2017年08月

2017年08月31日

展示作品の選定、作品リストの作成。

IMG_0210

近づく阿倍野ハルカス近鉄百貨店の催事のため、どの作品を使うか、選定しました。この作業思いの外大変なのですが、急なお願いにも関わらず、お手伝いしてくださったのが鳥海公子さんでした。有難いこと、感謝しています。今日はもう一度確認、少し入れ替えをして、出品リストを作ります。9月2日には運送業者が来て、発送、着実に準備が進んでいます。久し振りの関西、やはりタコ焼きにお好み焼きですかね?
Click:このところお絵描きやその準備で、畑仕事は水遣り中心になっていました。畑は日々変化しています、気がつけばパブリカが次々に色付きはじめていました。早速目玉焼きの付け合せに炒めてみましたが、甘さが強く、美味しいのひとことです。夏野菜があれこれ収穫でき、なんとなくヘルシーな食事になっています、有難い畑の恵です。

tsurezure_nikki at 06:30|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月30日

久し振りの上京、アメ横へ。

IMG_0212

朝10時には六本木の版画制作会社アーティさんに到着、サインを入れ業務終了、久し振りに加藤泉さんと四方山話をしました。彼は長らくロスの工房にいました、20年ほど前の話です。そのころは私もロスで版画制作をしていたのでした。ほぼ3ヶ月ほど滞在、彼のお兄さんともどもお世話になりました。話はつきませんでしたが、アメ横へ、二木の菓子店、地下食料品店街で買い物、何時いってもわくわくするところ、外国人の多さに驚きました、様変わりが進んでいるようです。
Click:急に栗の実が落ち始めています。ほとんどイノシシくんかサルが食べていますが、実が割れる前は食べられないようです。おかげで幾つかは収穫、できれば栗ご飯を食べてみたいですね、もち米を買ってあります。栗の実が落ちている姿はまさしく秋、季節は確実に移っていますね。

tsurezure_nikki at 06:25|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月29日

六本木の版画工房アーティさんへ

unnamed

催事が近づくとなにかと忙しくなります。今日は朝早く上京、六本木にある版画工房アーティさんにお伺いします。版画、「ワインのゆりかご」の増刷、それに2018年用の版画制作のためです。もう、来年のカレンダーも作らなければならないし、慌ただしくなってきました。それにしてもフェレイローラ村のスタジオ売却手続きが遅れていています。役所の事務手続きが半年経っているのに終わらないのです、ま、ラテン民族のおおらかさなのでしょうね。
Click:殺風景な地平線まで続く畑ですが、これが典型的なぶどう畑なのです。ここはやや高地になっているスペインの内陸、ラマンチャ地方、夏は暑く雨は降らず、冬は寒く雪が降る、といった気候風土がブドウ、特にスペインの特産、テンポラニージョ種が良く育つ大地なのです。日本で売られている安めのワインはほとんどこのあたりの産物です。冬のぶどう畑はなんとも殺風景なのですが、それがまた良し、まさしく絵の題目になっている「ワインのゆりかご」なのです。

tsurezure_nikki at 04:57|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月28日

そろそろ発送準備の時期になりました。

21100984_1617866894930236_1129136293_n

なんとも涼しくなったのは良いのですが、雨が降りません、ということで、水遣りの日々になっています。おかげでほとんどの果樹が微妙に新芽を出しています。それが良いのか悪いのか、本来、今の時期、花芽が生まれるのですが、成長ホルモンが旺盛だと抑えられてしまうのではと考えています。だから困るわけではなく、その仮設が本当なのか、結果がわかる春が楽しみなのです。
Click:なんとも味気ない写真なのですが、ブログ機能が写真一枚だけですので、案内状の裏表一緒にアップすることができないのです。もちろん、FBは問題ないのですがブログを優先させているので、ご了承ください。明日は表面に使われている「ワインのゆりかご」についてお話します。

tsurezure_nikki at 06:21|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月27日

サトイモを食べ始めたイノシシ君。

21124370_1617867108263548_635574969_n

今まだはサトイモ畑を荒らし回ったイノシシ君、どちらかというとミミズ狙いでしたが、昨日は明らかにサトイモを食べていました。ただ、サツマイモを食べられていたような勢いはありません。でも、かなり食べていましたが、どうもまだ1匹のみのようです。困ってはいますが、さて、これからどうなるか、仲間まで食べ始めるのか、気がかりではあります。
Click:阿倍野ハルカス近鉄百貨店本店での催事案内状ができあがりましたので、アップさせていただきます。ただ、両面一緒に掲載できませんので明日に裏面をお知らせします。9月6日<水>より12日<火>までです、関西方面の方、良かったらお寄りください、私は土・日の9・10日在廊しています。

tsurezure_nikki at 06:04|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月26日

