2017年03月

2017年03月09日

スーツケースを送り、準備完了。

ferreirola

重量21.6キロ、これは微妙な重さです。本来エコノミーは20キロ制限なのですが、1,6キロくらいは多めにみてくれるのですが、これまで、数々の問題を起こし、その場で開けて手荷物に移し替えたりしたことがあります。ま、お味噌ひとつ入れなければ良いのですが、一ヶ月半といえど、あれもこれも持ってゆきたいのです。イベリコ豚の骨付きリブもお味噌をお酒と味醂で溶き、ちょっと漬け込んで暖炉で焼いてみたいですよね、それが1.6キロオーバーになったのです。今日は洗濯にお掃除、早寝で明日に備えます。そしてお願い、滞在中はブログは不定期、それに最悪、FBだけになるかもしれません。ブログの再開は4月22日からと思ってください、宜しくお願いします。
Click:スケッチはフェレイローラ村の入口からです。まず、教会の尖塔が見えてきます、懐かしい景観ですが、現地時間11日の夕方には見ることが出来ます。友人のジョンからメールで、グラナダは摂氏26度、もう真夏日です。早くスーパーマーケットに行きたいですね、あれもこれも食品を買うことになることでしょうね、明日はADIOS TATEYAMA、4月22日にブログを再開します。

tsurezure_nikki at 08:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月08日

今日、スーツケースを宅急便で成田に。

P1050666

出国までカウントダウン、今日はスーツケースを九重のヤマト便集配場へ持っていかねばなりません。今、パックすべきものをみてみると、味噌、だし醤油、味醂、胡麻油、海苔、焼肉のタレ、大量の駄菓子、それにお土産などです、一般的な衣類などは入っていません。40日の滞在、2日間かけての旅行といった雰囲気はありません、これがいつものスペイン行のスタイルなのです。究極的にいえば、お弁当を持っての通勤なのです。そしてシャケッコが追っかけ来ると、どうゆうわけか名古屋港のフェリーのなかから連絡がありました、少しはほっとしています、さて、いつものドタバタが始まる旅になることでしょうね。
Click:今回、売却が決まったスタジオの全容です。1階部分は吹き抜け、ピザ窯やBBQのための窯があるだけ、そして2階左端に大きなテラスがあり、ここで絵を描いていました。手放すとなると寂しいものですが、その代償として館山にゲストハウスが誕生するわけなのです。人生色々、私のなかでは、ひとつの変革時期なのかもしれません。

tsurezure_nikki at 07:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月07日

今日で3畝、サトイモの植え付けが終了。

P1050660

もうあと3日で出発だというのに、まだ畑にこだわっています。サトイモの植え替えが野草まみれで難儀しています。でも、もう今日には終わらせします。そして買い物、明日にはスーツケースを宅急便で成田に送らなければならないのです。まあ、生活に必要なものはあるし、持ってゆくものといえば、1ヶ月半の和食、とくに納豆です。やはり朝、納豆が食べたくなるのは日本人ですね。心は半分以上スペインに飛んでいるようです。
Click:4年半かけて水車小屋跡をリノベーション、ゲストハウスにした建物のテラスからの様子です。かなり大きな建物ですが、自分でデザインをして、どうにか完成させたのですが、今は売れることを祈っています。かなり安くしたので可能性は高いかな、と考えていますが、不動産の販売は入金するまでわからないとは、巷のお話、さて、どうなりますか。

tsurezure_nikki at 06:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月06日

サトイモの植え替えに四苦八苦。

P1050673

牛糞のおかげでサトイモ、エビイモの成長がとても良いのですが、雑草取りが大変、とくにドクダミが茂り、長い根が絡むのです。ということでこの何日か掘り返し、根を取り除き、サトイモを集めて、畝を作り直し、牛糞を撒き、サトイモを植えているのです。今日は雨、畑仕事はお休み、スペインへのお土産などを買いにゆくつもりです。
Click:フェレイローラ村の小路シリーズが続きますが、友人マノロの家の前です。どの家も壁は白く塗られ、綺麗に掃除がされています。梁の栗の木の曲がり具合が美しいですよね。そして小路はすべてアラブ坂、真ん中が低くなっていて雨水はここを流れるのです、日本と反対ですよね、側溝などはありません。そして壁の立ち上がりをグレー色で塗るのがフェレイローラ村の習慣です。これもまた、絵になるのです。今、このあたりが世界遺産にノミネートされるとの噂があります、さもありなんですよね。

