです。そしてケーブルがみえますが、太いのは電気、細いのはランケーブルです。これでスタジオと秘密基地のすべての機能が成り立っているのです。

tsurezure_nikki at 06:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月25日

我が身の健康管理

IMG_1625

食べることが好きなうえに大食漢、外食はほとんど大盛りをお願いしています。ということで、当然ながら血糖値は高いし、血圧も同様、そこで2ヶ月に一度、お薬を頂きにクリニックに通っています、今日はその日、これからでかけてきます。毎度のことなのですが、「糖質を抑えてくださいね」と挨拶代わりにゆわれていますけど、どうにもなりません、なんとかしなければ、なのです。先日もふたまわりも若い方と食事にゆきましたが、「ご飯は少なめに」との注文、世の中の流れに沿っていない食事感覚なのかもしれません。
Click:気がつけばコリアンダーが花盛りでした、毎年のことなのですが、淡く白い小さな花は綺麗ですね。可哀想ですが、そろそろ刈り取り、元の畝にしなければならないようです。そろそろ梅雨の時期、草は盛大に伸びてくるし、草とともに取り去り、耕運機を走らせておかないと、大変なことに生ります。明日、雨が降るとのこと、、だったら、一部ニンニクの収穫などとともに、畑の整理整頓をしたいのですが、さて、どうなるでしょうか?

tsurezure_nikki at 07:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月24日

雨が降ってほしいのですけど…。

IMG_1623

地表は完全に乾燥しています、ということで、移植したてのゴーヤやキュウリなど、それに発芽したてのバジルやミニトマトなど、どれも水遣りをしなければなりません、天水がほしいですね。そんななかでもしっかりと成長するのが草たち、とってもとっても生えてきます。果樹の根元やサツマイモ畑でも草取りが必要となります。こんなときには広い畑が重荷になります、でもね、やらねばならないのです、草に覆われてしまったニンニク畑は収穫して、綺麗に整理しなければならないようです、畑の衣替えが少しづつですが始まっているようです。
Click:今年もウコン、ことターメリックの花が咲きました。なんとも綺麗な色ですね、不思議な花です。今だウコンの収穫をしたことがなく、スパイスとしても使うことがありません。東南アジアでは生で良く使われていますが、いつか試みてみようとは思っています。でも、この美しい花を愛でているだけでも納得してます。

tsurezure_nikki at 07:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月23日

アフタヌーンティの贅沢。

IMG_1612

昼下がり、長田ご夫妻とめぐみご夫妻が秘密基地に遊びにいらっしゃいました。なんとお手製のチーズケーキとハード系のパン、手作りイチゴジャム、発酵バター、オリーブのパテ、を可愛いバスケットでお持ち下さいました。早速、テラスのテーブルでまさしくアフターヌーンティ、残念ながらティのサービスには自信がなく、カフェにしましたが、とても楽しく過ごすことが出来ました。久し振りにヨーロッパ的な時の流れを感じました、皆さまに大感謝です。
Click:ようやく肉桂の若木の根が活着、しっかりと新芽がでてきて葉を茂らせています。なかなかナイーブな植生、小さな苗木は枯れてしまいました。なんとも特徴のある葉の形と葉脈、色味も最初の頃はオレンジ色、今は写真のようにしっかりと樹形を整え青々としています。ときどき枯れそうな葉をちぎっては香りを楽しんでいます。来年あたりは焼酎漬けにして香り酒を作りたいと企んでいます。

tsurezure_nikki at 07:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年05月22日

サツマイモの生育経過。

IMG_1602

一週間ごとにベニアズマ、ベニハルカ、そして安納芋と植えてきましたが、朝夕水遣りをしていたおかげで、どうにか根が活着し始めたようです。もうベニアズマは水遣りをしなくても問題なく葉はピンとしてきたし、ベニハルカもまず大丈夫なようです、安納芋だけが今だ水遣りが必要なのですが、思ったより元気に萎れたりピンとしたりしています、後一週間の努力のようです、願わくば雨が降ってくれたらな、なのですが、ま、水遣りを続けます。
Click:今年もどうにか蔓バラが咲き始めました。この冬にかなり剪定したので心配していました。なにせ凄い繁殖力、通り道に迫り出し、痛い思いをしていたので、半分ほど剪定し、主幹を壁にとめました、おかげですっきり、安心して通れるようになったのですが、花付きは去年の10分の1ほどになっています。でも、また来年には盛大に咲くことでしょう、と、祈っています。それにしても綺麗な緋色ですね。

tsurezure_nikki at 07:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!