2016年10月

2016年10月31日

無事、催事が終了しました。

IMG_2001

9日間続いた豊崎由美さんの「おしゃべりなキルト展」、昨日をもって終了しました。来場者数は軽く200人を超へ、大成功だったようです、ご来場の皆さまには深く感謝いたします。私はといえば終日立ちっぱなし、カフェを入れていたおかげで、体重が1キロも落ちました、有難いことです。搬出は由美さんの友人たちもお手伝いに来てくださり、早めに終わりました。この催事の立案者で最後のお片付けまでしていただいた渡辺うめさん、そして飛び入りでタコ焼きを焼いていただいた星野恵さんには深く感謝いたします、この大成功も皆さんのおかげでした、有り難うございました。
Click:ようやく畑に沢山生えていた赤紫蘇、すべて処分しました。毎年、野草のように生えてきます。ま、今年も葉を使ってジュースを作りましたが、あとは廃棄してしまいます。人によっては実を佃煮にしたりもするそうですが、私は抜き去ります。と、畑の視野が広がりますが、イノシシ君にもミミズ探しがし易いのか、すべて耕してくれます、牛糞を大量に鋤き込んでいるので、ミミズが沢山いるからです。無農薬、有機栽培も一長一短ですね。

tsurezure_nikki at 07:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月30日

最終日となりました、沢山のお客さまがいらっしゃっています。

IMG_2014

おかげさまでもう、200名近いお客さまがいらっしゃっています、本当に有難いことです。四半世紀に及ぶ作品の数々、キルトの魅力、豊崎由美さんの今までの努力の結果が花開いたといえます。今回の催事のおかげで斉藤さんの唐棧織を来年の6月に決まったこと、もうひとつ、自身の催事を1月4日から15日まで行うことが決まりました、考えてみれば初めての個展となります。次へのステップが始まろうとしています。
Click:スタジオの入り口に強靭な柑橘類、シラハが今年も沢山実を付けています。その昔、房州の蜜柑といえばこのシラハと夏みかんだったようです。子供たちが「酸っぱ〜い!」といいながら食べている姿が思う起こされます。それでも黄色くなり、完熟すると沢山の小鳥たちがやってきて食べています。なんとなくスタジオのシンボルツリーになりそうです、それぞれの果樹に特徴があり、自然体で育っている姿が嬉しいですね。

tsurezure_nikki at 06:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月29日

寒い雨降り、でも、千客万来の「おしゃべりなキルト展」

P1050588

昨日はお昼頃からにわか雨、今日はゆっくりできるかな、と思っていたらとんでもない、お客さまが沢山いらっしゃいました。ストーブをつけたらお部屋はポカポカ、皆さんお話が盛り上がり、一杯のカフェに茶菓子で楽しいお時間を過ごして頂いたようです。それに豊崎由美さんの作品は、四半世紀の長き創作活動で作った貴重なものばかり、大きいものは2〜3年もかかっています。残すところあと2日、今日はタコ焼きサービスデイです、ぜひご来場のほどお願い申し上げます。
Click:ときどき食べたくなるのが、若い空豆と角切りの生ハムをオリーブ油、シェリー酒を振りかけて煮込んだ一品、代表的なおつまみ、タパになります。生ハムはスペインのおかかのようなもの、料理には良く使われます。スープには生ハムの骨まで使われます。雅味のある塩がじんわりと空豆に馴染んでワインが進みます。そして、大事なのは常にパンが添えられること、これが大事、と、書いているだけでスペインに帰りたくなります。

tsurezure_nikki at 06:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月28日

色紙一枚は描いたのですが。

IMG_2005

突然だったのですが、京都大丸さんで絵が売れて、まあ、サービスで色紙をプレゼントするように画商さんから頼まれました。ということで、急遽、一枚描き、発送を終えました。まあ、絵描きはなにかと雑用も多く、絵を描き込むことまでできませんでしたが、今日は筆をとります。なかなか思うように仕事ははかどりませんね、午後はカフェ係、皆さんにご奉仕しています。
Click:今年は秘密基地のイノシシ君用防護柵を利用して沢山のツルムラサキを栽培しました。とても元気に育ち、沢山の花を咲かせ、真っ黒な実を付けています、たぶん、来年は実生の発芽が予想されます。やはり自然体で育ってくれるのが一番、それにゴーヤの実も沢山、黄色くなり、真っ赤な種が落ちています。これも、もしかしたら実生で育つかもしれません、沢山の果樹も大きく育っているし、賑やかな秘密基地の畑になってきました。

tsurezure_nikki at 06:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月27日

あと2週間で私の個展が始まります。

IMG_2006

今週の日曜日、30日まで豊崎由美さんの「おしゃべりなキルト展」が続きます。それに今日の午前中は若狭綾子さんのニット教室が行われます。まあ、イシイタカシ・スタジオは忙しい日々なのですが、南青山、「ギャラリー5610」での個展が11月11日から始まります。額の作成には10日ほどの時間が必要、ということは残すところわずか、なんとしても今日は筆をとるつもりです、まあ、追い込みというところですね。
Click:去年、友人から頂いたアロエ、杉の切り株の隙間で元気に育っています。ほとんど根っこだったのですが、小さな芽を沢山出し、場所を得て喜んでいるような雰囲気が伝わります。やはり寒さには弱く、あちこちに植えたのですが冬に枯れてゆくものもありました。でも、こんな姿で生命をつないでいるのです、その生命力には目を見張るものがあります、なんだか私たちに生き方を教えているようにも思えますね。

