2019年06月

2019年06月30日

雨のなか、若衆たちは大いに頑張ってくださいました。

IMG_1513

午前中はかなりの豪雨、それでもジェニさんとヒデキ君はやってきました。棟梁中里さんの仕事の準備で防腐剤塗り、3階の絵葉書の場所替え、これが大変でしたが終わりました。そしてスタジオの掃除、とまあ、有り難いことです、ただ、雨のため少し休憩し、晴れたら新たにハーブのためのアイランド作りをしていただきます。そして今日は片桐太先生のお出まし、スライドショーによるリゾート地の紹介編を準備します。
Click:南スペインはほとんど毎日が晴れ、そして乾燥した大気はカフェテラスがとても気持ち良い。それに路行く人たちと<見る見られる>の感覚がお客さんたちにはまた楽しい。ここはヨットハバーのプエルトバヌース入り口、いつも観光客でいっぱいの繁盛店です、皆さんこんなカフェで冷えたビールを飲みたいのですね、私としてはいささか恥ずかしく、もう少し目立たないところを選びますが。

tsurezure_nikki at 07:35|PermalinkComments(0)clip!

2019年06月29日

今日から再び作業を開始します。

IMG_0930

名古屋スペイン協会での講演も終わり、ようやく時間が取れるようになりました。今日は若衆が来てくださるので作業開始、雨が降らなければ草刈りもしたいのですが、ま、スタジオ内の仕事を進めることになりそうです。それにしても梅雨は辛いですね、南スペインは毎日が青空、乾燥した大気がほしいですね。
Click:マルベージャの近く、ヨットハバーのプエルトバヌースです。なんとも浮世離れした景観ですね。豪華なスピードボート、高級スポーツカー、それに瀟洒なリゾートマンション、こんな世界もあるのですね。私としてはあまり興味はありません、野の花が咲く沃野のほうが大好きです。でも、ヒトの欲望の頂点にはこんな姿があるのでしょうね。

tsurezure_nikki at 06:35|PermalinkComments(0)clip!

2019年06月28日

名古屋スペイン協会での講演会、無事に終了。

IMG_0968

なんと先日、植樹祭のために来られた天皇陛下が泊まられた名古屋観光ホテルに宿泊、その催事場で講演させていただきました。プロジェクターの操作に手間取りましたが、概ね皆さん喜んでくだされたようです。来年も続投してほしいとのお話でした。スペイン料理の先生、中村裕子様、東海テレビの相澤様、ほかホテルのスタッフ、皆様には大変お世話になりました、深く感謝します、有難うございました。
Click:南スペインのランチメニュー、お魚といえばメルルーサにポテトフライ、それがまた旨いし、安い。レモンをたっぷりと絞りながら食べるとビールとパンが引き立ちます。これにデザートまで付いて1,200円ほど、納得ですよね。外食といえばこのセットメニューが多いですね。それにチップを百円ほど渡せば給仕さんもにこにこ、昼飯の楽しみです。

tsurezure_nikki at 07:06|PermalinkComments(0)clip!

2019年06月26日

赤シソジュースを14リットル作る。

IMG_1021

ようやく雨も上がり、赤シソの収穫を渡辺うめさんと一緒にしました。実生なのですがすごい数、なんと14リットルも作ることができました。とはいえ凄い量、気がつけば7時過ぎになっていました。この夏はシソジュースと梅ジュースで乗り切ることができそうです。さ、これから名古屋に向かいます。
Click:スペイン料理のよいところは前菜としてのサラダが充実していることです。それもかなりバリエーションもあります。魚介系、フルーツ系、アボガドなどトロピカル系と選ぶのに困ってしまいます。写真は極普通のサラダ、でも充実していますよね、これだけでお腹がいっぱいになりますが、メインはお魚料理を食べました。奥に見えるのは小鯖のフリット、タパ、つきだしですね。

tsurezure_nikki at 05:18|PermalinkComments(0)clip!

2019年06月25日

ニトリでワゴンを買う。

IMG_1413

久しぶりにスタジオ2階でゆっくりとひとりでカフェ、外は雨模様でしたが、それもまた良し、もやった森が綺麗でした。以前からここにパントリー機能を持たせたいと考えていたら、ニトリでぴったりなワゴンがありました、ということで購入、組み立てなければならないのですが、やはり棟梁中里さんに頼まねばなりませんね、少しづつですが細部が充実してゆきます。
Click:太陽海岸はゼラニウムもさることながらブーゲンビリアもよく見かけます。建物に這う姿がなんとも言えないですよね、面白いのは各階それぞれに手入れされていることです。こんなことが街を明るくし、観光客を含めて住民が喜ぶのです。もちろん、街の名前はマルベージャです。

tsurezure_nikki at 06:50|PermalinkComments(0)clip!

