2008年07月28日

スペインの不景気風

576134ca.jpgヨーロッパの不景気は圏内どの国でもいわれており、特にスペインは不動産バブルがはじけて大変であるといわれています。それにインフレは激しく物価は上昇、レギュラーガソリン1ℓ、230円になっています。ヨーロッパ中央銀行も公定歩合を4.25%にあげました。しかしその実態は少し違うようです。百貨店やお店はまだ日曜日は閉店、シエスタの習慣はまだ堅持、どこの居酒屋もお客さんで一杯、豊かな日常は続き、人々は楽しい日々を過ごしているようだ。こうなると状況というより国民性の違いかなと思っています。それにしても日本の不景気は後がないような厳しさがみえます。まずは楽しく生きる、が大事なようです。
Click:スペインのレストランが本当に変わってきました。今風なかっこよい店とサービスに様変わりしてきています。同じようにホテルも違ってきました。いつもちいよっと気取ったホテルに泊まりますが、今回はオペラ座の近くのデザインホテルに泊まりました。ここの朝食の写真です。コンチネンタルな朝食といえば質素なものと決まっていましたが、内容がガラリと変わっています。楽しめる朝食に変身しています。不景気といわれている実態がこのよな姿なのです。

tsurezure_nikki at 08:26│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