tsurezure_nikki at 06:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月05日

フライトの変更。

P1050672

なにが起きるか判らないもので、急遽、フライトが変更されました。いやに安いJALだと思ったら、香港経由、ドバイからマドリッド、44時間のとんでもない航路でしたが、キャンセルになり、ほっとしています。今度はアリタリア航空でマドリッドです。この便は10日14:10発、ということで成田泊の必要がありません、結果オーライということになりました、なにが起きるか本当にわかりませんね。
Click:私の母屋の裏手の小路ですが、階段になりながらピロティ、夏になると、村の放し飼いの犬や猫がシエスタをしています。自然木の梁はすべて栗の木、土地の建築材料が上手に使われています。もちろん、私の家もすべて栗の木と近くの山から割り出してきた鉄平石が使われていますが、今はこの一帯、国定公園内、採掘は禁じられていますが、まあ、必要となればどこからか湧いて出てきます。景観に沿った街並みはそんなところから生まれて来るのでしょうね。

tsurezure_nikki at 06:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月04日

ブルーベリーが10本になりました。

P1050671

結局、9本の苗木を植えて10本になったのですが、ブルーベリーの名前は面白いし、種類も多いですね。サンシャインブルー、大実ラビットアイ、ミスティ<ササンハイブッシュ>、プライトウエル、サザンオニール、ケープフェア、アイラ、これだけの種類を植えてみたのでした。どのように違うのか、実がなってからのお楽しみです。それにしても60本以上、今年は苗木を植えてしまいました。
Click:少しフェレイローラ村の様子をお見せしましょう、なんとも可愛い小さな村です。家は重なり合いながら、ほとんど繋がっており、路は狭く、場所によっては写真のようにピロティの間をくぐり抜けながら行きますが、この景観が大好きです、日本では考えられない集落の形態です。そして真っ白、村の景観条例で白でなければならないのです、それに2・3年に一度は塗ります、美しい村はやはりそれだけの努力をしているのですね。

tsurezure_nikki at 07:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月03日

国際免許の取得をしました。

IMG_2228

朝早く車で木更津へ、総武線、京葉線を乗り継いて京浜幕張に、免許センターで無事、国際免許を取得しました。帰りに木更津の業務用スーパーで友人ジョンのお土産として大袋の七味唐辛子、一味唐辛子、更に各種フリカケを購入しました。もう心は半分スペインに向かっているようです。とにもかくにも国際免許を入手してほっとしています。
Click:今日は桃の節句、お袋が子供たちのために描いたお雛様の色紙を飾りました。娘ふたりは無事に結婚、それぞれ女の子を出産しているのですが、あまりこの絵には興味を示しません、残念です。時代の流れとはこんなことなのでしょう、でも、私は院展の院友だった、日本画家のお袋を偲び、今、眺めています。絵描きとして生きている基礎は、この絵によるともいえます、感謝の一日になります。

tsurezure_nikki at 07:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2017年03月02日

雨のなか、幕張に国際免許を取得に。

IMG_2227

なんとなくスペイン行が現実的になってきました。今日は雨のなか、車で木更津へ、そこから京葉線で幕張に行き、国際免許を取得します。帰りには木更津にある業務用スーパー、パスポートで友人のジョンなどのお土産をあれこれ買います。なにせ、オーダーは七味唐辛子、前回はふりかけ、ま、あれこれ見繕って購入します。
Click:ながらくフェレイローラのご紹介をしてきましたが、そろそろ館山のお話にします。さすがに里心が日本に向いてきました。ようやく三寒四温の菜種梅雨、弥生らしい日々になってきました。雨のおかげで苗木も喜んでいることでしょう、それに昨日、半額になっていたブルーベリー4本を買ってしまいました。すべて種類の違う苗木です、帰ってきたら植えようと思っています、タンポポに西洋ミツバチ、畑は賑やかになりつつあります。

tsurezure_nikki at 06:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月01日

お施主さんにスペイン行を了承してもらう。

P1050613

ちょっとしたデザイン会議が十数名で行われましたが、晴れてスペイン行きを了承していただきました。これから半年ぐらいは続く仕事、心配はしていましたが、ほっとしています。そして朝一番に会計事務所に、確定申告の心配もどうにか解決しそうです。問題はスペインまたは米国からの送金がどのような課税対象になるか、なのです。ま、心配しても始まりません、なるようにしかなりませんよね。
Click:穏やかな南スペインの田舎風景、これは売却したスタジオから撮った写真です。眺望がとても良いですよね、そんなこともあって購入されたようです。アメリカ人とスエーデン人の夫婦が買われたのですが、「不動産の売却はお金が入るまでわからないよ」とは今、仕事をしているお施主さんの言葉、たぶんそうなんでしょうね、もう残すところ1週間で館山を発ちます。

tsurezure_nikki at 07:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!