2019年06月24日

明後日には名古屋へ。

IMG_1406

名古屋スペイン協会さんからお話会を依頼され、絵を使ってスペインの庶民の生活感を話そうとの提案は、わざわざ来られた相澤事務長さんに承認されました。友人たちに見てもらって予行演習も何回かさせてもらいました。皆さんに絵葉書をプレゼントすべく5枚セット50組を用意しました。今日は朝方のナノハナ号の切符を購入します。喜んで頂けたら嬉しいのですが、どうなるでしょうか?
Click:基本的にマルベージャの街やその周辺をご紹介していますが、今回はその市庁舎です。花に飾られたファサードが綺麗ですね、さすがリゾート地だけあります。街をあげて観光客に喜んでもらおうとのメッセージが伝わります。やはりこんな気構えが必要のようですね。

tsurezure_nikki at 07:27|PermalinkComments(0)clip!

2019年06月23日

ようやくそろった10脚の椅子。

IMG_1431

もう半年も前に友人野田さんにお頼みした手作りの椅子がようやく完成しました、やはり壮観です。日本でいうなら民芸の作品的存在、手で削った風合いが良いですね。実はスペインから送った荷物のなかに、数脚の椅子が含まれていますが、同じ作り、すべてが揃うと、スタジオの居酒屋風が更に良くなることでしょう。
Click:マルベージャのヨットハーバーでみつけた商売、観光客を船で遊覧させること、かなり人気のようです。それにしても水着のまま、乗船するのでしょうね。皆さんライフジャケットを装着することが義務付けられています。ヨットハーバーに来れば、誰でも船に乗りたくなるのはうなずけます、いくつかありました。

tsurezure_nikki at 07:48|PermalinkComments(0)clip!

2019年06月22日

若狭綾子さんがベッドカバーを作りました。

IMG_1410

スタジオには少なくとも3人は泊まれるベッドがあります。毎週木曜日、スタジオでニット教室をしている若狭綾子さんにベッドカバーをお頼みしていたのですが、それが完成、お持ち願いました。ただ、一部修正するとのことで、2・3日待たねばなりませんが、素晴らしいデザインとニット刺繍がなされています、さすがです、一見の価値があります、もう作品ですね。
Click:マルベージャの街なかには沢山のお土産屋さんがあります。さすがスペイン、ショーウインドーにはフラメンコや闘牛士のお人形が並んでいます。やはり外国から来た観光客が買われるのでしょうね。私もその昔は買ったことがあります、でも、すべて友人に差し上げるため、飾ることはしませんでしたが、こうしてみていると可愛いものですね。

tsurezure_nikki at 07:53|PermalinkComments(0)clip!

2019年06月21日

引き続きリニューアル工事が続きます。

IMG_1518

スタジオの改装工事が続いています。棟梁中里さんは入り口に1間ほど、のきさしを伸ばしていただいています。雨の多い日本ではこんな工夫が必要のようです。防腐剤塗りを手伝いました。そして若衆ヤスさんと母親、渡辺うめさんには廃屋撤去の土地に鶴首かぼちゃの種を蒔くべく、畝を作り、牛糞を撒き、植え込みました。今日は私がそっとマクワウリの種を忍ばせておきます。どちらも種取りしたもの、発芽するだろうか?
Click:世界でも有数なヨットハーバー、プエルトバヌースの周囲にあるリザードマンション、デザインが変わっていたので撮りました。真四角でないところが良いし、ユニークなデザインですよね。とにかくお金持ちが集まるだけ合ってこんな建物が可能になるのでしょう。ま、日本は地震も多いし、構造上無理なのかもしれません。

tsurezure_nikki at 07:38|PermalinkComments(0)clip!

2019年06月20日

ジャンボニンニクの収穫を終える。

IMG_1414

引き続き若衆には来ていただき、まずはジャンボニンニクの収穫を、畑の守護神広田さんには草取りをお願いしています。そしてヤスさんには昼飯を作っていただきました。彼は本職の料理人、さすがです。登道の拡幅工事も終え、車が問題なく登れるようになりました。少しづつですが、スタジオの外部環境が整備されてゆきますね。
Click:スペインでは広場の意味合いが日本とは違います。すべて街の中心地には必ずあり、そこでは水が重要な働きをしています。マルベージャの広場には立派な噴水があり、夏の暑さを和らげています。フェレイローラ村の広場にも泉があり、24時間流れています。乾燥した気候風土と、アラブ時代から用水路整備がされていた治水技術のたまものなのです。

tsurezure_nikki at 07:25|PermalinkComments(0)clip!