2007年01月27日

初雪

2cf036e3.jpg昨日から急に寒くなったと思ったら、雪が山から吹き飛ばされながら降りだしました。この冬2回目の雪は降ったりやんだり2日目にはいります。大地が乾燥しきっていたので、恵みの雪、私はもちろん、果樹たちも大喜びのようです。ただアーモンドの花はかなり打撃を受けてしまいましたが、これも自然摘果と考えれば樹木の負担が和らぐ訳でこれも良しなのです。実は雪が降り出すまえに畑の師匠の息子が耕運機を使って、耕してくれていたのです。本当にジャストタイミングでした。
まだ、オリーブと梨の木を植えつけていません。天気がよくなったら早く大地に根をのばしてあげなければ・・・。
今日もテレピン油を大量に使いながら絵を描いていたのでテラスで仕事をしていました。でも、さすがに寒くなり早めに店仕舞いをしました。絵を描くのも肉体労働であり、寒風にさらされての厳しい仕事です。絵の内容はエーゲ海の静かな情景なのですが、変な具合です。
Click:耕運機でうねった後が雪によって綺麗に描かれています。こんな畑をみているのがなによりも嬉しく楽しいのです。本当にかわった絵描きです。

tsurezure_nikki at 03:30│Comments(1)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by やまもと   2007年01月27日 10:07
お久しぶりです
ちょくちょく覗かせてもらっています
僕が村を訪ねてからもうずいぶんになりますが、ここを覗かせてもらうたびに昨日のように思い出します。
毎年寒くなると暖炉の前で頂いたアーモンドやくるみ、テレビの前で飲んだ温かい飲み物を思い出して自分なりに作って飲んだりしています。
最近は日本でもスペインの食材が手に入りやすくなり、パエリアなどはかなりポピュラーになりましたがどうも僕が感じたものとは別物のようで微妙な感じです。
ふと思い出して当時の日記を開いてはすぐにでもスペインに飛びたいなぁなんて思いながら過ごしています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