tsurezure_nikki at 06:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月26日

カフェマイスターになれそうです。

IMG_2009

ただいま好評を頂いている豊崎由美さんの「おしゃべりなキルト展」、本当に沢山のお客さまがいらっしゃいます、感謝のひとことです。私はといえば、カフェをお出しすることが担当、数杯づつ落としながら皆さまにお出ししています。毎日数十杯、これだけ落とすと、さすがにこつが掴めるようになってきました。なにごとも覚えるとは慣れること、場数が大事なようです。今日も美味しいカフェをお出ししますよ。
Click:地味ですが、明日葉のお花です。ほとんどの方々は気が付きもせず、通り過ぎてしまいますが、今が盛り、あちこちに沢山咲いています。小さな花ですが、良く見ているとあれこれ昆虫たちが寄ってきているし、シジミチョウのような蝶も見受けます。花の少ない時期、彼らにとって貴重な食料になっているようです。

tsurezure_nikki at 06:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月25日

会期中の楽しみは畑談義。

IMG_1998

このところFBに書き込みがなかった花卉栽培農家の飯田千昭さん、奥様、娘さん、お友達と一緒に来訪されました。豊崎由美さんの「おしゃべりなキルト展」がメインなのですが、しばらく会っていなかった友人に会えるのも楽しみです。ポポーや桝井ドーフィンの苗木を頂いたり、畑の交流があると更に嬉しいものです。初めてお会いした由美さんの親戚の方も畑をしており、やはり畑談義、気がつけば終わりの時間をかなり過ぎていました。楽しいお話の時間は秒針のように過ぎてゆきます、面白いものですね。
Click:ようやく敷地のあちこちに野菊が咲き始めています。薄紫色に黄色い芯、花弁もすくっと広がり、可憐な姿をしています。もう、秋も終わり、冬の先駆けの花です。花の少ない時期、なんとも哀愁を漂わせながら、その存在感を示しています、もう、冬なのですね。


tsurezure_nikki at 05:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月24日

ハンドブレーキが無い?

IMG_2015

恥ずかしながら、あまり車のことは判らないし、ヨーロッパと日本では大きな違いがあります。オートマは日本や米国の標準装備、スペインではすべてがマニュアル車です。それにハンドブレーキが足で操作するなどとは知りませんでした。脇にありレバーを引き上げるものと信じていました。由美さんにお聞きして初めて足元にあることを知りました、国により価値観が異なり、生活習慣まで違うこと気付かされた事件でした。
Click:千客満来、豊崎由美さんの「おしゃべりなキルト展」は盛況、お客さまが途切れずにいらっしゃいました。ワークショップも生徒さんが多数、キルトの基本を楽しんでいます。そこで平日でも、時間が有る限り、キルト体験を500円の講習料で続けることになりました。ご希望の方はお申し付けください、カフェを飲みながら茶菓子でゆったりとした遊びの時間をお過ごしください。

tsurezure_nikki at 05:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月23日

野口モーターズさんが無事納車しました。

IMG_2016

急遽、車検前に車を変えて、新たな中古車を野口モーターズさんで購入、さっそく昨日、お持ちくださいました、ありがたいことです。私にとっては車は走る道具、それに車種についてはほとんど知りません、要はバンタイプが欲しかったという条件だけでした。望みにぴったり、それに購入金額の一部を絵でお支払するという有難い条件、感謝のひとことです、まあ、こんなこともあるのですね。
Click:昨日、無事に豊作由美さんの「おしゃべりなキルト展」が始まり、沢山のお客様がいらっしゃいました。準備で大忙しかった渡辺うめさんもこの日はタコ焼き屋さん、軽く百個以上作りました。かなり喜ばれたようです。由美さんはワークショップの先生をこなしながら、お客様の対応、ご苦労様でした。私はカフェ担当、かなりの数をいれました。サプライズはうめさんの特別モヒート、ノンアルコールも作って最後のお客様に振る舞っていました。楽しい催事、今日も皆さまのご来場をお待ちしています。

tsurezure_nikki at 07:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2016年10月22日

さて、準備完了、今日から「おしゃべりなキルト展」開催。

IMG_0092

昨日も豊崎由美さん、渡辺うめさんご両人が朝一番にいらっしゃり、飾り付けやタイトル、値札つけから看板の設置準備など細かなことをつめていたら、日は暮れ真っ暗になってしまいました。でも、それだけ魅惑的な空間になり、改めてキルトの素晴らしさを実感しました。必ずやご満足していただける内容です、ぜひ、お時間を作ってご足労のほどお願いします。
Click:ちょっと閑話休題、フェレイローラ村の私のバルをご紹介します。仕事の合間にまず、果樹園の手入れ、そしてここで、どのワインを飲むか悩むことが楽しみなのです。バゲットを薄くきり、ババリアチーズかラマンチャ地方の山羊のチーズ、それに鵞鳥のパテがあれば言う事なし、スペインならではの一日の締めになります。ときどき、ゆっくりと滞在したい衝動にかられます、いつになったらそんな日が来るのか、でも<心想事成>が信条、日本での生活を充実させればいつか来ることでしょう。

tsurezure_nikki at 06:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!