2016年06月

2016年06月30日

梅雨どきだからできる移植。

IMG_1729

この2・3年、すごい勢いで果樹を植えていますが、見込み違いで場所を変えたいと思うことが起きます。周囲の苗木が育ってくると上手く日照時間を配分できなかったり、完全に日陰になってしまったものもあるからです。筆頭にポポー、イチジクのバローネ種、それにサツキなどです。悪乗りし、3本のオリーブがホームセンターで半額になっていたので購入、植え付けました。オリーブは日本では気候風土、多湿条件が合わないのですが、やってみます。一本マンサニッジャ種があったのですが、本当にスペインのと同じなのか興味津々です。
Click:5月上旬、数種類の花の種を蒔いたのですが、唯一、発芽後、虫に食われずに育ったのが写真のマリーゴールド、それにヒマワリ、あとはすべて消え去ってしまいました。敷地内はサル、イノシシ、カラスの動物たちと共に、虫たちも我が世の春とばかり活動しています。その対策はまだ小さいうちに見つけて取り除くこと、はたまたオクラなどは、そのままにしておくと強靭な新芽がでてきて、虫に食べられる以上に成長し切るといったものもあります。敷地内は植物と生き物たちとの小さな戦場ともいえます。

tsurezure_nikki at 06:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月29日

プリントパックにデータ送信。

IMG_1731

昨日は朝、9時半から6時過ぎまで、渡辺うめさん、途中からは片桐大先生まで巻き込んで、大仕事になってしまいました。若狭綾子ニット展の案内ハガキをワード機能で昨日は作りましたが、データ送信のためにはシステムの変換や圧縮をしなければならないのですが、どうしても不具合が発生し、送ることができなかったのです。やはりフォトショップが良いようです。どうにか片桐大先生、電話で福原良江PC名人に相談しながら送信まで辿り着きました。またまたガストで食事、さすがに疲れましたね、皆さん、本当にご苦労様、そして有難うございました。
Click:とうとうキュウリを食べることが出来ました。小さなものまでカラスが食べてしまったので、時間がかかってしまいました。一本のキュウリ、されどその嬉しさは言葉では言い尽くしがたい!、美味しかった!。それもこれも、網を掛けたおかげでカラスが食べることができなくなったからです。でも、まだ、イノシシが見つければ食べるでしょうね、しっかりと防御柵内で栽培されています、2本目ももうそろそろ食べられるかもしれません。なんとも面妖な畑の収穫なのです。

tsurezure_nikki at 06:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月28日

昔とった杵柄はデザイナー。

IMG_1683

昨日は夜8時過ぎまでかかって、若狭綾子ニット展の案内ハガキを、この催事の企画者、渡辺うめさんとともに作りました。まさか彼女がデータ処理ができるとは思いませんでしたが、苦労しながらも作り上げてくださいました。「そのフォント、もう少し長体にして歯送り詰てくれる?」などと難題を頼みながらの作業、どうにかできあがったときは8時過ぎ、久し振りにガストにいって食事、本当にご苦労様でした、それにしてもやればできるのですね!
Click:先日、イチジクのネグローネ種の葉の先端が丸み込み、少し枯れているのを発見、良く見たら根元には穴、カミキリ虫の幼虫が入り込んでいたのでした。早速専用の殺虫剤を注射、そして専用の重鎮剤で塗り込めました。まあ、これで幼虫はいなくなったようで、元気になり、先が黒いネグローネ特有な果実が付いてきました。スペインのゲストハウスの入り口にはふた抱え以上の巨大なネグローネ種が生えていますが、館山の秘密基地にも育ちそうです、この苗は友人の近藤さんから頂いたもの、感謝多謝です。

tsurezure_nikki at 06:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月27日

一気に綺麗になった大神宮の路。

IMG_1724

昨日は地区の多くの住民が一緒に、大清掃をしました。草刈り隊、草集め隊、軽トラによる搬送隊、と分業し、あっという間に綺麗にしました。さすが数十人という人海戦術は素晴らしい魔力があります。私は草刈り担当、ひたすら道端の草を刈っていました。早速市内に買い物に行きましたが、広くなった路を走るのは気分がいいものですね。
Click:やはり今は梅雨どき、雨の日が続きますね。秘密基地のテラスも雨に濡れて、外でのカフェは飲めません。ポリカーボネイト波板の屋根はあるのですが、風のおかげでかなり吹き込んでくるのです。でも、景観としては逆光のなか水が反射し、森の緑を映し、綺麗ですね。カフェは部屋のなか、なのですがそれはそれ、大いに雨の日を楽しんでいます。

tsurezure_nikki at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月26日

旧友が集いちゃんこ鍋。

P1070470

知的障害者のグループホームを数軒営んでいる野田さんのはからいで、友人が集い、ちゃんこ鍋で一献やりました。飲むということで近くの鳥海さんに無理をお願いして送迎をお頼みし、どうにか参加できることになりました、有り難いことです、感謝です。昨日、たまたま北海道から獲りたての甘エビが大量に届いたので、これを持参、野田さんがさばいてくださり、刺し身で味わうことができました。奥田辰秋、民芸の話は久し振りに嬉しかった、こんな集まりは珍しいかもしれません、いつか私の秘密基地でこの集いを持ちたいですね。
Click:葉がすべて落ちて枯れてしまったのかと心配していたハイビスカスに新芽が出たと思ったら、なんと花まで咲きました。南スペインの海岸では路を飾る植生として良く使われています、まあ強靭なのですが、寒さには弱い。でも、なんとか復活したこと、驚きとともに自然力のエネルギーに感じ入っています。それにしても熱帯レッドと呼びたくなるような丹色ですね。

