2007年10月23日

スペインバアルが増えてはいるものの

97e853cf.jpg東京駅地下街の南区が大幅にリニュウアルしました。このあたりは館山行きのバス停があるということもありよく利用しています。この日曜日に3軒ほどのお店に入りました。名古屋名物煮込みウドンのお店、オイスターバアル、それにスペインバアルでした。最初のお店はどて煮、お豆腐、ウドンすべてよし、それにサービスもいつもどおり納得しました。次のお店は昔からみてはいたのですが今回始めて入りました。待てど暮らせどメニュウもお水もこないし牡蠣もそれほど良いとは思えずさすがに途中ででてきてしまいました。最後のお店はなんとなくスペイン風ではありましたが、スペインを知っているオーナーではないことがみてとれました。お店のサンプルの文字が違っていたり、ガンバアルピルピルのようにソースをパンにつけて食べるのが美味しいのにパンは別売りだったり困ったもんです。商売はよほどメニュウを精査し、それに伴ったサービスをしてもらいたいです。今日は苦言になってしまいました。東京駅地下街が危ない予感がしました。
Click:スペインバアルのインテリアダザインはなかなかのものです。とてもセンスよくそれだけでお客さんは呼べそうですが、肝心なメニュウに難あり、でもまあ、オイスターバアルよりは遥かにましなようでした。

tsurezure_nikki at 08:16│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