ナーベラーは実に美味しかった。

IMG_0204

ヘチマことナーベラーのレシピーをクックパッドで検索、あれこれ見たなかで、スパムを使った胡麻油風味、味噌味で料理してみました。畑のオクラ、トマト、茄子、タマネギなども一緒に炒めましたが、驚くほどの美味でした。ナーベラーの果肉は柔らかく、他の野菜には無い食感、ご飯にのせて食べたのですが、とまりませんでした。
Click:イチジクのなかでもバナーネ種がかなり大きく、柔らかくなってきました。今まではカラスに食べられていたので、葉で隠していたのですが、もう限界、早取りして追熟させることにしました。たぶん、2・3日したら食べられるはずです、さて、どんな味なのでしょうか、楽しみです。

tsurezure_nikki at 06:49|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月25日

イチジクの徹底剪定。

IMG_0200

朝早く、気温が上る前に、1時間ほどだけですが、畑仕事をしています。先日、イチジク農家を訪れ、インスパイアされたというか、どのような樹形にするか見えてきたので、時期は悪いのですが、剪定しています。といっても、自然体を基本にしたいので、そのあたりのバランスが難しいところです。それに少しづつですが、熟してきています。カラスの出番なのですが、落とした葉で隠したりしています、どうなっているか、これから見にゆきます。
Click:種から育てたヘチマ、ことナーベラーを2個ほど収穫しました。早速、クックパッドを閲覧、どのように料理するか楽しんでいます。今のところ、沖縄料理ですから、スパムを利用した味噌味ではと考えています。まだ食べたことのない食材、どんな味なのか興味があります。ヘチマの収穫も、イノシシ君避けの防護柵のおかげです、なにが幸いするか判らないものですね。

tsurezure_nikki at 06:48|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月24日

毎月の診療所通いの日。

IMG_0189

血糖値と血圧が高く毎月薬をもらうために診療所に通っています。つい最近までは三ヶ月に一回でも良かったので今ではかなり頻繁に通院している感があります。大変ではありますが、そのたびに血糖値の検査をしているので、有難いことです。生活習慣病とは良く云ったもので、食べること、特に甘いもの、炭水化物、脂肪分、塩分を控えて、運動をしなければならないのですが、それができれば聖人君主、でも、なんとかしなければの、毎日です。
Click:珍しい植物、コンニャクです。この芋をイノシシ君が食べようとしているのですが、えぐいので、さすがに食べられないようです。それでも周囲を掘り起こしています。おかげで草取りもせず、元気に育っています。これだけは有難いことと、感謝しています。ただ私が食べることにはなかなか至らないのです、製造過程が面倒なこと、手が痒くなるからです。まあ、眺め十分でも納得の植生です。

tsurezure_nikki at 06:09|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月23日

曇天、草刈り機の出番。

IMG_0175

小栗モータースさんで動かなくなった草刈り機を見ていただいたのですが、原因は排気口に土蜂が巣を作っていただけでした。もちろん、気が付き穴を開けていたのですが、それでも動きませんでした、理由は奥深くまで土で塞がっていたのです。ということで、動くようになった草刈り機で作業、シャワーを浴びながら、シャツを三回も変えての大仕事でした。今日も引き続き、同じ作業をしなければなりません。
Click:八月の長雨はサトイモにとっては喜ばしい気候だったようです。例年、この時期、強い陽射しと水不足で葉が枯れたりするのですが、それもなく、反対に新しい葉が茂ってきています。写真は一昨年、サトイモを移植し、新しく育てた畑なのですが、凄いことになっています。ただ、だからといって芋が大きく育っているかは別問題、冬が楽しみです。

tsurezure_nikki at 06:27|PermalinkComments(0)clip!

2017年08月22日

イチジク農園に見学。

IMG_0198

コアデザインの川名社長と昼飯をしたのですが、近くにパイオニアファーム、イチジク農園があるということで、見学をしながらイチジクサイダーなる創作ドリンクを頂きました。やはりプロの育成は見るべきですね、もう、アートといえる仕立て方、その栽培方法に納得しました。私の畑には20本以上植えてあり、その管理に苦労していました。やはりカラスなどの対策もプロ、もしかしたら来年はテグスを張ることにそようかと考えているところです。
Click:去年、ゴーヤの実が落ちたのが発芽し、防護柵から果樹まで絡みつき、すごい勢いで勢力拡大を図っています。こうなると収穫することが大変、気がつけば黄色く色付いた来年の種用ができたりして賑やかになっています。それにしても綺麗な色ですね、果肉は赤くなり、かなり甘いものです。といっても、眺め八分の二割は来年用の種ですかね。

tsurezure_nikki at 06:20|PermalinkComments(0)clip!