tsurezure_nikki at 06:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月25日

明日は大神宮地区の清掃。

IMG_1697

清掃というか、まあ、草刈り大会みたいなものですが、どこの道も両側が草で生い茂り、細くなってしまい、運転がとてもし辛くなるのです、ということで、敷地内、周りの路の草刈りを、まずはしました、草だけは良く伸びますね。ただ、草刈りはあまり得意ではないので、いつもトラ刈り、見た目も悪いのですが、もう一回刈るときれいになります、それにしても草刈りの日々が続きますね。
Click:今年はなんだか柿の当たり年のようですね、百匁柿、次郎柿、富有柿、筆柿、どれも沢山実を付けています。写真は治郎柿、富有柿の新芽は美味しいらしく、一本はヒヨドリにすべて食べられてしまい、小さな実は取り去りました。他に渋柿が沢山生えているのですが、晩秋、熟すと小鳥たちがやってきて、食べています。甘柿はまたまたカラスやサルたちが狙っています。私の分を残してもらいたいものです、というか、台風で実が落ちないことを願うばかりです。

tsurezure_nikki at 06:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月24日

やはりカラスがキュウリを食べていました。

P1070466

まさかとは思いましたが、カラスが小さなキュウリを加えて飛んでゆくところに遭遇しました。そして、イノシシ君用の防護柵の上に食べ残しのキュウリがありました。これではキュウリを収穫することは永遠にできないことになってしまいます。というわけで、急遽、網をかけました、ついでにミニトマトの苗も一緒に準備、去年、やはりこれも食べられたことを思い出したからです。森に囲まれた環境は良いのですが、動物たちにとっても都合の良い食事処になっているようです。
Click:フェニックスの若木、といっても10年以上経っているのですが、初めて花が咲きました。もう一本、樹齢60年ほど経った親父の植えた大きなフェニックスは毎年、沢山花がさきますが、どちらにしろ、華やかな姿ですね、惜しむらくは食べられないのが残念、南スペインではダーツが生る椰子の木が沢山生えていますが、この実は乾燥させると甘くなり美味しかったのを思い出しました。ま、しかたありませんね、その美しさを愛でるだけでも良し、ですね。

tsurezure_nikki at 07:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月23日

過ぎた雨の降りよう。

IMG_1695

凄い雨の降りようですね、まだ秘密基地やスタジオには行っていませんが、山が受け口になり、その雨水は畑に流れ込んでいることでしょう、まだ、小さなバジルの苗が少し心配です。でも、この豪雨が関東の水瓶、たくさんの渇水常態のダムに流れ込んでくれたら有り難いですね。私のところは畑がどうなのか心配ばかりです。ま、こんなことをいうのも贅沢なのかもしれませんが、自然はままになりませんね。
Click:昨日撮った浜木綿の花です、普段はなんとも地味な光沢のある葉だけの姿なのですが、開花すると真っ白、なんともいえない清楚でありながら華やかな姿に変身します。かなり大きくなるので、敷地の片隅に植えてありますが、花が咲くことにより、その存在を思い起こします。これから、出かけて行って、まずは浜木綿の姿を見たいですね。

tsurezure_nikki at 06:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月22日

スタジオの利用について。

IMG_1719

廃屋をリニューアル、スタジオに生まれ変わったのは2年前でした。おかげさまで居酒屋風の1階ではときどき飲み会などをしています。2階のショールームでも作品の展示の他、何回か催事を企画しました。特にワークショップを伴う催事には最適です。ということで、7月23日<土>〜31日<日>の9日間、若狭綾子ニット展&ワークショップをおこないます。ブランド名はNAGI、ということでNAGI COLLECTION IN SUMMERという催事になりました。フリードリンク、土・日はタコ焼きかピザ<無償>もサービスされます、ぜひ遊びに来てください。
Click:昨日は今回の催事企画者、渡辺うめさんとニットアーティストの若狭さんが作品を持って集まりました。最終的な打ち合わせだったのですが、なんと私が案内ハガキの写真を撮ることになりました。若いときは広告代理店のデザイナー、カメラマンとともに沢山の宣材を作ってきましたが、自分で撮影することになるとは思いませんでした。当時の緊張感が湧いてきました、まあ、どうにかお勤めをすませてほっとしています。さて、どのようなものになるか、楽しみです。

tsurezure_nikki at 05:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年06月21日

ジャンボニンニクの収穫。

IMG_1687

ニンニクを植えて、もう収穫時期だというのに、そのままにしておいたら草に覆われてしまいました。ということで、なんとか収穫し、草刈機で草を根元から切り取り、掃除、そして耕運機を何回か走らせました。これで綺麗さっぱり、土もほかほか、秋には葉野菜を育てるつもりです。何も無い畑もまた良し、なのですがまたすぐに草が生えてきます。そしてまた、耕運機を走らせます。と、考えると草刈機と耕運機には深く感謝です。そして鍬、何種類か使い分けできるようになってきたこと、考え深いものがあります。
Click:デイゴだと思っていたら、海紅豆のようですが、成長の早い植生であっという間に大きくなりました。今は真っ赤な花が満開、路が赤く染まっているように見えます。その北側に沢山小さな実を付けた甘夏があるのですが、陽射しを遮っているので、思い切って強剪定しました。時期ではないのですがこんなことも起きるのですね、なんといっても甘夏は美味しいですからね、花より果実です。

tsurezure_nikki at 05:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!